一人の、あまり有名ではない、でもちょっと特別な格闘家の話。(前編)
■投稿日時:2002年12月12日
■書き手:ひねリン(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

どうも。先週の土曜に久々にソボバカジノでKOTCを観て来たので、当初は観戦記書こーかなと思いました。でも、もうこの大会については何度も紹介したし、今回の大会はメインの二試合以外、特に有名選手が出ているわけでもなく、その二試合についてはすでにNHB NEWS で報告してしまいました。そこで今回は、観戦記ではなくてコラムとして、自分の友人で、この大会の中盤に出場した、サブミッション・ファクトリー所属のジョー・カマチョのことをつらつら紹介してみたいと思います。彼は、より多くの人に知ってもらうに値する人間だと思うので(本人の許可も得てます)。っても別に、彼のプライベートに詳しいわけでもないので(俺はわんさかいる彼の友人のうちの一人に過ぎませんから)、俺が見てきた限りの、格闘家としての彼の側面に絞ったもんになります。それでもうだうだ長いので注意。


---


ジョーと知り合ったのは3年くらい前、俺が地元の某柔術道場に入門したときです。彼はそこの上級の青帯でした。怪しい英語しかしゃべれないザコ白帯の俺に、練習時間終了後も延々とスパーにつき合ってくれたり、何でも惜し気もなく熱心に教えてくれたのがジョーでした。うちの道場で、唯一NHB志向が強かったのも彼で、すでに小さいとこで数試合経験してるとのことでした。「NHBってどんなんなの?」みたいな質問をすれば、それこそいくらでも丁寧に語ってくれたもんです。とにかく柔術に惚れ込んでいるようで、いつだったか「柔術が俺の人生において、全ての面で力になってくれてるんだ。Jiu Jitsu gives me the edge.」と彼がなにげなく(でもちょっとかっこつけて?)吐いた言葉を今でも覚えています。

その頃から、ジョーの柔術のスタイルは他の色帯達とはちょっと違っていました。先生がそうだからか、うちの道場には確実で安全な闘い方をする人が多いです。つまり、普段のスパーでも、いいポジションを取ったら、なるたけ冒険をせずに優位な体勢をキープしたまま、ゆっくりじわじわ詰めていってタップを取る、というスタイル。そんな中、ジョーはひとり浮いているというか、確実策よりも美学を優先するというか、単に飽きっぽいというか、とにかく鋭く派手な動きをしがちで、ポジションを失ってでも回転して関節を取りにいったりしてました。本人の言葉通り、edge のあるスタイルって感じです。(あ、どうでもいいけど、こいつはツラもけっこう男前です。体格は俺より少し大きいくらいの、170ちょい&70ちょいくらいで、ジャンクばっか食って、ウエイトも一切やらんくせに、けっこうナチュラルにマッチョ。写真見たい方はこれ http://www.submissionfactory.com/Images/Photos/Gladiator%20II/JCgc2_02.jpg でもどうぞ。)

だから、当時俺がジョーとスパーリングとすると、当然一方的に極められまくるわけですが、同時になぜかすごいスピードで自分も上になったり下になったりするので、やりながら(=やられながら)「おお俺、昔のパンクラシストみてえだ」とか思ってちょっと喜んでました。もちろんそれはジョーが俺のことを意のままに上にしたり下にしたり、くるくるコントロールするからであって、俺が凄いわけでもなんでもないんですが。

そんななので、確実な闘い方をする他の色帯達に比べて、ジョーはタップを取る量が圧倒的に多い分、逆に格下から取られることもけっこうありました。俺が一番最初にタップを取れた色帯も、実はジョーでした。入門して数カ月したある日、俺はいつものように練習後もジョーとスパーしては一方的にやられてました。そんな最中に、例によってなんかジョーが変な動きをして、気が付くと彼の腕が俺の目の前にありました。そこでそれを取ってキムラロックをかけて、なんか極まりそうなので一生懸命絞っていたら、ジョーがタップして「やられた(You got me.)」と言いました。やべえ、まぐれが極まっちまった。お返しされるー、と内心びびってたら、ジョーはあっさり「じゃ、今日は終わりにすっか。Good Job!」と言ってその日はおひらき。こんな超格下にタップを取られたことを、全然気にしてないみたいでした。

ちなみに、俺が分不相応な青帯をもらうことになったのも、ジョーの変なスタイルのおかげです。入門して半年くらいしたある日、ようやく色帯ともそこそこやれる(=ある程度逃げられる)ようになってきた俺が、そのちょっと前に紫帯を取っていたジョーとスパーしました。で、普段は6分で3回くらい極められるところを、そのときは彼の派手な動きに妙についていけて、時間中ずっとくるくる回りながら1回しか極められませんでした。で、スパー後にうちの先生が俺に向かって「○○○(俺の本名)、ベリーグッド。青帯だ。」と言いました。まったく予測もしてない、いきなりの昇級。俺は先生の言葉の意味が取れず、しばらくきょとんとしてました。だって当時の俺は、青帯達はもちろん、他の白帯達からもたいして取れないような実力で、しかもノーストライプでしたから(ふつう柔術では、上達するごとに帯に線=ストライプを増やしてもらって、4本線になってから次の色になります)。どうやらせんせは、(ジョーが一方的にペースを支配して)我々が目まぐるしく回転しているのをちらちら見て、俺が紫帯とほぼ五分にやっていると勘違いでもしたようです。ついでに1回タップを取られた場面は見ていなかったようです。さすがブラジル人・・・てゆーか困るんだけど。でもせんせが昇級を決めちまった以上、「いらない」とも言えません。そのせいで、俺は道場史上最弱の青帯として、その後半年くらい苦労する羽目になりました。

それはともかく、ジョーのそんなスタイルは、試合でも変わりませんでした。とにかく失敗を恐れずに派手な技をばんばん仕掛けてゆく。あるサブミッションの大会で、フライングカニばさみを華麗に決めて会場のタメ息を誘ったり、フライング三角で相手を秒殺してかっさいを浴びたかと思えば、自分より全然軽い15才の天才少年相手に、着実に抑え込めば勝てるだろうに、がんがん仕掛けてくるくる回って会場の目をクギ付けにした挙げ句に十字を取られて、場内大喜びの中で負け役になっちゃったりもしてました。グラジエーターチャレンジではスタンドでギロチンかけられて、飛び跳ねて防御した後、下にもぐり込んで相手の股に手を入れてボディスラムを決めたこともありました(その後、十字でフィニッシュ)。

またジョーは、勝とうが負けようが、とにかくいろんな大会に出るので、様々な強豪と試合をしています。例えばNHBでは、こないだ修斗で植松に勝利したバオ・クアーチのデビュー戦の相手を務めています(抑え込まれて判定負け)。柔術紫帯の部では、今年の北米アブダビ予選の覇者で、異能柔術家のエディ・ブラボーと試合して、必殺のツイスター(グラウンドコブラツイスト)を食らって悶絶したり、あのルミナを倒したハビエル・バスケスと当たって、開始早々フライングカニばさみを狙って派手に飛んだら見事にかわされて、次の瞬間に十字で瞬殺されたこともありました。

俺も弱いのに試合にはけっこう出る方なので(当然NHBはやんないですよ)、よくジョーはセコンドについて熱心にアドヴァイスをしてくれました。俺は自分が一発で負けた時とか、他のチームメイトが勝ったらちょっとくやしいので、応援する際に複雑な気持ちになっちゃうような奴なんですが、ジョーはそういう卑しいとこがまったくなく、自分が負けようが勝とうが、いつでも熱心かつ最大限にチームメイトを応援してました。そんなんもあって、こいつには人間的にちとかなわんというか、俺もこんなふうなストレートな性格になれればな、とか(一瞬だけ)思ったこともあります。ま、一瞬だけですよ。俺はハンドルの通りのひねくれ野郎で全然いいので。

で、半年くらい前かな、そんなふうにチームにでっかい貢献をしていたジョーが道場を去ることになりました。その原因には、本人が強くなるための環境を変える必要を感じ始めてたこともあるし、うちの先生が、生徒達にあまりNHBやら、自分の知らないサブミッションの大会に出て欲しくないとの意向を示し始めたこともあります。とにかく柔術に心酔してて、先生にも最大限のロイヤリティを示していたジョーはそれなりに悩んだようですが、結局自分の古巣であるサブミッション・ファクトリーに、(柔術クラス担当として)戻ることを選びました。サブファクは、KOTCやUFCのレフェリーとしても顔の知られている、ラリー・ランドレスが主催している総合格闘技道場で、ジョーのイトコにしてKOTC軽量級無敵の王者、チャーリー・ヴァレンシアを擁する道場でもあります。NHBに出るには持ってこいの環境です。ついでに、そうやって悩んだ末に退会することを告げたら、クールキャラのうちのせんせが、引き止めもせずにあっさり了解して握手を求めてきたことにも、ジョーはちょっと不満そう でした(笑)。

かく言う俺も別に引き止めませんでしたけどね。ジョーが「やめたら、どこの道場に行こうか考えてるんだ。クリス・ブレナンのとこはいい奴らばっかで、真剣に考えてるけど、俺はどうしても彼らのやってるグラウンド&パウンドはやりたくない」とか言うのに対し、俺は「うんどこでもいいと思うけど、またストリップバーに行く時には電話おくれ」とか言ってました(ついでにジョーにはすげえ巨乳で性格もいい彼女がいます)。

ってことでジョーはうちをやめちまったわけですが、やがて彼は毎週日曜日にサブファクの道場を開けて、仲間を集めてフリースパー練習をするようにりました。で、そこに俺も誘ってくれたので、俺は今でも練習仲間というか、彼からいろいろ教えてもらえています。ちなみにこの日曜練習会のメンバーには、うちの道場を何らかの理由でやめた人間が多いです(笑)。また、たまに例の王者のチャーリー(底抜けに強いす)など、KOTC出場経験のある選手達もやってくるので、彼らの強さをイヤというほど肌で感じることができます。また、この会はジョーの性格からして、やる気のある人間は誰でもウエルカムということなので、俺も放浪柔術家・生首弟が中心になって結成した在LA日本人組技集団「チーム・グラエロ(この奇怪なる名称については俺じゃなく、首謀者の生首弟に聞いて下さい)」の精鋭連を誘って参加してもらったりしてるんですが、ジョーと一度練習すると、彼らみんなこぞって「あいつはいい奴だねえ」と言います。初対面の相手でも、クロでも黄色でも、ジョーはごくふつうに迎え入れては、惜し気もなく技を教えるので(ちなみに本人はヒスパニック系です。名前から想像できるだろうけど)。







本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ