9・21 モーニング娘。CONCERT 2002 夏 “LOVE IS ALIVE!”(横浜アリーナ)観戦記
■団体:モーニング娘。
■日時:2002年9月21日
■会場:横浜アリーナ
■書き手:凸ユーレイ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 行ってまいりました。
 7月のハロー!プロジェクト、代々木第1では、モー娘。以外の歌手陣が加わることによって密度が薄まっているように感じさせられており、今回はモー娘。単独の濃密な世界を味わいたい、という希望があったのだが…

 オープニング、ビジョンに映し出される各メンバーの写真映りがなぜか悪い(笑)。イヤな予感が…
 代々木と同様、ライトの落ちた場内にサイリウムのペンライトがさざめく。色とりどりのショウジョウバエが蠢いているよう。
 1曲目『Do it!Now』2曲目『そうだ!We're ALIVE』と連続で始まったときには、なかなか軽快、いいんじゃないかと感じたが…

 結論から言えば、7月のハロプロよりさらに薄い、アッサリ味に仕上がっていたと思う。
 コンサートツアー最終日、それまで行われている演目は全て同じなわけで、それを同じ順番で繰り返す、こう言ってはなんだが流れ作業的にたんたんと進み、終わっていくという… 前回誉めた『Mr.ムーンライト』の吉澤さえも流しているように感じられたほど。(それとまったくの付け足しだが、アヤカ・ミカの2人になってからの持ち歌が無いココナッツ娘。は、セクシー8の『幸せですか』なんて歌うぐらいなら出なくていいだろ。ミニモニ。用にミカだけブッキングすれば。)
 DVDを見まくっている同行のD(7月のコラム参照)によれば、春のコンサートともほとんど構成が同様なのだとか。なので特にDとしては、初めて見る娘。単独コンサート、期待していただけに失望も大きかったらしい。

 会場の盛り上がりも、代々木第1ではなにか猥雑なまでの、空気ごと揺らいでいるようなエネルギーが感じられたのに、この日の横アリはどこかお行儀良く、予定調和ふうに盛りあげているようなそんな印象。

 しかし、後藤真希ラストツアーということで、最後に生のプッチモニが見られたのは良かった。このユニットが、疾走するスピード感で瞬く間に見るものを惹き込む、素晴らしく完成されたコンビネーションを持ったグループであったことを再確認。楽曲は、歌も踊りも難易度が高く、それを支えていたのがもちろん後藤真希、くわえて保田圭であったことから、今後の新生プッチモニは、全く別の存在になってしまうであろう。
 今回、できれば『青春時代1.2.3!』も『ぴったりしたいX’mas!』も、できたら『プチモビクス』までもやって欲しかったところではあるが、市井紗耶香・保田・後藤というデビュー時にそうとう造り込まれたと思われる『ちょこっとLOVE』に、吉澤がちゃんとついていっているのを見るのも、それはそれで感慨深かった。
 (もうひとつ、タンポポも現メンバーで最後の登場。矢口が涙ぐんでいたそうのだが私は気づかず。すまん矢口。)

 にしても、後藤である。ラストである。ソロで披露したのが『やる気!IT’S EASY』だったのは、いま売ってる曲だからして百歩譲ってよしとしよう(本当は『溢れちゃう…BE IN LOVE』をやって欲しかったけど)。

 しかし、全体のアンコールも終わり、最後にもういちど出てきて、よりによって2年前のシャッフルユニット「あか組4」の『赤い日記帳』を歌うってのはどういうことだゴルア!? いや、おそらく『ちょこっとLOVE』同様、ゴマキ本人にとっては、娘。に入ってすぐに別ユニットで取り組まされた、思い入れの深い曲なのだろうと、想像はできる。
 しかし再びしかし、そこは、最後にもういちど全員が出てきて『I wish』を歌うところじゃないのか?! 結局、昨日のコンサート中『I wish』は無し。一説によると、TV中継がある今日、本当のオーラスである明日に温存されているというが…

 いずれにしても、その存在感、歌の力でモー娘。全体を支え、引っ張っていたと言える後藤真希の卒業で、娘。の世界がますます希薄になっていくのではないかと危惧せざるを得ない。なんつって。

(曲順)
1.Do it!Now
2.そうだ!We're ALIVE
3.恋愛レボリューション21
4.いきまっしょい!
5.男友達(安倍なつみ+高橋愛、紺野あさ美、小川真琴、新垣里沙)
6.乙女パスタに感動(タンポポ)
7.王子様と雪の夜(タンポポ)
8.BABY!恋にKNOCK OUT!(プッチモニ)
9.ちょこっとLOVE(プッチモニ)
10.ミニモニ。じゃんけんぴょん(ミニモ二。)
11.色っぽい女 〜SEXY BABY〜(カントリー娘。に石川梨華)
12.やる気!IT'S EASY(後藤真希)
13.幸せですか?(ココナッツ娘。)
14.ザ☆ピ〜ス!
15.LOVEマシーン
16.Mr.ムーンライト ―愛のビックバンド―
17.ハッピーサマーウエディング
18.恋のダンスサイト
アンコール
19.本気で熱いテーマソング
20.でっかい宇宙に愛がある
アンコール2
21.赤い日記帳(後藤真希)

※曲順はDによる。ありがとうD。





本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ