ピクミンの『も〜、こわい』:第一章:『謎の病原体・プリオンとはなにか? プリオンは愛』之巻
■投稿日時:2001年10月18日
■書き手:ピクミン (ex:ピクミンドットネット

”I mean, if Mark McGuire were beaned out at the plate, he probably wouldn't jog to the first base with a missing body part. If Shaquille O'Neal drove the lane and came up an ear line with Juice running down his tank top. But in our sport, the fake sports, we have a single rule- " the show must go on." And I went on as best I could” 
from MANKIND by M. Foley 

狂牛病の話が大流行・・・2年前はダイオキシンが大流行だったんだが・・・今では誰も覚えていない。
なら狂牛病の話は今しなければ、すぐに忘れられてしまう。

狂牛病の解説書・解説HPはたくさんある。テレビでもしばしば取り上げられている。いまさら屋上屋を重ねるようなことをしなくても・・・と思うかも知れない。
しかし!だ。詳しい人がまじめなHPで書いても、ダメなのだ。まじめなHPを捜してまで調べる人は、いずれ知識を得る人だからほうっておいていい。
新聞を見たり、テレビを見たりするだけの普通の人が問題だ。
さらに問題なのはこの手のHPにたむろするプロレスと風俗とモー娘。のことしか考えていない変態たちだ。
なぜならば、日本には真実を隠そうとしない行政機関や、アングルから自由に正しいものを伝えるマスコミは存在しない。権力は常に自己都合に従ったアングルを打つ。
このまえ、政府の打ったアングルはあまりの底の浅さに痺れてしまった。
確かに狂牛病はマスコミが煽る恐怖のアングルが告げるほど恐ろしいものではない。しかしだ。千葉県産牛肉の安全性をアピールするための「牛肉を食べる会」のアングルは極めて汚い。

説明しよう。
狂牛病はmad-cow diseaseの和訳だ。しかし"mad"がpolitically-incorrect wordである為に英語でmad-cow diseaseと呼ばれることはもはや少ない。
もう少しお堅くBovine Spongiform Encephalopathy(BSE:ウシ海綿状脳症)と呼ばれる。
これが人に感染ると(new) variant Creutzfeld-Jacob Disease(変異型クロイツフェルトヤコブ病:nvCJD)と呼ばれる。1920年代から知られるCreutzfeld-Jacob Diseaseに似た病態を取るからだ。

詳細は後ほどの巻で書くとして、この図を見てもらおう。 
狂牛病に無関係のSporadic Creutzfeld-Jacob Disease(散発型クロイツフェルトヤコブ病:ピンクのバー)は高齢者に多いのに対して、狂牛病関連のvariant Creutzfeld-Jacob Disease(赤いバー)は55歳以上の発症者は一人しかいない。潜伏期が数年〜10年あることを考えると50歳以上で狂牛病肉を食べた人はまず大丈夫。

TVカメラの前で、感染している可能性がまずない高級牛肉の感染性のうすい部分を食べた議員や大臣達は、感染した牛のやばい部分を食べたところでvCJDにならない人たちなのだ。

我らの愛するfake sportsでは、bookingやangleに従ってMankindの名を持つ耳のない狂人が命がけのバンプを取る。
         『Show must go on』

しかし、政治屋さんたちが集まって開いた焼き肉showではなにも賭けられてなかった。
勿論、痛くもない技で大袈裟にいたがるのはプロレスの常だが、何らかの危険なムーブの介在なしには観客のemotionは動かないし、バンプとは呼ばない。
例え危険な牛を食べても感染しない人達が安全な肉を食べるのは、リングの上に何重もマットを轢いてそろそろと横になるのを、バンプと呼ばせようとしているようなものだ。
危険性と言えば、うまい焼き肉を食ってビールを飲んだら寝てしまうかもしれないことだけだ。

え?
『大臣たちはそんなことは知らなかった。感染の危険性が元々自分たちにないことは知らなかった。率先して肉を食べることで感染の危険がないことを勇気を持って示したつもりかも知れない』って?・・・
そんなことも知らない人が農水大臣をやっているのなら、狂牛病を恐れる必要はない。
もう狂っている。

では、ピクミンは夜は月に帰る。何故私がピクミンと名乗っているかはそのうち明らかになるであろう。が、ならないかも知れない。

注:狂牛病はBovine Spongiform Encephalopathy(ウシ海綿状脳症)、略してBSEと言うこともある。
人に感染して発症すると、new variant Creutzfeld-Jacob Disease (nvCJDまたはvCJD)になる。これは話の都合上絶対覚えておいてね。いちいち説明するのは面倒だし、『クロイツフェルトヤコブ』とか『変異型クロイツフェルトヤコブ病』とか『牛海綿状脳症』とか、長すぎて書きにくい。







本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ