11/21プライド8有明雑感
■団体:プライド
■日時:1999年11月21日
■会場:有明コロシアム
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

 相変らず仕事でヘロヘロ中にも関らず、行ってまいりました、PRIDE8。これでPRIDE皆勤賞継続。しかし、客入っていたなあ。主催者発表レベルじゃなく満員でもOKでしょう。うーむ、これで総合は日本に根づいていると判断していいか否か。客層も修斗とカブるおしゃれなお姉さまが多くウハウハ。誰かぼくを見てぼくに触れてぼくを感じて(馬鹿)。

 例によっての雑感です。

 開会セレモニーは、相変らずおっぱい八百長のPRIDEガールズ入場に続いて、ホイラーと桜庭のみ入場による、あっさりしたもの。第1試合に繋げるそのやり方も手馴れたもので、こういう部分は、完成度高くなってきましたね。文句なし。

 レフェリーは、島田氏と、シオザキケイジ氏、オカバヤシアキラ氏。ジャッジはお馴染みの西氏、三宅氏に加えて、デュセル・バット氏。うーんまさにバトな変な人選。


×松井大二郎(判定)ヴァンダレイ・シウバ○

 打撃で押しまくって、シウバの圧勝。松井の出血が酷くドクターチェックが入った際の再開は、スタンドからでなく元のポジションからであったことが、ちょっと新鮮だった。

 強い相手とガンガン試合が出来ている松井、ホントいい環境にいると思う。U系残党では1番恵まれていなそうだった高田道場の若手が、豊永といい松井といい、他流試合に恵まれ、先生は世界に誇る桜庭、その環境を慕って各他流派も練習に来る。強くならきゃ嘘だぞ。逆に言えば、このチャンスを生かしきれないようじゃ、ダメだ、がんばれ、高田道場の若手(今回の敗退は、まあ許そう)。ちなみに、松井のセコンドは、高田と佐野。これが敗因という噂も。


○フランク・トリッグ(1R5分KO)ファビアノ・イハ×

 イハは、ブラジル国旗と日の丸を繋いだものを背負って入場。場内コールによると日本人の血が入っているらしい。確かに風貌はそんな感じ。

 イハ、引き込んで三角狙いという、柔術系の定番の攻め。トリッグ、それをあっさり捌いてスタンドへ。んで、打ち合ってボコボコ。強いねえ。


×カール・マレンコ(1R残りちょっとで肩固め)アラン・ゴエス○

 ゴエスのセコンドには、カーウソンに加えてブスタマンチ! キミが見たい!

 あっさりタックルされてしまうマレンコ、ずんずん弱くなっているような気がしたのは、おれだけ? うーん膝の調子がよっぽど悪いのかな。少なくともイーゲンからあっさりテイクダウンを奪っていたのと同じ人間だとは思えない。パスガードされマウント取られて、十字狙いは何とか凌いだものの、次もすんなりパスされてマウントから肩固め。何をあんなに悔しがっていたのか不明。ゴエスが強いだけか?


○マーク・コールマン(判定)ヒカルド・モラエス×

 モラエスのセコンドには、カーウソンとブスタマンチが。元バッハのモラエスにカーウソンが付くとは! 外敵にあたる時は、一致団結するということか。

 凡戦。妙に律儀に下からスイープを狙った挙句パスガードされてしまうモラエス。キミは、そういうことがやりたかったのか? キミからはリングス・アブダビの勲章は剥奪だ(笑)。


 休憩。そばにエンセンがいて大人気だったのだが、少し離れたところにヤマケンがいて、あんまり誰も気付かない。そこで、勇気を奮い立たせて、私は行って来ました、ヤマケンの所。メモ8「ファンです。がんばって下さい(と言って手を差し出す)」。ヤマケン「はい(と無愛想な顔で握手)」。メモ8「…あのお、PODの掲示板で書いていたのは、ヤマケンさん本人ですか?」。ヤマケン「はい(即答)」。メモ8「…がんばってください!」。うーん心境複雑。だがヤマケン応援するぞ。


○トム・エリクソン(判定)ゲーリー・グッドリッジ×

 しょっぱなの2分は面白かった。大きな1発を貰わないように、左手で相手を抱え込んで右パンチをガンガン入れるエリクソン。しかしグッドリッジもタフ&テクニカル。テイクダウンされてもガードの対処実に上達していたような。驚いたのは、エリクソンが何回もアームロック狙いを見せていたこと。キミにはそういう小細工は似合わない(泣)。

 幻想バリバリだったエリクソン、この程度という所か(もう歳だしな)。VTJで見せた、うわあすげえ度は随分色褪せたが、特に危なげもなし。


○イゴール・ボブチャンチン(1R1分23秒KO)フランシスコ・ブエノ×

 ボブちゃん、相変らず変なオバちゃん連れて入場。会場大声援。ブレイクしたなボブちゃん、おめでとう! 試合はたった1発。2発目が入る前に、ブエノ明かに失神してた。しかしボブちゃん、これからも相手を選ばないとちょっと心配。


×アレクサンダー大塚(判定)ヘンゾ・グレイシー○

 ヘンゾは、ヒクソンを筆頭にしたグレイシートレインぞろぞろで入場。アレクのセコンドはUFO村上と平直行氏。

 アレク、大善戦! と言っていいのでは? 少なくとも、私はそう思いました。しかし、2R、ヘンゾにバックドロップを食らったのは、いただけないぞ(笑)。アレクには、アマレス上がりというだけでない、腰の強さや天性のバランスのよさがあると思う。今後もキミの闘いをPRIDEで見たいと思う(プロレスラー同士以外)。「AOコーナー」はやっぱり泣けるしね。えーんえーん。


○桜庭和志(2R13分ちょっとドクターストップ)ホイラー・グレイシー×

 桜庭のセコンド、やはり高田&佐野で一抹の不安がよぎる(笑)。

 ゴエス戦、ビクトー戦と同様に、インサイドに入らない桜庭。ここからどうやってパスガードするかがポイント。意外とすんなり立ちあがり、スタンドでやりあう、ホイラー。勿論、スタンドでは桜庭が圧倒(ただ散発なんだよな)。

 2R終盤、さすがの桜庭もここまでかと思った途端、もつれた勢いで遂にパスに成功すかさず腕まで取っている。そして満を持してのキムラロック。「タップしてないと言ってるようですが、あの体勢からどうやって抜け出せるのでしょうか」というマイクアピールの通り説得力のあるフィニッシュ。場内総立ち。

 しかし、喜ぶ高田を見て腹を立てるおれ! 高速タップ野郎は打ち首獄門だ! ホイラーのレフェリー島田に唾吐くほどの勝負への執念(誉められたことじゃないけどね)を、少しは見習ったらどうだ。私はヒクソンやホイラーのあの勝負への粘着質なまでの拘りは嫌いではない。さわやかなアスリートより、いじけた人間性丸出しの武道家の方が好きだ。かと言ってヘンゾはやっぱりいい奴だとは思ったけど。まあ、友達になるならヘンゾ、遠くから見てるならヒクソン(結論)。

 桜庭最強!!! 高田道場最強!!! しかし高田は最弱!!!


 素晴らしい興行だったと思うのだが、仕事疲れの激しい頭痛とヤマケンの即答が、ちょっと心にへばりついて、心の底から日本晴れという気にはなれない私でありました。最高に気持ちのいい1日になる筈だったのだが。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ