速報版観戦記
■団体:プロフェッショナル修斗(サステイン主催)
■日時:2005年5月4日
■会場:後楽園ホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

5/4 修斗公式戦 後楽園大会速報

怪我人続出で、度重なるカード変更。
なんかお祓いでもした方がいいんじゃないかというくらいに。
いやあ、主催者側のツラい気持ちがわかる立場になっちゃったので、
責める気になれません。いや、マジにお祓いした方がいいですよ。
困った時は、神頼みしかないって(笑)。

と言いつつ、よく見ると、それでもカードはそんなに悪くない。
何気に、秋本・大沢なんてカードが第3試合に入っているし。

が、ガラガラでした。まあ、大甘で6割。
あと、40分も押しました。
そんなに押すと、2chで怒られますよ。
15分で、怒られてますから、スマックは(笑)。

入場式後の挨拶は、坂本さん自らが、色々詫びて。

第1試合 女子ミニマム級2回戦
しなしさとこ
(日本/フリー)
vs
パメラ・ヴィッツ×
(オランダ/リンホージム)

(1R2分14秒腕十字)

ストロー級(−48)じゃなくて、ミニマム級(−44)なんですね。
まさに、しなし選手のベストウェイトじゃないですか。
よくぞ相手を見つけたりという感じです。
パメラ、何か化粧しているように見えるんだけど、違うのかな?
上取ってからの足関狙いは、何とか凌いだパメラだが、
やはりグラウンドは、あまり出来ないようんで、マウンドから十字。
伸びきっているのに、タップせず、最後は見込みだったような…。
うーん、あんまり盛り上がらず、残念です。

※後記 タップしてたそうです。

第2試合 2005年新人王決定トーナメント1回戦 バンタム級2回戦
赤木敏倫
(日本/総合格闘技道場コブラ会)
vs
菅原雅顕×
(日本/和術慧舟會)

(1R36秒 ヒールホールド)

ええと、2人とも初見かな? ちょっと覚えてない。
と思ったら、いきなり、寝て誘う赤木。
あっ、見たことあるぞ、こいつ!
今時珍しい、総合の下攻め。
ヤノタクさん的というか、足関10段的というか。
前回は、ボコボコにされてしまった筈。
が、今回は、見事に下からヒールを極めたのでした。
まあ、こういうスタイルで、どこまで行けるか、がんばって欲しい。

第3試合 フェザー級2回戦
×秋本じん
(日本/秋本道場 JUNGLE JUNCTION)
vs
大沢ケンジ
(日本/WKSS)

(2R判定0−2)

このカードが第3試合ってのは、ちょっと豪華な感じ。
2回戦なので、同時入場だが、何故か、じん先生のルパンが鳴って、双方入場。

試合はいつものじん先生というか。
レスリングは強いが、TDはヘタというか。
徐々にパンチやらヒザやらもらってしまう。
1Rこそ、上を取れたものの、2Rはほぼ一方的。
なのに、二瓶19−19ってのは、ちょっと違うんじゃないでしょうか。
TD1回だけでしょ。



で、新たに参戦する選手紹介とか言うので、
誰が出てくるのかと思ったら、井口でした!
マイク持たせれば、例によっての井口です。
マモルを錆びた金だわし呼ばわりするわ、
7月に対戦の決ったらしい、久保山を、クボタとか言うわ。
素晴らしい!

第4試合 修斗グラップリング・スペシャルマッチ 5分1ラウンド
 中井祐樹
(日本/パレストラ東京)
vs
佐藤ルミナ 
(日本/K’zファクトリー)

(5分勝負なし)

いやあ、お得感あるカード。
というか、まあ、こういうことやってくれるなら、
怪我人続出も悪くないというか。けど、ぬるーいエキシだったらヤダなー。
と誰しも思っていたわけですね。
が、普通にガチンコだったです。中井さんはギ着用で。
一瞬ルミナがいわゆる回転体的ムーブしたりしたものの、
やはり、中井さんのガードは固く。
もう少し見たかったですね。

第5試合 ウェルター級3回戦
×レイ・クーパー
(アメリカ/ジーザス・イズ・ロード)
vs
中蔵隆志
(日本/シューティングジム大阪)

(2R1分14秒 TKO)

やだよね? 選手は絶対やだよね? クーパーのウェルターは(笑)。
最初こそ、ウマくスロイダー的に振り回して投げて上取った中蔵だが、
その後は、引き込んで下からアームとか狙う展開。
これからと思った2R、クーパー出血してしまい、ストップ。
うむー、これは、結構ラッキーだ、中蔵。
っていうか、どういう選手だが、知りませんでした。
セコンドのジュタ郎譲りで、下がウマかったです。
…というほど、展開があったわけじゃないんだけど。

セミファイナル 58Kg契約3回戦
マモル
(日本/シューティングジム横浜)
vs
ストニー・デニス×
(アメリカ/フォーシーズンズMMA)

(1R1分36秒 KO)

小さいパンチが鋭く、いかにもボクサー系のデニスだったが、
マモルの見事な左ハイ一発でKOされてしまいました。

マモル、井口のこと振られても、トボけていたが、
何とそこに、井口出てきて、マイク強奪して、
「このハゲ、おれが井口だ!」
自分がハゲなのに、偉いぞ、井口!
がんばれ、井口!
ハゲ!

メインイベント ライト級3回戦
ギルバート・メレンデス
(米国/シーザーグレイシー・アカデミー)
vs
植松直哉×
(日本/K’zファクトリー)

(2R4分30秒 ドクターストップ)

いきなり、射程の長い1・2くらって、ダウンしてしまった植松、
その後は、何とか組み付いて、オモプラッタで固めて、
凌ぐどころか、極めそうな感じまで。
が、リーチ差あり過ぎ。インから手振り回しているだけのメレンデスの鉄槌が、
ひたすら、あたりまくって、最後はドクターストップ。


井口が面白かったです。
あとは……うーん、坂本さんの最初の挨拶に涙しました。
うんうんうん。
以上。

report by メモ8




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ