速報版観戦記
■団体:PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR
■日時:2005年3月6日
■会場:横浜文化体育館
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

3/6 PANCRASE 2005 SPIRAL TOURT 横浜文化体育館大会速報

会場設営、気合入ってました。
赤青の入場ゲートに、舞台上には、大型スクリーンで煽り映像あり!
ラウンドガールは6人もいて、超豪華な感じ。
さすがに客入りは、イマイチでしたが(大甘で5割)。

煽り映像、よかったです。
省予算的な映像なら、あれで理想に近いというか。
ノーアイディアなんですが、堅実な作りで、
コンパクトにまとめていて。
なんつーか、興行を邪魔しない映像というか。

第1試合 【パンクラス アテナ】49kg未満契約 3分5ラウンド
渡邊久江
(AJジム)
vs
大室奈緒子×
(和術慧舟會東京本部)

(5R判定3−0)

いやあ、いいカードなんですよこれ。
んもう、わくわくドキドキで開始を待ちました。
ちなみに、この試合のみ、敬称略しません。

渡邊選手が、デトロイトスタイルで、一気に距離を潰して、
コーナーに詰めて、単発ながら、パンチ・キックを入れていく展開。
けれど、相当グラウンドを警戒しているようで、
イマイチ、連打できず、決めにいけない。
一方の大室選手も、さすがに怖いか、一歩の踏み込みが甘く、
タックルに行ききれず、行っても、すぐ切れられしまう。

4R、大室選手、やっとTD取れると、一気にマウントまで奪って、
十字で一瞬腕伸びました。が、渡邊選手、見事にこれを凌いで、
そのままポイントアウトです。

大室選手は、一気に押し込んで行く勇気が欲しかった感じ。
一方の渡邊選手、今日は結果オーライですが、
やっぱりこのルールだと不安残りますね。
パワー負けする相手だと、
一気にグラウンドで持っていかれちゃう可能性あり。

自分としてはやたら緊張感あって、いい試合だったんですが、
横文の広さの中、どこまで伝わったか。

第2試合 スーパーヘビー級戦 5分2ラウンド
×折橋謙
(チームPOD)
vs
山岸正裕
(YMC長野)

(1R17秒TKO)

デモリ連勝し、打倒メガトンの狼煙をあげた山岸、
今回はオリケン相手に一気にパンチでダウンを奪い、
そのまま乱打して。
上との対決が楽しみになりました。

第3試合 ウェルター級戦 5分2ラウンド
和田拓也
(SKアブソリュート)
vs
長岡弘樹
(総合格闘技道場DOBUITA)

(2R判定1−0)

2Rのアタマまで、立ちレス力で圧倒してたワダタクだが、
スタミナ切れか、集中力が途切れるのか、2R途中から急激に失速。
2R後半は、ねちっこい長岡に上取られまくり。
判定は打倒なとこだと思います。
ワダタク、強いと思うんだがなー、どうもハジケませんなー

第4試合 ヘビー級戦 5分3ラウンド
×セハク
(和術慧舟會RJW)
vs
野地竜太
(パンクラスMEGATON)

(1R4分25秒KO)

そこそこレスリング出来るようになった野地、
倒されても、何とか立つと、首抱えてボディー膝。
強烈なの数発入って、セハク、イヤイヤダウン。
そこでパンチ乱打してストップ。
野地、まだまだだと思うものの、1発の魅力は素晴らしい。

第5試合 第2代ウェルター級王者 決定4人トーナメント 第2試合 5分3ラウンド
×長谷川秀彦
(SKアブソリュート)
vs
北岡悟
(パンクラスism)

(3R判定2−1)

ねちっこく倒しにいく北岡と、
下になっても非柔術系の足の効かせが、
凄くよくなった長谷川、
非常に拮抗した面白い試合でした。
判定は、3者とも30−30だが、
トーナメントの為マストで2−1。
うーん、微妙だなー。
北岡のガッツを取るか、長谷川のテクを取るか。
メモ8的好みだと長谷川だが、まあどっちでもというか。
北岡、次が勝負でしょう。
パンクラは通過点の和製カレリン相手に意地見せられるか。



横浜関係(?)の偉い人が3人挨拶。
続いて、みのる。
ここ横浜から新しいパンクラスを発信とか何とか。
無難な挨拶でした。

第6試合 【GRABAKA vs BRAZILIAN 3vs3】先鋒戦
ライトヘビー級戦 5分3ラウンド
×山宮恵一郎
(パンクラスGRABAKA)
vs
ニルソン・デ・カストロ
(シュート・ボクセ・アカデミー)

(3R判定0−3)

おお、接近戦で、ショートの連打で打ち勝つ山宮。
1回だけだったけど。
おお、インサイドから、丁寧に1本越えようとする山宮。
越えきれなかったけど。
何というか、まるで普通のヴァーリトゥーダーというか、
やっとグラバカの一員になったなあという感じで、
試合自体は退屈でしたが、いい感じでした。

カストロ、1Rにパンチ打ち負けると、
そこから途端にしょっぱくなっちゃって、
なんつーか、ニンジャ・ショーグン兄弟的な怖さが、
まるでなくなって、固い攻めでした。
いや文句なく勝ったんですが。

第7試合 【GRABAKA vs BRAZILIAN 3vs3】中堅戦
ライトヘビー級戦 5分3ラウンド
×佐々木有生
(パンクラスGRABAKA)
vs
グスタボ・シム
(グレイシー・バッハ・コンバット・チーム)

(3R0−2)

セコンドのペジパーノ、デカ過ぎ。見えないよ座れよ。

スタンドはほぼ互角。
1R後半はシムが上、2Rは早めに佐々木が上。
3R、やや打たれると、いきなり引き込んでしまう佐々木。
あーあ、これで全部ワヤです。こんな僅差でそんなことしても。
2者が30−29、1者が30−30、ともに理解出来る判定。

せっかく久々にいい感じだったのになー佐々木。
心の強さで負けた感じ。
シムは近藤とやりたいとマイクアピールするも、
まあ、当分は無理ですね。

セミファイナル 【GRABAKA vs BRAZILIAN 3vs3】大将戦
ミドル級戦 5分3ラウンド
三崎和雄
(パンクラスGRABAKA)
vs
フラービオ・モウラ×
(グレイシー・バッハ・コンバット・チーム)

(2R2分13秒変形スリーパー)

セコンドのペジパーノ、デカ過ぎ。見えないよ座れよ。
(リフレイン)

1R、突っ込んですぐにTDしたモウラだが、
祈ってしまいブレイクされてしまう。
2R飛び膝当てて、そこから一気に上取った三崎、
最後は、上四方からのスリーパー。
テレルが必殺技とか言って奴ね。
ちょっとまだ打撃が危なっかしい三崎だが、
今日は結果オーライでしょう。

メインイベント 全日本キックボクシング連盟公式試合
ヘビー級 3分5ラウンド
×郷野聡寛
(パンクラスGRABAKA)
vs
桜木裕司
(掣圏会館)

(2R1分17秒KO)

今までのキック2戦以上に好調に見えた郷野。
1Rにはいきなりストレートでダウン奪う。
ところが、2R、蹴りを出し始めた桜木、
それがフェイントになったか見事な右入って、
一発で郷野撃沈。何とか立ったものの足にきててストップ。

藤原先生パワーも相乗りして、掣圏道最強!


これぞ、郷野!
ここぞという時、見事な負けっぷり、もう文句なしです。
たっぷり色々なところで叩かれてください。
これでK−1も久江ちゃんとのデートもおしゃかですが、
逆に言えば、近藤ミドルGP参戦中、
しっかりパンクラスを守るしかなくなったという感じで。
パンクラス的にも、勿論全日本キック的にも、かえって美味しいような。

どの試合が特によかったとかないんですけど、
3時間半の長さは感じなかったというか。
やっぱ、郷野KO負けが、あまりに鮮やかで、
凄いカタルシスがあったというか。
郷野ファンはかなりコタえただろうけど。

report by メモ8 今大会の画像及び選手コメントは こちら! 




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ