2/6修斗下北大会観戦記
■団体:プロフェッショナル修斗
■日時:2004年2月6日
■会場:北沢タウンホール
■書き手:うしをたおせ

忙しい中いってきました。忙しいのでまあ簡単に。
といっても長くなるんだけどね(^-^;)。

16:05ぐらいですぐ始まる。日曜ってことで早めの試合開始時間。
サクサクやってサクサク終わる。休日はいいと思う。

全選手入場で遠藤選手が挨拶。
K太郎が怪しい仮面とフンドシ、前田がスパイダーマンの被り物。


第1試合 ミドル級 新人王決定トーナメント1回戦 5分2R
○吉田善行(東京イエローマンズ)
×山崎昭博(和術慧舟會駿河道場)
判定3-0 (横山20-19/菅野20-19/鈴木20-19)

いきなり若林レフリー登場!なかなか様になってる。

吉田選手かなりゴツイ体。世田谷学園柔道部出身だとか。
滝本選手とか大山選手とかと同期とか。凄い面子だな。

1R
パンチの打ち合いから吉田がテイクダウン。パウンド。山崎は下から 足関ねらい。

2R
同じ展開。スタンドはやや山崎が押してたかな。山崎自ら前転して
足関狙ったりする。吉田凌いで上からパウンド。山崎素晴らしい回転から
三角極めかけるも、吉田腕抜きかついでサイドからヒザ。

上を制していた吉田選手が判定勝利。
吉田選手パワーはありそう。素材は凄そう。でもまだ粗いかな。
特にパンチは苦手そう。自分のペースで戦えていなかった。

山崎選手、回転しての入り極めかけた三角や積極的な足関狙いは
鮮やかで素晴らしいが、やはり極めないとこのご時勢厳しい。
常に判定負けになりかねない。パンチも押してたけどまだまだかな。


第2試合 フェザー級 新人王決定トーナメント1回戦 5分2R
○水垣偉弥(シューティングジム八景)
×山下悟史(和術慧舟會駿河道場)
判定3-0 (横山20-18/二瓶20-18/鈴木20-18)

2人ともインスピの黒いトランクス。ルミナ効果は偉大なり。
結局今日だけでも4人インスピ履いてた。レフリーは引き続き若林さん。

1R
山下カウンターでパンチ当てるも水垣組む。鮮やかにテイクダウン。
山下下からパンチと腕十字狙い。1回極めかける。水垣パンチ落とす。
山下デラヒーバ風の動きからバック取りかけて上に。水垣蹴って立つ。

2R
水垣右パンチでダウン奪う。山下なんとかタックル。水垣余裕で切って
上からパウンド。膠着しブレイク。若林さんなかなか的確なブレイク。
水垣パンチで攻めるも滑って下に。山下すかさずマウント!そして起きる
水垣に合わせ腕十字!伸びるも山下極めきる力なく腕抜かれる。

ダウンが効いて水垣選手が判定勝利。

水垣選手身体能力ありそう。バネがある。基本的にはパンチで攻めて
テイクダウンしてパウンドの選手かな。なんでもできそう。
次は加藤JETシン選手か。わかんないな。でも優勝候補の一角だな。

山下選手、体力的にはやや劣ったが、下からのテクニックは良かった。
何度も仕掛ける腕十字や柔術的な動きが良かった。


第3試合 ライト級 新人王決定トーナメント1回戦 5分2R
×中村浩士(東京イエローマンズ)
○西岡 裕(パレストラ千葉)
判定0-3 (菅野19-20/菅野19-20/鈴木19-20)

中村選手渋い。体格的にもコンパクトで筋肉質。師匠の朝日さんのよう。
西岡選手長身。金髪モヒカンに松根君と同じく「THE」の刈り込み。

レフリーは草さん。オールバックにますます大きくなった太目の体。

うーんシューターの面影がドンドン無くなる(^-^;)。

1R

いきなり西岡引き込む!そしてオモプラータからホレッタに。
中村上からパンチ。西岡蹴って立つ。そして足掛けテイクダウン。
上からパウンド連打。中村デラからバック取り上に。西岡タックルで立つ。
中村下から蹴り。素晴らしい技術戦。終盤2人とも笑いながらパンチ交換。

2R
中村タックルでテイクダウン。西岡立って逆にテイクダウン。
アリ・猪木状態で上から激しいパンチ、ロー。中村タックルで立つ。
パンチの打ち合いから中村タックルでテイクダウン。西岡冷静に
オモプラータで固めてパンチ連打。そして腕十字狙い。

2人とも素晴らしかったが2R常にイニシアチブを取っていた西岡の
判定勝利。

西岡選手面白かった。そして強い。いいね。やや細身だけど大きな体格。
常にアグレッシブな戦い振り。スタンドも戦え、テイクダウンも奪え、
上から攻めれ、そして下からの攻めが豊富。見てて楽しい。
トーナメント次は・・・、享太郎だ〜!またも潰し合い。さあどうなる。

中村選手パンチもタックルも巧かった。寝技も下も悪くない。
でも体格差があった分ちょっと分が悪かったような。
骨格的にはフェザーでいいような。


第4試合 ウェルター級 新人王決定トーナメント1回戦 5分2R
×山守正明(PUREBRED大宮)
○廣田瑞人(ガッツマン修斗道場)
2R 1'27" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

2人ともチンピラ風(^-^;)。アゴヒゲあってコワモテ。
レフリーは草さん。

1R
山守首投げ、廣田耐える。山守タックル。廣田切ってスピニング狙い。
バックに回りパンチ連打。スタンドになり廣田の鋭く重いパンチが目立つ。
抑えて出すヒザも鋭い。山守の投げ潰してハーフからパウンド巧い!

2R
廣田ますますパンチに勢いが。右ハイも。山守のタックル切って
パンチ連打。山守攻め手が無くなる。スタンドで強烈なパンチ当て
ダウン!山守起きるも廣田跳びヒザでダウン!最後はタックルに来た
山守を殴りまくってストップ!
草さん、グラウンドでのストップを「ダウン!」と言いかけるも
すぐ本部席を確認し「ストップ!」へ。ちょっと勝手にハラハラ。

いやいや廣田選手強い。腰も強そうでとにかくパンチの回転がいい。
しかも重そうだし。パウンドもかなり巧い。この選手も来るぞ。

山守選手強引な投げは悪くなかったが、ちょっとパンチの差があった。


第5試合 ミドル級 新人王決定トーナメント1回戦 5分2R
○中村K太郎(和術慧舟會東京本部)
×前田健太郎(K'zファクトリー)
判定3-0 (横山20-18/二瓶20-17/鈴木20-17)

またも若林さんレフリー。

1R
いきなりK太郎のパンチ当たり前田ダウン!前田テーピングでガチガチに
固めた右肩を気にしてる。かなり悪いのか?
その後もパンチ打ち合い。K太郎は余裕で顔を突き出し相手を誘うが、
それほど優勢に攻めてるわけでもない。前田終盤エンジンかかり
ドンドン前に出る。

2R
ずっとパンチ打ち合い。前田のタックルはK太郎切る。K太郎はノーガード
も見せる。ふところの深さで前田のパンチをかわしているが、といって
K太郎もパンチをさほど当ててるわけでも。
終盤お互い寝技で上取るも特に有効打なし。

ダウンもあってK太郎文句無しの勝利。でもかなり物足りない試合。
本人も浮かない顔していたが、とにかく積極性がないと言うか、
余裕があるならもっと攻めないと。スパーリングの延長と言うか。
かなり期待度は下がってしまった。

前田選手気持ちは見せてくれたがちょっとスピード不足か。

第6試合 ウェルター級 5分2R
○美木 航(和術慧舟會RJW)
×梶田高裕(ALIVE)
判定2-1 (二瓶20-19/菅野/20-19/鈴木18-20)

この試合からレフリーは岡林さん。湘南格闘クラブの代表でK−1や
DEEPでレフリーやってるらしい。

1R
梶田ハイ。美木タックルも切られる。梶田テイクダウンも美木立つ。
岡林さんの特徴?ブレイクやや早い。観客としてはうれしい。
基本的にスタンド打撃戦。美木はボディへのパンチがヒット。
梶田は強烈な右ミドルを入れるも、最後取られてテイクダウンされる。

2R
パンチ打ち合い。美木足掛けテイクダウンも動き少なくブレイク。
梶田片足タックルも梶田ロープから出る。梶田のミドル強烈だが美木取る。

かなり判定が難しい展開。ものの見事に判定が割れて2:1に。
しかも鈴木さんが18:20で結果的に敗者の梶田選手につけた。
個人的には20:19はありうるが、18:20は意外って感じ。
鈴木さんは強烈な音を立てていた右ミドルをポイントとして取ったって
ことだろうけど、ダメージがあったかどうかはなんとも。
梶田選手につけたジャッジはボディへのパンチとテイクダウンの数かな。
まあ個人的には本当に僅差だったんで、こういう試合は20:20にして
ほしい。
美木選手強いね。パンチも巧いし、テイクダウンも強そう。

梶田選手も強い。スピードもパワーもある。でも今後のミドルは 使い方が難しいな。


第7試合 フェザー級 5分2R
○田澤 聡(ガッツマン修斗道場)
×小塚誠司(PUREBRED大宮)
2R 0'20" TKO (レフェリーストップ:左目尻のカット)

小塚選手はマツケンコスプレ?で入場。受けていたかはなんとも…。

1R
パンチ打ち合い。小塚反り投げでテイクダウン!田澤タックルで立つ。
パンチ当て、小塚のタックル切って上に。小塚も立つが、スタンドは
田澤のパンチとヒザがいい。小塚のタックルは切られる。小塚のバックから
田澤攻める。小塚はアームロック狙い。冷静に田澤潰して、逆に

アームロックで転がして上に。

2R
パンチ打ち合い。正確性で田澤勝る。パンチガツガツ当たり、小塚の
目尻が切れる。「やらしてください!」と懇願する小塚だったが、
無情のストップ。

やはり田澤選手強いね。寝技も安定してるし、パンチが細かくて正確。
本当に隙が無くてアグレッシブ。早くクラスAで見たい。

小塚選手ちょっとスピード負けか。


第8試合 ウェルター級 5分2R
×岡田孔明(PUREBRED大宮)
○遠藤雄介(KWS/04年度ウェルター級新人王)
1R 1'04" KO (右フック)

両者大応援団が詰め掛ける。特に岡田選手にはテープが乱舞する。

いきなりパンチ打ち合い。しかし遠藤の左フック?が当たり、岡田
前につんのめってダウン!立つもややふらついている。再開後岡田が
果敢に打ち合うも、またも遠藤の右フックでダウン!また立つも
完全にふらついているためストップ!

いやいや遠藤選手強い!2発のパンチで決めてしまった。
よく分からないが、パンチが強いのだろう。謙虚なリング上インタビュー
も含め、まだまだ地味な存在だが、あの腰の強さ、テイクダウンと
このパンチの強さ、パウンドの強さは大きな武器だ。
またまたとんでもない新人が激戦のウェルター級に。こりゃ大変だ。

岡田選手今回はいいところなく敗戦。パンチが効いちゃしょうがない。

そんなわけで地味なカードだったけど、修斗クラスBのレベルの高さを
実感した大会だった。

やはり光ったのは西岡、廣田、遠藤かな。

新レフリー3人ともほぼ問題なし。岡林レフリーがちょっと
「アクション!」の声が早めで、ブレイクもちょっと早め。まあそんなに
気にならない程度。これからもドンドンこういう形を。
レフリー増やしすぎる必要はないけど。
ちなみに今回の直接の理由は鈴木さんの体調理由だとか。お疲れ様です。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ