パンヲタが行く、これで後楽園やるの?オマイラ度胸ありすぎ!パンクラス後楽園大会
■団体:パンクラス
■日時:2005年2月4日
■会場:後楽園ホール
■書き手:zen

行ってきました後楽園。砂被りは一列(北だけ二列)とはいえ、最終的には7割くらい?思ったよりは入ってましたね。

□ パンクラスゲート 第1試合 ミドル級 5分2R
×瀬戸哲男(和術慧舟會A-3) vs 山田護之(チームP.O.D)○

山田のボクテクが光った。スウェーでよけて確実に当てる。
瀬戸も組み付いて逃げるのだが、そこからの攻め手は全く無い。
瀬戸、流血し、ドクターストップで山田のTKO勝利。


■ 第1試合 ウェルター級戦 5分2ラウンド
○石毛大蔵(SKアブソリュート) vs 外山慎平(和術慧舟會東京本部)×

石毛の左フックが外山に入ると、そのまま石毛パンチと膝のラッシュ!外山ロープに寄りかかり踏ん張ろうとするが、そのまま崩れ落ちる!
石毛、戦慄の35秒殺!!
石毛、試合後は「大石選手とやらせてください」
外山立ち上がれない。

石毛恐るべし。ウェルター戦線は尚一層熱くなってきました!!


■ 第2試合 ライト級戦 5分2ラウンド
○矢野卓見(烏合会) vs 滝田J太郎(和術慧舟會東京本部)×

J太郎劇場はヤヤスベリ。そのスベリが面白かったけど。てか、あれはスベルのを狙ってた。
1R 序盤ややスタンドにヤノタクつきあってたが、一度投げられてからはずっと下に。
J太郎、飛び込んでいくが、それをカニバサミで捕まえようとするヤノタク。恐ろしい。
カニバサミで捕まえるとそのまま足を取りに行くヤノタク。J太郎タップをしかけると、そこを大藪がストップをかける。
ん?なになに???と観客が思うと、梅木が大声で続行を命令!
大藪再スタートさせると、J太郎2秒後にタップ!

…一体なんだったのでしょう、あのストップは…


■ 第3試合 無差別級戦 5分2ラウンド
○佐藤光留(パンクラスism) vs 小谷野澄雄(烏合会)×

小谷野、身長だけ見るとヒカルより小柄かも。
ヒカルはいつものマスクも無し、走りこみも無しの入場。
足にはテーピングをしていて、やや引きずっている様子。
1R 顔面狙ったパンチ、ボディを狙った踏み込んでのパンチ、と確実に当てていくヒカル、小谷野はほとんど手数が無い。
ヒカルが左ストレートを一閃すると、そのままぐらつく小谷野。そこにヒカル覆いかぶさり、パウンドを連打。タオルが投げ入れられ、TKO。

ヒカルはやっぱし変な色気さえ出さなければ強いんだがなあ…
勝つパンクラスには同意できないようだが、そーゆー選手がいるのもまたあり。
だけど、やっぱり自分の階級にこだわってほしいなあ。


■ 第4試合 ウェルター級戦 5分2ラウンド
○伊藤崇文(パンクラスism) vs 倉持昌和(フリー)×

倉持はテイクダウンを狙い、伊藤はスタンドに活路を見つける。
1R 倉持テイクダウンを奪うものの、有効的な攻撃もかけられず、伊藤に逃げられる。
スタンドに戻ると、伊藤のパンチが当たり始め、最後は伊藤の右ストレート一閃でKO。伊藤、きれいなKO勝利


■ 第5試合 ミドル級戦 5分3ラウンド
○竹内出(SKアブソリュート) vs 久松勇二(和術慧舟會TIGER PLACE)×

久松先生はJ-BOYSを、竹内はイヅルガールを連れて入場。
AVみたいなノリですね。
竹内はいつもの押し込んでテイクダウンを奪い、コツコツパウンドを打っていく戦法。
久松先生も何度か上を取るが、決定的なチャンスを作れず。
竹内が圧倒的に上を取っている時間も多かった。

結果は判定
 大藪30-29 竹内
 小菅30-29 竹内
 梅木30-29 竹内
3-0で竹内。

まあ、結果は判定、流れも単調だったけど、結構楽しめる試合でした。


■休憩
高橋が挨拶。「ボブチャンチンと殴り合ってきます。」「原点に戻ります」「謙吾、アライと新しいチームを作ります」「ヘビー級ベルトを返上し ます」
パンクラスを脱退するつもりは無いようだが…どういうつもりなのか?
まあ、なんかやる気が出てきた風なので、それは嬉しいんだけど…


■ 第6試合 ライトヘビー級戦 5分3ラウンド
○ケステゥシャス・アルボーシャス(ラトビア士道館) vs 佐藤光芳(パンクラスGRABAKA)×

光芳は頭に包帯らしきものを巻いて入場。インドネシアで怪我でもしたんか?
1R 光芳、タックルでアルボーシャスの上をとるが、相変わらずそこからの攻め手がイマイチ。今日はガードしている足を取って足関節にいこうと
するが、逆にアルボーシャスに足を取られかける等、駄目。
しかも上を取っていても、アルボーシャス、下から上手いことパンチコツコツだしてくる。上を取っていても有利という感じがない。
アルボーシャスは実に多彩なスイープ持っている。今日はガードポジションで下になった状態から、尻で立ち、そのまま前転する様にマウントポジ ションを光芳から奪う。さらにそこから腕十字へ!

光芳なんとか粘って逃げ切る。

2R 光芳がタックルへ行き、アルボーシャスが下になる展開。だが、1Rと同じく、再び尻立ちスイープでアルボーシャス上になったりする。
これは光芳が足関節狙って、ねっころがるかもしんない。
このラウンドはアルボーシャス、渡辺戦と同じくグラウンドに全くつきあわず、マウント取っても離れる。
スタンドではアルボーシャスのいいのが佐藤を攻め立てる。
3R 二人とも勝負にでたのか、アグレッシブに打ち合うが、佐藤が嫌いタックルでテイクダウン、しかしアルボーシャスがマウントを取る。が、い
つもの如くアルボーシャスは立ち上がり、スタンド勝負を望む。
光芳もしつこくテイクダウンを狙うが、上をとっても上下の二人でコツコツ殴りあう展開。

光芳また足関節を取る、今度は結構深く入ってアルボーシャス嫌がる。光芳が足をとって寝転がると、アルボーシャスは体を起き上がらせ逃げよう
とする。しかし、時間が無い。試合は後十秒で終了。逃げ切るか?と思うと、アルボーシャスの下には光芳の顔が…
アルボーシャス、光芳の顔に向けてパウンド連打連打!!光芳失神!!レフェリー、止める!3R 4分59秒!!KO勝利!!

あと一秒って…。光芳…
まあ、判定になってもアルボーシャスがストレートで取ってたと思うけどね。


■ セミファイナル ヘビー級戦 5分3ラウンド
×謙吾(パンクラスism) vs 桜木裕司(掣圏会館)○

体躯で一回り大きい謙吾。桜木は刀を持って入場。
1R 謙吾タックルに行くが、桜木すっと腰を引いて逃げる。さらにしつこく謙吾タックルに行くとテイクダウンを奪い上へ。
その後はコツコツパウンドの嵐。結構ガツガツも入っていて、たまに桜木の後頭部がマットに当たる音が聞こえるほど。
しかも謙吾、隙あらばポジションを取っていくインサイドガードからハーフへ、さらにサイドポジションへと。

正直謙吾らしくないほど上手いグラウンド・アンド・パウンド型の選手に。
時にはアームロックなんかを取ろうかなぁ?と思っているような動きも見せる。
2R 1Rと全く同じ展開。桜木何もできず根性だけで粘っている感じ。
3R 皆が謙吾の勝利を信じて疑わないままゴング、桜木距離をつめ、ハイキックを一閃。謙吾崩れ落ち、さらに追い討ちのキックを頭部に入れたと
ころでレフェリーがストップをかける!
場内大歓声!!爆笑もかなり混じってたるぞ!!

これこそ謙吾!!すばらしい!!期待を裏切らない!!!あそこまでの謙吾はこのフィナーレの為のオープニングでしかなかった!!
でも…なんか本気で謙吾、ちょっと強くなってきてる様な…。桜木が弱いだけなのか? 新しいチームでの謙吾、、本当に目が離せません。


■ メインイベント 第2代ウェルター級王者 決定4人トーナメント 第1試合 5分3ラウンド
×ヒース・シムズ(チーム・クエスト) vs 井上克也(和術慧舟會RJW)○

シムズはダンヘンをつれて入場。
一方井上はWK軍団。

1R お互いジャブを出しつつ様子見。シムスはローがいい。これ長期戦になると効いてきそう。
手数はシムズの方が上だが井上が前にでてくる。
緊張感ある展開が続くが、それを崩したのは井上。井上の左フックが一閃!シムズ崩れかけるが、そこは踏ん張る。しかし、そこに追い討ちの井上
の右フック!
シムズたまらず崩れる!!TKOかと思うほどだったが、そうはならず。井上は覆いかぶさりパウンドの嵐。
シムズはなんとか体制を直そうと井上を足で距離をとろうとするが、そこへ井上が狙い定めたパウンドを入れる。
シムズの頭ががくんとずれ、レ フェリーがストップをかける!井上!戦慄のKO勝利!!すばらしい!!!

試合終了後、井上。「5月、絶対タイトルとると思います。」「パンクラスのベルトは通過点、DOGで菊池選手とやりたい」
井上…もう感無量です。最高!!最強!!


■総評
前半戦(休憩まで)が何と1時間で終わるという超スピード興行。テンポがいい反面、ちょっとあっさりし過ぎな気もしたかな。
アルボーシャスは強い。絶対強いって。こいつは来るよ、ちょっといい年だけど。渡辺戦よりちょっち進化(腕十字のぶんだけ)してたし。
ただ、 打撃の方が本職さんとやった時どうなるか…とりあえず、次はトップクラスと当たっていくだろうし楽しみ。郷野との試合はかなり面白い打撃戦に なりそうな予感。

あとは謙吾。もうほんとに目が離せません。一昔前の戦法とはいえ、グラウンド・アンド・パウンドはまだまだ二線級には有効だし。
技術の無い出 かブツ同士の戦いだったら、そこそこやっていけるのではないのかい?
で、井上。シムズも強かったが、それを上回っていた。ウェルターの王者は君だ!君しかいない!!そしてDOGでもどこでもいいから、菊池とやっ てくれ!!

で、思ったのだが、DOGがそれやっちゃうと、Deepの存在価値って何になってくるんだろう…

点数をつけると…95点。いやーーーー、ほんっと面白い興行でしたよ。行かなかった人は残念でした。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ