速報版観戦記
■団体:PRIDE 男祭り 2004SADAME
■日時:2004年12月31日
■会場:さいたまスーパーアリーナ
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

12/31 PRIDE 男祭り2004SADAME さいたまスーパーアリーナ大会速報 17:30 Start
高田統括本部長のふんどし太鼓でオープニング
もちろん満員
マークハントが宙ずりのゴンドラの登場に一人だけ怖がっていたのが
印象的 こりゃ負けるな(笑)
第1試合 
美濃輪育久
(日本/フリー)
vs
ステファン・レコ×
(ドイツ/ゴールデン・グローリー)

(1R27秒 ヒール)
昨年に引き続いてのオープニングを務める美濃輪
今回はイージーな相手レコ
(1R)
いきなりドロップキック 倒してヒールホールドで秒殺
レコロープつかんで唯一の見せ場見せるも…
勝って 日本国旗マント代わりに背中につけアピール
第2試合 
×ジャイアント・シルバ
(ブラジル/フリー)
vs
チェ・ムベ
(韓国/CMA-KPW KOREA)

(1R5分7秒 マウントから腕三角)
昨年に引き続いてこれまた出場のシルバ
今回はサタディーナイトフィーバーのチェ
入場は冬ソナのイントロが鳴り受ける
(1R)
投げそこなったシルバ 上になったチェが上になりマウント
猪木アリからスタンドに戻る
再び上になったチェ インサイドから殴ろうとするもパンチ届かず
サイドを取ったチェ エルボー膝蹴りとニーブレスからパンチで攻める
シルバハーフから上になろうとする しかし再び上にチェ
マウントから腕三角でたいして絞めても無いのにタップであっという間に勝利
あっさりした試合でしたね
第3試合
×安生洋二
(日本/フリー)
vs
ハイアン・グレイシー
(ハイアングレイシー柔術アカデミー)

(1R8分33秒 下から十字)
これはサプライズの対戦
ヒクソン道場破りで返り討ちに会った男 安生
高田総裁の作ったPRIDEでこんな素晴らしいカードに恵まれたのも
因縁か? そして相手は最凶の相手ハイアン

(1R)
ハイアンタックル テイクダウン
いきなりパス サイドで立つタイミング待つ安生
ロープ際ドントムーヴで戻した際にリスタートで有利なポジション
に強引にしようとしてレフェリーからイエローもらったハイアン
ある意味彼らしくて微笑ましい

再びスタンドからパンチタックルで上になったハイアン
サイドになる
マウントから バックマウントでパンチもらい 戻してマウントになった安生
危なかった
ハーフに戻したがまた戻され反転したがバックチョークになって耐える安生
伏せってガードになりたい安生
そして案の定 上になろうとしたところを十字もらう
ミエミエのハイアンの攻撃に対応の仕方わからなかったのか?

ハイアン マイクで桜庭戦アピール 中村とはやりたくないとアピール
中村もリングに上がってアングル作って 高田もリングに上がりアングルに加担
無理やりでつまんない
高田無理やり ハイアンvs中村ブッキング で締め
第4試合 
長南亮
(日本/フリー)
vs
アンデウソン・シウバ×
(ブラジル/ブラジリアン・スパイダー)

(3R3分8秒 ヒールホールド )
長南には小野寺力 渡辺大介 横井がセコンド
(1R)
左のフックが効いた 連打浴びる長南 倒されバック回られる
4の字でロックされているので逃げずらい
5分過ぎにしっかり離して上になってインサイド取る
下から攻めないシウバにイエロー
(2R)
スタンドパンチ交換から 再びグラウンド今回は長南上に
下からクロスガードのシウバなので長南にとっては殴りやすい
長南やや有利

(3R)
長南は右のインローで入りを防ぐ作戦
スタンドではやや有利なシウバ
フィニッシュは唐突に カニバサミで倒してインヒールでタップ
素晴らしかったです


第5試合 
滝本 誠
(日本/吉田道場)
vs
戦闘竜×
(アメリカ/フリー)

(3R判定3-0 )


FILA会長のラファエル氏と福田会長が挨拶
 ラファエル氏は会長であるとともにイタリアでもっとも強い組織でもあるとか違うとか… 
今後のプライドにチャンピオンクラスを派遣するとのこと楽しみです
 イブラヒムはダイナマイトですけど

入場者数はスタジアムヴァージョン最高の48398人とのこと

五輪メダリスト滝本がサラリーマン〜教師を経てPRIDE電撃参戦
相手は相撲レスラー先日初勝利上げた戦闘竜まわしで登場 こち亀両津の回しだ

滝本は柔道着着て戦う模様 34kgの体重差

(1R)
戦闘竜の周りを回る滝本 柔道着つかんで前に倒した戦闘竜 見事なはたき込みだよ!!
スタンド戻り タックルに行く滝本だが外される
突進の戦闘竜に脇さして バック取りチョークに行きかけて滝本失敗
戦闘竜上になりスタンドに戻す付き合わない
作戦的には戦闘竜今のところうまくやっている

(2R)
道着つかんで殴る戦闘竜うまい
滝本小外で倒したが 上になったのは戦闘竜。下からホールディングでパンチ防ぐ
しかしタックルが下手>滝本 攻めない戦闘竜にもイエロー出る

(3R)
つきっ放し道着つかんで距離詰めて殴る戦闘竜に 引き込んで十字狙う滝本
戦闘竜のフックは素晴らしい 残り45秒脇さして反った(小外)滝本
根性で外した戦闘竜
そこでゴング 試合の面白さは戦闘竜だったが…
判定3-0滝本 私は戦闘竜に上げたかった 良い試合でした戦闘竜の未来が見えた

滝本マイク
「今日まで総合格闘技を舐めてました。次は練習して参った取れるよう頑張ります」
正直なマイク
第6試合 
×吉田秀彦
(日本/吉田道場)
vs
ルロン・ガードナー
(米国/フリー)

(3R判定3-0)
ダイナマイトがイブラヒムならこっちはガードナー
ゼロワンに出た誰かと同じにならなければいいが…ガファリィ〜〜
まあチームクエストで練習してるので信用したい

国歌斉唱で盛り上げる

(1R)
吉田キックパンチ出すが パンチ一発で倒れる吉田
インサイドからパンチ打ち続けるガードナー
吉田は両手とって 下からの十字仕掛ける
がぶって膝出すガードナー 立ち上がる吉田
左インローで出足をくじく吉田だが ガードナーは前に出ず顔面ガードする
ニュートラルで差し合いからアキレス狙いの吉田 ガードナー行かせず

(2R)
再びスタンドで殴りあい 吉田はインローも混ぜて
組み合いは吉田不利のような気がする
組み合うとプレッシャーの強さから吉田下がってしまう 膝蹴り使えず
ガードナーのラウンド

(3R)
ストレート系のパンチしかないが それがかえって入れない吉田
1分30秒過ぎに両者にイエロー消極ファイトで
吉田は息が上がってる
組み合って捨て身の内股も失敗 体重差のせい 殴られる吉田
インサイドガードガードナー上で終了

2.3Rはガードナーラウンドなので吉田つらいところだが

判定は3-0でガードナー プレッシャーとスタミナの差が出た
第7試合 
ミルコ・クロコップ
(クロアチア/チーム・クロコップ)
vs
ケビン・ランデルマン×
(米国/ハンマーハウス)

(1R 41秒殺フロントチョーク)

ここで地上波は吉田vsガードナー戦を放送(20:55)21:00TBS放送(21:00〜)に向け
視聴率確保の作戦に出る実際は吉田戦終わってるわけだがさすがCX


早すぎるリベンジマッチ
頂上対決がメインで行われるゆえ仕方の無いことなのか?
しかしミルコは今年何試合したんだ??(8戦目とのこと)

(1R)
いきなりタックル! ケビン 外して待つミルコ
二回目のタックルでしっかりがぶりフロントチョーク!!!!
たまらずケビンタップ!!
やっぱしミルコの試合は凄い!!

ミルコマイク
「ヒョードルとノゲイラの勝者とやりたいが コールマンがやりたいというならやっても良い」
と今回の再戦を受けてくれケビンにも感謝していた
第8試合 
×近藤有己
(日本/パンクラスism)
vs
ダン・ヘンダーソン
(米国/チーム・クエスト)

(3R判定2-1)

昨年はマリオから鮮やかな勝利 そして今年は難敵ダンヘンダーソンから
無いようある勝利ができるか?近藤
ダイナマイトの前あおり番組に出ていましたな船木は
さすがですね近藤こっちに出ているというのに

(1R)
テイクダウンでいきなりマウント取り フロンとチョークで取りに来た
ヘンダーソン
うまく外した近藤スタンドへ
組み合って投げたのはなんと近藤!! 相手はヘンダーソンだぞ!!
ハーフガードで殴る近藤 ヘンダーソンは防戦のみ
パスしてサイドに出る近藤うまい 去年のように膝が出るか?
ヘンダーソンは下の防御あまりしない 足を上げて居るのみ
立ち上がったヘンダーソン
膝蹴りで再び倒れてしまったヘンダーソン ハーフからまた殴る近藤
マウント!! 殴っていくもヘンダーソンホールディングで防ぐ
腕三角仕掛ける近藤ゴング! 近藤ラウンド

(2R)
打ち合いで始まる
差し合いから倒して横四方になったヘンダーソン
上四方になり膝がくる
下からあおって逆に上になった近藤今度は逆にサイド〜マウントへ
殴っていく近藤
立ち上がったヘンダーソン 刺してそり投げてサイドについたところでゴング
近藤ラウンド

(3R)
打撃戦を制するヘンダーソン 近藤も応酬
またもや組んでテイクダウンヘンダーソン インサイドから殴る
豊永がなんとブレイク!! そりゃ無いぜでもラストラウンドか
再び倒したヘンダーソン上で殴る
残り30秒でスタンドで飛び膝出す近藤だが 倒された!

判定は1.2R制した近藤でしょう…

判定2-1でダンヘンダーソン!!! OB二人?がダンにつけた
第9試合 
五味隆典
(日本/木口道場レスリング教室)
vs
ジェンス・パルヴァー×
(米国/チーム・エクストリーム)

(1R6分21秒KO )

これまたマニアにはたまらない試合
現在の70kg級の最注目の試合 果たして世間に届くのかが問題

(1R)
五味は右リードが冴えている パルバーもうまく対応している
五味はコンビネーション絶好調 対するパルバーもリードがいやらしい
素晴らしい打撃戦 恐るべし両者
フィニッシュは唐突に インファイトから左アッパーで崩れた凄すぎ
修斗関係者よ誇らしく思え!!
凄いよ五味は

マイク
「大晦日は判定じゃだめだよ KOじゃ無ければ!!」
「こういう試合に出させてもらって PRIDEに感謝 
みんなはどうだい? 俺は最高!!チャンネルはそのまま!」
最高ですね
セミファイナル
×ヴァンダレイ・シウバ
(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)
vs
マーク・ハント
(ニュージーランド / リバプール・キックボクシングジム)

(3R判定2-1)
今年も桜庭が負けて暗い年明けになるかと思われたが
なんと怪我で欠場
代打はなんとマークハント ある意味寝なければ良い試合に

(1R)
ハントの回りまわるシウバ なんと倒しに行った!ハーフに
足抜きのときに伏せったハント なんとシウバ蹴り上げようとした
が立たれる スタンドに戻る
プレッシャーかけた際に 逆にシウバ倒すも立たれる
再び倒したシウバ サイドから腕返しに行くも 反転して脱出ハント
シウバ掛け方わかってない
インサイド上になったハント パンチ出す大チャンス
離れて寝ているシウバにヒップアタック!!ハント
しかし一瞬の隙に上になったシウバ
インサイドからボディにひじ入れるシウバ
スリップで倒れたシウバに上から覆いかぶさるハント

(2R)
左アッパー&右フックで倒れたシウバピンチ 倒して殴るハント しかし下から十字
狙ったシウバ
かなり疲れているシウバ 
刺し合いから 外掛けで倒しマウントにシウバ覆いかぶさって殴る
ハントはホールディングのみ
しかしハントマウント返して上になる!!

(3R)
バック〜十字取ろうとした場面もあったがハント返す
再び倒したシウバインサイドに
何もしない下のヘントにイエローさすがは島田状況変えるのうまいいい援護(笑)
倒したシウバ マウントに残り一分弱
殴る!殴る!でも決定打なし
そのままゴングへ
判定は難しいが ハントに勝たせたいが…

2-1でハントの勝ち!! 桜庭じゃなくて良かったです今回は
ハントはミルコ戦宣言してリング降りた 今日のベストバウト!
メインイベントヘビー級GP決勝戦&ヘビー級チャンピオンシップ 
1R10分・2R5分・3R5分
エメリヤーエンコ・ヒョードル
(ロシア/レッドデビル/王者)
vs
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ×
(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)

(3R 判定3-0)
(1R)
ローキックからテイクダウンヒョードル
猪木アリから踏みつけるも 立ち上がりスタンドへ
またテイクダウンから 顔面蹴りに行くヒョードル
組み合うと投げ捨てるヒョードルグラウンド付き合わず
倒されガードになったノゲイラクロスでひきつける
猪木アリから下から関節蹴りノゲイラ

ヒョードル右フック入るこの後何度ももらう
ヒョードルの間合いになってしまい 劣勢ノゲイラ
残り30秒で倒しハーフになったが時間切れ

ヒョードルラウンド

(2R)
タックルから引き込み狙うノゲイラ 付き合わないヒョードル
ノゲイラは離れすぎてあたらない 再びタックルから引き込みノゲイラ
膝入れて関節狙うノゲイラだがうまくいかない

残り二分でスタンド
倒したヒョードル殴るも ノゲイラしたから狙うスタンド
またもや引き込みノゲイラ上から逆にパンチもらう
これもヒョードル取ったか

(3R)
テイクダウンの力の差で優位に進めるヒョードル
ノゲイラピンチ 劣勢
下から関節狙うも浅すぎてピンチにすらならない
グラウンドになってもヒョードルが主導権握っていて
なんともならない
勝ち目は無い感じ

ヒョードル完勝!!

全体のレベルは高かったが 何か心を動かすものが無かったのはなんだろう
今一歩私には伝わらなかったような気がする
面白かったのはハントvsシウバのみだったような気がする
確かに五味戦も面白かったが 伝わったんだろうか?

年末に興行やって勝ち負けは「視聴率」のみなので
結果はどうなるか年があけないとわからないが
放送では多少試合順も替えていると思うので地上波としてどうなったかはわからない
がインパクトという点でなんともいえなかったような気がする

何なんだろうか? 少なくとも強い同士がやれば面白いというわけではない
ということだけははっきりしている
倒してこその一本とってこその大晦日だということなんではないだろうか…
考えさせられる

ともあれ本年も観戦記ネットを見ていただきありがとうございました
リアルタイムでSADAMEを伝えたかったんですが
意向があってできなくてとても残念でした
その文正直に書かせていただけてよかったかも知れません
来年も継続していきますんでよろしく応援お願いいたします
品川
report by 品川 今大会の画像及び選手コメントは こちら! 



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ