速報版観戦記
■団体:修斗
■日時:2004年12月14日
■会場:東京代々木第二体育館
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

12/14 プロフェッショナル修斗公式戦
代々木第二体育館


18時10分過ぎにはスタートさすが代々木第二
残念ながら師走のこの時間席についてるのはアリーナ7割スタンド3割くらいか
後どのくらい入るか?

藤井選手の試合の後にオープニングV
試合ダイジェストを 和の調べでつないでPRIDE武士道チック
な演出
NKの舞台があれば舞台栄えした演出だが ここ代々木には舞台が無かった
そのためにちょっといつものビックマッチ演出に欠ける 残念!!

入場式もいつもの後楽園の演出と同様 青赤コーナーでソルジャージャージの色分けで

タクミ選手KOTCベルト奪取の報告
第一試合 女子フライ級 5分2R
藤井 恵
(AACC)
vs
ナディア・ヴァン・デル・ウェル ×
(オランダ/タツジン・ドージョー)

(1R1分43秒 十字)

(1R) タックルからハーフガードに倒した藤井
すかさず十字の体勢に持ち込み
わき腹殴りながら十字
見事な勝利 といっていいと思います。
相手の実力すらわかりませんでした それくらいの実力差あり
ちなみに入場曲はAACC赤野選手の独奏&歌唱の曲です


第2試合 67キロ契約 5分3R
×阿部 裕幸
(AACC)
vs
石川 真
(PUREBRED大宮)

(3R40秒 カット出血によるドクターストップTKO)

(1R)
剛術はストレートのみ 兄は散らしてインサイドワークで対応
あれよあれよで2回もダウン取る兄
一本気の戦い方は素晴らしいんだが>石川

(2R)
石川は前のダウンを感じさせない勢いで殴る
兄はインサイドワークで決定打をもらわない
このラウンドは攻勢は石川だが 前の2ダウンがあるので
(3R)
再び殴りあう

しかし大逆転!!
カットでの出血でドクターがアベ兄のTKO負けを宣言!!
殴らせすぎたのが原因とするしかないだろう 完全に試合は支配していた

第3試合 環太平洋ライト級王座決定トーナメント準決勝 5分3R
×戸井田 カツヤ
(和術慧舟會トイカツ道場)
vs
佐藤 ルミナ
(Kzファクトリー)

(2R1分21秒 右フックKO)

さあ今日最大の注目カード

デビュー10周年を飾れるか??

(1R)
テイクダウンルミナ 下から応戦戸井田
パウンドほとんど無く技術戦に
しかしルミナは上から小さく殴ってくる
しきりに下から仕掛ける戸井田 上をキープするルミナ
オープンガードでの戦いは何が起こるか全くわからない
(2R)
展開は同じで ひたすら下から狙う
そこでフィニッシュは唐突に

ルミナ右フック炸裂!!! 全く動けない戸井田
完勝! よかった勝てて!! 安心しました
戸井田選手もよくやったが 打撃できないのが露呈


第4試合 ライト級 5分3R
×高谷 裕之
(格闘結社田中塾)
vs
ギルバート・メレンデス
(米国/シーザー・グレイシー)

(3R判定3−0 )

(1R)
いきなり組み付くメレンデス
倒れずがんばる高谷
ニュートラルで膠着 しかし徐々に倒すメレンデス
しかしブレイク

再び倒しに行くメレンデス 高谷は半身で耐える
しかしインサイドに
パスはせず殴るメレンデス 
(2R)
再びタックルで倒そうとするメレンデスにがぶって耐える高谷
コーナー使って倒されない高谷 メレンデスはタフ
スタンドになれば冷静に対処する高谷だが攻めてる感じは無い
(3R)
メレンデスも徐々に打撃に応じる
前足にローが決まりだす高谷
メレンデスの右ストレートで高谷ダウン!! 足ついただけだがポイントは大きい
このポイント差が出ますね
しかしすさまじいスタミナにはあきれました 高谷だってすべてタックル切ったのに

29−28 30−28 30−28 の3−0でメレンデス勝ち

第5試合 ライト級 5分3R
アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ
(ブラジル/Wファイト・センター)
vs
門脇 英基×
(WKシューターズスクール)

(1R3分34秒 下からフロントチョーク)

(1R)
パンチからのタックル一閃で倒したノゲイラ
上から唐突にフロントチョーク 決まってしまうかと思われたが
外す!!! えらい!!素晴らしすぎる!!
関係者一同大絶賛!!!

…と思ったその瞬間下から再びフロントチョークで!
極まってしまいました 残念です 油断大敵です
ノゲイラ修斗にいてくれるでしょうか?そのほうが心配ですが

セミファイナル 世界ミドル級タイトルマッチ 5分3R
×[王者]
ジェイク・シールズ
(米国/シーザー・グレイシー)
vs
[挑戦者一位]
菊地 昭
(SHOOTO GYM K'z FACTORY)

(3R判定3−0)

先回完敗の判定負けのリベンジ
(1R)
パンチもらうもテイクダウンの菊池 しかしポジション替えられ
主導権はシールズに
スタンドからタックルがぶった菊池がすかさずバック取る
バック潰してチョーク狙うが 必死に外しインサイド上になるシールズ
(2R)
パンチからタックル菊池 上取る
そして再びバック奪取
しかしポジション替えて上になるシールズ
(3R)
寝技の攻防は素晴らしく息がつまるが しかし膠着気味でファンにはいかがか

再びバック取る菊池 
しかしちょっとの隙で上に変化するシールズ
インサイドから殴るシールズ 菊池も下から攻め手に欠ける
下から決死の鉄槌出す菊池
ブレイク後 マウント取った菊池 バックからチョーク取るところでゴング
30−27 30−29 30−28文句無く判定勝ち
おめでとう
次回防衛戦は豪快な一本勝ちを期待 
メインイベント 世界ウェルター級タイトルマッチ 5分3R
×[王者]
ヴィトー“シャオリン”ヒベイロ
(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
vs
[挑戦者一位]
川尻 達也
(チームTOPS)

(2R3分12秒 グラウンドパンチTKO )

(1R)
パンチから刺しあいは互角 さっと後ろに回ったシャオリン
倒そうとするも倒させない川尻
見事な緊張感
(2R)
右フックでダウン取り さらに上になりパウンド
殴り続け 観客もパンチにハイハイと呼応する
そしてインサイドパンチでKO!!
お見事!!!

世界を制したぞ!!!



(総括)
終わりよければすべてよし

川尻がやってくれてほっとしました

これですべてOKです

最後までお客さんあまり増えませんでしたがそんなことがドーデもいいこの締め
でも来年こそは満員の代々木でやりたいですね
この12月の興行は特別なものだという気構えでやってほしいです
今回の雰囲気はそれとは程遠いものでした
report by 品川 今大会の画像及び選手コメントは こちら! 



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ