闘魂祭り
■団体:DSE
■日時:2004年11月13日
■会場: 大阪城ドーム
■書き手:グルメ

果たして闘魂祭りとは何だったのか。

某所からチケットを入手して、アリーナで観戦。

新日本の生観戦は、約2年ぶり。
何かおこるかも、と思って、たいして何も起こらない。
と思いつつ、結局見てしまうのが新日ドーム。

ガラガラ。アリーナ席はかなり席をカットされ、さみしい感じ。
猪木興業でこの事態、これは「レジェンド」のデジャヴ。
当初は、藤田やLYOTOのVT戦があるのか、と思ったがふつうになくなり。
(LYOTOはもっと出してもいいのにね。)

まあいつものことながら、本隊以外の人にたよったカード内容。

入ったときには、ヤングライオンの準決勝は終わってました。
決勝は、中嶋くんと田口。まあそらそうでしょう。

3時からのPPVに合わせ時間どおりの開始。
大音響の「イノキボンバイエ♪」。お、いきなり猪木登場か!?
・ ・・ではなくて、
「闘魂祭り」と書かれた小さい(ほんとに小さい)たれ幕が
ぱらっと落ちただけでした。
一瞬盛り上がった会場は「え・・・・。」

で、いきなり試合開始。

第1試合 ○田口(9:41 逆エビ)中嶋●

中嶋くんはほんとに85キロあるのだろうか。
なんか空手少年を先輩がなぶっているような感じの試合。
蹴りはいい音させてましたが、別にこれと言っては。
田口はあまり飛ばない方がいい。
私見ですが、顔が長いレスラーは飛ぶのがさまにならない。


第2試合 ○垣原・ウルフ(14:45 カッキーカッター→エビ)サムライ●・吉江

直前でカード変更だが、サムライがいれば安心。吉江さらに太ったな〜。
垣原が、ジャングルファイトで行ったブラジルで
本物のタランチュラを見て思いついた(笑)という新技が炸裂。
見た目は面白いけど、出すタイミングが「え?なんでいま?」て感じがして
会場は一瞬「????」となっていたような。
垣原組勝利で大阪ドームに鳴り響くUのテーマ。まあそれだけかな。


第3試合 ○成瀬・長井(16:50 クレイジーサイクロン→片エビ)矢野●・真壁

矢野の酒をふるまう入場以外はあまり見るとこなし。
狂ったように酒あびせ攻撃する矢野は時代錯誤な感じがけっこう面白い。
ハッスルか、全日本にいってほしい。
試合後、出番がなくなった飯塚がなんか長井を挑発してましたが、中途半端。


第4試合 石森・○井上・タイガー(時間切れ引き分け→延長2:36 トライアングルランサー)ライガー●・邪道・外道

石森がよかった。あの空中の動きはお金をとっていいでしょう。
ライガーの花道でのボムは、とてもやさしい落とし方でなえました。
時間切れ後、井上がCTU をなじり
「俺の勝つとこ見てくれ!!」と絶叫。(なんじゃそら。)
で、試合再開ですぐ終了。うまく時間内に終われなかっただけな感じも。


第5試合 ○ヒート(23:18 ミノルスペシャル)金本●

試合前、金本の表情があまりにいいので。お!喧嘩マッチか、と思ったら、
最初の当たりがハードで、場外でヒートがわざとらしいカットをしただけ。
あとはふつうにプロレスしました。金本の馬乗りパンチが、
まるっきり自分の手をこすって「るだけなのが見え見えでつらい。
制裁マッチというわけでもない模様。タイトルの移動もなし。
試合時間が長い。


休憩後、アントニオ猪木登場。今日はスーツ。


で、呼び込んだのはボビー。入場曲なし!ライトもなし!
真っ暗の中、花道を歩く人影に、「おいあれボビーちゃうんかい!」とざわつく。

さらに柔道の秋山。入場曲なし!

そして、曙。入場曲あり。ライトあり。なんだかんだで一瞬盛り上がる。

「秋山×曙発表か!?」かと思いきや、ふつうにダイナマイトの宣伝でした。


第6試合 ○天龍(9:09 グーパンチ→片エビ)柴田●

いやあやっぱ天龍は役者が違う。客の沸き片が全然ちがいますね。
じゃっかん、柴田の当たりが柔らかい以外は、けっこういい流れ。
タックルにいった柴田を、ガードからフロントチョークで締め上げる天龍。
動きはなくても見入ってしまいました。すべて天龍のおかげですが。
まあここで組まれるべきカードじゃなかったので、
天龍がいろんな意味で格を見せつけたということで。
個人的にはいちばんよかった。


第7試合 長州・蝶野(イリミネーションマッチ)永田・西村

この試合から煽り映像が用意されていました。
パワーホールが鳴るとやはり大盛り上がり。
西村、奇襲をかけ長州をがんがん攻めていた序盤はよかったが・・・、
リキラリアットを喰らい、血の泡(おいおい)を吹きピクリともしなくなり、
ストレッチャーで退場。

永田が、長州・蝶野のごたごたにつけ込んで、長州をピンホール。
で、長州、ゼロワンの会場(クルマで10分)に行く前に、
蝶野にラリアットかまして去りました。

最後は、○永田(サンダーデスドライバー)蝶野●


第8試合 ○佐々木健介(19:59 体固め)鈴木みのる●

少し期待してたんですが。賞味期限が・・・。
ふたりがやりたかった試合を自由にやらせてみたら、
なんだか客はおいてけぼり、地味な攻防が続く、て感じですか。
みのるはともかく、健介がこれをやるとつらいなあ。
どうせなら形だけでも、パンクラスルールとかでやればいいのに。
みのるの当たってない延髄と不細工な卍は笑えましたが、
すいませんほとんど寝てました。タイトル移動もなし。
後楽園ホールとかなら、まだ楽しめたかも・・・・。いやそれでも辛いか。


セミ 小川・○川田(17:18 俺ごと刈れ)棚橋●・天山

カントク、GM、藤井を引き連れ、小川入場。川田も例のコスプレ。
試合は、川田のプロレスの巧さがよく分かる内容。
小川は何をしていいか分からずウロウロ。目を泳がせながら、時々STO。
ヤドカリとアン・ジョーがリングまわりで何かしているが、反応悪し。
「俺ごと刈れ」はゼロワン全盛期の思い出か。橋本へのたむけか。

で、試合終了後、
ハッスル阻止に動く永田ら新日本勢。当然アドリブはきかない。
黙って人数で圧力をかけるだけ。
「猪木さん!」と呼びかける小川に、猪木の反応なし(!)、目が泳ぐ小川。
こちらも当然アドリブはきかない。
花道に押し返され、ハッスルしかけたところ、
新日本勢に中途半端につぶされ気まずい感じに。
アリーナ席も「ハッスルさせろよ!」「永田ひっこめ!」のヤジが飛ぶ。
ただにらみ合い遠慮気味な小競り合い。半端な小川と永田。非常に気まずい。
みんなどうしていいか分からない。客はうんざり。

見かねた蝶野が「ハッスルやりてえんなら!ここでやれ!」と
リングからマイク。

冷めかけていた会場の雰囲気が「お!」と動く。さすが蝶野!!!えらいわ。
が、ここで永田がリングに帰り、蝶野につっかかり、
ハッスル勢はうんざり顔で退場。
成瀬がよく分からないマイクをするもアリーナ席は「はぁ?」となる。
なんとなく、スタンドは新日本勢支持な感じでしたが。


メーン ○藤田・カシン(18:54 片エビ)中西・中邑

いちばんプロレスの巧いカシンが取り仕切るカシン劇場。
ところどころ爆笑が起こるシーンも。
しかし新日ドームのメーンで笑いが起きていいのか?
カシン以外は、みんなとてもしょっぱい。

終了後、猪木が中邑に鉄拳制裁。怒ってます。
試合がつまらなかったら、猪木が怒る→鉄拳。
これもなんだか時代錯誤な感じ。
で、「しめろ!」と猪木に命令され藤田がダイナマイトを宣伝。
ダーで終わり。

小川・藤田・長州・天龍・カシン・みのる・・・・
外敵はそれなりに豪華な新日ドーム。
だがそれをうまく料理できない新日ドーム。

メーンの3試合は笑いが起こるアリーナ席。それでいいのか新日本。がんばってよ。
ハッスルと新日本の文脈は、どこまでいっても平行線でしょう。対抗戦とかするのかな。

すごく眺めのいいレストランで、微妙な味の料理を食べさせられたような。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ