速報版観戦記
■団体:プロフェッショナル修斗公式戦
■日時:2004年9月26日
■会場:後楽園ホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

9/26 プロフェッショナル修斗公式戦
後楽園ホール大会速報


まあ、入りはこんなもんかなーの8割弱。
東・西・北はよく入っているんだが…。
10分押しで、定例の全選手入場から。
挨拶は、選手ではなく桜田さんでした。

第1試合 2004年新人王決定トーナメント準決勝 フライ級2回戦
鶴見一生
(RJW G2)
vs
佐藤“cat”逸人×
(パレストラ千葉)

(1R1分31秒 下からのアーム)

下になった鶴見が、アーム狙い。
最初は浅かったものの、じわじわいいポジションになって。

第2試合 2004年新人王決定トーナメント準決勝 フェザー級2回戦
田澤聡
(ガッツマン修斗道場)
vs
鈴木徹×
(和術慧舟會岩手支部)

(2R判定2−0)

倒しあいで上回る田澤、
下から足関狙いから、上になろうとする鈴木。
上になっていた時間の多さだけ、
田澤がポイントアウトした感じでした。

第3試合 ウェルター級2回戦
×竹内コウジ
(シューティングジム横浜)
vs
岡田孔明
(PUREBRED大宮)

(3R判定0−3)

引き込む竹内、例によってのガード、
岡田、大応援団を声援に押されるも、
今ひとつ攻めきれず。
が、下からの顔面蹴りによるイエローもあって。

第4試合 ライト級2回戦
×風田陣
(ピロクテテス新潟)
vs
中原太陽
(和術慧舟會)

(2R判定0−3)

打ち合ったという感じではないんだが、
出入りを激しくして、パンチ狙いの太陽、
グラウンド狙いにはいかず。
んで、右の見事なリードフックが結構当る。
下がりながら、きれいに一発入って、見事ダウン奪った。

まあ、そこからは、風田のミドルとローが冴えて、
打ち負けていたし、やたら引き込んじゃうところが、
若者らしくないって感じなんだが、
今日は勝てば官軍でしょう。



12月の代々木第2、ルミナvsトイカツが発表されました。
あと、次回のホールで、松根vs今泉のタイトル戦。



ロビーに出ると、太陽に唯一1本で勝った男、
世界の所さんが、ビールで顔真っ赤にしてウロウロしてたので、
ミニインタビューしてみました。

メモ:「怪我は?」
所:「むあー相当音なったんでヤバいかと思ったんですが、
 もうスパーも出来るようになりました」
メモ:「どうよ、太陽は!」
所:「むあー打撃よくなってましたねー、
 今やったら負けちゃいますよお」
メモ:「何言ってんだよ、次は所くんの番だろっ!」
所:「むあー自分は、修斗出るとあっさり負けちゃいそうで…」
メモ:「とにかくZSTでGP優勝して、乗り込んでくるしかないだろっ!」
所:「…むあー、がんばりますっ、むあー」
と、自信あるんだかないんだか、さっぱりわからない、
世界の所さんでした。

ZSTのエース(奪取に失敗)の世界の所さん、
メモ8的には、修斗でも見たいなあ!

第5試合 ウェルター級2回戦
川尻達也
(Team TOPS)
vs
ミンダウガス・ラウリナイティス×
(リトアニア/ヘラクレス・ジム)

(2R2分バックからのパウンドでストップ)

このリトアニアンは、かなり弱い!
が、逃げまくりの相手をキッチリ極めるのは大変なことで。
2Rにはずれ込みましたが、まあ、文句なしでしょう。
スタンドでもグラウンドでも何もさせませんでした。

いやあ、川尻、会場人気も定着し、
「坂本さん、最後の試合でシャオリンとやらせてください」、
「ボクが修斗を守ります!」とマイクもキッチリ、
態度も堂々としたもんで、まさに現時点での修斗のエースでしょう。

修斗のエースたるオーラが出てきた感じです。

第6試合 ミドル級2回戦
菊地昭
(K’zファクトリー)
vs
ラミュナス・コマス×
(リトアニア/ティターナス・ジム)

(2R2分21秒腕十字)

いかにもリトアニアンの典型の打撃が凶暴なタイプのコマス、
前試合の奴よりは、経験も豊富そうな感じで強いかな?
けどまあ、これまた、菊池の圧勝です。
さっとシングルで入ると、あっという間にマウントまで。
2Rにはなってしまったものの、最後はキレイに十字。

川尻に引き続き、菊池もこれで12月に、
タイトル戦決定の模様。
日本の2トップとして、がんばって欲しいです。

第7試合 フェザー級3回戦 
マルコ・ロウロ
(ブラジル/ノヴァウニオン)
vs
秋本じん×
(秋本道場JUNGLE JUNCTION)

(3R判定3−0)

再三バックまでいくも、極めきれないロウロ。
というか、あんまり極める気がないような。
試合後、足の甲腫らして、引きずってウロウロしてたので、
そういう影響もあったかもですが。

1Rの開始早々は、打撃で打ち勝ったし、
首抱えてのヒザはウマいなと思うものの、
スタンド打撃には、まだかなり不安がありそうで。
ノヴァの中では、1番後略方法がありそうでうね。

じん先生は、このところ、どうも善戦マンになってしまってますね。
うーん、いつも熱いファイトするんだがなー。

セミファイナル 環太平洋王座決定トーナメント・ウェルター級準決勝 ウェルター級3回戦
×村浜天晴
(グレイシー・バッハVTチーム)
vs
朴光哲
(PUREBRED東京)

(3R判定0−3)

立っての打ち合いを望む朴だが、
結果としては、グラウンドで圧倒。
何回もあっさりパスして、マウント、バックまで。
村濱は立ちだと首抱えての膝、
あとは色んなパターンのFCで勝機を狙うが、
まあ、完封された感じでしょうか。
スタンド打撃自体は、
そんなに押されている感じはしなかったんだが。

そうそうプレスへの事前発表は、
ピュアブレッド東京になっていた朴ですが、
コールは「キラービー」になってました。

メイン・イベント 世界バンタム級チャンピオンシップ バンタム級3回戦
マモル
(シューティングジム横浜)
vs
ホブソン・モウラ×
(ブラジル/ノヴァウニオン)

(3R判定2−0)

ホビーニョ、1Rはポジション取りまくり、
これは前回に続き圧勝かなと思いいしや、
2Rの途中から、にわかに雲行きが。
マモル、タックル切りまくり、上になり始めると、
まあ祈りパンチではあるんだが、
コツコツ、ポイント取って。

判定は、鈴木:29−29、
ウラ:30−29、カンノ:29−28で、マモル。
1Rは、ホビーニョ、3Rはマモルで問題ないと思うので、
2Rを、どう取るかですね。
メモ8的には、29−29かなあ。
ホビの29−28でもいいと思います。
ホビ、納得いってなかったが、まあ、ここは日本だしね。

マモル、がんばったと思います。
面白かったとは言い難いが。


予想通りというか、さすがに9試合は長いです。
21時40分終了で、これは延長料金発生か微妙なとこですね(笑)。

川尻・菊池の顔見世カード、
今更これを金魚相手だと文句言う人はいないでしょう。
あくまで、タイトルの前哨戦であるわけで。
スター選手を、ちゃんと見せるマッチメイクは、
さらにスターを育てるし、こういうカードは凄くいいと思います。
まあ、その後の数試合が盛り上ったかというと、
かなり微妙なわけですが。

選手入場の時に、
桜田さんが「全試合意味のあるカード」と言ってましたが、
それをもっと客にわからせる努力、
要はパブリシティーをしっかりして欲しいですね。
カードの見所書いてる、修斗ニュースは千円するわけだし。
が、しかし、今号は、メモ8も出てるので、
買い逃した人は、通販で買うしかないぞ(笑)。

report by メモ8




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ