速報版観戦記
■団体:PANCRASE 2004 BRAVE TOUR
■日時:2004年9月24日
■会場:後楽園ホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

9/24 PANCRASE 2004 BRAVE TOUR
後楽園ホール大会速報


開始直後はどうなることかと思いました。
4割も入ってないんだもん。
まあ、7割以上にはなったかな?
フューチャーファイトは見てません。

そうそう、今回から和田さんが、
レフェリーに加わってました!
最初の3試合担当。あとはジャッジ。

第1試合 ウェルター級戦 5分2ラウンド
関直喜
(フリー)
vs
石毛大蔵
(SKアブソリュート)

(2R判定0−1)

全盛期のムタのテーマで入場した石毛、
がんがん大振りのパンチ振り回し、
ハイやらヒザやら蹴りも出していきます。
こりゃグラウンドも自信あるからだろうなと思ったら、
まあ、その通りでした。
固い関の下になっても、何もさせません。
そうこうするウチに、関のねっちっこい(けど素直な)タックルも、
切れるようになって、打撃も当り始めて。
マストなら石毛の勝ちだと思います。

第2試合 ライトヘビー級戦 5分2ラウンド
×佐藤光芳
(パンクラスGRABAKA)
vs
白井祐矢
(アンプラグド国分寺)

(2R判定0−2)

光芳、1R終了間際に蹴り食らって、
そこから完璧に腰引けちゃいました。
それまでは、ポジション取りまくりだったんですが。
あとは、打撃食らって。
試合後、悔し泣きしてましたが、
丁度、額の上の方も寂しくなってきたことだし、
思い切って剃りあげて、グラバカ入道芳光とかにリングネーム代えて、
新規一転やり直しってのはどうですかね? 強い選手だと思うし。

第3試合 ミドル級戦 5分2ラウンド
×中西裕一
(フリー)
vs
三浦広光
(パンクラスMEGATON‐TOKIN)

(2R判定0−2)

何か、お互いグラウンドになると警戒し過ぎのような気がしたなー。
中西、妙に固いファイトになってました。勝つ為のスタイルというか、
下にならないという当たり前のスタイルというか。
キラービーの山本がセコンドにいましたから、その辺の影響かな?
三浦も、中西も、凄く強いと思います。
今日は、つまんなかったけど。

第4試合 ウェルター級戦 5分3ラウンド
×和田拓也
(SKアブソリュート)
vs
井上克也
(RJW/CENTRAL)

(3R判定0−3)

だから言ったろー、このファイターは来るって。
いやあ、強い強い、イワシ倶楽部で元気モリモリの井上。
ワタダク相手に、数秒しか下になりませんでした。
あっさりTD取りまくり、パスしまくりで、
サイドから首をまたいで、アーム狙い&パンチ。
これを両サイドからやるもんだから、手に負えない。
3R終盤には、カレリンズリフト崩れのエメラルドフロウジョン決めまくり。

さて、もう、上は数えるほどになりましたな。
次は、大石か、北岡か。

第5試合 スーパーヘビー級戦 5分2ラウンド
×謙吾
(パンクラスism)
vs
アレックス・ロバーツ
(KJK/Justiceマネージメント)

(2R判定1−2)

私は見た。
謙吾のマウントからの腕十字(すっぽ抜け)。

私は見た。
謙吾のサイドからのV1狙い(ずれずれ)。

いやあ、謙吾はいつでも笑かしてくれます!
まあ、例によって殴り負けて、
首抱えられてヒザ突き上げられて、
ポイント取られまくりだったんだけど。

もう、ここまで来ると、ずーっとこのままでいて欲しいですね。



休憩後、グラバカの3人が、リングにあがってマイク。
ゴーノがウマいのは当たり前としても(それにしても、益々ウマくなった)、
石川も三崎もやたらウマいでやんの。
こういうことを教える、もしくは内部で気付ける人が、イズムにいたら、
國奥は辞めなかったんじゃないですかね?

ゴーノ、次はテレル戦だそうで。
それをクリアしたらキックに出陣だそうで。
K−1ジャパンあたりかな?

第6試合 ライトヘビー級戦 5分3ラウンド
佐々木有生
(パンクラスGRABAKA)
vs
バック・メリディス×
(チーム・クエスト)

(2R3分13秒 三角締め)

下からのアームでメクって、十字狙いに切り替えて、
最後は三角で極めたラストこそ見事だったんですが、
どうもパっとしませんね。タックルあっさり食らうは、
クロスで固いのは相変らずだわで。
最近のグラバカは、マイクのウマさが結果に比例しているような気がします。

セミファイナル ウェルター級戦 5分3ラウンド
ヒース・シムズ
(チーム・クエスト)
vs
北岡悟
(パンクラスism)

(3R判定0−1)

北岡、レスリングの猛者に、テイクダウン狙いというのは、
ちょっと無謀なような気がしましたが、
それでも何回かは、上になれていたので、それなりではあったかと。
上になってのに、足関狙いとかやっちゃうんだが。

和田さんのみ、北岡に入れていたんですが、
そりゃちょっとないだろって感じではありました。
まあ、最初だからプロパー贔屓につけちゃうのは、
しょうがないですかね…。

和田さんが入れた北岡の方が、相手の勝ちを認めてました。
うんうん、北岡、いい感じになってきましたね。
ファイト自体も、熱の伝わるものだったし。
TD狙いオンリーで単調だったので、
面白いとは言い難いところでしたが。

メインイベント スーパーヘビー級戦 5分2ラウンド
高森啓吾
(パンクラスMEGATON)
vs
アンソニー“辰治”ネツラー×
(TEAM Boon!)

(1R49秒KO)

んもう、メガ豚な殴り合いですよ!
金原をセコンドにつけて、ちゃんと応戦したネツラーも、
わかっているという感じで。
すばらしかったです。

あれですね、メガ豚ネタ、まだしばらくは持つでしょうけど、
切れたら、高森が造反されるってのはどうでしょうね?
んで、たったひとりぽっちになった正規軍・高森が、
メガ豚反乱軍と、試練の5番勝負をやるとか。
これで、来年一杯持つでしょう!

数年前、初めて商業誌に書かせてもらった時に、
謙吾を「パンクラスに残された最後のケレン」と書いたんですが、
いやいやどうして。んもう、メガ豚、ケレンありまくりです。
1年くらい前と違って、今のパンクラス、
全然、修斗と似てません(笑)。
KOK以降のリングスとそっくり!


判定多くて、概ね低調でした。
今年に入ってからは、1番出来悪かったかな?
イワシ倶楽部で元気もりもりの井上がやたら目立ったくらいで。

しかし!

私は見た。
謙吾の腕ひしぎ十字固め!

今の総合を見るにあたって、
これを見てない奴は何も語れないでしょう。

report by メモ8




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ