速報版観戦記
■団体:PANCRASE 2004 BRAVE TOUR DAY TIME
■日時:2004年7月25日
■会場:後楽園ホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 後楽園ホール大会 DAY TIME速報

毎年恒例のネオブラ。
今に季語になりそうですな。
さすがに、入ってません。5割弱かな?
ちょい押しで、ネオブラ8人のみの入場式から。

サミー出口の開会宣言。
この人のカッコは、いつも笑える。声裏返るし。
今日は、編み上げの長靴に、
短パン・黒Yシャツという珍妙なカッコ。
うううう、真似したい。

第1試合 『ネオブラッド・トーナメント』フェザー級 準決勝 5分2ラウンド
藤本直治
(パンクラス稲垣組)
vs
出見世雅之×
(和術慧舟會GODS)

(2R判定2−0)

例によって、ワンピースのカッコで入場の出見世、
回転リングインは着地失敗して、コケる。
やたら、ハイを使って、あとはTD狙いの出見世だが、
イマイチ決め手に欠け、2R、FCにつかまり長々と外せず、
結局、僅差判定負け。
まあ、藤本もあんまりいいとこは見せられなかったけど。

第2試合 『ネオブラッド・トーナメント』フェザー級 準決勝 5分2ラウンド
×田上洋平
(HYBRID WRESTLING武∞限)
vs
山本篤
(KILLER BEE)

(2R判定3−0)

スタンドでも、山本のジャブに打ち負けた田上、
そうすると、もう打つ手なし。
が、武限の選手は、みんな根性あるし、
特に、この選手はとにかく打たれてもメゲない。
しかし、さすがに何も出来ずにという感じ。
山本も、例によってミニKIDぶりを見せたんだが、
イマイチ、パウンド命中せずで、判定まで。

第3試合 『ネオブラッド・トーナメント』ライト級 準決勝 5分2ラウンド
×宮田卓郎
(名古屋ブラジリアン柔術クラブ)
vs
NUKINPO!
(P'sLAB東京)

(2R判定1−1 延長0−3)

これは、素晴らしいファイトでした。
確実にTD奪っていくヌキンポだが、
とにかく下からウマい、宮田。
ヌキンポ、何も出来ないのだが、とにかく諦めない。
圧倒的に下から責めているのは、宮田なのだが、
コロンとTD取られちゃう為、どうも印象悪い。
メモ8的には、本戦で宮田だと思います。
が、延長は気合切れずに押し続けたヌキンポで文句なし
(というほどでもないんだが、まあ無難)。

ヌキンポ、デモリで経験積んで、
見事、本命を食った!

第4試合 『ネオブラッド・トーナメント』ライト級 準決勝 5分2ラウンド
大場裕司
(P'sLAB東京)
vs
山田崇太郎×
(TEAM JUNKY)

(2R判定3−0)

変則的な打撃を打つ山田、
オーソドックスに当てていく大場と、
スタンドはほぼ互角。
が、大場はやはり賢いファイトをする。
堅実にTDを奪って、今時のパウンド。
そこそこ当てていく。
山田のチーム・ジャンキーの名前から想像できるように、
下になってもウマいんだが、やはり、下になり過ぎた感じで、
ポイント失ってしまいました。

あれですね、大場は、社会的責任感に溢れた、
大人のファイトっつーか(笑)。

第5試合 ヘビー級戦 5分2ラウンド
×野地竜太
(パンクラスMEGATON)
vs
コブス・ハイサマン
(スティーブズ・ジム)

(1R12秒 KO)

セコンド、スティープ、GG、ノルキアと、
やたら豪華なコブス。
対する野地には、ヤノタクさん。
軽い打ち合いから、組みに行ったのは野地。
ところが首相撲状態から、
コブス、ダックして起きざまの、すんごい右フック一発。
これで決ってしまいました。
わざわざ、南アフリカから打撃系呼んで、
一発でKO負けはないだろー。
まあ、これで野地も、名実ともにメガトン入りだな!
98キロしかなかったけど。


休憩明け、前田が挨拶。
おおう、ピンで挨拶するとこまで昇り詰めましたか。
「ボクの柔術キラーぶりを見てください!」
と、マイクもなかなかでした。

第6試合 パンクラス vs チーム・グレイシー【3 vs 3 先鋒戦】
ミドル級戦 5分3ラウンド
×三浦広光
(パンクラスMEGATON-TOKIN)
vs
ジョー・ダース
(ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー)

(3R4分秒56秒TKO)

三浦、何者よ。いやあ、いいわー。
メガトンらしく、いきなりブンブンパンチ振り回し、
1Rでダウン気味に倒して、上になると、
あんまり当らないも、がんがんパウンド。
柔道出身者にしては、差しもそれなりだったし、
下になっても足効くし、
これはイキナリ大金星と思いしや、
3R終了間際に左ハイ食らって、ふらっと来て、
追撃受けて、後ろ向いちゃったところで、岡本、ストップ。
うーん、惜しい! しかし、今後が楽しみだ!

セミファイナル パンクラス vs チーム・グレイシー【3 vs 3 中堅戦】
ウェルター級戦 5分3ラウンド
北岡悟
(パンクラスism)
vs
カート・ぺリグリーノ×
(ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー)

(2R34秒 フロントチョーク)

下になっちゃう北岡だが、とりあえず凌ぐ。
2R入って、シングルに来たとこを、ウマく切って、
変形のFCがすぱっ!
ネックロック気味だったかも。
いやあ、お見事でした。感涙の北岡。
マイクで、近藤さんに感謝と言いつつ、勢いで、
お盆は、日本人なら近藤さんを応援してください、
などとクチ走っていたが、これってもう決ってるんだっけ?

メインイベント パンクラス vs チーム・グレイシー【3 vs 3 大将戦】
ライトヘビー級戦 5分3ラウンド
×佐々木有生
(パンクラスGRABAKA)
vs
ファービオ・レオポルド
(ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー)

(3R判定2−0)

レオポルドも、佐々木もしょっぱい。
双方、上を取っても祈るのみ。
まあ、上を取る回数が多かったレオポルドが、
コツコツの分だけポイント稼いで。
2者は29−28、岡本は30−30。うーん。


今回から、ジャッジにレフェリーが参加しない形式になってましたね。
いいことだと思います。改善は見れたということで。
ジャッジは変なのあったけど。

メインが凡戦だったのはアレだが、対抗戦もそれなりに盛り上って、
ちょっと判定多くて、長かったけど、面白かったです。

report by メモ8




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ