夏はこれだね〜30代パンヲタが行くネオブラ観戦記 夜の部
■団体:パンクラス
■日時:2004年7月25日夜の部
■会場:後楽園ホール
■書き手:zen

夜の部は昼よりは入ってましたが、やはり少なかったです。最終的には大体6〜7割。

[パンクラスゲート]
△畑−梅村△
下からの攻めで梅村圧倒。とはいえ極めきれず結局ドロー。
判定があったら梅村だと思う。


[第一試合]
×米屋−太子朗○
太子朗見た目はそっち系の人。こえ〜〜〜。
太子朗試合開始早々一気にパンチのラッシュ。米屋それをノーガードで受け続け、崩れ落ちる。
15秒KO。太子朗が凄いというか、米屋なんだったんだーという感じかな。
とはいえメガトン勢今日の唯一の勝利。

[第二試合]
△門馬−野沢△
門馬の鋭い打撃をかいくぐって、野沢のねちっこいテイクダウンが続くという展開。
野沢も上になるが、門馬もガード固くし、下からの攻めを虎視眈々と狙う。
試合が動いたのは2R後半。野沢が下になった状態からフロントチョークを門馬に極めかけるが、というかほとんど入っていたように見えたが、門馬
かろうじてこれをかわす。すると、そのまま門馬は腕を取り、これまた極めかけるが野沢も凌ぐ。極めきれないと悟った門馬はそこからスピニング
チョークを狙いにいく。ロープが邪魔になり野沢をひっくり返せなかったので失敗に終わるが、場内大いに沸く。
結局そのまま判定へ。三者ドローで結局ドロー。でも、とても緊張感のあるいい試合でした。


[第三試合]
○山本−藤本×
山本は整髪料をつけてたとのことで頭をふき取られる。(笑
まあ確かにうまく使えば滑り止めに使えちゃうしね、そりゃそうでしょう。
1R。山本タックルからきれいにテイクダウン。サイドをとってコツコツパンチを入れていく山本。藤本は首を抜いてバックに回りたいが、しっかり
固定されてできない。
何とか藤本逃れ、スタンドに。
藤本うまくフロントチョークの体制になるが、これは惜しくも外れる。
山本がスタンドでパンチをヒット。藤本崩れたところに山本が追撃。パウンドの嵐、藤本ボコボコにされるもぎりぎりゴングに救われる。
2R。山本はもしかしたら1R最後のラッシュで拳を痛めた?このラウンドいきなり精彩がなくなる。
テイクダウンからマウントを取るものの、そこからの攻めがほとんどない。
バックを取ってバックドロップを綺麗にきめるも、ここからは藤本が腕を狙いに行って、腕をはなさない。山本は必死に藤本を揺さぶるも藤本も必
死。何度かいい体制になるが惜しくも極まらない。
結局そのままタイムオーバー。
判定は3−0で山本。おめでとう!!!
山本と前田の試合が決定との事。KIDとの代理戦争ですな。注目。


[第四試合]
×NUKINPO!−大場○
P's同士の決勝。
NUKINPO!がテイクダウンをとり、そこからの攻めてにかく、という展開は準決勝と同じ。まあ、準決勝が宮田の変幻自在の攻めを凌いでいたのにく
らべ、この試合では大場のしがみつきに手がでなかった、という感じでしたが。
NUKINPO!がテイクダウンを奪いに行ったところに綺麗に大場の膝が入り、NUKINPO!失神。ネオブラの覇者は大場の手に。


[第五試合]
○シムズ−伊藤×
いやーきれいなパンチが伊藤に入りました。
伊藤は崩れ落ちました。
シムズのレフェリーストップ勝ち(何故KOではないのだ??)


[第六試合]
○山宮−シェノン×
1R。山宮は距離を取っている。ん?ハイブリッドボクシング??
二人ともほとんど手を出さない。
シェノン、コーナに押し込んで、膝を入れていく。山宮その足をとってテイクダウン、が、首をしっかり掴まれひっくり返されシェノンにマウント をとられる。

シェノンはそこからパウンドの嵐。よくレフェリーとめなかったなと思うほど。
しかし、山宮はそこからきれいにブリッジでひっくり返して上へ。しかしシェノンは下からパンチ連打。
そんなこんなでシェノンが圧倒してゴング。
2R。山宮は多分戦法変えてきたのだろう。シェノンにいきなりタックルでテイクダウンを奪う。だがその後はお互いロープに押し込んでのスモウの
展開が延々と続く。
山宮テイクダウンを奪うもコツコツパンチを少しだすだけ。
3R。シェノンは二度目のローブロー。そこでイエローがでる。どうやら今回のレフェリングを見てると、一回目の反則ではなるたけイエローをださ
ないような運用に変えたのではないかと思われる。やっぱし自省があったのかね?
このラウンド2Rと似たような展開。正直退屈でした。
判定は2-0で山宮。???イエロー考慮してもドローかなと思ったんだが。2,3Rはイーブンで1Rはシェノン。で、イエローで一点減点。
うーん、この判定はよくわからん。


[第七試合]
○三崎−ハーマン×
1R。二人とも気合の入った打撃で始まる。
ハーマン、三崎のキックを取ってそのまま倒してテイクダウンを奪う。
ハーマンともかく上からの圧力が凄い。三崎必死でそれを凌ぐ。
三崎が下から三角など狙うも失敗。
結局ハーマンが上から圧力をかけたままゴングで終了。
2R。三崎の顔は見事に紫に。1Rのハーマンのパウンドだろう。
ハーマンは三崎をコーナに押し付け膝をいれてくる。三崎膝を受けるもそのまま膝を取ってテイクダウン二成功。三崎上からパウンドをコツコツ落
とす。
三崎一度イノキアリ状態に戻し、再度飛び込んでいく。ハーフガードから一瞬の隙をついてサイドポジションに。この動きが素晴らしかった。
そこからマウントを奪い、肩固めの体勢へ。完璧に決まってました。ハーマン多分落ちてます。三崎肩固めで勝利!場内大爆発!!


三崎が綺麗にしめたものの、昼に比べるとも一つだったかな。
塩分濃度が濃い試合が多かったかな。
門馬戦、山本戦、そして三崎戦はいい試合でした。

さて、ネオブラ全体の感想としては…長い。いや、これがネオブラだからしょうがないんでしょうけど。
山本篤優勝おめでとー!宮田の試合はも一つ見たかったなぁ。北岡は一皮むけるかも、楽しみ。そして三崎は金の取れる選手になり始めてるな。
印象的に残ってるのはそんな感じです。つかれたー!




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ