速報版観戦記
■団体:修斗
■日時:2004年7月16日
■会場:後楽園ホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

7/16 修斗公式戦 後楽園ホール大会速報

ありゃりゃー。
ちょっと、尋常じゃなく入ってませんね。
まあ、このカードじゃしょうがないような気もしますが。
シコーとフランカが出てても、入りは変らないだろうし。
入りの悪さからか、20分押してスタートです。

第1試合 ミドル級 5分2R
×坂井 圭介
(パレストラ広島)
vs
中村 K太郎
(和術慧舟會)

(1R2分20秒 バックからチョーク)

Jボーイズ出身だからと言って、
そのリングネイムは、あまりに不吉過ぎないか?
と思わせたケータ改めK太郎だが、あっさり上取って、
数発のパウンドで試合決めてしまいました。
坂井、それから上を取り返したんだが、
もうパンチ効いてて、ヘロヘロですぐバック取られて。

これは、相当、楽しみだ!
が、K太郎は不吉だと思うけどなー(シツコイ)。

第2試合 バンタム級 5分2R
BJ
(AACC)
vs
澤田 健一×
(パレストラ東京)

(2R3分49秒 飛びついてチョーク)

1Rは、ずっとお見合い。最後の20秒でBJがTD。
BJ前に出てプレッシャーかけるんだが、
澤田、カウンター狙い明らかな為、
どうも打ち合えないという感じ。
2Rは、あっさり上取ったBJ、
パウンドはそこそこも、スタンドに戻ってから、
飛びついたチョークが、がっちり入って。

しかし、澤田の和彫りは凄いねえ!
藤沼くん並みっつーか、それ以上っつーか。
いやあ、惚れ惚れ見ちゃった。

第3試合 新人王決定トーナメント ライト級準決勝 5分2R
リオン武
(シューティングジム横浜)
vs
山田 啓介×
(SHOOT GYM K'z FACTORY)

(2R判定3−0)

殴り合いになると思いしや、
あっさりTD狙いで上取ると、
上体起こして殴りにいくリオン。
が、山田も足が絶妙に効くわ、
足すくいに行ってバランス崩すわで、致命傷は許さない。
2Rも同様の展開。山田、さすがにバテたか、
リオンのアタマを抱え込むシーンが増える。
そんなに展開多くはなかったけど、
なんつーか、実に現在の総合な攻防。

第4試合 新人王決定トーナメント ウェルター級準決勝 5分2R
遠藤 雄介
(KWS)
vs
服部 謙一×
(ALIVE小牧)

(2R判定3−0)

前試合のリオンの役割が遠藤で、
展開は、ほとんど同じなんだけど、微妙に違う攻防。
山田はスペースが空いてしまうことを
前提にした足の効かせなんだけど、
服部はスペースを潰す足の効かせなんだな。
パウンド対策としては、どっちもありなんだろうけど。
うーん、面白いねえ。


9/26のカード発表。
マモルvsロウロのタイトルマッチ。
で、修斗ニュースで中原太陽に、
ライセンスが下りたのが載っていたんだが、
いきなり、vs風田陣だって!
いくらなんでも、相手、強過ぎねえかあ?
いや楽しみなんだが。
んで、マモルと太陽、リングあがって挨拶。
そうそう、今年の暮れは、代々木の第2だそうです。
これは、いい選択だと思うなー。

休憩後、勝田引退エキシビジョン。
あれえ、引退なの? 相手は大石。

上取って、顔面にパンチ入れてく勝田。
まったくヌルくない修斗らしい、いい感じのエキシ。
各種記念品贈呈に続いて、
10カウントゴング、胴上げと続き。
お疲れ様でした。

第5試合 ライトヘビー級 5分3R
桜井 隆多
(R−GYM)
vs
ダービット・ビエルクヘイデン×
(スウェーデン/チーム・スカンジナビア・ヒルティ柔術)

(3R判定3−0)

このガイジン、面白い!
下からアームで強引にメクるわ、
柔術家だけあって、パウンドいかないのかな?
と思わせた瞬間、突如殴り始めるわ。
全員、リュータにフルマークつけたけど、
1Rは、ビエルクヘイデンにあげたいなあ。
まっ、2・3Rは、祈り殴りのリュータに、
何も出来なかったんですけどね。

第6試合 ウェルター級環太平洋王座決定トーナメント準決勝 5分3R
雷暗 暴
(米国/PUREBRED大宮)
vs
タクミ×
(パレストラ大阪)

(3R判定2−0)

タクミ、変形のデトロイトスタイルに変身!
2Rのアタマ、いいジャブが連発でライアンを捉えて、
そのあと、鋭い右クロスがゴツン!
見事にダウン奪いました。
けど、そこをライアンの押し込みTDで、
上を取られて凌がれるとと万事休す。
つまり、そこ以外は、立ちレスで負けて、
固いクロスで凌ぐだけになっちゃってたんですねー。

練習環境変って打撃系に変身なんでしょうけど、
下から立ってくテクが、打撃とペアで欲しい感じでしたね。

鈴木さんは28−28。
あとの2人が29−28。どっちでもいいかな。
あまりにタクミの打撃がシャープだったんで、
おれ的には、ドローにしてあげたい気がしましたけど。

第7試合 セミファイナル ウェルター級 5分3R
ヨアキム・ハンセン
(ノルウェー/チーム・スカンジナビア)
vs
ジェシアス・カバウカンチ×
(ブラジル/アメリカン・トップチーム)

(3R判定2−0)

TDは取れるものの、ひたすら祈っちゃうATT。
何回かブレイク入ったくらい。
下から例によってシュッシュ言いながら殴るハンセン、
ATTがあまりにしょっぱいので、徐々に観客まで見方につけて、
3R、初めて上になった時には、大歓声でした。
判定は、2人が30−28でハンセン、
鈴木さんが29−29です。
何でハンセンだと下でもポイント取れるの?
と言われちゃうとその通りで。
鈴木さんのドロー判定が妥当かなあ。

しかし、ATTは、強くてつまんないという、1番イヤなタイプが多いなあ。
リボーリオは、エンターテインメントの国アメリカに行って、
いったい何を学んでいるんでしょうか。
そっか、パトロンの見つけ方か(笑)。

第8試合 バンタム級 5分3R
漆谷 康宏
(RJW/central)
vs
生駒 純司×
(直心会格闘技道場)

(3R判定3−0)

女にモテそうな漆くんと、男にモテそうな生駒、
マニア感涙の対決。

試合は、カウンターパンチャー漆くんの宿命というか。
こういう試合になっちゃうんだよな。
基本的にはお見合いから、散発の打ち合い、
グラウンドは1回もなく、3Rにちょっと激しくなったくらい。

やっぱ、マニアは、生駒の下、漆の上を見たかったと思うんですよ。
けど、どっちもグラウンド行くそぶりもなし。
意地の殴り合いというか。
で、ですね。1R終わった時には、漆くんの左足の甲、
もうぷっくり脹れてて。ドクター慌ててコーナー来てるのに、
それを無視して、ステップ踏んでみせて。
んで、試合終わったらいきなりビッコと。
3Rには、その足でミドルまで蹴ってました。
それ見て、うるうる涙ぐんだメモ8オジさんでありました。

判定は、マストでつければ、有効打の漆くんでいいんだと思います。
2人が30−29で、鈴木さんは30−27。
いや、有効打ならそうなんでしょうけど。
けど、この試合で3ポイント差かと言われると、…うーん。

で、個人的には、実に面白い試合でした。
後楽園のメインが、これでいいのかと言われたら、アレなんですが。
アレなんですが、おれは、漆谷、生駒どっちも男だ!
と思いましたです。カッコよかったです、どっちも。


技術的な話をちょっとすると、
クラスAより、クラスBの方が、テクニカルに見えるのが、
実に面白いんですよね。それこそパウンドを巡る攻防とかが。
これは多分、クラスAになると、
技術以上に、身体能力だったり、気合だったり、
“技術では解決できないもの”
が重要になってくるからだと思うんです。
そんなこんなを、アタマの中でグルグルまわしながら見てました。

メイン終了22時15分。
後半、4試合、全部判定で、全部膠着ファイト。
長いわりには、飽きなかったんですが。
けど、これを「面白かった」とは言いにくいことも確かで。

で、この時間までかかると、延長料金だと思うですけど、
この客入りで、それじゃあ大変ですね。
ハワイで儲かったからいいのかな。

report by メモ8 今大会の画像及び選手コメントは こちら! 




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ