速報版観戦記
■団体:ZST
■日時:2004年7月4日
■会場:Zepp Tokyo
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

7/4 ZST BATTLE HAZARD01 Zepp Tokyo大会速報

ええと、今日は修斗に行くつもりでいたんですが、
チーム品川から、山澤くんプロデビューとあっては、
こっちに来ないわけにはいきませんです、ZST祭り。

このカードでは、信じられないような入り。
素晴らしいね。

ジェネバウは、梅木レフェリーが出てたり、
リングス本戦どころか、PRIDE出場経験者の本間が出てたり、
部分的に妙に豪華。一部のみ。

ジェネシスバウト
第1試合 ライト級グラップリングマッチ
○梅木 良則(P’sLAB東京)
(1分31秒 ヒールホールド)
×綱川“DOCTOR”慎一郎(SHOOTO GYM K'z FACTORY)

第5試合 アブソリュート級シングルマッチ
△本間 聡(フリー)
(時間切れ)
△折橋 謙(フリー)

第8試合 ライトヘビー級シングルマッチ
×渡辺 悠太(G−スクエア)
(4分53秒 腕十字)
○鹿糠 智樹(パレストラみちのく)

梅木は足の取り合いから。
綱川のセコンドは草柳、梅木のセコンドは渋谷で、
この試合はかなり沸きました。

本間・オリケンは、グダグダな打撃戦になり時間切れ。

ゴールドジム所属で出てた奥出くんは、
攻めまくったけど、1本取れず。残念。

第1試合 スタンディングルール ライト級 1・2R5分・3R3分
ダリウス・スクリアウディス
(リトアニア)
vs
HIROAKI×
(峯心会)

(1R2分20秒 KO)

ダリウス、ほぼローのみでKO。
HIROAKIも、それなりによかったんだが。

でも、キックやるのにOFGは、やっぱり意味不明だなあ。

第2試合 タッグマッチ フェザー級
志田 幹(P’sLAB東京)
 村田 卓美(A−3)

vs
出口 直樹(ストライプル)

山澤 勇紀(チーム品川) 

(R分秒)

モヒカンに刈り込んだ、
観戦記ネットイメージファイター村田くん、
何と観戦記Tシャツ(黒)で入場!
チーム品川の山澤くんが着てくれないっつーのに(笑)、
偉いぞ、村田くん!
品川主宰とメモ8は、本気で村田くんを応援します!
んじゃ今までは本気じゃなかったのかよ。…もごもご。

選手入場してからの抽選の結果は、上記の通り。
ギを来たままファイトの出口がウマく裾を使って、
我が村田くんを締め落としそうになってタッチとか、
足関とられた出口が、そのまま引っ張っていってタッチとか、
タッグらしい楽しい展開もあって、実に面白かったです。
あー、山澤くん極められないでよかった!
スタンドがバツグンなのは、その片鱗も見せられたし!

村田くん、山澤くんが出てきたら、
チーム品川と敵対することを避けて、すぐタッチ。
うーん、この辺も大人の気遣いですね!
品川主宰とメモ8は、本気で村田くんを応援します!
(リフレイン)

第3試合 ジェネシスルール ライト級 1・2R5分・3R3分
櫛田 雄二郎
(高田道場)
vs
内山 貴博×
(総合格闘技武蔵村山道場)

(2R3分9秒 腕十字)

ジェネバウトーナメント決勝の再戦。
相変らず華がありキレもある櫛田が、上を取ってパスしていく。
内山も守りは固いが、転がるような展開。
最後は十字で。面白い試合でした。

第4試合 リングスルール アブソリュート級 15分1R
所 英男
(STAND)
vs
佐東 伸哉×
(P’sLAB東京)

(1R3分23秒 三角締め)

所くん、PODの癖して、田村にオマージュ捧げまくり。
・膝サポを下ろして直前にあげる。
・入場後に相手をにらみつける。
・勝ったあとのガッツポーツ。
対する、佐東もスタンドでの構えは船木なんだけど、
おれは最初は北尾かと思ってしまったよ(笑)。
グラウンドで噛み合う展開を見せたあと、
所くんが、掌打でダウン奪って、
最後は、マウントからの三角で反転して。

マイクも少しウマくなってきました。
9月に小谷とやると宣言。

第5試合 ヴァーリトゥードルール 1・2R5分・3R3分
小谷 直之
(ロデオスタイル)
vs
レミギウス・モリカビュチス×
(リトアニア)

(1R?分?秒 腕十字)

まあ、予想できた展開というか。
ロープ掴みまくりのレミーガを、何とか倒した小谷、
怪力に苦しみ、腕を伸ばしきってもタップしないレミーガを、
最後は角度をかえて。

勝ったので、9月、所戦を受けるとマイク。
所くんも入場して。


カードが悪いと、大当たりになるのはよくある話。
ジェネバウ入れても2時間ちょっと。
サクサクとテンポよく、演出もさらに練れて、
実に面白かったです。
あと、試合中の音楽の音量、ちょっと下げたかな?
その辺もよかった。ほぼ完成された感じですね。
選手層の薄さの中、これからどうやって転がしていくか。
どこまで、この好調を引っ張れるか。
要は、どこまで継続出来るかがだけが、課題という。

選手は、何と言っても、世界の所さんでしょう!
完璧にブレイクした感じですね。

品川主宰談
上原のヤロー、やり方が汚ねえぞ!
うちの選手、使って頂いてしまいまして(ありがとー!)
もう、これから、悪口書けねえじゃないか。
今後とも、よろしくお願いします。

あっ、メモ8は、これからも悪口書きますけどね(笑)。

report by メモ8 今大会の画像及び選手コメントは こちら! 




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ