パンヲタが見る近藤・郷野凱旋興行
■団体:パンクラス
■日時:2004年6月22日
■会場:後楽園ホール
■書き手:zen

ゲートは残念ながら今回は見れんかったです。
第一試合の途中から入場。
客入りは最終的には9割、ほぼ満員。今回はリングサイドの間引きはありませんでしたw


[第一試合]IRO関 対 折橋(コミッショナー預かり)

途中から観戦。
すでに二人の顔面には流血が。
ノーガードの打ち合いが続くが、折橋の右でIROがダウン。

そのまま折橋がダウンするIROに追撃。パンチを数発入れたところでMEGATONの
セコンド陣、観客がなだれこみ折橋につめよる。

レフェリーの制止を聞かずにダウンしたIROを攻撃したとの事で勝敗はコミッシ
ョナー預かりとの事。

割って入って制止を出来なかったレフェリーのミスを折橋が背負い込む形になった。

レフェリーみっともないよ。
初戦からなんともいやな展開。


[第二試合]○亀田 対 砂辺×

亀田のセコンドには三島。
亀田がTDをとるものの、下からうまくコントロールする砂辺。
砂辺が亀田を持ち上げて上を取るも足関を取ろうとする亀田。
両者のアグレッシブな戦いが続く。

しかし、2Rに亀田がバックマウントを取り砂辺がたちあがり後ろ向きに倒れて背中の
亀田を叩きつけたところでストップ。
叩きつけられた亀田の顔面に砂辺が後頭部で頭突きをしたとの事。
亀田立ち上がれず、そのままゴング。ノーコンテストかと思いきや、砂辺の反則負けが
宣告。「故意ではないが反則負け」との事。
はぁ?これが後に尾を引く。
選手も観客も不完全燃焼のまま亀田の反則勝ち


[第三試合]×倉持 対 大石○

今日の大石はスタンドにTDに非常にバランスがよかった。
TDを取るとパウンドの嵐。
ガードポジションから立ち上がって足を越えてパウンドを落としていく。
ハーフガードを取ったにも関わらず、ガードポジションに戻して立ち上がる、という展開も見られた。
倉持顔面血だらけになってもよく粘っていたが、最後はレフェリーストップ。
大石は勝ち名乗りも上げずに去ってゆく。
無愛想キャラをモノにしようとしているな。


[第四試合]○井上 対 ヒカル×
井上のリフト対ヒカルのスープレックスの投げ対決が見られるかと思いきや、ボクシング
が延々と続く…
決定打がないまま1R終了かと思いきや、井上の左がヒカルの顔面にヒット!
崩れ落ちるヒカル、追い討ちをかけ後頭部にパウンドを連打する井上、でストップ。

井上のKO勝利。
まあ、きれいに終わってるんだけど、、ラーメン食べるつもりがうどんが出てきたよ
うな気分。

休息だが、正直イマイチの興行。
後半にかける

[第五試合]○郷野 対 栗原×

郷野はいつものかわして当てるスタイル。
栗原はスタンド打撃から郷野を抱えようと試みるがなかなかつかまらない。
郷野の右フックでよろける栗原。逃さず郷野のラッシュ。最後はためての右ストレート
が一閃!郷野完勝!栗原は全く起き上がれない…
会場大爆発!

郷野の強さを久々に見せていただきました。またここからメジャーに駆け上がって欲しい。


[第六試合]△渋谷 対 竹内△

体重を落として明らかに細くなった渋谷。
竹内はまたもイズルガールを連れて入場!サイコー!!
スタンドから渋谷がTD、いきなりマウントを取る渋谷。

しがみついている竹内が隙をついて足関をとろうとする。
逃げる渋谷、バックを取ろうとする竹内だが、渋谷は手を取って後ろをとらせない。
竹内そのままコーナに押し込む。その後はコーナに押し込んでの相撲の展開が延々続き
1R終了。

2R、お互い、いい打撃を当てあうが、コーナに押し付け相撲、ブレイク、打撃、という展開が続く。

途中渋谷が腕をとりかけるが竹内危うく逃れる。
最後は竹内のいいのが入ってゴング。
3R、激しい打ち合いから始まる。竹内TDをとろうとするも、渋谷それに膝を合わせる。多分
ヒットしているが、そのままコーナに押し込む竹内。

やはりコーナに押し込む竹内、その後ブレイク、といった展開が続くが、竹内が押し込
んだところでストップがかかる。渋谷が竹内にローブロー。それに対して注意が出る。
(イエローではない)。

スタンドでの再開ではまたも激しい打ち合い。渋谷が膝を入れれば、竹内はコーナに押
し込んでんのボディ連打とお互い譲らずゴング。竹内の顔面からは大量の出血。
試合後マウスピースを叩きつけ荒れる渋谷。
判定は全員一致30-30のドロー裁定。

正直ダメージが多く見られた竹内が負けかとも思ったが、まあ妥当な判定だろう。
と思ったところでSKのセコンド(天心)がマイクをとり、まともなレフェリングをし
て欲しいとアピール。

多分ローブローがイエローにならなかったことを言っているのではないかと思う。
お前が言うなっつー感じもあるが、それに関しては大いに同意。
パンクラスはまずローブローなり頭突きなりの反則を取る基準を明確にするべし。
どうもism勢にはローブローの反則をとらず、逆はよくとる傾向があるように見られる。
ただ、これはこの試合を受けてのものだけではない、今日だけでも数回あったわけだか
ら、レフェリー陣は猛省してほしいもんだ。
試合としてはなかなかに満足度が高い試合だっただけにこの最後は残念。
しかし、渋谷はあの戦いができるのに勝てない。根は深い。


[第七試合]△石川 対 ネイサン△
1Rはネイサンのラウンド。石川が投げに失敗したところをバックマウントをとられる。
ネイサンはバックからチョークを狙うもとりきれない。
石川はその状態から立ち上がる。それにしがみつき、パンチを浴びせつつチョークを取
ろうとする。

しかし、そこからネイサンを振り落とし、ガードポジションの上となる石川。
しかしネイサンは下から三角を狙いに行く。必死にこらえる石川、で1R終了。
2Rは石川のラッシュから始まる。石川がネイサンを倒して上になる。
上からネイサンにパウンドを落としまくる。
ネイサンは防戦一方。ネイサンの顔が血に染まり始める。
ネイサンはでんぐり返って逃げようとするも、石川逃がさず上になるパウンド、そして 蹴りを入れている。

一方的に石川が攻めて2R終了。これはイケる!と誰もが思ったに違いない。
運命の3R、先に上になったのはネイサン。サイドポジションをとり、すぐバックマウン
トの状態に…1Rの悪夢再びだ。

後ろからチョークを狙うネイサン、必死にこらえる石川。完全に入ったと思われたが、
そこから石川逃げ出し、スタンドへと戻る。ここはどうして逃げれたかはっきりわから
ない。あるいはネイサンが極めきれないと思って自ら離したのかもしれない。
石川、今度はネイサンをロープ際に押し込み、持ち上げて強引に投げて上をとる。
ここから石川またパウンドを落とすも、ネイサンは下から三角を極めかける。これも石
川粘って逃げる。

ネイサンが下から石川を跳ね除け、スタンドに戻す。二人ともバテバテの状態でゴング。

ゴングがなった後に倒れこむ石川…
判定は0-1(ネイサン)でドロー。うーん、これも石川かな、とも思ったけど、充分妥当 な判定かも。
なんにしても凄まじい死闘!今日のベストファイトでした。


[メイン]○近藤 対 リッチ×
結構強そうないでたちのリッチ。
しかし近藤の方が体は一回り、顔は二回りでかい感じ。
いきなり打撃のラッシュをかけるリッチ、そこからTDを奪う。
近藤はガードポジションをとり、そこから三角を狙いにいく。
リッチはそれをかわし、近藤の足関狙いにいくが、近藤はそのままリッチの上になる。
上になった近藤は目の前にあったリッチの足をとり、そのまま膝十字。リッチは高速
タップ。
残念ながら裏プルートは見れませんでした。っていうか、やっぱしスタンドの展開に
ならねーじゃねーかよ!何が仮想シウバじゃ!!


総評としては前半のぐたぐたした展開を郷野・渋谷・石川戦で盛り返した感じで、最
終的にはなかなかの興行でした。
石川はほんと強くなった。まだアルメイダに勝てるとは思えないけど。もう一回ネイサ
ンとやって経験値をためるべし。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ