速報版観戦記
■団体:DEMOLITION 040521
■日時:2004年5月21日
■会場:北沢タウンホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

5/21 DEMOLITION 040521 北沢タウンホール速報

平日、北沢というパターンも定着してきた感じのデモリ、
南側を半分くらい引き出すという席設定、見やすいです。
平日6時半はキツいという人多いのかもだが、
今回も埋っているし(さすがに前回ほどではないけど)、
自分は職場に近いので、大歓迎です(笑)。
と言いつつ、10分ちょっと遅刻して到着すると、
丁度、始まるところでした。

第1試合 5分2R -74kg契約
×五十里 祐一
(P'sLAB東京)
vs
山崎 昭博
(慧舟會 駿河道場)

(2R28秒 KO)

アライケンジからダウン奪いながらも、
逆転KO負けの山崎、
今日の相手は、パンチを打たない東京スタイルというか、
まあP’s系のムーブなイカリに上取られまくる。
が、2R入ると、パンチ入り始め、あっという間に連打でKO。
やっぱ、この選手は打撃強いねー。

第2試合 5分2R -60kg契約
ヒートたけし
(慧舟會 千葉支部)
vs
出口 直樹×
(ストライプル)

(1R3分37秒 チョーク)

勝ちに見放された対決。
一発目の蹴り足取って、上になるのは出口。
グラウンドは、出口の方がウマいです。
が、ブレイクやら何やらの後、
スタンドでウマくバック取ったヒート、
そのまま、長身生かして、そのまま倒してチョーク。
お見事! プロ初勝利かな?
うれしそうにコマネチポーズしてました。

第3試合 5分2R -78kg契約
中村 圭太
(慧舟會 東京本部)
vs
金井 一朗×
(パンクラスism)

(2R 判定3−0)

金井はオドオド感はなくなった。
けど、それだけなんだよなあ。
打ち合わずに押し込みTD狙いも、
粘られて上になれず、上になるのは、ケイタの方。
ケイタ、グラウンドでは、早い動きでバックへ。うは、鋭い。
金井、2R早々の足関狙いを凌がれると、
2R後半には、遂にスタンドで打ち合うが、ここでも押されっぱなし。
やっぱ、根性だけで何とかなる時代じゃないんだよなあ。
金井、最近の若者にしては、
愚直なまでの真っ直ぐさみたいなモンを感じるので、
がんばって欲しいな。

第4試合 5分2R -77kg契約
小池 秀信
(チームGRABAKA)
vs
太田 洋平
(A-3)

(2R判定0−0)

小池って色んなところで見てる筈なんだが、
まったく印象が残ってない。
対する、太田はデモリ4連勝、
ならば、ここはあっさりかと思いしや、
あっさりテイクダウンしたのは小池で、パスしてマウントまで。
うわあ、さすがグラバカ、ウマやーという感じなんだが、
そこから何もなし。
で、太田もあっさり下になったり、あまつさえ、
引き込んだりするんだが、パスされたのは、最初の1回くらいで。
足効かせて、殴るんだが、ポイント奪うまでには至らず。

セミファイナル 5分2R -64kg契約
×小林 悟朗
(U-FILE CAMP)
vs
のぶゆき
(RJW/G2)

(1R2分37秒 KO)

いぶし銀の、のぶゆき、メチャクチャ強いでやんの。
コンバット上位常連組みの、デモリ初登場・小林吾朗をレスリングで圧倒すると、
もつれて下になっても、足を効かせまくり。
最後は、至近距離からの、モノ凄いヘンゾキックの連発でKO。
小林吾朗が打撃あり経験不足っていうより、
のぶゆきの、モチベーションの勝利でしょう。
なんつーか、雰囲気、燃えてる大賀さんっつーか。
そろそろ、修斗再登場の声をかかるかな?

メインイベント 5分2R -66kg契約
×藤岡 正義
(STG大阪)
vs
中原 太陽
(慧舟會GODS)

(2R判定0−3)

太陽、圧勝でした。テイクダウンは取られるものの、
1Rはウマく処理して、バックからチョーク狙いやら、十字やら。
下になっても、攻めっぱなし。
強いです。というか、益々強くなってます。
藤岡、よく凌いだという感じでした。

勝利後、マイクで一言。
「坂本さん、お願いします」。
今日は、あっちの坂本さんも、こっちの坂本さんも来てたけど、
黒豹さんの方に向けてだと思います。

しかしだ。だとすると、タックル切ってからのキワの処理が、
まだまだ雑だと思うぞー、ここまでブレイク早くない、
修斗ルールだと、微妙だぞー。
まっ、どういうカタチになるかは不明ながら、
メチャクチャ、楽しみですね。


相変らず、好調ですね。面白かったです。
メインもシャキっとしまったし、ホームの日だったし。

けど、もっと面白かったのは、
今日の下北は、何故か、大人の社交場で、大賑わいでした。
修斗の坂本さん、番頭さん、パンクラの坂本さん、
くわえて、佐伯さんや、上原さんまでいました。
んで、みんなで揃って、クボさん詣で(笑)。

勿論、業界の末端雑魚のワタクシも、
クボさんに、パンパンパンと拍手打って、
企業舎弟として、忠誠を誓いましたですよ!

report by メモ8




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ