4/18 全女後楽園 納見佳容引退
■団体:全日本女子
■日時:2004年4月18日
■会場:後楽園ホール
■書き手:凸ユーレイ

 当初、Aコングvs日向あずみのWWWAシングル選手権が発表され、いさんでリングサイド席を購入したのだが、4・10NEOの北沢大会で日向が膝靭帯
断裂の大怪我(T_T)。せっかくの脚光を浴びる大チャンスだったのに…

 ともあれ、納見君の引退試合である。女子の興行では久しぶりの超満員。NEO川崎も、GAEAの後楽園ですら、満員にならない昨今であるが、この
日埋まらなくていつ埋まるんだという気持ちとともに、納見君のためにもホッと一安心。だが、水道橋駅で一緒になったarrowさんが言っていたよ
うに、全女にこれだけ人が入るのは、今日を逃すと二度と無いであろう、それもまた厳しい現実と思われ… 今井リングアナの前説も、「こんなに
入った後楽園は久しぶり」「来月からまた苦しい」と、軽口めかした本音のボヤキ。

 そして繰言になるが、この満員の観客に、日向のファイトを見て欲しかったという気持ちが。。。


1.○タニーマウス(NEO)(7:16パロスペシャル)×水嶋なつみ

 日向の欠場で、アメコンの相手に、水嶋の対戦予定だった伊藤が繰り上がり、タニー急遽出場。

 今年1月デビューしたばかりの水嶋。大の中西ファン出身で、以前は「百」とプリントされた自作のTシャツを着て追っかけしていたとか(全女
の練習生になってすぐ、中西は退団)。
 他団体に全女の選手が出たときのセコンドではよく見かけていたが(さらに中西が同時に出場している時には、なぜかリングサイドにいたり
笑)、試合を見るのは初めて。もう1人、同時にデビューした高橋というのがいたはずだが、既に辞めちゃったらしい。。。

 ファン時代の相棒と思われる「重」のTシャツ女を中心とする軍団に、始終絶えることのない声援を受ける水嶋。タニーがそれを見逃すはずがな
く、「ほらどうした大人しいぞ」などと煽る。
 水嶋の得意ムーヴに付き合い、もちろん自らも得意とする、頭突きのヴァリエーションを中心に戦うタニー。フゥ〜跳びから「3だろー」を、
けっこう多くのお客さんが唱和していたのはちょっと驚き。浸透してるのね… しかし、相手の、ガッチリくる全女固めには少々冷や汗をかいたの
では。
 小さいながらもキビキビしていて、なかなか良いです水嶋。


2.ZAP・T、○サソリ(11:45凶器を喉に当てての片エビ固め)米山香織(JWP)、×前村早紀

 よねちゃんの曲で同時に入場してきた全日本タッグ王者組。…はいいのだが、リニューアル前の古い曲。ウーン、イヤな予感が…

 いきなり場外乱闘、セコンドのダンプも加わって、見る間に大流血のちびっ子チャンピオンチーム。予感すぐに的中。
 特に前村の出血はひどく、血をダラダラ流しながらカナディアン背骨折りに抱えられ、私の座ってるつい眼の前までやってくる。床に点々と血痕 …

 それでも奮闘する前村。フィニッシュ技の、フライングヘッドシザースからの回転エビ、去年の横アリでさくらに決めた時は、下から足を引っ掛
けてただころんと丸め込んだだけだったが、この日は飛びついてから、グンと敵の頭より高く自らの体を反り返らせて勢いよく丸め込む。カッコよ
かったよ。「さき・花まる」と技に名前も付いたそうで。

 それだけでなく前村は、なにがしか自信もついたのか、たたずまいに若干の逞しさをも感じさせた。
 よねちゃんは、大きなZAP・TにWリスト投げを成功させたのが目立ったぐらい、かな。

 サソリは、凶器の扱いに慣れ習得中のボクシング技術もチラと見せ、なかなかの職人ぶりだったかも。


3.納見佳容引退試合
○前川久美子(19:35カカト落としから)×納見佳容

 納見の最後の入場。ロープを開けるのはナナモモ。

 氏家リングアナのコールと同時に、水色とオレンジの紙テープがリングを埋め尽くす。さほど納見君に思い入れのない私も、これだけでこみあげ
てくるものが。

 引退試合での紙テープの海、で想い出すのは、そのシチュエーションを初めて体験した01年1月アルシ、キャンディー奥津の時の真っ白に埋まっ
たリングや、やっぱり北斗の、真っ黒なテープの海(02年4月GAEA)とか。胸に来るものがある。
 変わったところ(?)では、Jd'で何戦もしないまま辞めた富松という子の引退式も見ている。その冨松、この日、藪下・坂井の売店にチケット
売りを手伝いに来ていたが、化粧濃くなったなあ…

 まず前川を場外に落として、ポストからプランチャを狙う納見「イクゾー!」その表情に込められた万感を想い、ふたたびこみあげ。私も歳とと
もに涙腺がゆるみつつある。

 納見のピンチに助っ人に入る中西と高橋。前川のリストを両側から押さえ、背中に納見が乗って… と思いきや、花道奥に向かい何やら叫ぶ納
見。すると脇澤美穂登場! 4人、脇澤が前に寝そべってポーズ完成(この瞬間を撮った週プロのグラビア、前川の表情がおかし過ぎ。ワッキーは
このあと、前川の顔にツバ吐きかけてました笑)。

   かといえば納見を攻撃する側にも回るナナモモ。4の字に捕らえられた納見にスプラッシュを浴びせる中西、続いて上がった高橋も、と思ったら
矛先を変更、「マエカワー」と叫んで舞い降りる。調子に乗ってHikaruまで前川にボディプレス。いいのかこの2人。私憤をよりによってこの試合
に持ちこむなよ(笑。じっさいは和やかな空気のなかでの一コマでした)。

 中西と60分フルタイムを戦い抜いたころから既に、体力的な強さでは実は全女ナンバーワンだと私的に思っている前川。これで最後と各種の蹴り
技を浴びせ尽くす。序盤は、技を受けて動じず、笑みを浮かべる場面もあった前川だったが、最後まで変わらずどったんばったん、食らっても食
らっても返し、フライングネックブリーカー、フィッシャーマンバスター、Wリストアームサルト、のんのんハンターと肉薄していく納見。らし
い、引退試合になりました。

 私が納見を初めて観たのは、たぶんJWPの東天紅(00年)。同じ若手でも、Jに比べて流石に全女、納見ですら(失礼)身体もでかいし基礎体力
があるなあ、という印象だったような。
 その後、新日ドームとハシゴで観た1・4の、脇澤との全日本シングル選手権、手の合った熱戦(01年)、去年5月の評判が良かった横アリの下田
戦、じつは私、その時間ちょうど眠くて集中してなかった記憶があるんですが、それでも、納見らしく下田らしい、大バコのセミという晴れ舞台に
負けず、自分たちらしく好きなように試合しているなあ、気持ちいいだろうなあ誇らしいだろうなあと、思ったものです。納見君、おつかれさまで
す。

 セレモニー、志生野さんのナレーション。選手からの花束贈呈は、タニー・松尾(NEO)、春山・倉垣(JWP、オルパを巡って戦った間柄)、吉田・中
西(M's)、堀田・下田・玉田(AtoZ。バックステージには来ていた西尾も、上がりたかったんじゃないかなあ)、三田・井上貴・ダンプ(フリー。三田
さんは、ファン時代の納見が追っかけてた相手。DDT札幌の、当日未明の試合明けで飛んで帰ってきてくれた)、全女各選手(じつはサソリのみ上
がっていない。プロ意識か笑)、+脇澤。ワッキーとは2人でミホカヨポーズを東西南北四方へ。

 4人がリング上、「キッスの世界」のイントロがかかる、照れてイヤがりながらも、16小節ぐらい踊る4人。
 最後の挨拶は「みなさんのおかげで、たくさん夢を見ることができました、たくさん元気ももらいました。ありがとう!」。
   休憩。日向が欠場の挨拶。元気、というかふだんと変わらないそっけない口調(笑)。片足でひょいひょいリングへ上り降りするのを見て今井さ
んが「すごいですねえ、さすが日向選手」と言っていたがそんなの誉められても嬉しくないっちゅうねん。確かに運動神経の良さはうかがい知れる
のだが。


セミ ○アメージングコング(17:40裏拳から)×伊藤薫(フリー)

 印象に残ってないなあ。ドッタンバッタンしてたような。
 なんといっても、日向vsアメコン楽しみにしてたからなあ(涙)。


メイン 井上貴子(フリー)、○中西百重(M's)(24:20モモ☆OKから)高橋奈苗、×Hikaru

 途中、ハードな打撃戦に。
 高橋が口から出血するほど顔面に入れ合うナナモモ。
 このやりとり、後に、誌上で田口かほる全女取締役やweb上で井上貴子が絶賛してた(高橋は貴子の裏拳も食らいまくり)。
 モモ☆ラッチを受けとめてナナラッカで落とすなど、この2人ならではの呼吸の合った攻防も見せたが、この日はそれより、シバキ合いの方が
勝っていた。

 試合後、高橋マイク
「こないだ(4・4M's)物足りないって言ったけど、モモはやっぱりムカツク奴でした。またタッグのベルトに挑戦して欲しいんだけどどうかな(観客
に振る)。
 納見くんは引退しちゃったけど、これからも 全女と高橋奈苗をよろしくお願いします!」




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ