20040418DEEP 大阪ステラホール観戦記
■団体:CLUB DEEP
■日時:2004年4月18日
■会場:大阪ステラホール
■書き手:猿

3時からスタート、会場の入りは5割程度?やべーなーとおもってたんだけど
徐々に埋まっていって、最後は空席もあるけど、バンバンに入って立ち見もあるという感じ
熱気はすごかった。
もうジムあげて応援するメンツばっかりで…バイト先の大先輩だろう、おじちゃんおばちゃんも多く
「うわ。えげつないわぁ〜いたいやろな〜」といいながらワクワク笑顔するおばちゃんもいた笑
とにかく試合数が多いので記憶間違えあったらすまんです


○衣川貴士(CLUB J) vs 川上力也(P’sLAB大阪)
これは衣川が出血多量で2Rドクターストップだったと思う。
力也は稲垣組?じゃないのか?よくわからんが、ラッキー勝利??衣川の方が押してたと思う


折戸大輔(クラブバーバリアン) vs ○西岡雄二(禅道会広島支部)
中村健太欠場の代役西岡
禅道会広島支部はなんかええね〜応援が気合はいりまくってて、うるさいのなんの
実力の方もええ感じちゃうかな?西岡がきれいなバックマウントからのチョークだった


寺下和秀(クラブバーバリアン) vs ○宮崎裕二(総合格闘技道場コブラ会)
宮崎が花澤13に似てると感じてるのは俺だけか?同じコブラだし、
タックルつぶす、ハーフを維持、頭をつけて固める。ブレイク!
てな、一種伝統のような動きが基本なんだけど、なんと見事に腕十字で一本勝ちしました


○高田結子(峯心会) vs さくら(禅道会広島支部)
酒井欠場で代役の高田、うわさの中学生さくら、
もうね、体格がぜんぜんちがう。こんなの組ませていいの?てな感じだった
体格差もあって高田ががんがんに攻める。さくら、ナニをしても通用しないてな感じ
しかし2R、さくらがタックルを極め、一気にパス、マウント!このムーブには会場もわいたが、エビでかえされ
またスタンドへ、もみ合いから、そのまま、スタンドチョーク!しばらく粘ったけどタップ。


安藤雅生(総合格闘技 暗愚羅) vs ○藤井章太(禅道会広島支部)
禅道会広島支部はええね〜応援がすさまじいよ。とくに嗄れ声の人笑
ええね〜選手は心強いと思うよ。試合も藤井が始終おしてましたね
グランドパンチからのレフェリーが止めたTKO
この藤井選手はよかったな〜 がんばれ禅道会広島支部


川俣丈次(総合格闘技 暗愚羅) vs ○山崎晃裕(名古屋ブラジリアン柔術クラブ)
興行中、選手の所属するジム団てのがあちこちにあって、
この試合ではあの一角が、この試合ではむこうの一角が
てな具合に応援声が鳴り響くわけだ、
この試合当然名古屋軍団が激しく吼えまくったですな
その歓声の応える様に、2R山崎がグランドパンチでドクターストップ
セコンドTAISHOもひと安心でしょう

このフューチャーファイトは膠着がなく、判定もなし
技術は確かにあらいのだけど、PRIDEの膠着試合みるよりは、100倍おもしろかった。


さて本戦

杉内勇(Team−Roken) vs 寺田功(ライルーツコナン)
寺田功は例のモヒカン。じつは結構好きなタイプのやんちゃ系、セコンドは当然池本
あれは剣道着?かな?わかんないけど、入場とともに、刀を抜いて一振り 会場も沸く
杉内勇はDEEPのアマトーナメントの優勝者 背中に「柔 拳」の刺青
この試合は1R最初はお互い堅かった、胴タックルのスタンド膠着系?
ジョジョにほぐれていった。ほぐれていった先にあったのは、殴り合い。最初の一発をいれたのは寺田。
あとは運じゃない?あそこまでなぐりあうと…、寺田が腰から崩れ落ち、ストップ。
寺田は本戦一戦目 つまりデビューだったわけで、泣いてただろうな。なかなかリングから降りない
お客さんもおしみない拍手。 でもこれが、選手達の現実なんだろう。 結果が欲しいところだ。
あ、この試合がベストバウトでした。猿的には


花澤大介13(総合格闘技道場コブラ会) vs 濱村健(CMA京都成蹊館)
おお!マシン13とコンジョの濱村ではないか!これはなかなか面白い組合せ
多分濱村もデビュー戦になるんだろう。じつは結構期待してる選手だったりもする
試合は最初濱村がおすんだけど、ジワジワと花澤マシン作戦にはまっていく
全く素人考えだけど、花澤は一本勝ちしたり、一本負けする選手ではないような気がする

よくいえばヒカルドアローナ。わるくいえば、クリスドールマン(笑)
結局花澤マシン作戦(とにかくタックル ハーフでしがみついて、頭で押さえる)に返せない濱村という展開
判定3−0で花澤13勝利。濱村は判定を聞く前に四方に土下座。技術をみがいていきましょう。まだまだこれからも期待してます


辻結花(総合格闘技 暗愚羅) vs しなしさとこ(フリー)
3分のエキシだったけど、最初の一分はかなり本気モードだったと思う。
ガンガン打撃をいれる両者。体格差から辻がおしてたけどね
実はフューチャーファイトから、辻は会場の隅で黙々とアップをしてた
ラスト2分は「コブラ固め」と「一本背負いからの腕十字」で星を分け合った形。
しかし、辻はかなりすごいと思う


坪井淳浩(アライブ・アカデミー) vs 深見智之(CMA京都成蹊館)
さて、前回の再戦なわけだよね CLABDEEP同様。お互い人気モノなんだろうね
今回は深見の方が応援おおかったかな?会場はすごい声援だった
深見も打撃、SB坪井も当然打撃。
手数で上回るのは深見。坪井は絶えながらも左の一発を虎視眈々と狙ってる感じ
ガードの上からパンチをもらい続ける坪井と、左ミドルや左フックをもらったりかわしたりの深見
これも素人的にだけど、坪井の方が技術はかなり上だと思う。でも、正直つかれちゃった感じ?
あとCMAの名物なのかな?とびこんで右の一発(濱村もそんなのやってたな) あれは面白いね みてて
試合早々、目にグラブがはいったっぽい深見、お互いに金的もはいったり、お互いグラブがはずれたりと、
アクシデントがおおかったけど、面白かったような、限界をみたような、なんともいえないな
すごい試合ではあったよ


○大久保一樹(U-FILE CAMP.com) vs 奥山哮司(CMA京都成蹊館)
奥山はんは、CMAの館長なわけで、会場の声援は「かんちょ〜」1色笑
あれなんだろうな?CMAの武器なんだろうな。
いきなりとびこんで、右の一撃をポイントに打ち込む技って
館長の動きはおもしろかった。ヒクソン高田の一発目の高田並に腰がひけてるんだけど、

打撃は全部かわしていく感じ。あれはおもしろいね。
たまにCMAパンチがヒットして、おお!てな感じだった
ラストは組み付かれて、上からの腕がらみ。しばらく耐えたけど、タップ
大久保ちゃんは大喜びだったな


○池本誠知(ライルーツコナン) vs 長岡弘樹(総合格闘技DOBUITA)
長岡のセコンドには長南
最近勝ち星にめぐまれない池本。長岡が相手、池本の試練マッチといえば長岡に失礼だな。

1R池本2R長岡3R前半池本、後半長岡てな印象だった、両者極めれそうで極められない
判定であれば妥当と思いますが 例えば30−29、の判定もあれば30−26の判定もあるわけで
この試合は30−29ぐらいだと思うな


○前田吉朗(パンクラス稲垣組) vs 梅村寛(アライブ小牧)
ゴングと同時にいきなり、ジャンピングのヒザ、これで体制をくずされる梅村
上になったけど、当然なぐりまくりの前田 攻めきれない。梅村がロープからはみ出してブレイク
恒例の一点凝視指示BY稲垣も面白かった
「ノーモーションで打つ」「ノーモーションで打つ」「ノーモーションで打つ」
「相手の全体を見る」「相手の全体を見る」「相手の全体を見る」
スタンドに戻って  またもや殴りあいを始めると
前田のきれいな右で梅村腰砕け。普通はこれでKOだろという感じで梅村がくだけたけど
そのまま、なぐりまくる前田、レフェリーが大急ぎでストップかけたが
興奮が収まらない前田。レフェリーのいないところに廻って鬼の形相で殴り続けようとする
セコンドのTAISHOがすっとんでいって、前田を放り投げる
稲垣の止めも入って落ち着く、なんか前田の狂気を垣間見た感じ、

前田強い

次はだれだよ?もう彼しかいないだろ?

○三島☆ド根性ノ助(総合格闘技道場コブラ会) vs ロバート・エマーソン(ファス・ヴァーリトゥード)
今回の入場はめちゃ当たり!わらったわ
ETのお面を頭につけて、自転車(電動?)で入場。背中にはスパイダーマンのマント
これをPRIDEでみたいもんだ笑
この人は遊びをやめないんだな

さてエマーソン、ド根性を半回り大きくした感じ
最初のコンタクトの蹴りをみて、ただもんじゃないのは確認できた
1R半ばにど根性がテイクダウンして、サイドへ…てなとこで、
力だけで跳ね返していく。「やば〜」てのが感想だな
それでもど根性はいつもどおりの動き、ローリングソバットをなんとか極めようとしたりトリッキーもやりまくり、
でも一発も入らず笑 3Rまで続けてましたな
エマーソンの一発が入れば、ひっくり返るという緊張感の元試合が進むが
3R後半にもテイクダウンからシャニムに殴りまくるど根性の助
強いです。再認識した感じ。判定3−0

よくやったド根性の助!佐伯さんPRIDE武士道に文句なしにおくりこめるでしょ!

たしかに昔のDEEPに比べれば、カードの面白さや選手の認知度は落ちるだろう、
でも若い選手の試合を見てると「お!あいつこないだの…」的に覚えていけて
大阪興行だからか、会場のそこいらに試合終わった選手が談笑しながら観戦してたりする雰囲気が好きだな
俺自身性格が結構気軽で「応援してるよ、がんばって!」て声かけるねん笑 
もちろん選手からすれば「ありがとうございます」といいながら(お前ダレ?)なんだろうけどね笑。
いままで違う感じの感情移入ができるんだよな これからもガンガンに声をかけるんや笑

DEEPは本当に面白いよ。大満足でした




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ