速報版観戦記
■団体:パンクラス
■日時:2004年3月29日
■会場:後楽園ホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

3/29 パンクラス 後楽園ホール大会速報

近藤の相手が金魚なのはイマイチも、
久々に工夫したカードが並んだなーという後楽園、
修斗クラスBで何回も勝ってるバッハ松本と、デモリ2勝のヌキンポが、
フューチャーファイトの1試合目に組まれるなどという、
そりゃちょっと違うんじゃないかという感じなので、
久々に何とかこれ見る為に、6時15分くらいには、
会場に入ったものの、残念、終わってました。
何と、ヌキンポ、1本勝ちらしい。凄え!

第1試合 ライトヘビー級戦 5分2ラウンド
×佐藤光芳
(パンクラスGRABAKA)
vs
内藤征弥
(A-3)

(1R3分30秒 三角絞め)

出会い頭にパンチを当てて、早くも光芳を引かせた内藤、
数回目のタックルで下になるも、三角狙いまくりで、
少しでも相手が固定できたら、下からパンチ。
かついでパス狙いの光芳だが、見事にそれを狙われて、
がっちり三角決る。内藤、お見事!
光芳、打撃怖がり過ぎという感じだったが、
内藤、大金星と言っていいんじゃないかな?

第2試合 ミドル級戦 5分2ラウンド
ランキング7位
長谷川秀彦
(SKアブソリュート)
vs
梁正基
(スタンド)

(2R判定0−0)

梁くん、身体パンパンになってました。
けど、スタミナも、レスリングも、昔のままでイマイチ。
いやあ、けれど、未完の大器ぶりもそのままでした。
1R、さしてポジションが強いわけじゃない長谷川に、
マウントまで取られて、ボコられるも、
2Rに入ると、根性と素質だけで反撃。
強引に上取ると、重いパンチを単発ながら、ドスンドスン。
いい指導者について、本気でやったら、相当イクと思うんだけどなあ。
まっ、セコンドには、今や世界にその名を轟かす、
所さんがいらっしゃったので、大丈夫だと思いますが。

第3試合 ミドル級戦 5分3ラウンド
ランキング9位
 中西裕一
(フリー)
vs
『DEMOLITION MIDDLE WEIGHT 4MEN TOURNAMENT』覇者
佐藤光留 
(パンクラスism)

(3R判定0−2)

いやー、ヒカルくん。素晴らしいです。
いきなり、中西の片足つかんで、そのまま反り投げ。
バックフリップというか、ブロックバスター風に、
後ろに落としたんですが、その時、見事にブリッジ。
カール・ゴッチかと思いましたよ。
その後も、下から三角に捕まると、
高々と抱え上げ、そのままパワーボム。
得意技の「グラウンドでバック取られまくり」も、
同じく得意技の「首投げすっぽ抜けてバック取られ」も炸裂し、
3R最後の30秒で、お情けのように足関も狙い、
さすがにヒカルくんと思いました。

っつーか、中西、やっぱり圧勝かと思いしや、
判定は、岡本30−29(ヒカル)、
梅木29−29、廣戸28−29(ヒカル)。
ええ???

3Rで、中西に金的イエローでマイナス1ありました。
岡本の30−29は、まだわかります。
ポジション、まったく考慮しなければという前提さえあれば。
凄いのは、廣戸さん。
どう見ても、ヒカルくんの、バックフリップとパワーボムに、
ポイントを入れたとしか思えません。
いやあ、凄いや!

第4試合 ミドル級戦 5分3ラウンド
ランキング6位
石川英司
(パンクラスGARABAKA)
vs
北岡悟×
(パンクラスism)

(3R判定3−0)

いやあ、北岡、がんばりました。
殴り合いは相手にしてもらえないし、
上は取られるし、ニキビくん、バシバシいいパンチ落すし、
パスもされちゃうんだが、
丁寧に、フルに戻すし、気合も衰えないし、
目も死なないし、クチだけ番長の北岡、
ヘタすりゃ、彼のベストファイトじゃないかな?
勝っても負けても、いつもハッキリ決らない北岡、
今回は、ハッキリ負けましたが、よかったです。

第5試合 ライトヘビー級戦 5分3ラウンド
ランキング6位
デビッド・テレル
(シーザー・グレイシー・アカデミー)
vs
ランキング9位
渋谷 修身×
(パンクラスism)

(1R3分4秒 上四方からのスリーパー)

テレル、強いですねー。
下になってもビクともしない。きっちりポジション取り返して、
最後は、ネットで公開してた、上四方からのチョーク。

セミファイナル スーパーヘビー級戦 5分3ラウンド
ランキング4位
高森啓吾
(パンクラスMEGATON)
vs
ランキング6位
石井淳×
(超人クラブ)

(1R40秒 レフェリーストップ)

イキナリの殴り合い。
石井も、やや引き気味ながら、ついつい応戦してしまう。
そうすると、とにかく左右をぶん回す高森のパンチ、
バンバン当り始め、最後は、うつ向いたところを、
下から蹴り上げて。堪らず、レフェリー、ストップ。

いやあ、高森、笑える。やっぱり来ますね、メガ豚。
尾崎社長もニッコニコでした。
しかし、大男のラフな殴り合い、この感触はアレですよ。
はるか昔に、世界にネットワークを広めて、
BS草創期に絶賛放映してた、某団体にそっくり(笑)。

そういや、石井のセコンドには、鬼木さんがいましたね。
ん? 鬼木さん、メガトンにケンカ売る気かな?
(2chネタ)

メインイベント ライトヘビー級戦 5分3ラウンド
第3代ライトヘビー級K.O.P.
近藤有己
(パンクラスism)
vs
スティーブ・ヒース×
(シーザー・グレイシー・アカデミー)

(1R4分2秒 バックからのチョーク)

最初から打撃怖がっているヒース、
あれれ、打撃系じゃなかったのか?
強引に引き込むも、グラウンドは全然出来なさそうで、
キッチリ、クロス。
ああ、こりゃ時間の問題だと思いしや、やっぱりその通り、
最後は、マウント、反転、チョークという、
今時、あまり見ませんよという展開。

体重こそ変ってないものの、
明らかに、大胸筋のハリが以前よりも増していた近藤、
気合がいつもより、表に出るようになっていたような。

自分の方からは言えませんが…
パンクラスはボクの望みを叶えてくれると思います。
その時は、日本人の誇りを持って、精一杯やりたいと思います!

何かマイクアピールも、一皮剥けて、堂々としてきました。
うーん、堂々とし過ぎて、ちょっと不安になってしまふ(笑)。
何か近藤らしくないというか…。


近藤激勝で、大盛り上がり。
メイン以外も、今日は久々に粒が揃って面白かったです。
あとは、メガ豚かなー。
これからどういう相手とやらすか、難しそうだけど。

そして、今日は、オマケのビックサプライズがありました。
「格闘技を見せる」為になくした筈の、ラウンドガール、
見事に復活してました。
しかも、半チチ、半ケツ見えちゃう、凄い衣装でした。
デモリも負けてるぜ、こりゃ!

ワタクシ、メモ8は声を大にして言いたい!
パンクラス首脳部の、この英断を断固支持します!
半チチ・半ケツ、萌え〜! さすがパンクラス!

report by メモ8 今大会の画像及び選手コメントは こちら! 




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ