3/22修斗後楽園ホール大会観戦記
■団体:プロフェッショナル修斗
■日時:2004年3月22日
■会場:後楽園ホール
■書き手:うしをたおせ

よく入ってました。平日なのに。6時の時点で9割近く埋まってたかな。
当然少ししたら超満員に。
全選手入場の後、植松選手が代表して挨拶。

その後は2月の月間賞発表。
MVPは高谷選手。
リング上で、「すぐ試合をしたい、キックの試合をして課題が見つかった」とのこと。
ベストバウトは石川vs勝田。石川選手もリング上にあがり、
「KOしたかった」「ペケーニョとやりたい」とのこと。


第1試合 -68kg契約 5分2R
×鈴木洋平(パレストラ東京)
○リオン武(シューティングジム横浜)
1R 2'40" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

リオンは相変わらずのロングスパッツ。
鈴木さんは赤黒のショートスパッツ。

リオン、パンチで攻め込み、組む。組んで鈴木はヒザ連打。
リオンテイクダウン。インサイドに。そして大振りだが鋭い鉄槌気味のパンチ連打。
鈴木もオープンガード気味に足を効かしたり、首を振ってパンチをよけてたが、
回転の速いリオンのパンチをよけきれず、だんだんパンチを喰らい鼻から出血。
コーナーで動けず、パンチを喰らい続け、レフリーストップに。

リオン、側転からバック転と見せかけて、後転して退場。

うーんリオン強い。っていうか相変わらず不思議な強さ。なんとなくテイクダウン。
そして決してかっこいいとは言えない感じのパウンドが今回も良く当たる。
これで3連勝。次は新人王トーナメントでK'zの山田選手と無敗対決か。
あの山田選手の勢い止めたら本物だな。

鈴木さん、なにもせずに終わってしまった。もっとスタンドで打ち合う姿がみたかった。
結果論になるけど、ガードになった時、いろんな意味で、動こうとしすぎたのかな。
くっついて固めるか、離れるか中途半端になったのが敗因では。
やはりパウンド対策は難しい。


第2試合 バンタム級新人王決定トーナメント1回戦 5分2R
×ヒートたけし(和術慧舟會千葉支部)
○BJ(AACC)
判定0-3 (浦19-20/菅野18-20/鈴木18-20)

1R
BJ、タックル。ヒートは蹴り合わせ、BJひるむ。BJ再度タックル、足首持って
テイクダウン。ヒートはギロチンで対応。BJパス狙い。ヒート回転して足関節狙い。
BJ足抜いて攻める。BJバック取り、パンチ連打。

2R
BJタックル。ヒートギロチンで応戦。BJパス狙いからパンチ。中腰からパンチ。
ヒートは下から蹴り上げる。

判定は当然上から攻めつづけたBJ。

BJレスリング巧いね。そうそう負けない選手だと思う。新人王トーナメント、次は
デビュー戦で苦杯を舐めた、佐瀬選手だ。

ヒートすぐテイクダウンされて何も出来なかった。簡単に下になりすぎかな。
本人の日記によると、観客の目が超苦手だとか(笑)。そこから克服かな。


第3試合 ミドル級 5分2R
○岩瀬茂俊(TEAM TOPS)
×堂垣善史(パレストラ加古川)
2R 3'39" TKO (レフェリーストップ:右ストレート)

1R
パンチ打ち合い。堂垣押すも、岩瀬下がりながらのパンチで堂垣ダウン!
再開後今度は堂垣のパンチで岩瀬よろめく。パンチ打ち合い続く。
堂垣タックルでテイクダウン。岩瀬跳ね上げて立つ。

2R
堂垣タックル。岩瀬切って上に。膠着してブレイク。堂垣パンチで攻め込む。
ストレートで押す。岩瀬目尻から流血。堂垣攻めるも、岩瀬のカウンター右フックが
強烈にアゴに!動けない岩瀬を見てレフリーストップ!

岩瀬選手見事KO勝利。きっとパンチ強いんだろうな。でもちょっとなぜか押されてた。

あと個人的にはグラウンドで上取った時、もっと巧く攻めて欲しい。

堂垣選手、いままで下からの仕掛けだけの選手ってイメージだったけど、
見事なパンチでの攻めを見せた。ストレートの伸びは良かった。でもちょっと
ガードが甘かった。


エキジビションマッチ
−マモル(シューティングジム横浜/世界バンタム級王者)
−松根良太(パレストラ松戸/世界フェザー級王者)
2人ともレガース付けて登場。マモルはビクトル投げからヒザ十字。松根君は
飛びつき十字からスイープと鮮やかな動きを見せる。

マモルは5月に吉岡さんと。松根君は千葉大会で誰かとやる予定だとか。


第4試合 ライト級 5分2R
△田村彰敏(格闘結社田中塾)
△村山英慈(シューティングジム八景)
判定1-0 (横山20-20/浦19-19/鈴木20-19)

1R
村山組んでヒザ。田村テイクダウン狙いを村山投げてテイクダウン。田村跳ね上げて立つ。
田村足掛けテイクダウン。一気にマウント取ってパンチ。村山立つも、田村また足掛け
テイクダウン。村山今度はスイープ。田村もタックルで立つ。
お互い差し合いからヒザ。

2R
田村テイクダウン狙い。またも村山投げを合わせてテイクダウン。田村またも跳ね上げて
立つ。村山ヒザ狙いを田村押し倒す。上からパンチ。村山下から腕十字狙い。
田村上からパンチ。村山下から細かいパンチ連打。

結局お互いの似たように攻めあったため、ドロー。うん妥当です。
勢いとパンチの田村、ヒザと下からの寝技の村山って感じになると思ったら…。
なんだか2人とも似たような戦い方に。それぞれ倒して、それぞれ脇差して立ち上がり、

お互い組むとヒザ。それぞれ武器が増えて巧くなっているんだけど、
かみ合わなかったですね。なぜか熱い試合にならなかった。


第5試合 セミファイナル ライト級 5分3R
×植松直哉(K'zファクトリー/世界6位・環太平洋5位)
○ジェンス・パルバー(米国/チーム・エクストリーム/元UFCライト級王者)
1R 2'09" KO (左フック)

パルバー、黒トランクスに赤いモヒカン。
植松選手も黒トランクス。そして日の丸背負って入場。

植松ロー。パルバー、パンチ返す。右ジャブ!左ストレート!左アッバー!
これが全部凄い!!全部速くて凄い鋭さ。そして連打に混ざる強烈な左ボディ!
「あーもらったらやばいよー」って会場の誰もが思ったはず。植松ガードして
ロー、ハイを返すもパルバーのパンチは止まらない。ボディが効いたか、植松
後を向いてしまい、そこへ追い討ちのフック!で植松崩れ落ちる。
なんとか意地でカウント9で立つも、また崩れてストップ。

会場中、パルバーの強さをまざまざと見せ付けられ呆然って感じ。
そして拍手が起きてました。

いやー、強い。あんまUFC時代の戦い振り見たこと無かったんだけど、凄いね。
あのパンチ。確かに対戦相手壊されるかも。とにかく速くて鋭い。ちょっとたいていの
修斗の選手とじゃレベルが違うって感じ。しかも植松選手が組んでヒザ入れようとしても

なんなく離れてた。さすがレスリングの猛者。BJやホーキに勝つわけだ。
一番思ったこと。vsKIDが見たい!!マジ見たい。でもKIDはすっかり谷川さんの
お気に入りだし、パルバーもファイトマネー高そうだし、なんとかならないかなー。
あと、ペケーニョもやばいね。相性的には最悪じゃないかな。


第6試合 メインイベント ウェルター級 5分3R
△川尻達也(日本/チームTOPS/世界2位・環太平洋1位)
△宇野 薫(日本/和術慧舟會/第4代王者)
判定1-0 (浦29-27/菅野29-29/鈴木28-28)
[1R] 浦9-10/菅野9-10/鈴木9-10
[2R] 浦10-9/菅野10-10/鈴木9-10
[3R] 浦10-8/菅野10-9/鈴木10-8

いや−、盛り上がりました。入場から試合終了まで良かった。凄い盛り上がり。
試合中もずっと緊張感ありっぱなし。そしてあのレベルの高さ。凄かった。
川尻選手も人気あったなー。会場人気は6:4で川尻かな。

宇野くんのセコンドは廣野選手とTKと守山さん。
川尻選手はなんとマッハのガウンを着て入場。

1R
宇野ジャブからタックル。組んでコーナーに押し込む。そしてヒザ連打。
押し込んで、崩しながらバックを狙いつつ、ヒザ。ここらへん巧い!
宇野ロー。これがバシバシ当たる。そしてタックルも川尻ガッチリ切る。
フックは相打ち!またも宇野ロー!そしてタックルも川尻切る。投げあいから、
宇野上に。すぐ川尻タックルへ。宇野横三角狙うも川尻タックルで持ち上げテイクダウン!
しかし宇野ヒップスローで崩して立つ。もう2人とも凄い動き。
またも宇野ロー。タックルは川尻ガッチリ切る。

2R
宇野の金的で少し中断。宇野タックル。川尻切る。お互いパンチ。川尻ヒザ。
またコーナーに宇野が押し込んで、ヒザとローの連打。離れて、川尻の右ストレート、
クリーンヒットしていないものの、宇野尻餅。
川尻すかさずバック取る。宇野は桜庭ロック。崩すも川尻意地で上キープ。

3R
宇野ロー。タックルも川尻切る。川尻タックルからバックに。宇野は桜庭ロック。
川尻バックからパンチ連打。またスタンド。川尻組んでからバック取り、2人とも
崩れて宇野足関狙いに。川尻冷静に体を戻してそのままマウントへ!バックマウントへ
移行し、パンチ連打!宇野片手持って防御。マウントになり、またも川尻パンチ連打!
明らかにスタミナが切れてるが、手は止まらない。宇野も激しく動いて脱出しようと
するも、川尻は重くてマウント崩れない。そしてゴング!

判定は上記の通りドロー。会場は一部「エーッ!」と川尻選手への同情の声。
注目が高い分、今回の判定、物議をかもしてますね。

僕も今回はかなり熱中して見てたのであまり冷静に判定できないですが…。
1Rは宇野君が押して、ローも決めてた。僅差だけど間違いなく宇野君のラウンド。
2Rは宇野君が相変わらず際の攻防で優勢。ローも決めてたけど、川尻選手が終盤
パンチ当てて、上から少し攻めた。お互い攻めたけど、やや宇野君かな。
3Rは後半の猛攻で当然川尻選手。2P付けてもいいと思う。
で、ドローもしくは川尻選手だと思います。

宇野君さすが巧かった。かなり打ち合ったけど、川尻選手のパンチほとんど
もらわなかったし、速くて強烈なローはお見事。判定勝ち狙いなら勝てたのでは。
常に先手で攻め、何度切られてもタックルに行って、素晴らしかった。
(逆に川尻選手はいつも待ちのカウンター戦法。僕の周りの宇野派には不評だったな)
もっとグラウンドで攻めるシーンが見たかっただけにそこは残念。

川尻選手強かった。あんなに腰強いとは。一度も下にならないとは。凄い。
ローは蹴られまくったけど、最後まで崩れなかった。2Rからスタミナ切れてるように
見えたけど、最後まで止まらなかった。気持ちかな。凄い。
そしてあの3Rの猛攻。あんな攻め込むとは。強さを感じました。
まあ筋から言っても夏に川尻vsシャオリンのタイトルマッチでよいのでは。
そしてその勝者と年末宇野君がやるのが見たいな。

とにかくセミ、メインのインパクトが凄かったです。ホントおなかいっぱい。
会場の盛り上がりも凄かったですね。最近の修斗おもしろいっすよ。
このままガンガン行ってほしい。5月の後楽園もかなりいいカード組んでますね。
環太平洋トーナメントもいいカードばっかだし、うれしいことです。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ