club DEEP 6th:3月20日 鬼木祭 福岡パヴェリアホール観戦記
■団体:CLUB DEEP
■日時:2004年3月20日
■会場:福岡パヴェリアホール
■書き手:オリゴン

アマチュアプロレス、小学生のキックエキジビジョン、空手の演舞、欠場した鬼木vsちびっこ10人くらいの初っ切り相撲みたいなエキジビジョンが30分ほどあってやっと試合開始。リングは大分のプロレス団体・AMWの貸し出しだったため、ロープは3本。レフェリーは鬼木貴典、龍保利とあともう1人(名前失念)。


第1試合 里本一也(パレストラ広島) vs 竹縄元博(NEO.TOILPUIL.JOKER)

里本は桜庭風オレンジスパッツにヒザのがっちがちテーピングという完コピで登場。序盤、竹縄にスタンドでバック奪われるもサクラバロックに切り返し、その流れでテイクダウン(以下TDに略)。サイドポジションを狙うが竹縄ガードに戻し、下からヘンゾキック。スタンドに戻って今度は里本が下になるが、ガードからの腕十字で1本を奪った。

○里本(1R:腕十字)竹縄●


第2試合 吉武伸洋(総合格闘技道場 FREEDOM) vs 南隼人(ハイブリッドレスリング鹿児島)

我が地元大分出身の吉武、スタンド打撃では優位に立つが、南もなんとか組み付き、脇を差して腰投げを放つ。吉武バランスを取ってこらえるが、さらに南は下から十字を狙う。吉武も必死にクラッチを固めるが、最後は無念のタップアウト。

○南(1R:腕十字)吉武●

第3試合 古野治(ILLSTREET GYM) vs 麻生太郎(緒方道場)

先に入場の麻生、赤髪に赤の特攻服といういでたちで掴みはOK。スタンドの麻生、グラウンドの古野というコントラストが目立った両者、序盤から自らの得意分野に持ちこもうとする激しい攻防。1Rは古野の下からの三角やアンクルといった仕掛けを麻生が上から強烈なパウンドで潰す展開に。2Rも同様の攻防が続き、試合終了。規定により判定無しのドローとなった。

△古野(2R終了:ドロー)麻生△


第4試合 近田哲司(近田道場) vs 長谷川秀樹(和術慧舟會 東京本部)

長谷川、右肩に脱臼癖を思わせるゴッツいテーピングが。スタンドでは打撃に全く付き合わずTDを狙うが、パンチを恐れて下を向いてタックルに入るため、徐々に近田もタイミングを掴み、タックルをことごとく切るようになる。しかし近田も長谷川の寝技を警戒してか、上を取っても深入りせず立ち上がる。2Rには長谷川が下からメクってハーフ→サイドを取りアームロックを仕掛けるが極まらず、逆に上を取り返されるといった場面も。しかしこれも結局時間切れドローとなった。

△近田(2R終了:ドロー)長谷川△


第5試合 園田貴博(格闘技道場タフス) vs 永田康(津武館)

両者とも胴衣着用。さきほどまでの試合とは一変して重量級同士の対決になった。カラダの厚みは園田が勝っている様子。序盤から激しい乱打戦に。園田が繰り出す、相手の奥衿を掴んでのクリンチアッパー連打がかなり有効。最後はヒザで相手が倒れたところにパウンド連打でレフェリーストップ。園田が体格に相応しいド迫力の勝利を上げた。

○園田(1R:TKO)永田●


第6試合 大津山智啓(鉄砲海老) vs 上原広巻(ハイブリッドレスリング鹿児島)

上原、TDからマウント→十字狙うが返され、逆に大津山からチョークを狙われる。ブレイク後、スタンドで上原のパンチ・ヒザが当たり始め、最後はパンチで相手がバランス崩したところでマウントを奪い、パウンド連打でレフェリーストップ。

○上原(1R:TKO)大津山●


第7試合 桜沢正巳(Team−Roken) vs 黒瀬貴信(城東柔術クラブJ2C)

出場予定だった龍保利が欠場したため桜沢がダブルヘッダーとなり、急遽グラップリングマッチに変更となった。開始直後いきなり桜沢が飛びつき十字! しかし惜しくも極まらず。立ちレスの展開から桜沢ガードに引き込み、そこから草刈りで引っ繰り返し、電光石火のヒザ十字! 桜沢が代役のプレッシャーも感じさせず、終わってみれば危なげない完勝。ノーダメージで次の試合に臨むこととなった。

○桜沢(1R:ヒザ十字)黒瀬●


第8試合 岸本充也(パレストラ博多) vs 森章俊(トランクケイラース)

岸本のセコンド、オールドファンには懐かしい九平の姿が。序盤は岸本が差し合いからコーナーまで押し込み、腰投げでTD奪うが、森も見事なヒップスローでメクり返す。グラウンドの攻防では森が主導権を握り、最後は十字で岸本からタップを奪った。

○森(1R:腕十字)岸本●


第9試合 堀本裕介(緒方道場) vs 丸山光司(真闘術)

ずんぐりむっくりで、いかにも重心低そうな体格の堀本。身長の高い丸山と見事なコントラスト。1R、堀本スタンドからワキ差して投げ狙い。一度は凌がれるが再び仕掛けTD奪い、マウントから十字へ。しかし丸山これを逃れるとスタンドに戻す。1R終盤には堀本が見事な水車落とし(!) しかしここで堀本バテてしまった模様。2R、堀本がボブチャンチンばりのロシアンフックをブン回すが、上体が深く潜りすぎて相手を見れていないため、全く当たらず。丸山はバテて動きが止まった堀本をTD。マウントまで奪うが、今度は丸山もガス欠に。終盤はヘロヘロの殴り合いになり、時間切れドロー。

△堀本(2R終了:ドロー)丸山△


第10試合 池田大志(ハイブリッドレスリング鹿児島) vs 桜沢正巳(Team−Roken)

グラップリングマッチで鮮烈な勝利を見せつけた桜沢が再び登場。セコンドは次回の本戦に出場が決定したフューチャーキングトーナメント覇者・杉内勇。序盤、池田にコーナー際まで押し込まれるが、冷静に対処する桜沢。膠着ブレイク後、今度は桜沢がグラウンドに引き込むが、池田も桜沢のグラウンドを警戒してか、距離を取り寝技に付き合わず。しかし1R終了まぎわ、桜沢がこの日2度目の飛びつき十字! 今度はガッチリ極まり、池田もたまらずタップアウト。桜沢、急遽のダブルヘッダーにもかかわらず、2度のタップを奪うという恐るべき極めの強さを見せ付けた。

○桜沢(1R:飛びつき腕十字)池田●


第11試合 中村勇太(和術慧舟會 福岡道場) vs 竹島和孝(毛利道場)

1R、竹島のバックブローをかわしてバックに回り両腕をクラッチする中村。ブレイク後、激しい乱打戦に。中村TD奪い、上からスナップの効いた鉄槌を竹島の顔面に落としていく。中村が上を取ったまま1R終了。2R、竹島が見せた一瞬の隙を突き、中村のストレートがクリーンヒット!
 中村そのままロープ際までパンチ連打で押し込み、最後はレフェリーストップに。
○中村(2R:TKO)竹島●


第12試合 佐藤力(SKアブソリュート) vs 矢野ライダー☆(TEAM-POWER)

マグナムTOKYO風マスクにタイガーマスク風の赤パンタロン、オマケに赤いマントという奇抜なコスチュームで矢野ライダー入場。一方の佐藤はシンプルにサンボ衣で入場。しかしサンボ衣を脱いだスパッツの尻には「膠着」というヤな文字が。まずは佐藤がTD奪うが、文字通りその後の展開が「膠着」してしまい、ブレイク。しかし再開後、佐藤が今成ばりの低空スライディングからライダーの足をキャッチしてヒザ十字一閃! 見事な秒殺勝利を奪った。

○佐藤(1R:ヒザ十字)ライダー●


第13試合 出田源貴(真闘術) vs 保村晃(パレストラ広島)

体格に勝る保村と、スピーディーな出入りを見せる出田。ヒット&アウェイでローやジャブを繰り出していく出田に翻弄される保村。時間が経つにつれ出田に勝機有りかと思われたが、保村の一発の右フックで腰から崩れ落ちる出田。倒れこんだ出田に保村がフォローのパンチを入れる必要もなく、レフェリーが試合を止めた。

○保村(1R:KO)出田●


第14試合 グラップリングタッグマッチ(10分3本勝負)
今成正和(Team−Roken)&辻昌樹(烏合会) vs 前田吉朗(パンクラス稲垣組)&武重賢司(パンクラス稲垣組)

1本目

まず先発は辻と前田。辻がスタンドから引き込み、スパイダーガードからオモプラッタを狙ったところ、前田が素早い反応で体を入れ替え、わずか26秒、腕十字で1本先取。ここでそれぞれ今成・武重に交代。

2本目

立ちレスから武重が片足タックルで今成を自軍コーナーまで押し込み、前田とタッチ。今成引き込むが前田付き合わず、両者立ちレスの攻防へ。スタンドのいなし合いだけで緊迫感が漂う両者。今成が一瞬の小手返しで前田を自軍に引き寄せようとするが、前田これをかろうじて振り切る。再びリング中央での組み手争いになるが、今成がスライディングして前田の足をキャッチ! グラウンドに引き込もうとするが、前田も自軍のコーナーに近かったので武重にタッチし難を逃れる。今成も辻にタッチし、リング上は武重vs辻に。しかし両者決め手なく、再び今成・前田のマッチアップに。今成が引き込んでラバーガードからのスイープを狙うが前田付き合わず立ち上がる。イノキ・アリ状態の攻防から今成が一瞬にして前田の足に絡みつき、ヒールホールドで1本取り返す。しかしここで残り時間3分のコールが。

3本目

残り時間も少ない中、再び武重と辻のマッチアップに。しかし先ほどと同じく両者とも決め手なく、あっという間にタイムアップに。結果は1−1のドローとなった。

△前田・武重(10分時間切れ:1−1)今成・辻△


第15試合 KAZE(プロレスリング華☆激) vs 毛利昭彦(毛利道場)

毛利のパンチに合わせてタックルを仕掛けるKAZE。コーナーまで押し込むがそこから展開が作れずブレイクに。再度タックルを仕掛けるが、パンチを嫌がり頭を伏せて突っ込んでいくため間合いとタイミングを毛利に完全に読まれてしまう。KAZEのタックルを切りじっくりとパスしていく毛利、最後はマウントからのパウンド連打でレフェリーストップ。毛利が危なげなく勝利を奪った。

○毛利(1R:TKO)KAZE●


第16試合 メーンイベント club DEEP女子特別ルール(5分2R判定なし)
しなしさとこ(フリー) vs 古館由紀(Team−Roken)

本来、主役となるべき鬼木貴典が欠場したため、メインに繰り上げとなったこの1戦。注目は格闘女王・しなしさとこの九州初上陸。試合はしなしの腰投げ→サイド→腕十字のコンボであっけなく終了。対戦相手の古館なにも出来ず、ただしなしの強さが目立つ結果となった。

○しなし(1R:腕十字)古館●


全16試合中、ドローはわずか4試合。アマチュアらしい思い切りの良さと技術の未成熟さが同居する試合展開が続く中、目を見張ったのはTeam−Roken・桜沢選手の存在感ですね。その極めの強さと、試合中に垣間見せる達人の如き冷静ぶりにすっかり惚れ込んじゃいました(笑) 今成を筆頭に、フーチャーキングTを制した杉内選手、鬼木選手といった個性的な選手を輩出しているTeam−Roken、これからも要チェックですね。

プロの試合ではなんといっても今成vs前田の刺激的な顔合わせが素晴らしかった。試合後におどけて今成に飛びヒザを打つふりをする前田、きっとスゲー悔しかったんだろうなあ。DEEPかパンクラスか、舞台はどこでもいいので、2人のシングルでの再戦が見てみたいもんです。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ