K-1 JAPANスペシャル K-1 BEAST 2004 〜新潟初上陸〜 観戦記
■団体:K-1 JAPAN
■日時:2004年3月14日
■会場:新潟県朱鷺メッセ(とき)
■書き手:HIT

地元なんで行ってきました。
K-1 JAPANスペシャル K-1 BEAST 2004 〜新潟初上陸〜 観戦記。
開場14:00開始15:00

いよいよK1もMMAシリーズを開始。
とはいってもプレ旗揚げ・新潟となると演出的にしょぼくなると予測する。
今日の目的は谷川PにジョシュのプライドGP参戦を頼むこと(笑

開場は朱鷺メッセ(ときめっせ)
新潟駅から3、4キロくらい?
出来て間もない真新しい総合コンベンションセンター。
ちなみに連絡通路が 新しいのに 何もしてないのに 崩落する事故あり
隣接するビルが建造中に屋上のクレーンが落ちる事故あり
大丈夫か朱鷺メッセ。

建物にはいる。当日券も出ている。バタービーンT購入(笑
会場内は全面フラット。おいおい!グラウンドの攻防見えんやんか!
前の席の田舎ヤンキーがでかくて見づらい。パイプ椅子の横並びでキツメ。
キャパは8000くらいか?(主催者発表9413人超満員)
結構入っているが超満員札止めは怪しい。
田舎ヤンキー多すぎ。サップくるの?行くかの人。プロレスファン。
にわか格闘技ファンらで会場は埋まった。

演出 建造物はしょぼいゲートが一つ。
2つのモニターがある。もっと大きいのが良かったけど無理だったか?
壁にプロジェクターで映像を写しそれなりに豪華に見える。
まぁ安上がりに上手くできてるな。
ジャッジ陣に最近ZSTで問題の天心さん平さんがいる。
「新潟初上陸ぅ!!!」って言ってたけど最初で最後じゃない?


ということでオープニングマッチ。
○アイヴァン・サラベリー(米国/AMCパンクレイション)v 2R 判定 3−0
×ハリウン・ボルドバータル(モンゴル/モンゴルプロレス協会)

サラベリー サップのコーチらしい。UFCにも出たらしい。
ボルドバータル パンクラス渋谷に負けた人らしい。
いい表情してるぞ。オリンピック5位の実績に期待。
試合開始。
サラベリー パンチ、ロー、膝 打撃で押す。
ボルドバータル ウェイト差7キロは厳しい模様。
ローブローで中断の連続。渋い展開に。
強いプレッシャーでスタミナ切れ。
テイクダウン取れず、何も出来ない。1R中盤で結果見える。
以降略。
やっぱ柔道の実績だけじゃ総合は勝てんな。


第1試合 K−1ルール 3分3R延長2R
○宮本 正明(日本/正道会館)
3R判定 3−0(30-28,30-29,29-28)
×クリフ“ツインタイソン”コーザ(米国/チーム・レクシオ)

またサップのコーチ。
VS偽タイソン いやタイソンの弟。25人兄弟?胡散臭い。マジか?
コーザのセコンドにとんでもない髪型の男 もしかして”あの”トニー・バレント!?(未確認)
開始。
宮本ローがバチバチ当てるコーザ何も出来ず。パンチも引き気味。直ぐ終わりそうだな。

がしかし1R終了時宮本みると青息吐息。
う〜ん久々の試合で気合が入りスタミナ切らしたか?もともとスタミナないのか?
2R宮本ロー、強い”あの”右ストレートもあてる。がパンチ効いてないみたい。さすがボクサー。
コーザ意外とローでも倒れない。タフだな。宮本にコーザのパンチがヒット。宮本ふらふら。あらら。
3R宮本ふらふらながらローを中心に攻める。しかしふらふら。なんとか踏ん張り終了。

判定宮本。大喜び。久々の試合よくがんばった。試合は微妙。


第2試合 K−1ルール 3分3R延長2R
○ 中迫 剛 (日本/正道会館)
1R 1分30秒 右フック→KO
× マーブリック(ドイツ/シャークタンクジム)

中迫のセコンドにケビン山崎らしき人(たぶん本人)
開始。
マーブリック開始直後アグレッシブに攻める。パンチ、キック重そう。
中迫冷静にさばきロー、ハイ、パンチで応戦。ひざ一発ぶち込む。マーブリック悶絶。スタンディングダウン。
のち、カウンター右ショートで脳ゆらし失神KO。
中迫あっさり帰る。


第3試合 K−1ルール 3分3R延長2R
○ 富平 辰文(日本/SQUARE)
3R判定 3−0(30-28,30-28,30-27)
× ピーター・ボンドラチェック(チェコ/バカルディジム)

ボンドラチェック腹筋割れてない。イケメンも嘘。バカルディジムって三村かよ!
開始〜終了。
ボンドラ パンチ、キック重そうだがバランスが悪い。スタミナもない模様。
富平 日本人の中じゃトップクラスだ!これからもガンバレ。どうせならスキンにした方がいいぞ。


第4試合 K−1ルール 3分3R延長2R
○ 天田 ヒロミ(日本/TEANKA510)
3R判定 3−0(30-29,30-28,30-27)
× バタービーン(米国/チーム・バタービーン)

煽りV 奥さんもアマダヒロミ。
最後の「〜ブー」に寒気。
バタービーンいい人そうなので好き。勝者には越後もち豚が。ビーン共食いか?
お互いボクス出身なので面白くなりそう。が、大して盛り上がらず終了。
唯一の収穫はビーンの強烈なアウトローが見れたことか(笑

全試合終了後、選手全員記念撮影は天田の息子二人が主役だったね。


第5試合 K−1 MMAルール 5分3R
× マイケル・マクドナルド(カナダ/フリー)
1R 2分30秒ギロチンチョーク
○ LYOTO(ブラジル/猪木事務所)

さぁ俺的メイン。
K1、新日、猪木のMMA軍団?の中で期待しているのはジョシュとLYOTOだ。
LYOTOへの声援多し(俺も含め)人気あるじゃん。リッチ戦が効いたね。
俺の「LYOTO!!!!」の絶叫は恐らく今日一番だな(笑 全国放送にも声乗るだろ。いえい。
(まさかLYOTO戦自体カットされるとは、この時点の俺が知るよしも無い)
セコンドは藤田。
伝統カラテのカウンター左直突きは打撃専門の猛者に当たるのか?
マクドナルドはいい人。
開始。序盤のスタンド ともに見る静かな展開。
LYOTO左直突きからわき差し足かけ倒しすぐハーフの体制。
うお!グラウンドの攻防が全く見えない!(オープニングマッチもだが)
ひな壇じゃなきゃ厳しい。しかたなくモニターをみる。(以降の試合もグラウンド展開全てこれ)
LYOTO打撃落とさずじっくり行く模様。展開が見づらい。膠着ぎみ。会場しーん。
マクドは必死で片足抜かせない。このままじゃ謙吾戦みたくなるかも(汗
どうするLYOTO足抜けるのか?と足を必死に見てたらマクドタップ。(上腕チョーク)
観客ポカーン。
初めて青コーナー非K1軍が勝利(この日は唯一)
マクドものさしにはなれず。LYOTOこれからも期待。


第6試合 K−1 MMAルール 5分3R
○ サム・グレコ
(オーストラリア/正道会館) 1R 0分25秒 チョークスリーパー
× ステファン・ガムリン(米国/DC7)

開始。
グレコのローにカウンターでガムリンタックル。テイクダウン狙うも読みきったグレコがぶる。
高速でバックに廻りチョーク!ガムリン高速タップ。いや2秒くらいねばったか?
グレコ大喜び。素晴らしい総合への順応性だね。ガムリンが駄目駄目なのを差し引いてもグレコは期待できる。

開始前、青コーナー側通路でさっき失神したマーブリック 地味にファンサービス携帯撮影会。
しかし女の子とばかり。やはり格闘家は相当エロい。
あ、子供にもやさしくしてたよ 名誉の為。マーブリック エロいがいいヤツ。


第7試合 K−1 MMAルール 5分3R
○ アレクセイ・イグナショフ
(ベラルーシ/チヌックジム) 1R 0分22秒ひざ蹴り→KO
× スティーブ・ウィリアムス(米国/IWAジャパン)

煽りVのバックドロップに観客沸く。ウィリアムスにここまで一番の声援。カコイイ。
全米アマレス学生4連覇の実績に期待。45歳といっても普通の45歳ではないし
階級重いと意外に高齢でも対応可能なので期待。
しかし昨日も明日もプロレスで、総合の練習などほとんどしてないであろうウィリアムスが
健闘しちゃってもな〜。なんて複雑な心境。
イグはタックルを切れるようになってるかがポイント。
試合開始。
ウィリアムス胴タックル。イグ膝一発。生まれたての小鹿状態。終了〜。

う〜んちょっと残念。イグ進化してる。
ヒョードルをはじめロシア系の選手は体がゆるくてもナチュラルに底知れぬパワーを秘めてるなぁ。 グレコ同様ミルコ戦法でこれからのし上がっていく模様。


第8試合 K−1 MMAルール 5分3R
○ ボブ・サップ
(米国/チーム・ビースト) 1R 終了時TKO
(スミヤバザルが右足付け根を負傷セコンドがタオルを投入)
× ドルゴルスレン・スミヤバザル(モンゴル/モンゴルプロレス協会)

花火の爆音にビビル。
スミヤ相当強そうだ。サップが勝つとしたら打撃しかないな。
試合開始。
スミヤ打撃もらう前に組み付きロープに押し付ける。凄いパワーだ。
サップフロントチョーク狙うも直ぐ抜ける。スミヤ怪力を生かし足掛けテイクダウン。凄いパワーだ。
サップクロスでもオープンでもない普通のインサイドガード。スミヤパス取れるかな?
がパス狙わない。狙えない?有効的なパウンド打てず。極めにいけず。
ん?スミヤ・・・技術がない!!パンクラス道場でなにやってきたん?禁じ手は?
サップ下から一瞬スイープ狙うもスミヤがコントロール。
アームロックも自分の腕が太いからか取れない。
サップ足で蹴り上げ立ち上がろうとするがスミヤ猛突進しサイドを奪取!!・・・極められない。
サップ尋常じゃないパワーでサイドから抜けバックチョークへ(今日のサップらしさはここだけ。あ、入場もか?)
体制悪くスミヤ冷静に外す。またガードで1R終了。スミヤ渋い表情。疲れたのかな・・・?
「おお。まあなかなか面白いな。2Rどうなるんやろ。ワクワク。」
ブルーウルフからタオル・・・終了〜。


唖然とする場内。静かだ。ここで一発!
「谷川プロデューサー!!ジョシュをプライドだしてくれ〜!!!」
さあどうなる。(TVでは聴こえなかったねショボーン)

総評
全体的に渋い。激渋。観客も盛り上がり方が判らない感じ。戸惑い感が充満。
〜のコーチ、〜の兄、〜の弟 が目立つ。他に売りはないのか?
良かったのはグレコ イグ LYOTO。サップの神通力はだいぶ薄れた感じ。
マッチメイクはこんなもんでしょ。文句なし。新潟だし。
演出も煽りVを含め、こんなもんでしょ。新潟だし。
なにが悪かったのかな?やっぱこれといった試合が無かったな。
微妙にしょぼい試合が多かった。観客もしょぼい。新潟だし。
とにかく総合で平らな会場は辞めたほうがいいね。モニターも大きくして欲しかったな。

う〜ん・・・・・・・ま、新潟だからね。

自虐系新潟人HIT
おそまつでした。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ