2/29 ZERO-ONE MANIFESTO-1
■団体:ZERO-ONE
■日時:2004年2月29日
■会場:両国国技館
■書き手:零壱 

昨年の後半から、プロレスに行く回数が減りました。
行っても、満足できないことが多くなっちゃったんで。
これが今年最初のプロレス観戦です。

当日券、一番安い席をスンナリ買えました。
2階席、寂しい入りです…。


第1試合:Z-spirits Mix 10人タッグマッチ
 高岩竜一   スティーヴ・コリノ
 星川尚浩   CW・アンダーソン
 葛西純  vs 金村キンタロー
●明石鯛我   黒田哲広○
 浪口修    佐々木義人
(16分40秒 片エビ固め)

一番目立っていた選手は、コリノ。
DDTとSTOのパクリ(上達してる?)、ハッスルポーズ(場内拍手)、
長州(腕グルグル)と小島(サポーター投げ)の真似で笑わせるなど相変わらずでした。
あとは、浪口。捕まってた時間が長かったから。
明石はまともな出番は終盤ぐらいでしたけど、
スピード&ダイナミズムのあるビッグブーツがカッコよかった。
他はあんまり印象に残ってないです。
各チームの連携で魅せるわけでもないし、
10人それぞれの持ち味が活きてるわけでもないので、
こういう形式の試合はなんかもったいないです。


第2試合:昭和×枯れ○華麗 凄々記 タッグマッチ
 藤原喜明 vs 渕正信○
●ドン荒川   栗栖正伸
(15分46秒 スクールボーイ)

控室インタビューで結婚のこと聞かれたフッチー。
“現役最年長レスラー”とコールされた荒川さん。
この2人のカラミ…というか、
荒川さんの4度にわたるカンチョー攻撃に悶絶するフッチーが面白かった。
喰らった直後の、身体のソリ具合がホント可笑しくて…(笑)
注目してたのは“イス大王”栗栖なんですけど、このメンツでは消化不良。
イスでバシバシ叩けないですもんね、組長と荒川さんは。
セコンドにいた若手を叩いてました。
今後も参戦するなら、若い連中相手がいいでしょう。
試合は荒川さんがカンチョー狙ってるところを、フッチーが丸め込み。
唐突な終わり方でしたけど、後半はダレた内容でしたから「まあいいや」でしたね。


第3試合:Figt It Out 〜 1st タッグマッチ
 トム・ハワード vs 佐藤耕平○
●ゼブラーマン    横井宏孝
(9分48秒 原爆固め)

小笠原先生のゼブラーマン…
場内の失笑を買ってしまいました。
DDTとかカッコよく決めてましたけど、プロレス的ムーブは先生には厳しかったようで。
自分は先生、すごい頑張ってると思って見てましたけどね…。
負けたのが救いだったかも。
試合後に哀川翔がやけに力強く握手してたけど、先生を励ましてたのかな?
先生がゼブラーマンになったのは、
プロレスにもっと踏み込んで取り組む決意の表れと思うのですがどうでしょうか?
今はダメヒーローですけど、頑張ってください。
この試合ではハワードが心強かった。
相手チームの印象はなし。


第4試合:『H』 NWA認定NUヘビー級選手権
○田中将斗 vs ザ・グラジエーター●
(11分44秒 片エビ固め)

特別ルールのハードコアマッチ。
2Fからグラジを叩き落して田中がタイブしたり、
鉄柵に机をたてかけてエプロンから田中を投げ捨てたり、
場外の机にグラジをパワーボムで投げ捨てたり…。
お互いに身体を張って試合してたんですよ。
でも…エルボーから3カウント入ってるのに、ゴング鳴らさないから場内騒然。
こういうことで試合を台無しにすんなっての…。
ゼロワンって、こういうフィニッシュ時のトラブルが多い気がします。


第5試合:US Delivery 〜World-1 vs TNA〜 NWAインターナショナルライトタッグ選手権
 Lowki  vs AJスタイルズ
○レオナルド・スパンキー   フランキー●
(18分59秒 片エビ固め)

AJスタイルズ、すっごく良かったです。

動きも、技も、たたずまいも全部。
でも、もっとやれるだろうなって。
この試合は、この4人の試合のなかじゃまだつまんないほうじゃないかって、
もっといい試合できるんじゃないかって思いました。


第6試合:Fighting Athletes シングルマッチ
○大谷晋二郎 vs 坂田亘●
(13分20秒 飛龍原爆固め)

すんません、リングをほとんど見てませんでした。
見る気がなんかわかなくて…。


第7試合:Monsters World ハッスル2指名試合 タッグマッチ
○小川直也    vs ジャイアント・シルバ●
 ザ・プレデター   ダスティー・ローデスJr.
(10分43秒 体固め)

ゼロワンは控室インタビューが面白いですよね。
あの禿げ通訳、何言ってるかよくわかんないですけど (苦笑)
試合もけっこう面白かったです。
その後のハッスル劇場も。
高田総統が花道を歩いてる途中でテーマ曲が流れ始めたのは×。
最初から最後まで、もっと徹底してキチンとやってほしいですね。


第8試合:Find 〜Something Left Behind シングルマッチ
○武藤敬司 vs 大森隆男●
(19分10秒 片エビ固め)

武藤の「脚への集中攻撃」が始まってから、もうイヤになりました。
だって、単調でつまんないんですもん。
大森さん、飛龍原爆2連発→アックスギロチンドライバー→アックスボンバーを
カウント2で返されてましたけど、これって彼のフルコースでは?
これで決められなかったら、どうしようもないでしょうに…。
で、その直後、シャイニングウィザード2連発で呆気なくフォールされちゃあなぁ…。


第9試合:Experience 〜生きざま〜 シングルマッチ
○橋本真也 vs 長州力●
(11分8秒 片エビ固め)

この2人の最後のシングルマッチ、東京ドームで見てましたよ。
互いの身体を痛めつける凄い試合で、
プロレスならではの名勝負になるんじゃないか…って熱中してたら、
ドラゴンストップがかかってしまって。
「プロレスは殺し合いじゃない!」って、何言ってるんじゃボケ!
と、真剣に怒ったのを憶えてます。
そういうわけで、特別な思いがちょこっとあったかもしれません。
期待だったのかなあ…。

試合始まって、長州が雪崩式ブレーンバスターを2回やって、
ああ、これがこの人の意地の見せ所かなあって。
破壊王が「ちょーしゅー!」と叫んで、左ミドルぶちこんで、
あ、これで終わっちゃうんじゃないかって思ったら、
本当に呆気なく終わってしまいました。

スタスタと、何事もなかったように歩いて帰る長州を見て…
なんか、すごい悲しくなってしまいました。
破壊王の肩が外れちゃったから、気を使って“寝た”のかもしれないけど…
いや、それでも違うだろうって。
アンタら「潰し合い」って言ってたでしょ…。
負けて普通に歩いて帰る…そんな、嘘つくのやめてくれよって。
ほんと悲しかったです。
破壊王「消化不良の人が思います」って…。

すみません、ゼロワンはしばらく行くのやめます。
後楽園ホールですっごく面白そうなのがあれば、そのとき行きます。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ