速報版観戦記
■団体:GCM
■日時:2004年2月22日
■会場:Studio CUBE326
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

2/22 DEMOLITION atom 040222 Studio CUBE326速報

今回のデモリアトムは、ハコを芝浦のCUBE326に変えて、日曜開催。
渋谷アトムより、さらに一回り小さいハコに、ぎゅうぎゅうの満員。
モニター2機あって、しかも、いい位置にあるんだが、照明の関係で、
必ずしも見やすいとは言えませんでした。まあ、悪くないハコだと思います。
が、やっぱり、この手のハコと、日曜の昼下がりからというのは、
イマイチ、相性悪いという気もします。
そもそも、芝浦、おしゃれなスポットがあっても、
その回りに何もないってのは、お立ち台の時代から変ってないようだし(笑)。

第一試合 5分2R -99kg契約
石野 貴士
(A-3)
vs
トニー・ネルソン×
(P'sLAB東京)

(1R終了後試合放棄)

相手がいなくてカード組めないと言われていた、
チームKAZEの上本に、JTCの決勝でKO勝ちした石野は、
浪速のスピードマスター池本を丸くしたような感じで、
なかなか、外見よくて見栄えします。
試合は、その石野が押し気味に進めると、1R終了後、
ネルソン、意味不明の試合放棄であっけない決着。
もうちょっと見たかったな。

第二試合 5分2R -70kg契約
×富山 浩宇
(P'sLAB東京)
vs
美木 航
(RJW/central)

(2R2分26秒 レフェリーストップ)

レスリング系で、地味に強いミキと、
いかにもP’s典型スタイルの打撃と極めでJTCをぶっちぎった富山、
いざ始まってみると、序盤のみやや押されたスタンド打撃以外は、ミキの圧勝。
ミキは、とにかく「キワ」の処理が、バツグンにウマくなっている。
結果として、常にパウンドに適したポジション取りまくり。
VT最新モードのパウンダーの理想的なスタイルなってきた。
こりゃきますぜ、このファイター。要注目。

第三試合 5分2R -58kg契約
青山 忍
(慧舟會 富山支部)
vs
晝間 貴雅×
(ストライプル)

(2R判定2−0)

どうも勝ちに恵まれないが、晝間は強いんだよなあ。
で、典型的柔術系ファイターには終わる気ないようで、
かなり打撃の練習もしている模様。
ところが、相手の青山が、徹底的なミルコスタイルで、
さすがに、グラウンド狙いにいかざるを得ず、
これまた、かなり腰が強いもんだから、
晝間、押し込むことまではいくものの、
そこから膠着し、ブレイクがかかってしまう。
この展開の繰り返し。晝間、1Rはしょうがないとしても、
2Rあたりからは、引き込むくらいでよかったんじゃないかな?
と書きたくなるくらい、決定的な差はなかったものの、
まあ、青山の勝ちでもしょうがないかなという印象。

第四試合 5分2R -74kg契約
×並木 光生
(超人クラブ)
vs
西野 聡
(和術慧舟會 東京本部)

(1R3分20秒レフェリーストップ)

ポジション取った西野が、マウントまで奪い、パンチの雨あられ。
うーん、慧舟會系の選手は、ことごとく、パウンダーになっていくな。
勝つ為には、それで正解だと思うものの、下から三角狙いオンリーみたいな、
ファイトをしていて西野までそれだと、ちょっと寂しい。
まっ、あれか。上からもOKになれば、いざ下になった時こそ、
鮮やかな技を見せてくれるかもな。うん、そう思っておこう。

メインイベント 5分2R -73kg契約
細野 岐夫
(木口WOS)
vs
平山 貴一
(慧舟會 千葉支部)

(2R判定0−1)

デルーシア戦で衝撃的なデビューを飾ってから、もうどのくらい経つんだっけ。
あれ以来、ずっと注目しているんだが、ちっとも結果が出ない平山。
対する細野は、胸に「極真會」、背中はどう見ても日本魂剥き出し和彫りで、
1年前のデモリで衝撃的なデビューをしたファイター。

さっと組みに行った平山だが、やはり、突き放しに長ける細野に対し、
思わず打ち合ってしまい、見事なパンチもらって、いきなりダウン。
うわっ、細野、やはりモノが違うかと思いしや、
今日の平山は、ここからの粘りが凄かった。
ねちっこくテイクダウン奪うと、とにかく必死のパウンド。
下からの細野のパンチだって、相当怖い筈なんだが、
とにかく背筋を伸ばして、打ち下ろしていく。
一度立たれると、次のテイクダウンに苦労するんだが、
2Rには、2回、見事な吊り込み腰系(?)の投げで、
キレイに投げ捨てて、あっさりサイドを奪ってみせたのはお見事。
この豪快な投げが、平山の最大の魅力だね。

細野が、大応援団を呼んでおり、平山もホームで応援団は多いし、
狭い場内、大熱狂となり、それが選手のファイトにも益々いい影響を与え、
文句なしの、素晴らしい試合となりました。
アトム史上ベストバウト(って見てない奴も、いっぱいあるけど笑)。
いや、へたすれば、デモリ史上ベストバウトかもしれない。
と言いたくなるほどでした。うーん、面白かった!


んもう、メインが素晴らしかったので、言うことなしです。
狭いとか熱いとか、個人的に大森の女子ボクからの流れだったので、
2つ続けてスタンディングで、おじさん疲れてボロボロだとか、
そういうことを差し引いても、充分に楽しめました。
やっぱり、デモリは面白いです。
メイン以外では、美木がよかったと、強調しておきます。
デモリ本戦で、強い奴と当てて欲しい。

report by メモ8




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ