PRIDE武士道速報版観戦記
■団体:PRIDE 武士道
■日時:2004年2月15日
■会場:横浜アリーナ
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

2/15PRIDE 武士道 横浜大会速報 PPV
第1試合
滑川 康仁
(日本/フリー)
vs
エギリウス・ヴァラピーチェス ×
(リトアニア)

(1R1分45秒)フロントチョーク
組み付いた滑川がしっかり組んだ(ロープ際)フロントチョークで
離さず。必死のパンチで外そうとしたがマウスまで外してがんばったが
極めの強さ発揮で 見事な一本! RINGS時代の借りを返した
それも秒殺で 
(ヴァラピーチェスよくがんばったと思う 完全に極まってたのによく我慢した)
第2試合
×上山 龍紀
(日本/U-FILE CAMP.com)
vs
ショーン・シャーク
(米国/ミネソタ・マーシャルアーツ・センター)

(2R判定)
実力差歴然 ちょっとかわいそうだった上山
テイクダウンポジショニングとも 完全に上
一本取られなかっただけでもほめるべき
相手になるのは師匠の田村とならいいんじゃないかと思う
第3試合
マリオ・スペーヒー
(BTT)
vs
マイク“バットマン”ベンチッチ ×
(米国/クロコップ・スクワッド)

(1R11秒 )右フック失神
まあイージーすぎる相手 ミルコの師匠
今回の武士道のマッチメイクは 一本に重点置いて
客を暖める試合を組み立てている
第4試合
高瀬 大樹
(吉田道場)
vs
クリス・ブレナン ×
(NGFA)

(2R判定3-0)
先回ブレナンは高瀬の元同僚(笑)RJW光岡に完勝し勢いに乗り 逆に高瀬はマッハに完敗して出直し
しかし高瀬にテイクダウン取られるようでは勝ち目ない
パスガード後 横三角締めを見せ 参った寸前まで追い込み
2Rも上を取り腕がらみでほぼ極まった状況まで見せ光岡の敵は取った感じ
何で高瀬相手に下から行こうとするのか理解に苦しむ
結果高瀬完勝!! お見事です 進化を見せた高瀬
本人一本取れなくて不満だったようだが 次もいい試合見せてもらいたい
第5試合
 桜井“マッハ”速人
(マッハ道場)
vs
ホドリゴ・グレイシー  
(ヘンゾグレーシーアカデミー)

(2R判定 3-0)
(1R)
最初は桜井が上に 展開なくブレイクとなり
その後逆にホドリゴが上に マッハ冷静に下で対処
互角
再び上を取ったホドリゴは寝技勝負に出るもパスできず
ハーフまでは行くがそこから鉄壁のマッハのディフェンスで行けず
マッハ下からのコントロールうまくなったわけではないとは思うが
ホドリゴあんましうまくない

(2R)
今度は逆に上になったマッハ 展開なくブレイク
逆に今度はホドリゴが上に 目まぐるしく変わる展開
再びスタンドになる両者
倒し際に横四方になるホドリゴだがスタンドに戻り相撲に
両者かなり疲れたところで終了ややホドリゴ有利だったか?

判定でホドリゴ マッハは下からのディフェンスだけがうまいだけでは
決め手に欠いた感じ スタンドでの往年のパンチキックの凄み
見る機会がなかったのが残念 それとこの体重でいいのだろうか??
第6試合
ミルコ・クロコップ
(クロコップスクワッドジム)
vs
山本 宜久×
(高田道場)

(1R 左パンチ怖すぎてレフェリーストップ)
山本はいい左です 間合いもいい度胸してます
体も締まってるし
サミング入ってないのに 間を空けさせた山本に怒り爆発
テイクダウン気味にインサイドから 思いっきりパンチ
もうそれで山本動けないで亀になる そこにも非情のキック
フラフラの山本にとどめの左を連打 かわいそうなくらいの威力
すごいですね 動けませんでした山本 でも精神的には勝ってたぞ(笑)
第7試合 日本vsシュートボクセ3対3対抗戦
五味 隆典
(日本/木口道場)
vs
ジャドソン・コスタ ×
(シュートボクセ)

(1R4分25秒 マウントパンチレフェリーストップKO)
テイクダウン 打ち合いには応じず 五味
インサイドから 足をロックして守る シャドソン
パスして横四方五味 ここからパンチ ハーフマウントに膝入れてくる
マウントに パンチ連打(フック)
腕押さえなおも殴る 五味 
横四方に変化し 再びマウントから連打
防戦一方からレフェリーストップ
よかったよ五味!!最高です
第8試合 日本vsシュートボクセ3対3対抗戦
×郷野 聡寛
(日本/パンクラスGRABAKA)
vs
マウリシオ・ショーグン
(シュートボクセム)

(1R秒 サッカーボールキックKO )
すさまじい攻め ショーグン 首相撲も強い
打撃で勝てないと思った郷野はタイミング外し組み合う作戦
首相撲は強烈ショーグン 郷野単発の返しなので効いてない感じ
組み合っても絶えず膝が出る ショーグン
テイクダウン取った郷野 ショーグンは立ってくる
最後は膝ワンツーでひるんだところを 亀の郷野に 右のキック 一発で轟沈
第9試合 日本vsシュートボクセ3対3対抗戦
×美濃輪 育久
(日本/フリー)
vs
ヴァンダレイ・シウバ
(シュートボクセ)

(1R1分9秒KO)
前後ステップ切る美濃輪
タックルはいるも 切られ上になるシウバ
インサイドからパンチ連打で(フィニッシュは右フック) 失神
まだ早かったな
(総括)
ミルコといいヴァンダレイといい イージーな相手を組んでもらえて
お金もらえて 外人天国の興行であることは否めないが
その中にも 修斗卒業生の五味がいい場を与えられ そこで結果を出す
という離れ業やってのけたのは非情に印象に残った
マッハは希薄が感じられなかった 郷野も相手のパンチキックに
飲まれた感じがする残念

全体通して言えば、歯ごたえのない興行だったが
会場のお客さんにどう伝わったかが興味あり
山本よかったぞ
report by 品川 今大会の画像及び選手コメントは こちら! 




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ