闘龍門エックスディファ有明大会
■団体:闘龍門
■日時:2004年1月25日
■会場:ディファ有明
■書き手:リー監督

 要するに闘龍門のジャパン、T2Pに続く最新バージョンが闘龍門エックス。逆上陸の第二弾。では時間もないので簡単にど〜んといってみよう。飛びます飛びます。

 客席はほぼ満員。まったくどうなってんだ、この団体は。

 全選手入場の後、石森がバク宙を取り混ぜた挨拶。エースとして売るためにはマイクをもっと練習した方がいい。その後にやってきた堀口元気の「HAGE劇場」におけるマイクが非常によかったので、なおさらにそのような比較がされることだろう。一応堀口のマイクによると、今日対戦する谷嵜を「潰す」らしい。

     ■第一試合 A・W・森、H・III世・菅原、村上組 対 SUWA、SUWAシート、ミニCIMA組

 念のために解説しておくとミニ・クレイジー・マックスとはミニとクレイジーとマックスがいるのではなく、CIMAとSUWAとフジイのミニチュアがいるチーム。今回はスモール・ダンディ・フジがセミ出場のため本物のSUWAが混じって出場。TARUシートとTARU本人もマネージャーとして登場。豪華。

 試合の作り方は先輩であるジャパンの動きをうまく盗んでいる感じ。特にクレイジー組はアイコノやジョン・ウー、その他連携を含めまったく同じ動きをしているが、サイズの違いで迫力負けしてしまうのが残念。ただ、本家の凄い時を知らない人忘れた人、あるいは私のように呆けた人にとってなら充分に面白い動きであろう。
対してロイヤル・ブラザーズと組んだ村上が目立っていた。多分狂犬村上和成をオマージュするキャラだと思うのだが、赤いフンドシ姿が会場の若い女性の視線を独り占めする。動きもなかなか。越中ばりのヒップアタック4連発のあと、ヒップ・トペ、シャイニング・ヒップ・アタック、スワンダイブ式のヒップ・アタックと途中から全部尻になったのが凄い。最後は本家SUWAのスーパーハイアングルFFFからミニCIMAのマッド・スプラッシュでピン。少しお客さんが暖まった。

  ■第二試合 ロス・カーロス・エクソティコス 対 フロリダ・ブラザーズ

 ランボ三浦とムルシエラゴのロス・カーロス・エクソティコスとは何であろうか。フロリダ・ブラザーズの解説によると「車軍団」。確かに間違いではない。そして、今日はこれを見に来たんだよフロリダ・ブラザーズ。「ランボが乱暴者」というネタで自分たちだけが勝手に盛り上がっている。くだらない。でも素晴らしい。

 第二試合とはこうでなければいけない、という試合をやっている両チーム。車軍団はハンドルを持ちながらの関節技が持ち味。ってそれが持ち味なのかいっ。

 5期生コンビのフロリダ・ブラザーズは、もしかすると昔ジャパンとかに出ていた選手だったか。そういや三島がしょっぱいとか誰かと話していた覚えがあるが、そんなことはどうでもよろしい。今が面白ければそれで良い。今日の興行で一番キャラが立っていたのは間違いなくフロリダ・ブラザーズ。例によって例のごとく相手に反則攻撃があったとレフェリーに思わせての勝利。くだらない。でも素晴らしい。この小ズルさもバリエー ションを増やしていけば、まだまだいけるだろう。元来不器用な人たちのような気もするので、是非この線で頑張っていただきたい。

    ■第三試合 谷嵜なおき 対 堀口元気

 堀口の動きに引っ張られてか谷嵜が頑張っている。というか、頑張っていることがお客さんに伝わる動きをしている。これは大事なことだろう。

場外乱闘に入ってからは宣言通りの「潰す」攻撃。イスで左膝を打ってからは徹底的に膝攻撃。谷嵜の回し蹴りを受けてドラスクで返す堀口。そして4の字。基本過ぎて涙が出る。思わず武藤・高田戦が頭に浮かんだ。というのはウソ。

「どうした、なおき。(客席に)みんなもっと応援してやれよ」と堀口。なるほど、元気はヒールだったのね。すっかり忘れていた。

 なんだかんだと粘る谷嵜に対し、堀口は最後ビーチブレイクで仕留めた。この試合で堀口は谷嵜を認めたとのマイク。というわけで3/5ディファでサーファーの初代(堀口)と2代目(谷嵜)がコンビを組むらしい。堀口はもう一度サーフボードを持ってくるとのこと。


      休憩後セーラーボーイズの発売セレモニーがうんたらかんたらで、そこへメインで対戦するロス・サルロス・ハボネセスが乱入してどうたらこう たらで、なんじゃかんじゃでセミへ。

    ■セミ 新井健一郎、新井小一郎 対 ドン・フジイ、スモール・ダンディ・フジ

 この試合は半分がジャパンだから面白くなることはわかっていたが、意外にも小一郎が頑張って良い試合となった。頑張っているといっても所詮はサイズが違うためどうにもならないのだが、その新人らしく頑張っている声や動きがお客さんによく伝わっていた。まさに闘龍門ジャパンさながらのトリッキーで速い動きが観られたのは望外だった。

 なお、この試合では闘龍門初のディーヴァとして新井兄弟の「お母さん」が登場した。大爆笑。

    ■メイン 石森太二、佐藤秀、佐藤恵 対 マンゴー・福田、南野たけし、パイナップル華井

 セーラー・ボーイズとロス・サルセロス・ハポネセスの一戦。先に結論を書こう。結構期待していたのだが、正直に言えば少し肩すかし食らった感じ。

 動きでは石森が他とは次元の違う感じを見せる。

 しかし、マンゴーが他とは違う体重でフォールする。  試合後、南野の他とは違うマイクで聞き入ってしまう。

 印象はこれだけ。メインの評価とは厳しいのだ。メインとは厳しくなければならない。メイン、それは興行の全てなのだ。メイン、それは青春。

そして、メイン、それはロマン。メイン、それはあの夏の日の思い出。メイン、それは休日の教室で彼女と……。違うちがう。

 試合後負けたにも関わらずセーラー・ボーイズが振り付きで歌っていた。歌ったあと酸欠状態でヘロヘロになっていたのが印象的。このネタはまた使えると思われる。


    ■総括

 T2Pの時もそうだったがエックスの場合お客さんがかぶるため、比較の対象がどうしても先輩たちになるので非常に不利だ。よく考えてみればデビューしていることが凄いほどの新人たちなのである。そういうことを考慮に入れれば合格点。ただ、メインは元祖クレイジー・マックスの驚異の連携を知っている層にどれだけアピールできたか、を考えた方がいい。と、つい辛口になったのは期待の表れ。親心みたいなものだ。

 興行後は独自のさわやかさが漂っていた。これがジャパンにもT2Pにもない特徴なのかも。是非研鑽を積んで次も頑張って欲しい。リンダの、いやリンリンランランの、いやインリンの、いやリー監督からのお願いである。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ