1.15大日本横浜赤レンガ大会観戦記
■団体:大日本プロレス
■日時:2004年1月15日
■会場:横浜赤レンガ倉庫
■書き手:ダイス

 夜の横浜・桜木町。ランドマークタワーとかコスモクロックとかベイブリッジとかマリンタワーとか汽車道とかまあそういうところだ。夜景がきれいだが海風が寒い、そして男一人で歩くにはかなり厳しい道であることだ。というわけで、おしゃれデートスポットであるところの赤レンガ倉庫にたどり着く。こんなところで、本当にあんなことやるのか。おしゃれなレストランで善男善女がワイングラスを傾けたりしてるじゃねえか。でも、会場前に非道と三田さんがいたので、間違いはないようだ。
公式記録はオフィシャルのメールより。


アブドーラ小林 ミスター大日本×VS ○シャドウWX gosaku
12分47秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め

 試合開始は18時30分なのだが、19時以降に入ると立ち見3000円が2000円になるサービスがある。とは言え、ミスター大日本をまだ見たことがないし、アブ小も見たかったので3000円払うつもりだったんだが、会場についたら45分ぐらいになっていたので、しばらく夜景などを見ていたので見てません。まあ、「こんなもん」だったらしいっす。

○大黒坊弁慶 VS 原学 ×(バトラーツ)
9分23秒 ランニングスプラッシュ → 体固め

 この試合の途中から入場。原が弁慶さんのケツを蹴って蹴って蹴りまくっていた。ビジュアル的なインパクトはすさまじい。原って最近の若手に下しては大きいほうだと思っていたが、それは最近の若手が小さいだけだということらしい。

○MEN’sテイオー TAKAみちのく VS MIYAWAKI マイクリーJr×
4分41秒 テイオーロック

 メンテーさんとTAKAはガチで仲悪いというシュートな関係を単にアングルに仕立てて、握手をなかなかしないとか、合体攻撃が誤爆とか、まあそんな感じ。久しぶりに見たマイクリがいい味だった。

近藤博之 豹魔×(イーグル) VS○真霜拳號 十島くにお(K−DOJO)
15分23秒 無道

関本大介 井上勝正× VS○HERO! KUDO
13分15秒 ファイヤーバードスプラッシュ → 片エビ固め

 2試合まとめて。この前のDDTでもやってたけど、大日、DDT、K−DOJOの若手を使っての団体抗争シリーズだけど、意味ないよコレ。
若手同士でもすでに序列ができていて、かつ、関本には誰も勝てないということが分かってしまった。「面白い試合」ができる能力はあると思うけど、意味のある試合を作るのは難しいなあ。

月光闇討ちデスマッチ
○伊東竜二 VS 黒天使 沼澤邪鬼×
12分45秒 蛍光灯の上へのドラゴンスプラッシュ → 片エビ固め

 場内暗転し、コーナーに立てかけられた蛍光灯の束だけがうっすらと青白い光でリングを浮かび上がらせる。フルコスチュームで入場した沼澤に伊東がアピールしていると、後ろから真の沼澤が入場。花道で蛍光灯を叩きつけて、狂乱の宴が始まる。

 狭い場内でイスをなぎ倒し、蛍光灯を叩き割りながらの乱戦。客は皆上着と荷物をしっかり持ち、逃げ惑う人と追いかける人とで入り乱れる。何かにとりつかれたように「沼澤!」と絶叫しながら、蛍光灯の破片の降る中を走り回る。

 デスマッチは「キチガイ」だと主張する沼澤は伊東をダウンさせると、光る蛍光灯と赤く「呪」と書かれた蛍光灯を重ね、スワントーンボムを炸裂させる。破裂音と粉塵が舞い散り、場内の闇が濃くなる。狂気と芸術が交差する奇跡のような一瞬。

 沼澤のスキンヘッドは暗がりでも分かるほど赤く赤く染まっている。プロレスラーとしてはむしろ貧弱な部類に入るその体で、沼澤は立ち上がる。何のためにプロレスを見ているのかというのを、ときおり自問自答するけど、やはり答えは「立ち上がる姿を見るため」ということになるのだろうな。だって、立たなきゃならいけないんだぜ、プロレスラーは。

 もちろん、立ち上がるのは沼澤だけではない、レスラーとしての技能には確かに問題があるけれど、その気概はまちがいなくエースである伊東竜二は最後の蛍光灯を沼澤の体に重ねると、ドラゴンスプラッシュを発射! 場内が真の闇に包まれ、カメラのフラッシュの光(この人たちもプロフェッショナルだよなあ)だけが瞬く中で、ついにカウント3が数えられた。

 この後非道とgosakuが乱入して、タッグマッチが突然始まったりするのだが、服着たままバンプも取らねえヤツらなんて、レスラーとは認めん。蛇足もいいとこだ。ここは減点だ>大日本。

 とは言え、このメインイベントはフィニッシュと同時に真の闇が訪れるという芸術点の高さもあり、大満足の一戦だった。そして何より驚いたのは、試合後の売店で、普通にファンと記念撮影などをしている伊東の姿であった。やっぱり、プロレスラーは超人だよ。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ