1・5WJ後楽園大会
■団体:WJ
■日時:2004年1月5日
■会場:後楽園ホール
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

WJの東京エリア最後の興行・・・と噂される後楽園大会に行ってきましたよ。札幌があるから最終興行ではないようだが(どうせなら羅臼でやればいいのに)、最終だろうとなんだろうと自分も01勢が出なければまず行かなかったろうな。
いつものごとくカードは発表まで知るはずもなかったのだが、せいぜい炎武連夢の2人かと思ったら橋本や高岩まで連れて来ててちょっとビックリ(オレこれかならず書いてるなー)。このカードが事前に告知できてたらもうちょっと入ったんじゃないかという気もするが・・・どうでしょうねの6割の入り具合であった。
とは言え、もはや01投入は抗がん剤どころか死人の心臓に電気ショックを与えるのと、段階的には変わらないような気もするけど。


第1試合
○和田城功 対 ×火野裕士(7分48秒:逆片エビ固め)
どっちも初めて見る気がするが、選手紹介には間に合わなかったもののタイツが赤黒の方がK−DOJOで、黒タイツがWJなんだろう(正解)。当然この試合はリングのど真ん中でのロックアップから始まります。
和田はアマレスがベースなのかよく知らないけど、エクスプロイダーやこまた掬いスープレックスなどをやっていた。別にこまたはブリッジ必要ないか。
あと先月の大仁田興行の後楽園のセミ、維新力が伝説になるようなトンデモな試合をしていたらしい。YOチェキラッチョ!(←古い)

第2試合
○真霜拳號 対 ×ジョー赤山(9分41秒:無道)
真霜は昨年ライガーとやったりDEEPで藤沼とやったりと、妙に幅の広い経験をしたわけだが、それは期待の表れなんだろうな、と思わせるものがある。対する赤山は・・・ちょっと体がダルダル過ぎてどうこう言う気にもなれない。体のシェイプも仕事の内ですよ。

第3試合
○大森隆男 対 ×テングカイザー(9分17秒:アックスボンバーからの片エビ固め)

炎武連夢の2人をシングルで撃破と、今年の上半期の就職先は決まってるかのようなブッキングをしてもらった大森だが、その炎武連夢のジョブをないがしろにするかのような試合だった。ある意味伝説。
まー大森は輪をかけてヒドいんだけど、テングも負けじとヒドいわけで、これではGENTAROもクロウカイザー封印せざるを得ないという感じだ。やっぱROWDYの押しかけリーダーだな(←しつこい)。

第4試合
越中詩郎&×臼田勝美 対 大谷晋二郎&○田中将斗(14分36秒:コンプリート・ダストからの片エビ固め)

今回は会場が冷え冷えとしていた事もあってか、長州がブッカーやってた時に否定してきた大谷の観客と対話しながら組み立てるプロレス全開(でも冷え冷え)であった。
試合はこの4人で見られる試合としては最高(というか炎武連夢のいつもレベル)であったが、スイング式DDT2連打の1発目の大谷が巧く回らなかったのを「田中、キレイなヤツ見せてくれ」とフォローして、田中がキチンと決めていたのが面白かった。
ついでに言うと長州が「観客と喋るな」というのは声が奥まで聞こえるような小会場でしか通用しない事するな、という意味もあるんでなかろうか、と思うんですけどね。

第5試合
長州力&矢口壹琅&×宇和野貴史 対 ○橋本真也&高岩竜一&佐々木義人(12分42秒:ジャンピングDDTからの片エビ固め)

ま、この試合もやっぱりリングのど真ん中でのロックアップから始まるんですけどね。
この試合ではヨシヒトと長州や橋本と矢口の絡みが注目だったのだが、格(オーラに似たプレッシャーみたいな感じ)の違いがはっきり出てましたわな。ゼロチュービジョンではヨシヒトも気後れはしていないように思えたけど、手が出せなかった事が橋本の気に触ったようだ。ところで長州と高岩には新日出る時に遺恨ってあったのかな?最初の数年間は「早く辞めろ」と言われ続けてたそうだけど。

特別試合
○石井智宏 対 ×中嶋勝彦(12分11秒:逆エビ固め)

確かに動きに才能の片鱗は感じるんだけど、背も低いし体の厚みもないしで、本当に受身が重要な(しかもど真ん中とか言っちゃってるWJの)プロレスやらせていいものなのかな、というのが率直な感想。
それはともかく健介が花束渡しに来ていたけど、男気があるんだか、何も考えていないんだか今のWJとの関係でよく来るよね。根本的にいい人ではあると思うんだけど。
試合はまぁよくやったなぁと思うし、もう少し背が高くて高卒くらいなら新人賞候補にしてもいい位なんだけど、とにかく上記の事が不安要素となって見てても違うスリルを味わってしまう。そういうのはプロとしてはどうかと思うんだけど、もうそんな事も言ってられないか。WJ潰れたらどうするんだろう?


<総括>
リング内では最大の話題となるはずの中嶋デビュー戦(+01)でも6割の入りではもうどうしようもない・・・と当たり前の事書いてもしょうがないか。WJが成功すると考える方がどうかしてると思うんだけど、今更それを言ってもねぇ。長州は自分がクリーンジョブする事をエサに(それしか食いついてもらえないわけだが)01なり他団体なりとの交流を図っていくつもりのようだが、この状況だとメチャクチャ足元見られそうだ。
取りあえず若手の再就職先だけは見つけてあげて欲しいところだ・・・01以外で。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ