速報版観戦記
■団体:PRIDE SPECIAL 2003 男祭り
■日時:2003年12月31日
■会場:さいたまスーパーアリーナ
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

12/31 PRIDE SPECIAL 2003 男祭り さいたまスーパーアリーナ大会速報 17:00 Start
客入りは8割前後 オープニングは浅草キッド・局アナ2人 高田がなんと猪木ばりに
さいたまSA屋上(野外から)挨拶 関東平野が見えると言ってます 高田飛ばしてます
「お前ら男だ」を全員にコールさせオープニング

続いて全選手入場

第1試合 PRIDEルール
×美濃輪育久
(日本/フリー)
vs
クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン
(米国/チーム・オーヤマ)

(2R1分05秒 マウントからの膝蹴りでレフェリーストップ TKO)
ブラジルに単身渡り、ブラジリアントップチームと共に練習に明け暮れ、
絶好調を取り戻しつつある「無謀」美濃輪と
PRIDEGPの後は飲んでばかり いて特別に試合へ向けてのトレーニングはしていない
 「やる気なし」と公言するランペイジの戦い。

ブスタマンチがセコンドに美濃輪
1R 
圧倒的にポジション支配して 横四方から膝。パンチを 美濃輪に落としまくる
2R美濃輪インターバルの間もかなり疲れた様子。体重差を感じているのか?
テイクダウンはランペイジ。サイドポジションからマウントに移動したランペイ ジすかさず
膝一発でレフェリーストップ
第2試合 PRIDEルール
ヒース・ヒーリング
(米国/ゴールデン・グローリー)
vs
ジャイアント・シルバ×
(ブラジル/フリー)

(3R0分35秒 チョーク)
総合の経験の無いシルバ バスケットブラジル代表頼みの綱は230cmの身長のみ
対するヒーリングはプロレスこそ下手だが今日は真剣勝負
ローキックで足狙いのヒーリング。インローでみるみるシルバの内腿
が腫れてきたがそれ以上は何も出来ず

(2R)
大味ながら面白い試合 再び前に出るシルバにローをあわせるヒーリング。
ほぼ1Rと同じ展開だが4分過ぎパンチ当てようと勝負に出たシルバだが
パンチは当たらずヒーリングに避けられる。

(3R)
ついにテイクダウン(蹴り足とって)を奪ったシルバだが、
バックに回られチョークでやられてしまった残念。
しかしながらシルバの健闘ぶりは目を見張った。
第3試合 PRIDEルール
桜井“マッハ”速人
(日本/マッハ道場)
vs
高瀬大樹×
(フリー)

(3R判定 判定3−0)
高瀬セコンドにはマッハに勝った男UーFILE長南。
マッハはセコンドにはなんとグラバカ菊田。

(1R)
完璧ななタイミングでタックルで倒した高瀬。ガードポジションからパンチを落 す高瀬。
したから蹴り上げ立ち上がったマッハ。スタンドに戻った両者。
タックルにあわせチョークを極めたマッハ。うまく外す高瀬。
オープンガードのマッハに対しパスガードを仕掛ける高瀬。パスさせないマッハ。
残り2分でブレイクとなりスタンドとなる。高瀬の左フックがヒット。
マッハも 右をあわせる。打撃不利と見た高瀬は引き込んでガードに。
終了間際に三角絞め を仕掛けたところで終了。

(2R)
引き込んだ高瀬 スタンドからマッハのハイキックがヒットしたまらず
引き込みディフェンシブになった高瀬

(3R)スタミナ十分のマッハは、徐々に高瀬を膝蹴りを混ぜながら前に出て倒す。
高瀬は起死回生の三角狙うも、マッハそれを読んでいて付き合わず。
再びテイクダウンし猪木アリ状態に。スタンドに戻り膝蹴りを見舞うマッハ。
たまらず引き込む高瀬。残り2分でスタンドに戻る両者。
組み付いては膝狙いの マッハに徐々に劣勢となる高瀬。
テイクダウンとるマッハ。最後は死力を尽くし ての打撃戦となったが判定は

マッハ スタミナと気力の差が出た 素晴らしい試合だった。

マッハマイク
「皆さん仲良くしましょう 茨城なんで練習相手いません 阪さん練習に行きたいです」
身も蓋も無い本音 ある意味マッハらしい 何しろ修斗の最後の砦は守った
第4試合 PRIDEルール
×小路晃
(日本/フリー)
vs
ムリーロ・ニンジャ
(ブラジル/シュート・ボクセ・アカデミー)

(1R2分41秒 左真空 飛び膝KO)
いつものように必殺のテーマで入場のニンジャ
マットヒュームが小路に
テイクダウンは小路。下から首を取ろうとするニンジャ
スタンドに戻り、パンチで連打しシウバ譲りの左膝一発で崩れ落ちKO
離れたら シュートボクセはやはり最強ですね

第5試合 PRIDE特別ルール
吉田秀彦
(日本/吉田道場)
vs
ホイス・グレイシー
(ブラジル/グレイシー柔術)

(2R勝負なし )
大舞台で再戦が決定。
まさに「純度100パーセント、ピュアで混じ り気のないPRIDEをお見せする」

高田統括本部長の約束通りの豪華なカー ドとなった。
(from ダイナマイツ)と言うまじりっけよりというのは忘れましょう(笑)

胴衣は脱いだホイス ホイスの左ローが金的に入る
イエローカードがホイスに。引き込んだホイスにおおいかぶさる吉田
ハーフガードからガードに戻すホイス。下から足を絡みアキレス腱固め 狙うホイス。
前回対戦と同じような展開。
ヒールホールド狙いのホイス 下からパンチを打つホイス。吉田はバック取り十字狙うも失敗。

ホイスが上に。下から足を二重がらみで耐える吉田。
上からパンチ打ち マウントに入ろうとするホイス。
バックにまわったホイス防戦一方の吉田 チョークを狙うホイス。そのままゴングに救われた吉田

手に汗握る攻防
(2R)
引き込むホイス。スタンドに戻り前蹴り・ローでけん制ホイス。
下から足を絡め再びヒールホールド狙いのホイス。
倒れた時を利用し上になりマ ウントを奪ったホイス。
下からホールドする吉田必死の防戦。
上でパンチから十 字狙うホイス。反転し亀になる吉田。残り3分。
再びマウントからパンチ落すホ イス。更にバックになりパンチを連打するホイス。

防戦のみなすすべなしの吉田だったゴング引き分け

2R 勝負なし引き分け 仕留めることは出来なかったが 内容は言わずもみんなわかってる

コレで来年に繋がったな ホイス良かったね
第6試合 ゲーリー・グッドリッジ引退試合 PRIDEルール
×ドン・フライ
(米国/フリー)
vs
ゲーリー・グッドリッジ
(トリニダード・トバゴ/フリー)

(1R27秒 右ハイ一発KO)
GG引退試合 小川とのアノ試合が印象的でした いい仕事しましたね
対するはプロレスラー男塾塾長フライ
パンチ交換会のあと 右ハイ一発でフライをKO
引退試合をわくわくワークで飾るとは…

功労者だからいいか…

それにしてもあのキックを分っていながら受けることの出来た
塾長は凄すぎますね 
第7試合 PRIDEルール
×坂田亘
(日本/EVOLUTION)
vs
ダニエル・グレイシー
(ブラジル/ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー)

(1R7分12秒 腕ひしぎ逆十字)
 直前に当初の対戦相手だったハイアングレーシーが練習中の怪我で欠場となり、
代打となったのが先日のPRIDE武士道で吉田道場中村 和裕と熱戦を演じた ダニエルグレーシー。
坂田は恋人とされている小池栄子が解説席に座るとあって、
一方ならぬ覚悟でこの一戦に望むと思われる。

パンチキックを打ち合ったあと
坂田タックルにあわせダニエルがフロントチョークから上を取る。
すかさずダニエルパスガードしサイドポジションからがぶりの体制になる坂田だ がその際に足を取り、
上のポジションとなる。
しかしポジションを取り返したダニエルは上から顔面を殴る。
そしてマウントポ ジションになる。
腕ひしぎ十字固め極まったかにみえたが、
坂田かなり抵抗ししのぐも角度入れ替えて再度極めると坂田無念のタップ

我慢したので 腕大丈夫かな坂田? 彼女(栄子)はどんな気持ちだったろう
第8試合 PRIDEルール
近藤有己
(日本/パンクラスism)
vs
マリオ・スペーヒー×
(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)

(1R3分27秒 横四方から膝蹴りで出血させドクターストップ勝ち)

11・30パンクラス両国で菊田早苗からKO決着で勢いに乗る近藤と、
近藤が苦手とされる押さえ込みが抜群にうまいスペーヒー
差し合いから片足取ったマリオがテイクダウン取る。
マリオアキレス腱固めにいくも近藤しのぐ。

再びマリオタックルし近藤がぶる。差し合いとなるがマリオ大内掛けで倒す。
も ポジション入れ替え近藤上になり膝蹴りを顔面に入れマリオの動きが止まり
マリ オ顔から出血しドクターストップ勝ち

近藤マイク「次はヴァンダレイ シウバです」と来ましたよ
セミファイナル PRIDEルール
田村潔司
(日本/U-FILE CAMP.com)
vs
ロニー・セフォー×
(ニュージーランド)

(1R 2分20秒 秒殺腕十字)
ロニー・セフォーはK1で活躍中のレイ・セフォーの弟。南海の黒シャチだそう(笑)
顔はアニキよりカントリー風です
ロニー自身が「グラウンド技術はゼロ」を豪語する以上、
グラウンドに持ち込 まれれば田村の独壇場となると思われる試合

タックルからマウントの田村。
しがみつくセフォーにあわてず十字固めに行きパ ンチで腕を外し安全に十字を取り勝利

田村マイク「総合初めての対戦相手のセフォー選手に暖かい拍手を。
わたしは総合とU スタイルをやってきている、純粋に強くなるためにやってきました、
来年も良い 年をお迎えください。」

 桜庭戦宣言するものだとてっきり思ってるファン 軽々と裏切るのん気なマイクでしめる
メインイベント PRIDEルール
×桜庭和志
(日本/高田道場)
vs
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)

(3R 判定3−0)
1R
序盤は白熱の打撃戦 ノゲイラは桜庭のカウンターで右目じりをカットする。
桜庭テイクダウン 猪木アリ状態のままスタンドブレイク 再び桜庭テイクダウン。
ノゲイラはクロスガードで防戦 スタンドへ
ノゲイラのパンチもかなりヒットしている。
流れを変えたい桜庭は後ろに下がり 間合いを取る。
ノゲイラ左ストレート。
残り一分で再びノゲイラの右ストレートが当たる。ノゲイラバランス崩したところでゴング

2R
組み合った所にノゲイラの膝が当たる。
崩れながらも上のポジション取る。
桜庭 スタンドに戻り、蹴り足取った桜庭がノゲイラを倒すも猪木アリ状態からブレイ クに戻る。
接近したところからフロントチョークに行くノゲイラが
三角絞め・腕 ひしぎに行くも外した桜庭。白熱のラウンド。

3R
片足タックルに行く桜庭。外すノゲイラ、両者殴り合い。
左右のフックノゲイラ。 パンチもらっても怯まない桜庭。
鬼気迫る表情。
最後は足を滑らせた所にノゲイ ラの蹴りを浴びながらも耐えながらゴングを聞く。

最後の桜庭の鬼気迫る表情が、お茶の間に伝われば男祭成功といえる
見事な闘い方だったと思う 世間的には吉田戦だが…
相手に合わせひと時も休むことなく戦った事は最大限の評価をしたい

3分割し苦しい立場の中で興行を成功させたことは
今年PRIDEが頑張ってきた証だと思う(多分いい数字取るでしょう)

近藤の活躍も楽しみだし、桜庭・近藤・田村の絡みが見る事が出来る日も近いだろう

なんにせよ混じりっけなしのPUREなPRIDEに混じりっけが入った興行やるとは驚きましたね
今日のMVPは男塾塾長です

本年も観戦記ネットを楽しんでいただきありがとうございます
来年も書き手一同頑張りますのでよろしく応援ください。

report by 品川 今大会の画像及び選手コメントは こちら! 



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ