12・25ZERO−ONE後楽園大会
■団体:ZERO−ONE
■日時:2003年12月25日
■会場:後楽園ホール
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

クリスマスに最もモテないオーラが充満する空間、01後楽園に行ってきました。
ゼロチュービジョンでは8割入ってましたけど、正常な視力の人にはもう少し少なく見えたかも。
橋本と越中、久々の対決がメイン・・・なんだけど、当日券は全席種売ってました。厳しいですねぇ〜。
(この辺24日の丸コピね)


<第1試合>
○佐々木義人 対 ×浪口修(7分38秒:逆エビ固め)

<第2試合>
○藤原喜明 対 ×ドン荒川(10分00秒:体固め)

<第3試合:NWAライトヘビー級タッグ王座決定トーナメント準決勝>
○ディック・東郷&日高郁人 対 怨霊&×GOEMON(16分44秒:ダイビングセントーンからの片エビ固め)

この試合のちょい前から会場入り。ぶっちゃけ前2試合は見られなくて良かったですよ。
異色と言えば異色なんだろうけど、全く新鮮味は感じられないトーナメント1回戦。01では他と比べればかなりその実力を評価されていたと言えるけど、それでも東郷&日高にようやくヒノキ舞台が用意されたという感じだ。24日分でも書いたが使い勝手の良さからすればこの2人がベルト持っていた方が面白そうなんだけどな。まー、そうはいかんか。
試合は当然FECが主導権を握る展開だけれども、怨霊もせっかく序盤でコスチュームからふいた粉?で沸いたんだから、それを試合に巧く取り入れて欲しかったな。あと最近東郷はクルス・フィックスをキックアウトしてくる勢いをそのまま使ってのクロスフェイスを好んで使っているようだ。コレは会場が沸きましたね。

<第4試合:NWAライトヘビー級タッグ王座決定トーナメント準決勝>
○高岩竜一&星川尚浩 対 石井智宏&×宇和野貴史(11分01秒:ラリアートからの片エビ固め)

これから使っていくならWJオーバーかとも思ったが、昨日で見切られたのか、さすがに無理があると判断されたのか順当過ぎる結果に落ち着いた。背も高いし身体も柔らかいから案外宇和野だけ拾ってもらえるのかもな、と思ったりした。

<第5試合>
○田中将斗 対 ×藤井克久(8分34秒:ローリングエルボーからの片エビ固め)

今日の試合で一応タカーシ・ワークレイトランキングでは大谷よりも田中の方が上である事が確定した。藤井はやっぱりプロレスの動きはまだまだできていないんんだけれど、その中でできる最高の仕事はさせてもらえたのではないだろうか?試合後は「大森を引っ張るのも自分と大谷の役割のひとつ」とか断言してたみたいだけど、そこまで言わせてしまうほど大森はダメなのだろうか?まー、ダメそうだったが。
藤井に関してはあんまり馴れ過ぎるとそれはそれでつまらないし、いつまでも成長がないと文句言いたくなるしとこれからもワガママな接し方をし続けていくんだろうな。許してくれ。

<第6試合:アジアタッグ王座決定戦>
テングカイザー&×葛西純 対 黒田哲広&○ミスター雁之助(12分37秒:ファイヤーサンダーからの片エビ固め)

試合はどうでもいいが(そもそも葛西たちやる気なさ過ぎ)、アジアタッグの三位一体保持は結構面白いアングルかも。フリーバーズ方式と言ってもわかる人は少ないと思うが(そうでもないかな)、伊藤さんのプロレス頭で楽しませて欲しいものだ。全日本でもニールキック見せて欲しいよ。
ただみっともないから負けた時に「今日は本当は・・・」とか言い出すのだけは辞めて欲しいけど。

<第7試合>
○大谷晋二郎 対 ×マンモス佐々木(9分33秒:レフェリーストップ(キングコブラ・ホールド))

改めて思ったけどマンモス試合組み立てメチャクチャ過ぎ。この日の試合見ただけじゃマンモスのフィニッシュが何なのか全くわからないよ。大谷もあんまりだと思ったのか「見せ場ないけど終わるぞ!」とかフォロー入れてたもんな。田中とのシングル見ているせいか、マンモスに過大に期待し過ぎていたかな。
大谷と田中をマンモスとの試合で比較してみると、田中は受けまくりつつ全部コントロールするタイプで、大谷はやりたいようにやらせて要所要所で締めて行くタイプなのかも。

<セミファイナル>
○小川直也 対 ×横井宏考(10分00秒:STOからの片エビ固め)

川田戦で株を上げた小川が横井相手にどんな試合を見せるのかと思っていたが、打たれ弱さ(セルは下手だけど)を巧く盛り込んでいい感じじゃないですか。以前に比べれば大甘の採点ですけど。
グラウンドでは足で横井を結構コントロールしていたのは見ものだったけれど、STOでダウンしている横井を無理矢理起こして2度、3度というのはイマイチ文脈が読み取れない風でどうかと思ったけど。
あとレフェリーも3回目はカウント数えずにストップさせた方が緊迫感があったんじゃないかな。ちょっと残念。

<メインイベント>
小川直也&×佐藤耕平 対 ○大森隆男&越中詩郎(15分02秒:アックスボンバーからの片エビ固め)

橋本に欠場させるため、小川自ら2連戦を申し出る男気を見せてのカード変更。小川、お前は男だ!ギャラは1試合分でお願いします。
小川のプロレスのスキルで言えば鮮やかとは言え払い腰は1試合で5回も6回もやったり(誰か教えてやれよ)、ストンピングも未だにまともにできないけど、2試合目という体力的ハンディや打たれ弱さをエクスキューズとして?それなりに起伏のある試合をさせてもらえてたように思う。
越中もNOAHではできそうもない感情むきだしにしての試合の組み立てができる相手という事で、01での方が本領発揮はできそうだけど、さすがにこれ以上は抱えられないだろうからなぁ。まーNOAHとシェアするっつー事で。
試合後に登場した島田さんは予定通りブーイング食らってましたけど、せっかく人気なんだしだからこれからも使っていけるような道筋を考えた方がいいのかも。全部猪木が悪い事にするとか。あとせっかくだからSTO食らって欲しかった。

試合後忘れ物を取りに会場に戻ったら丁度マスコミの方々にDSEの人が『ハッスル1』の決定カードを配ってた。プレスのフリして頂戴したら第1試合の4WAYにマイキーとあった。
「このマイキーってマイキー・ウィップレックですか?」と聞いたら「そうです」と即答されたが、適当に答えられたのか、よっぽどのマニアなのかはちょっと分からなかったな(後日中村さんから「マイキー・ヘンダーソンですよ」と言われた人がいた事をネットで確認)。
ECWのリング屋から始まって10年がかりで初来日のマイキー・ウィップレック。『男祭り』で金遣い過ぎたのか、全然期待ハズレのブッキングだけど、マイキーだけはちょっぴり嬉しいよ。4日はドーム行きますけどね。

<総括>
昨日は大谷と大森で今年1年締める・・・とか書いてたけど、予定カードはOH対藤井&耕平みたいね。どうするんだろ(小川&横井組が藤井&耕平と対戦)。
アタマ2試合見ないで済んだ事もあってこの日も面白かったけど、突き抜けるようなバカバカしさに欠けてたような気はするなぁ。あと葛西にやる気が感じられなかったのも気になるし。
昨日と違って来年もこのまま代わらないような、そんな気がしましたよ。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ