泣き虫、カブトムシ、練習の虫が集う01両国大会
■団体:ZERO-ONE
■日時:2003年12月14日
■会場:両国国技館
■書き手:策略男爵 (ex:めるまがプロレスレポート

はじめて観戦記をアップさせて頂きます。策略男爵と言います
初めてこういうのを書くんで下手だなぁーって思っても笑ってください。
現地に行くことも考えたんだが寝坊して結局PPVで観戦しました。
ちなみにタイトルはスポニチからパクってます。

■ 第1試合(30分1本勝負) ■
○Lowki&星川尚浩
(15分48秒キークラッシャー)
マイキー・ヘンダーソン×&MIKAMI(DDT)
前半とにかく、間が悪かった。特にMIKAMIは両国という大舞台の為か
動きが悪かった、加えてレフリーのフレッドの2コールも悪影響だった
それでも終盤は流石にMIKAMIも慣れて来たのか
ミッキーブーメラン(619)→ラダーからのスワントーンボム
と客を沸かせていたがちょっと遅すぎた。
最後は4者乱れる中ロウキーがマイキーからキークラッシャーでピン
それとロウキーだが10月の武道館の頃は非常に動きが悪かったが
この日は普通にこなしていたように見えた

■ 第2試合(30分1本勝負) ■
藤原喜明&ドン・荒川&高岩竜一○
(9分26秒デスバレーボム→片エビ固め)
佐々木義人&日高郁人&ヴァンサック・アシッド×
この試合に高岩が混じっているのは可哀相だと思ったが
とりあいず書くことが余りない。6者が自分の持ち味を出せたんで
良いんでないかと・・・。荒川さんは相変わらず客を沸かせるのは上手い

■ 第3試合ハンディキャップマッチ(30分1本勝負) ■
ザ・プレデター&ジェイソン○・ザ・レジェンド
(9分36秒キングコングニー→片エビ固め)
藤井克久&テングカイザー×&葛西純
ゴング開始直後から葛西と藤井がプレデターを押さえつけて
テーピングでプレデターをロープに縛り付ける展開
アイディアは良かったけどイマイチ客が沸かない
それでも葛西は客を沸かせるのがのが上手い
問題は藤井、Uスタイルでの田村戦は素晴らしい熱戦だったのに
この日はまるで良い所なし田村が言うように
Uスタイルで戦うのが一番合うんじゃないかなぁーって思った試合

■ 第4試合『小笠原流 対 士道館』(30分1本勝負) ■
小笠原和彦○
(4分42秒左上段回し蹴り→KO)
小林昭男×
カラテカ同士のプロレス試合、個人的には
トイレタイムになるんじゃないかと思った試合だが異常に面白かった
両者共エグイ打撃を連発して大いに沸かせた試合
熱くて激しい凄まじい試合だった。
新日が似非格闘技に走っているところで批判を浴びているけど
ようはやれる選手の適応能力次第なんでしょうね

■ 第5試合NWA対01(30分1本勝負) ■
佐藤耕平○&横井宏考
(11分59秒ジャーマンスープレックス)
スティーブ・コリノ&ジェリー・リン×
コリノはいつも通り客をいじる試合、
中でも「チョーシュ」って言ってラリアットを出したのは笑った
しかし、いつもならレフリーのフレッドがガイジンよりのレフリングを
するんだがこの日は普通にやっていて、最後も普通に耕平のジャーマンでピン
いつも見ている身としては「あれ?」って思ってしまった。

■ 第6試合ジュニア2冠戦(60分1本勝負) ■
チャンピオン 坂田亘○
(14分49秒フランケンシュタイナー)
挑戦者 黒田哲広(WEW)×
前田の弟子VS冬木の弟子という異色対決だったが
タッグでは噛み合いまくっていたんで期待していたが期待通りの好試合。
途中、坂田が机をサンドイッチ状態にしてのフットスタンプを黒田が受けた時に
顎がパックリ割れてしまい大流血になったがその後のめまぐるしい展開は素晴らしい
ただ、坂田がカウンターに出したフランケンシュタイナーに黒田が2で返したにも
関わらず、レフリーが誤って3カウントを入れてしまい会場大ブーイング
坂田が「こんな形じゃ納得いかないので今すぐ再戦」とマイクでアピール
01の中村専務が慌ててリングインしてその場で再戦を決行

■ 延長戦■
チャンピオン 坂田亘○
(7秒ドラゴンスープレックス)
挑戦者 黒田哲広(WEW)×
いきなり、坂田の飛び膝→ドラゴンの組み合わせで3カウント
黒田の状態がマジで病院に直行しないといけないぐらい
酷かったんで秒殺で決まって良かったと思う。
そもそも、こういう不透明決着で本当に延長戦が行われることすら
珍しいがこの即決は素晴らしいのひと言。
両者とも再戦を熱望していたが是非実現させて欲しい。次の両国辺りかなぁ?
最後の坂田の「これがプロレスです」ってマイクは名言でした
大晦日のプライドの方も頑張って下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
休憩明け、リングアナのオッキーが後半戦開始のマイクをやろうとした時
いきなり、DESの島田祐二が強引にマイクを奪って「ハッスル1」の宣伝
高田からのビデオメッセージを持ってきたとアピール、で映像を公開したが
高田のヒールっぷりが予想以上に板についていたのは驚いた
橋本、小川を君づけするわ、「チキン&ポーク」と言うわ
最後に「君たちは井の中の蛙、本当のスターを1.4に連れてくる」と言い
横にいたゴールドバークをガッチリ握手。
映像を終わった後、01の中村専務がリングに上がり
島田をヤドカニ呼ばわりして若手を使って強制退去させる
(かつて猪木軍として火祭りをボイコットしたバトラーツ側の首謀者>島田)
このやり取りは面白かった。こういう役は小川よりも中村氏の方が適任
高田…ピンス、島田…ヘイマンにして中村をマイク担当
って図式を作ったのは成功でしょう。
どうやらDESは本気でWWEを日本で作る気なんだって事はよく判った


■ 第7試合『Survivor Game』(30分1本勝負) ■
大谷晋二郎&田中将斗○
(17分00秒ローリングエルボー→片エビ固め)
大森隆男&トム・ハワード×
タッグマッチで一人だけ新顔が混じるとその新顔だけ動きが悪い
って典型的な試合。
ハワード&炎武連夢は相変わらず良い動きだったが大森はイマイチ
ハワードとの連携はワリとスムーズで合体技まで披露したがねぇー
大森は今後もハワードと組んでいくようだがこれは賛成
今後大森をどう使っていくかちょっと心配になるような試合だった


■ 第8試合『Head-ON Collision』(30分1本勝負) ■
小川直也(UFO)△
(15分30秒両者リングアウト)
川田利明(全日本プロレス)△
過去2度のタッグでの激突で物凄く噛み合っていたんで期待した一戦
川田はロープに捕まってSTO封じ、ローキックで小川を追い込む
小川も単発的に打撃も出すけど決定打にならず
カウンターのSTOに賭けるって展開。
川田が場外に落ちた際、小川が追いかけて場外でSTO
両者ダウンのままリングアウト負け。
観客のブーイング&「延長コール」の中川田がマイクを取り「延長戦をやるぞ」
ってアピールをし小川もマウスピースをはめて延長戦決定

■ 延長戦(5分1本勝負)■
小川直也(UFO)△
(3分06秒両者KO)
川田利明(全日本プロレス)△
一日の興行で二度の延長戦とは珍しいがゴング開始直後から
川田はひたすらローキック&ハイキック、小川はSTO狙い
両者とも完璧な消耗戦に突入して結局両者KO負け
今度はブーイングではなく暖かい拍手で場内が包まれた時点でOKでしょう
いちお今年見た試合ではベストバウトかな?
ただ、圧倒的に川田が押しているように見えたのはアレだったが…

■ 第9試合『根絶やし〜Crush〜』(時間無制限1本勝負) ■
ZERO-ONE○
(14分26秒ひざ十字固め→レフェリーストップ)
長州軍×
えっと、長州軍は石井&宇和野&矢口&長州の4人で
01軍は一杯いるって感じ、若手同士の絡みは悪くなかったんだが
長州VS橋本の一騎打ちになってからはもうグダグダ過ぎ
長州は必死に声を出すが余りにもしょぼくて悲しくなってしまった
最後は橋本がヒザ十字固めでレフリーストップ
場内シーンとしてしまった。しかしその後の長州はなんだ?
「潰しあいをするんじゃなかったのか!」と言って橋本にラリアットを決めて
とっとと逃亡。このシーンばかりは長州へたれ過ぎって思った。
もうWJと関わるのは辞めた方が良いんじゃないの?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メインがなければ文句なしの今年行われたベスト興行だったと思う
それだけに惜しい興行だった、橋本は必死に完全決着をアピールしたが
観客の反応が非常に悪いのがすべてを物語っている。
走り出してしまった以上最後まで行くのか?思うとちょっと寒気がする
まーあ前座にも好試合が多かったんで今日はこれでよしだったんだがね
2003年12月14日発行者:策略男爵
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ