獅子王杯授与式にソニンが出るかもと電波って行ったのは内緒
■団体:ZERO-ONE
■日時:2003年12月4日
■会場:大阪府立体育会館第2競技場
■書き手:冗談の突きを喰らう猪豚(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)
H〜episode2〜開幕戦

観衆:1580人(満員)

ハッスル!ハッスル!
平日だから9列目のオレの席の前に5列しか椅子が並んでなくても気にしない!

第1試合 獅子王杯争奪リーグ戦Aリーグ決勝進出者決定戦 20分1本勝負
佐々木義人  vs  黒毛和牛太
義人のテーピングした左肩に黒毛が組長直伝の脇固めで集中攻撃。
義人はなかなかこなれたセルをするので、盛り上がる。
ただ序盤の攻防なんかはもっと上下や横の動き、段階を踏んだ展開を入れた方が盛り上がるかと。
最後は義人が、一度はディフェンスされ反撃されたランニングエルボーを張り手の打ち合いから再度、決めて。(10分39秒)

第2試合 30分1本勝負
高橋冬樹  vs  明石鯛我
明石のリアルなリアクションが受ける。
と言うか素のリアクションかも。
途中、足を痛めるのだけど、マジに痛がってるので失笑が。
なんとか続けようと努力していた高橋のジャーマンスープレックスホールドで打ち切り。(8分12秒)

第3試合 30分1本勝負
高岩竜一、テングカイザー  vs  ジェイソン・ザ・レジェンド、ヴァンサック・アシッド
今日はプレデターがいないので、レジェンドに頑張ってもらいます。
って言うか(入退場以外)マトモになってるよぅ(涙)。
アシッドが捕まる展開になると、心配してなんとか助けようとしたり、きちんと技の攻防したり、
マトモなレスラーになっちゃった。
でも元が良い(!)のでお客さんの声援を一身に集める。
おかげでアシッドが出ずっぱりになってると飛ぶまで盛り上がりがイマイチ。
アシッドは捕まりながらも相変わらずマニアックな攻撃と粘りで盛りかえすも、最後は高岩にデスバレーボムを喰らう。
(14分11秒)

第4試合 30分1本勝負
小笠原和彦、星川尚浩  vs  小林昭男、日高郁人
先生組の奇襲で始まったこの試合、いきなり先生と小林が組み手を始める横を星川がトペで飛んで行く異次元の光景が。
ただ異次元と言っても星川と日高は異種格闘技戦的なものもプロレスもトップクラスの物が見せられるので結構、噛み合う。
小林もフツーにレスラーなので、異次元な光景は先生が日高に氷柱割りを喰らわしたところぐらいかな。
みんな場外戦になだれ込んだところで場外カウントも特にないまま、無効試合に。(11分40秒)
ゼロワンは無効試合の作り方は知ってると思ってたんですが。

第5試合 獅子王杯争奪リーグ決勝戦 60分1本勝負
<Aリーグ1位>佐々木義人   vs  <Bリーグ1位>石狩太一(全日本プロレス)
共にやられる姿が絵になる優良新人。
ってぐらいしか印象に残ってないが(トイレに行きたかったのです)。
優勝者にはROH遠征権が与えられるとのことなので、
それ用の新技アルゼンチンコースター(アルゼンチンバックブリーカーの体勢からF5の要領で)。(12分27秒)
武藤ルートで勝手に行くの禁止ー>石狩

第6試合 30分1本勝負
坂田亘  vs  横井宏考
Uっぽい展開。
バックを取られた坂田が腰に回った横井の足首を取るムーブに喜ぶオレ。
大阪のゼロチューは何故か元リンヲタが多そうなので、どうせならリングスルールでやって欲しかった。
横井の右ストレートでレフェリーストップ。(10分19秒)

第7試合 NWAインターコンチネンタルタッグ選手権試合 60分1本勝負
(チャンピオン)大谷晋二郎、田中将斗  vs  (挑戦者)マイク・ノックス、APリックス 
リックスは2m超の長身だから当然、場外を練り歩く。
TOAっぽいボディペインティング。
結構キレキャラがはまってて、いい感じだし、ノックスも前回見た感じではもっといい選手のはずだし、田中もいるし、
やっぱり大谷がいらない。
毎度毎度のお約束をやる時だけは盛り上がるけど、その行間を埋める技術がないんかな>大谷
実力と人気のギャップがデカ過ぎるってのもあるか。
その大谷がキングコブラホールドをノックスに。(14分41秒)
退場するリックスを囃しに行ったら、腕がブン! ヒイイ
殺されるかと思いました。

第8試合 30分1本勝負
橋本真也、佐藤耕平、葛西純  vs  ミスター雁之助、黒田哲広、ザンディグ
オフィシャルに載ってるザンディグのコメントが最高です(マニアック)。
この面子だと葛西が捕まり流血する展開に。
ザンディグと葛西の再会に涙する大日本ヲタ多数。
有刺鉄線を持ち出したザンディグから橋本を身を挺して庇った葛西に涙する葛西ヲタ多数。
結局いつも通り身体を張ってるのは葛西と波口くんだけで、机も割れないし、何処がHなのかと、
橋本のジャンピングDDTが黒田に。(15分44秒)

「今日、DSEと会見をしたのですが、DSE側に失言がありまして、机ひっくり返してきました!」
葛西とアパッチ軍にしか声援してなかった癖に、スリー!ツー!ワン!ゼロ!ワーン!はやるオレ。

ちゅうかホント、Hって何?

 


本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。
戻る
TOPへ