ソニンの役はレスラーじゃないですヨ
■団体:ZERO-ONE
■日時:2003年10月18日
■会場:大阪府立体育会館第2競技場
■書き手:冗談の突きを喰らう猪豚(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)
Evolution

観衆:1500人(超満員札止め)

映画(「あゝ!一軒家プロレス」)では橋本はそのままZERO-ONE代表として出るのでしょうか?
この映画でマネージャーを演じるソニンの携帯サイトを見ると、
(これから撮影というコメントと共に)ZERO-ONEのジャージを着てるみたいな画像があるのですが。

開始時間直前までコーナーマットが設置されずに転がったままで、
団体テーマ曲がなってる間にやっと結びつけてるなんて、はじめて見ました。
何処が札止めなのかしら?

第1試合 30分1本勝負
黒毛和牛太  vs  高橋冬樹
お互いの身体を激しく叩きあう、いわゆるストロングスタイルの、
いわゆるプロレスの技術がお粗末でも出来るスタイルの試合。
途中で高橋のスタミナが切れて、さらにお粗末な展開に。
最後の黒毛の片逆エビ固めも崩れてグダグダ。(10分13秒)
それと途中でリングアナが席を立ってどっかに行ってしまうなんて、はじめて見ました。
今度はいない間に試合を決めて本部席の阿部レフェリーが慌てるなんて展開を希望。

第2試合 30分1本勝負
日高郁人  vs  葛西純
途端にプロレススキルが高くなってしまう訳ですが。
日高の難解なムーブに葛西のコミカルなムーブ。
急所打ちの攻防なんかを織りまぜつつ、カイエンタイムーブは今でも受ける。
最後は日高がコーナーから落として飛びついて(10分23秒 ダイビングネックロック)。

第3試合 30分1本勝負
ヴァンサック・アシッド、Lowki  vs  佐々木義人、星川尚浩
ロキのコーナーと思って行ったら、逆でした(でも星川のファンのふりはしとく)。
ロキは今回はあまり新しいムーブは見られなかった。
もっとアシッドとの新しいコンビネーションに期待してたんだけど。
の割にはキークラッシュもキースプラッシュもでなかったし、ちょっと不満。
マニアを楽しませる新しいムーブもなければ、初見のお客さんが見たがるお馴染みのムーブもないってのは・・・
(15分14秒 アシッドへのすい星キック)

第4試合 30分1本勝負
”アウトロー”マイク・ノックス  vs  テングカイザー
さてZERO-ONEの大型外人の初来日は大体塩なのが伝統なのですが、ノックスは珍しくちゃんとしたプロレスラー。
表情が豊かで客いじりもうまく、迫力あるショルダータックル一発でお客さんの心を掴む。
最後のテングトルネードに繋がる反対コーナーまで吹っ飛ぶデッドリードライブは素晴らしかったデス(5分30秒)。
WWEにも上がってるから掘り出し物ってのもおかしいか。

第5試合 30分1本勝負
<ROWDY>横井宏考、佐藤耕平  vs  スティーブ・コリノ、トム・ハワード
もうそろそろシリアスで強いコリノが見たいので開始直後のコリノコールはやりません。
でも隣にはもっとシリアスなハワードだし、相手は打撃が主武器なROWDYだしで、お馴染みヘロヘロコリノ。
SHIT!
殴ってみろとアゴを差しだす横井にお馴染みの急所蹴りを繰り出すもガードされる。
DAMN!
その横井、コリノの悪影響を受けてるようで好印象。
パンチがとっても良い音を響かせております。
さてヘロヘロコリノ、ダウンを奪われ、スリーパーでさらにヘロヘロにされるが、
一瞬の隙をついての急所打ちからノーザンライトボム(12分51秒)。
まあ序盤の客いじりはほとんどなくて、マンネリになってるってのは気づいてるっぽいんですけどネ。

休憩中に崔が「プロレスの教科書」Tシャツをお客さんにプレゼント(自費で買い取り)。
前回も思ったのですが、紙テープを投げるタイミングを作ってあげて下さい。

第6試合 30分1本勝負
高岩竜一、橋本真也  vs  ハードコア・キッド、ザ・プレデター
ハードコア・キッド、デカい。
ルックス的にはタトゥーとメイクのないヴァンピーロがハワードの子分になったという感じでしょうか。
ハワードがやるムーブを逆に喰らうという場面があったり。
いつも通り破壊した客席に高岩に挑発されて再度乱入、破壊するプレデター。
試合的には高岩が捕まる事によって発生するストレスを橋本が解消する感じ。
高岩が捕まると空気がモッタリしてしまうのですが橋本が出てくるとビシッと締まる。
最後は高岩がプレデターを抑えているのを確認してから三角締め(16分54秒)。
記憶に残るような試合じゃないけど、こういう試合があるというのは見に行く方としては安心感があります。

逃げる方向を間違えてニアミス。
キャー!

第7試合 イリミネーションマッチ(30分) ZERO-ONE  vs  アパッチ軍
<ZERO-ONE>坂田亘、保坂秀樹、田中将斗、大谷晋二郎
  vs  <アパッチ軍>BADBOY非道、ミスター雁之助、黒田哲広、金村キンタロー

1.○雁之助VS保坂●(8分48秒 雁之助クラッチ)
2.●黒田VS坂田●(11分40秒 オーバーザトップロープ)
3.○金村VS田中●(17分06秒 オーバーザトップロープ)
4.●非道VS大谷○(18分07秒 スパイラルボム)
5.○金村VS大谷●(20分17秒 爆YAMAスペシャル)

今回のイリミネーションマッチ(負け抜け戦)は通常のフォール、ギブアップに加えオーバーザトップロープも採用。
ルールだけなら最近よく見られるようになりましたが、いきなりロープ際の攻防を見せて、
その醍醐味を感じさせてくれるのはさすが。
特に田中は何度もそういう場面を作り、机バンプを見せ、最後も金村と水際の攻防の後に敗退。
この献身を見ると田中が橋本の対戦相手に選ばれ、大谷とも袂を分かちそうな展開なのも納得がいきます。
と言うか、もう大谷とは別れるべきだと確信しました。
この試合でも大谷がやったのは顔面ウォッシュぐらいで、普通、3対1の展開になったらお客さんが引くぐらい、
ボロボロにされてこそプロレスラーなのに、あっさり。
これじゃあ大谷ファンは盛り上がれても特に思い入れのない層には届かない。
いや、大谷一人になった段階でいきなりハンディキャップマッチのようにタッチしてないのにフォールが成立したり、
最後もせっかく二人がかりでフォールしてるのに、
特に強いリアクションがなかったのは大谷ファンにも届いてなかったからかも。
流血のひとつもするよなと思ってたのに、したのは試合後、挑発されてリングに上がった練習生の波口君。
最後を閉めたのも救出に来た高岩。
こんなんやったら、せっかくのオーバーザトップロープなんやから、序盤で寄ってたかって落とされてたら良かったのに。
 
 



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ