速報版観戦記
■団体:PRIDE武士道
■日時:2003年10月5日
■会場:さいたまスーパーアリーナ
■書き手:品川(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

10/5 PRIDE武士道 さいたまスーパーアリーナ大会速報 17:30 Start

早く言えば THE BEST衣替え 佐伯さんのギブアップで
グレードアップした形のDEEPと言ったところか
グレーシーVSと言うことで話題性は十分
しかしマッハを欠いたメンバーは一流とは言いがたく
二軍がどこまでできるのかと言うところ
しかしながらハウフの参加は個人的にも注目
柔術好きには見逃せない興行となりそう
そして急遽参戦のミルコにDEEPの宝ドスJr
勝ち目はないもののハチャメチャな動きで一矢報いてほしい
武士道挑戦試合 第1試合5分2R
×光岡映二
(RJW/central)
vs
クリス・ブレナン
(ネクストジェネレーション・ファイティング・アカデミー)

(1R4分31秒木村ロック)
序盤下からの十字で声を出した光岡
それにギブアップしたと勘違いし
猛抗議するブレナン 声出すといえばマークカーVSペドロ・オタービオを思い出す
声出したら負けだよある意味


その後かなり頭に来ていたブレナン 腕とって完璧にキムラロックで切って落とす
見事でした 光岡次がんばれ
武士道挑戦試合 第2試合5分2R
×ロドニー・ファベイラス
(オランダ)
vs
ハリッド“ディ・ファウスト”
(ゴールデン・グローリー)

(2R判定 判定3-0)
オランダ同士の試合
ロドニーががテイクダウン取り積極的に攻める
K-1でも見たような・・・・
2Rにはいるとゴールデングローリー魂爆発
テイクダウンを逆に取り返し上になっても殴る
1Rとはまったく逆の展開
技術的に見るべきところは少ないが 止まらない二人は
なかなかオランダらしい
終盤にはマウント取り バックからチョークを見せる
マウント取ったディファウストの勝ち
武士道挑戦試合 第3試合5分2R
 セルゲイ・ハリトーノフ
(ロシアン・トップチーム)
vs
ジェイソン信長 
(ニュージーランド)

(1R2分20秒 マウントから十字)
ジェイソンはドスカラスばりにマスクで登場
太もも下腹部に民族系のいい墨入ってます
K-1メルボルン大会で準優勝でしたよね
対するセルゲイは・・・
テイクダウンしたセルゲイ試合を支配
ジェイソンはまだわかってない模様 マウント取り
足で脇を刺しパンチ入れるセルゲイ十字で完勝
第1試合「日本vsグレイシー5対5対抗戦」先鋒戦
カーロス・ニュートン
(ローニン)
vs
ヘンゾ・グレイシー×
(ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー)

(2R 判定2-1)
いきなりヘンゾの登場
相手はやりやすい相手と言える褐色の侍 打撃ないので戦いやすいだろう
しかし何で 日本対グレーシーにニュートンなんだ(笑)代打とはいえ

テイクダウンはヘンゾ
序盤はヘンゾが攻めるが ニュートンも逆転の上に
なんとひざ十字見せるヘンゾ きまりそうだったが外して上にニュートン
手が合うという感じの攻防
お互いに高いレベルではあるが グラウンド打撃のない攻防は
アブダビ見ているよう

(2R)刺して見事な投げでテイクダウン ニュートン
後半疲れた感じのヘンゾ口あいてる
下になって劣勢が続く このままじゃやばいような気がするぞヘンゾ
判定は2-1でニュートンの勝ち スプリットだがニュートンの勝ちだと思う
見事にマッハの代役を果たした
第2試合「日本vsグレイシー5対5対抗戦」次鋒戦
×三島☆ド根性ノ助
(総合格闘技道場コブラ会)
vs
ハウフ・グレイシー
(ハウフ・グレイシー柔術アカデミー)

(2R 判定3-0)
本日最注目の試合 ハウフの実力やいかに
三島はトラと書いたスパッツ(ロング)にトラの張りぼてで入場
最高だな ハウフの顔と対照的
テイクダウンは三島 すかさず上にハウフ しかし切り返して上に三島
HGで上に三島 やっぱし三島は精神状態でこんなにも違う
楽しそうに戦ってる三島

ハウフも下からハーフガードからの仕掛けがない(洒落じゃないよ)
後半はスタンドでの攻防 終盤はハウフが取り掛ける(バック)も
ゴング 最高に面白い

(2R)打撃のトリッキーさに戸惑ってるハウフ
テイクダウン三島 ハーフに
上はキープしている三島
下からアームロック狙うハウフ しかし取れない 十字に移行しかけるも失敗おしい
印象はハウフのほうが良いが・・・ 判定はやっぱし掛けを判断した模様

ぜひもう一回見たいものです日本もこの階級なら負けてない 彼より強い五味もいるし宇野もいるし
決して引けは取らないだろう

第3試合「日本vsグレイシー5対5対抗戦」中堅戦
中村和裕
(吉田道場)
vs
ダニエル・グレイシー×
(ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー)

(2R 判定3-0)
フック系のパンチで頭を下げて打ってくる 中村
上になったのは ダニエル パスしかけたところを見計らって
中村がスイープ インサイドから殴る
離れずに インサイドにきっちり入って殴る中村
満を持して片足抜く中村
スタンドに ダニエルはキック下手

(2R)打ち合う両者 やや中村優勢
テイクダウンは中村 両者スタミナ切れて来た
再びインサイドからパンチの中村
両者に消極ファイトのイエロー出るも中村判定勝ち
いい打撃(ロシアンフック系)だった中村
名倉ともリング降りて握手
第4試合「日本vsグレイシー5対5対抗戦」副将戦
×高瀬大樹
(吉田道場)
vs
ホドリゴ・グレイシー
(グレイシー・バッハ・アカデミー)

(2R 判定3-0)
高瀬セコンドには先日DEEPでマッハに勝った長南が
キン肉マンケビンマスクのホドリゴ
テイクダウンはホドリゴ 高瀬すかさず下から仕掛ける スタンド
再び倒したホドリゴ 仕掛ける高瀬に対し 殴るホドリゴ 
かなりパンチもらう高瀬 しかし三角仕掛けるタイミング必死に狙う

(2R)テイクダウン ホドリゴ  逆に高瀬タックルし上に
両者イエロー(膠着)四つに組んでの膝 合戦
で終了 判定でホドリゴ順当
第5試合「日本vsグレイシー5対5対抗戦」大将戦
×浜中和宏
(高田道場)
vs
ハイアン・グレイシー
(ハイアン・グレイシー柔術アカデミー)

(2R7分37秒 サッカーボールキックKO)
日本代表のサッカーユニフォームで入場 それにキン肉マンロビンマスクのハイアン
気士團で学ラン入場の浜中
テイクダウンはなんとハイアン
立ち上がるも かんぬきで反る浜中だがマウントで倒され バック取るハイアン
動かない浜中に膠着注意のイエロー バックをブレイクさせられたハイアン怒ってます
再開後  コンタクトしたときに右ひざ怪我してそのまま倒れ
そこへサッカーボールキック食らった浜中 レフェリーストップ


何とか対抗戦勝ててよかった このメンバーで日本勝っちゃったら グレーシーもう
呼ばれなくなっちゃうからな 次につながった 
第6試合
×小路晃
(フリー)
vs
マウリシオ・ショーグン
(シュートボクセ・アカデミー)

(1R3分47秒 KO)
ニンジャの弟 ショーグン
テイクダウンは小路 ハーフからなんと膝十字移行する!!
失敗するもすばらしい 再びキックにタックルあわせ倒し
再びスタンドもパンチもらいながらも倒す小路
スタンドからショーグンの左フックもらいダウン 
セミファイナル
エメリヤーエンコ・アレキサンダー
(ロシアン・トップチーム)
vs
アスエリオ・シウバ×
(シュートボクセ・アカデミー)

(2R 判定2-1)
この試合前に高田部長シウバ・吉田を上げ「11.9男の中の男を決めようやぁ!」 ときめ台詞!

ヒョードル弟 すげぇ墨入ってます マーカスコナン並みだ
パンチもうまいぞヒョードル  下になったシウバはヒール狙う
ヒョードルレスリング技術もある
フックの打ち方は 兄貴と一緒 ヒョードル
シウバ 対格差もあるが かなり劣勢
グラウンドのインサイドからもいいパンチ打つ ヒョードル
手足が長いので インサイドからもパンチがガンガン当たる
13kg差は大きい

(2R)テイクダウンしたシウバ マウントに
バック取り チョーク狙う シウバ
ヒョードル疲れた模様 やっとのことで上へ
攻めたいが疲れてる ブレイク
倒すヒョードル 支配していたのはヒョードル 判定2-1ヒョードル
メインイベント
ミルコ・クロコップ
(クロコップ・スクワッド)
vs
ドス・カラスJr×
(AAA)

(1R 46秒 左ハイ一発)
スカイハイに乗って 堂々登場のドスカラス オーバーマスクはシルヴァー
かっこいいな 素顔知ってるけどいい男なんだよね
組み付こうとするも外されるドスカラス
左ハイ一発!!!!!!!!!!!!!!

崩れ落ちた!!!!!!
すげぇ〜〜〜〜〜〜〜
ま〜〜〜〜 ミルコすごいですな
なんといっていいかわからんです
11.9のメインはヒョードルとのタイトル戦ですな
汗ひとつかいてないんですから・・・・ 見に行った人はよかったと思います この試合だけで十分ですな

最先端の戦いをメインで見るにつけ グレーシー一族はオールドスクール
と言う感じが否めなかった と言うのは誰もが感じていると思う
グレーシーの技術が全世界に行き渡り それはグレーシーにとって
ある意味幸せだと思う しかし その技術におごって(笑)他をおろそかにしたな
 打撃やレスリングを本格的に学ぶには 卓越した運動神経とセンスが必要
護身術の限界なのか??
いやそんなことはない ニュースクールの柔術家たちはBTTはじめ
確実に進歩しているとは思うが 世界との差は確実に開いてることを痛感した
判定なく何時間も戦うことが頭にある以上 表舞台ではグレーシーの明日はないと思う
report by 品川 今大会の画像及び選手コメントは こちら! 




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ