速報版観戦記
■団体:女子格闘技Gals 2
■日時:2003年8月30日
■会場:北沢タウンホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

8/30 女子格闘技Gals 2 北沢タウンホール大会速報

Gals、スマック実行委員は、
今回から、直接タッチしなくなったので
(当日スタッフはかなりかぶっているけど)、
自分は当日券を買って、客席から観戦。
客入りは悪いです。
しかし、出場選手の関係もあって、
客層は、まるで修斗です。
修斗系の偉い人もいっぱい来てました。

総合系のレフェリーは、芹沢・高橋洋子、
柔術の運営は、中井・早川、プラス、番頭さん。

第1試合 Galsグラップリングルール 52kg契約 3分3R
古館由紀
(Team-Roken)
vs
石川千恵×
(B-CLUB)

(1R2分59秒 腕十字)

茂木・帆の帆系というか、細身の身体から、
シャープなグラウンドを見せた古館が、
1R終了直前に、見事、十字でタップを奪う。
この選手はいいですね。

第2試合 ブラジリアン柔術 女子青帯チャレンジ・ガロ級(-45.9kg) 6分一本勝負
吉田正子
(パレストラ福島)
vs
新井寛子×
(東京イエローマンズ)

(6分 4−0(AD1−1))

青チャレなので、新井は、本来は白帯の模様。
青帯びが、卸し立てみたいでした。
引き込んだ吉田が、ほぼ一方的に。

第3試合 Gals総合格闘技ルール49kg契約 5分2R
×金子和美
(TEAM YANO)
vs
野口若菜
(パレストラ古河)

(2R 判定0−3)

前回壮絶な殴り合いをした金子。
野口は、自分は初見でした。どんな選手かと思ったら、
打ち負けず、かつ、確実にテイクダウンを奪い、
グラウンドも、パレストラらしく、
確実にポジションを奪っていく確かなもの。
金子も粘って、なかなか、いい感じの試合となりました。

第4試合 ブラジリアン柔術 女子青帯ガロ級(-45.9kg) 6分一本勝負
村野麻子
(SSSアカデミー乙女チック柔術倶楽部)
vs
高田博美×
(ストライプル)

(6R 判定4−0)

前回も柔術マッチに登場していた村野、
今日は、チカラの差をたっぷり見せつけた感じ。
高田は初見でしたが、小さいですね。
柔術って、この下の階級、ないんだっけ?
パワー負けしてた感じでした。

セミファイナル Gals総合格闘技ルール 56kg契約 5分2R
虎島尚子
(RJW CENTRAL)
vs
小八ヶ代真紀×
(ストライプル)

(1R4分12秒 腕十字)

小八ヶ代は、SG−F連続出場で、前回の第3回ではMVP。
既に、女子ボクシングにも出てます。
対する、虎ちゃんは、久々の登場。
が、欠場の小寺に代わって、虎ちゃんというのは、
さすがに、いかがなものか。
J太郎とやるつもりでいたら、
宇野くんが出てくるようなもんじゃないか(笑)。

虎ちゃん、無理して打ち合わず、確実に上になって、
ポジション奪って、最後は十字。危なげなしでした。

小八ヶ代も、なかなかいい選手だと思うので、
チカラの合った相手と見たいですねー。

試合後、虎ちゃんの、ホンワカマイクで会場和みました。

メインイベント Gals総合格闘技ルール 無差別級 5分2R
たま☆ちゃん
(SOD女子格闘技道場)
vs
篠原 光×
(電撃ネットワーク・チーム南部)

(2R 判定3−0)

まずは、篠原のセコンドの顔ぶれで爆笑。
園田・ワドー・ナナチャンチン。
いったいどういう組み合わせなんだ。史上最強かもな(笑)。

が、試合は、たま☆ちゃんが、一方的に。
スタンドで打ち勝ち、グラウンドで圧倒し、
何回か下にもなったが、あっさりめくり上に。
1本こそ取れなかったものの、圧勝でした。

この1年、ちゃんと練習してきた人間と、
そうじゃない人間の差でしょう。
たま☆ちゃん、ウマくなった分だけ、
以前の躍動感がなくなっているような気もするんだが、
彼女なら、いつでもそれは出せるような気がするので、
まっいっかという感じ。

篠原は、変ったところは、態度だけですね。
妙に謙虚で、礼儀正しく、以前の「悪い子」キャラは、
まったく見せませんでした。
だからどうしたと言われると、
自分は何もコメント出来る立場にありませんが。

たま☆ちゃんに、厳しいが、脱力した指示を出し続け、
場内の笑い誘い、試合後は、
しょっぱい試合(とは思わなかったが)を詫びる、たま☆ちゃんに、
ロープ最上段からのセントーンをあびせ、
コーナーに挨拶にきた篠原のことは、きっちり無視してみせた、
薮下さん、素敵過ぎです。


あれですね、AXです。客層もやる側も、AXでした。
完璧に、やる側の興行に、なってるんですね。
修斗としても、女子マッチを、なかなか組めないところで、
AXの替わりになるような、ある程度コントロールが効きそうな、
こういうプロモーションがあることは、やり易いと思うので、
この規模の興行なら、今後も継続出来るんじゃないか。

問題があるとすれば、プロデューサーの河瀬さんが、
恐らく、それを自覚してないこと。
河瀬さん、元々、ガチンコ好きじゃない筈だし、
修斗なんて、まったく見てないと思うし、
今日は、坂本Pや、草柳さんとか来てたけど、
顔も知らないんじゃないか。

だから、元々の構造に無理があるような。
スマックと直接の関係は切れたんだから、
元々、スマックとの住み分けの為に、
スマック側から作った、コンセンプトに縛られる必要は、
もうないんだし、今後は、自由にやって欲しいと思います。

あと、今回は、やたら音と照明の段取り悪かったなあ。
乾くんのマイクは、ほぼカミ無しで、今回も快調でした。
けど、演出系は、彼がコントールしてるみたいだから、
それで満足しちゃダメだよ。がんばってください。

しかし、ジョシカクは、やっぱり、やらせるもんじゃなくて、
見るもんですな。客席から見れるって、素晴らしい。
自分が、ここ数年では1番好きなプロモーションである、
スマックも、客席からビールでも飲みながら、
のんびり見たいもんです。
ジョシカクは、ホントに面白いんで。

report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ