速報版観戦記
■団体:PANCRASE
■日時:2003年7月27日
■会場:後楽園ホール(夜の部)
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

7/27 PANCRASE NEO BLOOD TOURNAMENT 2003 NIGHT TIME 後楽園大会速報

昼に比べれば若干入っているものの、
やっぱり入ってませんなーの5割。
ちゃんと、見てなかったんですが、
ゲートでは、観戦記ネットイメージファイターの、
A−3村田くん、十字で1本勝ち。
ちゃんと見てやれよ、おれ(笑)。

第1試合 ウェルター級戦/5分2ラウンド
小沢稔
(V-CROSS)
vs
熊谷真尚
(禅道会)

(2R判定1−1)
なかなか激しい殴り合い。
明らかに打ち勝っているのは、熊谷なんだが、
小沢もまったく引かず、意地で応戦。
背負いや、大外で、きれいにTDも奪ってるものの、
やはり、いいパンチもらってるのは、印象悪いねー。

第2試合 ライトヘビー級戦/5分2ラウンド
渋谷修身
(パンクラスism)
vs
秋元駿一×
(和術慧舟會岩手支部)

(2R判定3−0)
なんつーか、久々に、
渋谷のグラウンドのウマさが見れたというか、
まあ、圧勝ではあったのだが、
しかし、アマでは順調に実績を積んでいたといえ、
WKのグリーンボーイ相手に、
渋谷が、1本は取れないんだよな。
これが総合の今なんですな。

第3試合 ミドル級戦/5分3ラウンド
石川英司
(パンクラスGRABAKA)
vs
門馬秀貴×
(A-3)

(3R判定3−0)
最近の石川は、名勝負製造マシンとなりつつある。
前回DEEPの桜井戦に続いて、
同じような感触のファイトで、大熱戦。
門馬も下からウマいので、致命打は避けるし、
かなり攻めるんだが、やはり上にいた方が有利なのは当然。
試合後のマイクでは、しょっぱい試合ですいませんと、
謝ってはいたものの、その必要はないと思います。
今、グラバカで1番面白いファイトをするのは石川だと思う。

明らかに、郷野なんかより面白いです。

門馬は、やっぱり上取れないと、
ここから上には通用しないと思います。

第4試合 ライトヘビー級戦/5分3ラウンド
KEI山宮
(パンクラスism)
vs
ネイサン・マーコート×
(コロラド・スターズ)

(3R判定3−0)
ネーサン、見た感じは、
身体で山宮に負けてないんだが、
ぶつかってみると、結構チカラ負け。
山宮に堅実に上になられ、
まあ、山宮も上になっても何も出来ないので、
なーんにも面白くないという、
試合展開だけみると、その前の試合とまったく同じなんだが、
何でこんなに違うんだろうという一戦。


昼の部に続いて、宣伝コーナー。
郷野登場。カストロ戦決定だそうです。
自分でも「世の中甘くない」と言っていたが、
ほんとにそうだな。ご愁傷様です。
まあ、勝てれば男が上がるけどねー。

第5試合『ネオブラッド・トーナメント2003〜フェザー級〜』決勝/5分2ラウンド
×志田幹
(P'sLAB東京)
vs
前田吉朗
(P'sLAB大阪稲垣組)

(2R判定0−3)
いやあ、勢いある前田、
おれは勢いだけと思って買ってなかったんだが、強いです。
いや、現在進行形で、どんどん強くなっているというか。
とにかく当て勘よく、それまで互角の打ち合いも、
1R後半にきれいに1発当てて、
一気にポジション取って、マウントまでとって、
試合の流れを決めてしまう。
守りの堅い志田も、先手を奪われると弱い。
2R、倒しに行くも、倒され際の処理がバツグンにウマい、
前田の上になることが出来ず、
足関一発狙いなどみせるも、ほぼ完封負け。

セミファイナル『ネオブラッド・トーナメント2003〜ウェルター級〜』決勝/5分2ラウンド
×飯田崇人
(A-3)
vs
関直喜
(フリー)

(2R判定0−3)
関の固さが、いい具合に出た試合。
そんなにレスリングが強いって感じもしないんだが、
とにかく機を見るのが敏。
一気に突っ込み、上を取るとそれを譲らない。
前田と同じで、もつれた際の処理がバツグンにウマい。
タイプは全然違うんだが。
足間合戦なんかもあって、なかなか楽しめました。

メインイベント『ネオブラッド・トーナメント2003〜ミドル級〜』決勝/5分2ラウンド
×奥田正勝
(真武館)
vs
中西裕一
(フリー)

(2R4分35秒 腕十字)
うーん、おかしな被り物で入場の中西、
これはちょっと外した感があるが、
なになに、今やスーパースターとなったJ太郎の例もあるし、
継続はチカラなりだ、今後も続けてがんばってください。

まあ、危なげなしの勝利なんだが、
多少、モタモタした感じもありました。
2Rの最後の最後に、バックから振り落とされたところから、
三角、十字と繋いで。
キャラもなかなか立ってるし、何より若いので、
このパンクラこの階級の台風の目になりそうです。


試合はどれも面白かったです。
ネオブラのMVPは、前田となったのだが、
メモ8的にも、これは文句なし。1回戦の実原戦、
2回戦の志田戦と、圧倒した勝負強さ、
文句なしという感じ。

が、まだこの先があるウェルターとミドルはいいが、
フェザーは、今のところ、ここが頂点。
この先どうするんだろ。
P’sの選手の相手に外人呼んだり、
修斗から引っこ抜いてきたり出来るんだろうか。

そして、全体を見渡してみると、惨憺たるこの客入り。
要は、修斗が苦労していることと、
同じことを味わっていかなくちゃいけないわけです。

ですからね、照明にチカラを入れなさいって。
いやいや、照明に代表される演出というか。
「もうひとつの修斗」になるのはいい。
が、演出まで地味にすることはないでしょって。
同じことをやるんだとしても、
差別化の為の戦略が必要ですぜ。
技術じゃ負けてるんだから。

そうそう客寄せの為の「みのる級」マッチばかり
やってるわけにもいかないだろうし。
大体、みのるvs飯塚のグラップリングマッチなんて、
見たい奴いるのかね。まあ、おれは見たいんだが(笑)。
けど、おれみたいな奴ばかりで、両国は埋らないでしょ。

やっぱり、総合の未来は暗いなあ(久々)。

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ