速報版観戦記
■団体:PANCRASE
■日時:2003年7月27日
■会場:後楽園ホール(昼の部)
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

7/27 PANCRASE NEO BLOOD TOURNAMENT 2003 DAY TIME 後楽園大会速報
いやあ、これだけガラガラのパンクラ後楽園も珍しいな。
南リングサイドなんて、1列しかない。
4割弱ってところかな。

第1試合『ネオブラッド・トーナメント2003〜フェザー級〜』一回戦第1試合/5分2ラウンド
志田幹
(P'sLAB東京)
vs
REIJI×
(HYBRIDWRESTLING武∞限)

(2R 判定3−0)
いやあ、志田は安定感ありますねー。
ワンツーだけで、レイジをサバききり、圧倒。
まったく危なげなし。

第2試合『ネオブラッド・トーナメント2003〜フェザー級〜』一回戦第2試合/5分2ラウンド
前田吉朗
(P'sLAB大阪稲垣組)
vs
実原隆浩×
(チーム品川)

(2R1分6秒 RS)
いやあ、実原、完敗です。
出鼻で押し込んで上になれたんだが、
それを立たれると、後は、いつもの悪いパターン。
突っ込んでアタマが下がったところに、
見事な膝をもらって、後は時間の問題。
実原からが、バックから潰されるなんて、初めて見ました。
1Rは、何とか凌いだものの、
2R入ると、さらに打撃を当てられて、最後はレフェリーストップ。
これで、当分、上がり目なしですね。イチからやり直しです。
適正体重でやらせてあげたいけど、修斗以外じゃないしなあ。

前田は、当て勘がバツグンですな…。
決勝戦はかなり楽しみ。

第3試合『ネオブラッド・トーナメント2003〜ウェルター級〜』一回戦第1試合/5分2ラウンド
×アライケンジ
(パンクラスism)
vs
飯田崇人
(A-3)

(1R3分3秒 腕十字)
奇襲で自分からコケてしまったアライに対して、
上になると、今日の飯田は、やたらアグレッシブ。
打撃をボコボコ落すと、果敢に足関狙いに。
それを凌がれると、再度TDから、サイド、バック、腕十字。
アライ、力で我慢してたからか、
勢いよく伸ばされてしまい、担架で退場。

第4試合『ネオブラッド・トーナメント2003〜ウェルター級〜』一回戦第2試合/5分2ラウンド
関直喜
(フリー)
vs
花澤大介13×
(総合格闘技道場コブラ会)

(2R判定3−0)
1Rは、パワーで上を奪われて、終始下になる展開だった関、
2Rに入ると、上になれるようになると、
持ち味の固さを出して、後は圧倒。

第5試合『ネオブラッド・トーナメント2003〜ミドル級〜』一回戦第1試合/5分2ラウンド
×中台宣
(パンクラスism)
vs
奥田正勝
(真武館)

(延長3R43秒 KO)
1RはTDを奪って、押し気味に進めた中台だが、
それで満足してしまったのか、2Rに入ると、
攻めが淡白になり、粘り強い奥田のファイトに押され始める。
スタンドで徐々にローを効かされると、
延長3Rに入って、見事にKO。
怖い顔のわりには、淡白すぎですな、中台。
もうリストラでしょう。チーン。

セミファイナル『ネオブラッド・トーナメント2003〜ミドル級〜』一回戦第2試合/5分2ラウンド
×金井一朗
(パンクラスism)
vs
中西裕一
(フリー)

(2R判定0−3)

まあ、金井も「とにかく立」てるようになり、
中台のヘタレっぷりに比べるとよくはなっていると思うのだが、
ここは相手が悪いですなー。
スタンドでバックに回って、そのまま胴フックした中西が、
ずーっとそのまんま。粘れど、もがけど、戻せない金井。
2Rも同じ展開。技術が違い過ぎた感じです。


ここで、近藤とジョシュがリングにあがって挨拶。
ともに、穏やかなので、いい感じでした。
ジョシュ「初めまして、パンクラスー!」

メインイベント ヘビー級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチ/5分3ラウンド
初代ヘビー級K.O.P.
高橋義生
(パンクラスism)
vs
ランキング1位
小澤強×
(禅道会)

(1R終了時 ドクターストップ)
今日のヨシキは、いい時バージョン(予想できたが)。
ぶんぶんパンチ振り回し、多少もらっても、まったく引かない。
小沢も、果敢に打ち合いに出て、打ち負けても、体重差を生かして、
スープレックス(という表現ぴったり)で投げ飛ばしたりしたものの、
結局、上になって固定されると、後はヨシキが殴りまくり。
1R終了後、なかなか立ち上がれない小沢にドクターチェック入り、
結局そのままストップ。
まあ、貫禄勝ちですな。


実原、負けたんだで、総評は勘弁といいたいところけど、
まあ、あれですね、スタンドでもグラウンドでも、
益々打撃が重要になっている、今日この頃。
逆に言えば、志田や前田みたいなファイターが、
このままの方法論で、充分通用するような気もします。
決勝は、フェザー志田、ウェルター飯田、ミドル中西と予想しておきます。

今大会の画像及び選手コメントは こちら! 
report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ