「どうですか? 堀田社長」(下田取締役)
■団体:AtoZ
■日時:2003年7月25日
■会場:川崎市体育館
■書き手:零壱

形式上は「旗揚げ戦」ですが、既にAtoZとしての興行を行っています。
実際は、新しい選手が加わったアルシオンという団体の再出発。
ダフ屋から買った「アルシオンのチケット」がそれを物語っています。

会場に入ると、1F席は7割ほど、2F席は3割ほどの寂しい入り。
金曜の夜ですし、この会場は厳しいですから、しょうがないですね。
(だいぶ前に、NOAHが金曜夜にやってガラガラでした)
お客さんは…「女子プロが好きな熱烈ファン」がけっこうが多いのでは?
(男子プロレスの会場とは明らかに空気が違います)
ステージ側に花道と入場ゲート、ビジョンが設けられています。

場内が暗転して、選手入場式がスタート。
まずは、アルシオンの残党・TEAM ARSIONが入場。
続いて、特別参戦の外人レスラーたち。
エイプリル・ハンターの爆乳に、ど真ん中の危機センサーが早くも反応 (笑)
最後は堀田社長率いる、Z-SPIRITSが入場。
対戦カード6試合の発表後、堀田社長が挨拶。
(完全に聞き取れませんでした。ご容赦ください)
「本日は、メジャー女子プロレスAtoZの旗揚げ戦にご来場いただき、ありがとうございます。
 短い準備期間でしたが、いろいろありました。今日は全てを出し切っていきます。
 女子プロレスの未来を、AtoZに託してください。革命なくして未来なし!
 AtoZは、女子プロレスのニュースタンダードを目指します」
プレス向けの記念撮影を行い、選手退場。

ここで、選手コール時のニックネームを紹介しておきます。
良いのもあれば、わけわからんのもあります (゚Д゚)What?
あと、トミーさんが全試合を裁いておりました。

未来    “The Future”
北尾ゆかり “爆弾娘”
闘牛・空  “女闘牛戦士”
GAMI  “The Extreme”
アリソン  “スティーヴ・コリノ・シスター”
阿部幸江  “Zの聖域”
Baby A“世界最小の覆面少女”
玉田凛映  “The Fighting Master”
西尾美香  “The Finalist”
藤田愛   “天翔エンジェル”
エイプリル “ビックレット”
下田美馬  “Pink Tyhoon”
玲央奈   “Red Lion”
吉田万里子 “ARSION True Heart”
堀田祐美子 “暴走プレジデント”
AKINO “Sky Perfect”


第1試合:Z-SPIRITS VS TEAM ARSION THE FIRST
●未来 vs 北尾ゆかり○
(7分9秒 片エビ固め)

本日がデビュー戦と紹介された、未来。緊張しています。
コスチュームは白とオレンジ。
体格は大柄で、ルックスはGOOD!
“未来”というリングネームも、“The Future”というニックネームも堀田社長がつけたものでしょうか?
成長すれば、非常に楽しみな選手…と感じました。
一方の北尾は白と青のコスチューム。男性的な風貌です。
自分がどっちを応援するかは明白ですね (苦笑)
試合スタート。
未来のセコンドには下田、北尾のセコンドには吉田が。
2人とも不恰好な攻防ですが、気迫を押し出しております。
それが会場によく伝わり、場内は沸いておりました。
北尾が脚をすくうような変わった技「谷落とし」で倒し、押さえ込んで勝利。
泣き顔で退場する未来…。これからの成長に期待しております。


第2試合:THE POWER EXPLOSION
●闘牛・空 vs GAMI○
(2分43秒 GtoZ)

闘牛・空はライガーみたいな角をはやしたマスクウーマン。
へそ出しルックなんですが…腹の肉が目立ってるだけ、やめてほしいですね (笑)
GAMIはWINDYのようなドレッドヘアに、黒のコスチューム。
今日は選手コール時に、ファンが大量にテープを投げ込んでます。
さっきの試合に出てた北尾が、もうテープ処理やってますよ…。
GAMIはガム食って、余裕という雰囲気。
闘牛・空(フルファイト・ソラ)は「体当たり」ばっかり。あと、よく叫ぶ。
よく見ると…ホルスタイン! 塩味たっぷりですが (笑)
GAMIが毒霧→原爆固めで余裕勝ち。すぐに帰っていきました。
さっさと終わらせてくれて、良かったです。


第3試合:Z-SPIRITS VS TEAM ARSION THE SECOND
○アリソン・デリンジャー vs Baby A●
 阿部幸江          玉田凛映
(11分49秒 エビ固め)

コリノの実妹であるアリソン。
レザーパンツにタンクトップという衣装で、色気はなし。
兄貴と違って、まだ下手くそで荒削りなプロレスです。
フィニッシュは、パワーボムを決めて、時間を置いてからのジャックナイフ…
どうですか、これって? (苦笑)
2人を同時にブレーンバスターで投げたり、それなりに見所はありましたけどね。
試合を盛り上げたのは、Baby A。
足を痛めていたように見えましたが、彼女が技を出すと場内は沸いておりました。
玉田と阿部は試合前は睨み合い、試合後は揉み合っていました。


第4試合:Z-SPIRITS VS TEAM ARSION THE THIRD
●西尾美香 vs 藤田愛○
(16分40秒 片エビ固め)

プロレス復帰を果たした西尾は、ピンクの着物のようなガウンをまとい入場。
藤田は元・宝塚宙組の方と、パンクラス後援会から金一封が試合前に贈られていました。
2人とも紙テープの量が凄いですね〜。
西尾が急襲してゴング。戦場は場外に移り、2人とも大暴れ。
藤田はいいですね〜。ボディも、雰囲気も、そして表情も。
(今日は選手の表情がよく見えます)
試合は徐々にヒートアップ。
藤田のムーンサルトアタック(着地)、西尾の高いジャーマン…
後半は2人の技の応酬となり、場内の熱気はグンと上昇!
最後は藤田のファイヤーバードスプラッシュが決まって、カウント3!!
勝利を誇示する藤田の背中がカッコいい!!!
(女性でこう思わせてくれる人はいないですよ)
試合後も揉み合う2人。敗者・西尾は怖い顔で退場していました。
この試合が、本日のベストバウトです。

ここで、しばしの休憩。


第5試合:Z-SPIRITS VS TEAM ARSION SEMI FINAL
○エイプリル・ハンター vs 玲央奈●
 下田美馬         吉田万里子
(16分16秒 片エビ固め)

玲央奈はガンズの“Welcome to the Jungle”で入場。前のが好きだったのに…。
エイプリルは…でけぇ〜! ボディもでかいけど、オッパイもでかいです (笑)
WWEのトーリーよりいいですね〜♪
下田はピンクの派手なガウンで入場。吉田と胸を突き合わせて、挑発していました。
エイプリルは、『チャーリーズ・エンジェル』に出ても良さそうな風貌ですね。
(映画の3人は魅力的じゃないし。最新作を観て、感じましたが…)
大柄だけど、その場ムーンサルトができるし、カシンみたいなロープを使った技もできるし…
かっこいいいですね〜♪
最後は、コーナートップからの飛びつき前方回転ネックブリーカー『ヘッドハンター』でピンフォール勝利。
…やばい。他の選手は見てませんでした (^-^;


第6試合:Z-SPIRITS VS TEAM ARSION THE FINAL
○堀田祐美子 vs AKINO●
(22分0秒 KO)

AKINOはアルシオンの旗を背負って入場。
2人とも、紙テープの量が半端じゃなく凄い。
試合の盛り上がり方も、今までの試合とは違いました。
(技の1つ1つに対する歓声からして違う)
AKINOは抜群の運動能力を活かした技の数々を披露しつつ、
ガッツポーズや叫びなどで己の気迫を表現。
そんな姿に場内は「AKINO」コールを送り、ヒートアップし、ハラハラしていました。
最後は、堀田の蹴りでKO負けですが…
(カウント7で立ったのですが、倒れてしまいました)
観客の心を動かしたので、AKINOは期待以上のものを見せたと思います。

試合後に堀田社長がマイクアピール。
「おまえの魂を見せてもらった。
 あと1歩だな。その1歩が大事なこと、わかってんのか?
 AKINOが負けたら、未来はないだろ! 誰かいねえのか!?」
マイクを掴んだのは藤田愛。
「堀田! アタシにシングルでやらせろ!」
ここで、アルシオンのベルトを持った下田が登場。
「小さいこと、やってんじゃないよ。このベルト返してほしいんだろ?
 このベルト、かけてやってもいいぞ!」
「シングルでやっても、つまんねえだろ。
 こっちが勝ったら、江戸川にベルトを流す! それで、アルシオンは終わり。
 そっちが勝ったら、チャンピオンベルトは渡す。どうですか? 堀田社長」
こういうやり取りが行われ、8月24日の後楽園大会で
堀田・下田・阿部・未来 vs アルシオン4名の試合を行うことが決定。
意気揚々と引き上げる、Z-SPIRITS。リング上に残された、TEAM ARSION…。
吉田「次も負けることがあったら、アルシオンの名を捨てる覚悟で戦います」
AKINO「アルシオンを応援してきた皆さん、すいませんでした(この後、でかいこと言ってました)」


私の感想を。
期待はしてなかったのですが、面白かったですね。
いい試合が何試合かありましたし、メイン後のマイク合戦も楽しませてもらいました。
ただ…この団体、今後は厳しいんじゃないですか?
新加入の選手はいるけど、アルシオンと大きく変わったものってあるんですか?
他の団体と違うものはあるんですか?
どっちにしろ、お客さんを呼べる魅力はまだ少ないのでは?
9月に有明コロシアムでやるようですが、止めたほうがいいです。
まあ、機会があって暇だったら、観に行ってみます。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ