そうだ京都に行こう
■団体:ZERO-ONE
■日時:2003年5月31日
■会場:京都・KBSホール
■書き手:冗談の突きを喰らう猪豚(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)
ZERO-ONE FLASH

■2003年5月31日(土)
会場:京都・KBSホール 開場17:30 試合開始18:30
観衆:1600人(超満員札止め)

京都は遠いし、台風も来てるしと、ソニンたんの新曲販促イベントの整理券の為に、
イベントは夕方からなのに午前中には雨模様の京都にいた奴とは思えない事を思っていると、 
・・・晴れてる・・・

全て30分1本勝負
第1試合
高橋冬樹、ドン荒川 vs 山笠Z゛信介、葛西純
葛西は天下一Jrのチャンピオン。
試合は高橋と山笠のドツキあいから。
ここに荒川が常に喋りでカンチョーで絡み続け、葛西はそつなく絡んで行く。
パールハーバーをカンチョーで撃墜されたりと災難だった葛西が、最後は高橋をキャメルクラッチ。
(10分40秒)

第2試合
CW・アンダーソン、スティーブ・コリノ vs マイケル・シェーン、ポール・ロンドン
どうもゼロチューは少ないみたいなので最初のは控えめ(でも”もてないオーラ”はプンプン)。
アンダーソンの腕を固めてのボディスラムからの黄金パターンが素晴らしい。
コリノもちゃんとそれに乗っかるのが好印象。
派手な動きが中心だったシェーンに比べ、序盤のコリノとの腕の取り合い、
さらには黄金パターンを受け、そのダメージを最後まで表現したロンドンに志の高さを感じます。
最後はシェーンがコリノを丸め込むも返され、そこにアンダーソンのスパインバスター、
さらにコリノがノーザンライトスープレックス。(18分06秒)
アンダーソンはトラースキックだけでなくパンチとラリアットもいい音色。

第3試合
臼田勝美、藤原喜明 vs 保坂秀樹、黒毛和牛太
いつもなら国産が担当する役を今回は保坂が担当。
表現にキャリアを感じる。
組長を抑えて国産のラリアットを誘うも誤爆、その国産の腕にフジワラ・アームバー。(11分14秒)
コンプリ復活しないかなあ。

第4試合
佐々木義人、坂田亘 vs 黒田哲広、金村キンタロー
ライトなヲタが多いけど、元FMWヲタも多いみたい。
場外乱闘では金村が佐々木を机にボディスラム。
坂田との絡みはロー一発で黒田にタッチした金村が同じくケリを喰らった(2発)黒田とのタッチ拒否とか、
「アホの坂田」走りでのコーナースプラッシュ(佐々木に)とか。
基本的に若手役の癖に表情の豊かな佐々木をいたぶる展開だったけど、坂田も机の天板を頭で割らせられる。
最後は黒田にテーピングでロープに縛り付けられた坂田の眼前でサンダーファイヤー。(11分11秒)
天下一Jrの防衛失敗を揶揄するマイクの後、全力逃走。

第5試合
テングカイザー vs ジェイソン・ザ・レジェンド
フー!フー!フー!ポコ!(マスクを叩く音)
露骨な『』いじめ。
シェーンのノータッチトペコン、ロンドンのシューティングスターが出たので天狗は派手な飛び技禁止。
ってそんなルールがあるかは知らないですが、
01は場外乱闘は多くても高度な場外ダイブは1試合だけとかいうのが多い(気が)。
さらに技を決めてもフォールにも行かず、フー!フー!ポコ!のジェイソンに天狗、困り顔(な気が)。
最後もダイビング・ヘッドを決められ踏んだり蹴ったり。(7分38秒)
山へ帰るか・・・

プロレス大百科に興味津々なのですが見当たらず。
売ってなかったのか、混雑してたので見逃したのか。

第6試合
星川尚浩、高岩竜一 vs 佐藤耕平、横井宏考
星川の格闘ギミックの受けはレパートリーが多い。
最後も丸め込みに行こうとするところを横井に踏ん張られマウントパンチ連打から腕ひしぎ(13分42秒)。
もちつきは禁止技?

第7試合
田中将斗、大谷晋二郎 vs トム・ハワード、ザ・プレデター
ジェイソンが徘徊した方向とは別方向に。
ああ!ドイ君(デビュー時、2m)が酷い目に!
ライトなヲタが多いので大谷人気高し。
顔面ウォッシュももったいぶった分だけ湧きました。
元FMWヲタも多いので田中人気高し。
スタナーとDDTの複合技のかけ声も浸透してます。
キンコンバスターからコーナー2段目からキンコンニー(13分35秒)。
ハワードの腕を後ろにまわしてのムーブ失敗、ほふく前進もなかったの。
試合後、大谷が昭和のテロリストに襲われました。

第8試合
橋本真也 vs ジョン・ヘンデンリッチ
ヘンデンの塩っぷりは過剰なセルにある訳ですが、今回はあまり気にならず。
その代わり、たどたどしい動きが台頭。
いつもは橋本をデカい外人が投げるだけで湧くのだけど、今回はイマイチ。
大外刈りから三角。(10分24秒)
場外戦でのコーナーポスト攻撃から腕狙いとかあったが伝わってなかったか。

・・・降ってる・・・




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ