速報版観戦記
■団体:修斗
■日時:2003年5月30日
■会場:北沢タウンホール
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

5/30 修斗 北沢タウンホール大会速報

メイン以外は、デビュー戦ばかりのカード編成。
が、メインがこれなら、しょうがないって感じ。
案の定、当日券も出ず、立ち見もパンパン。
いやあ、凄い熱気です。

第1試合 ウェルター級 5分2R
天突頑丈
(日本/PUREBRED大宮)
vs
飛田拓人×
(日本/インプレス)

(1R4分11秒 TKO)

10分遅刻して、会場に入ると、
インサイドから、テンツク(と読むらしい)が
KIDばりにパンチを振り回して、
ストップになったところでした。

第2試合 ライト級 5分2R
×碓氷早矢手
(日本/RJWセントラル)
vs
リオン武
(日本/シューティングジム横浜)

(2R 判定0−3)

前回のデビュー戦で、壮絶な殴り合いの末、KO負けしたハヤテ、
今日は、出会い頭の左フックをもらってダウンしてしまう。
その後も、上になって、バックを取ってポイントを稼いだリオン、
2Rは、やや安全運転気味。
とにかく、前に出ようとするハヤテ、
余計にカウンターを何発ももらってしまって。

第3試合 03年度新人王リーグ戦 フライ級 5分2R
×豊島孝尚
(日本/総合格闘技STF)
vs
鶴見一生
(日本/RJW G2)

(2R46秒 TKO)

いやあ、さすがに、フライは小さいなあ。
いきなりシングルで組み付いて、
そのまま押し込んでTD狙いの豊島だが、
片足取られたまま、鉄槌を落としていく鶴見、
とにかく、ネバって倒れない。
1R終盤、豊島がやっと足を離すと、
鶴見の、いきなりのヒザ、とにかくよく上がる。
2R早々ダウンを奪い、そのままドクター入ってストップ。
この選手は、なかなか、強そうだ。
アマ修全国大会優勝の看板に偽りなし。

第4試合 03年度新人王リーグ戦 フライ級 5分2R
×タイガー石井
(日本/パレストラ吉祥寺)
vs
春崎武裕
(日本/直心会格闘技道場)

(2R 判定0−3)

いやあ、さすがに、フライは小さいなあ。
春崎、双子らしく、キョンシーのお面かぶった兄弟と同時入場し、
そのまま兄弟、リングを降りず、
いったいどっちが闘うんだ状態にして会場の笑いを誘う。
一方の、石井は、キックで8戦のプロ戦績があるようで、
鋭いローを出しながら、前に出るものの、
狙いすました春崎の大振りのカウンターを、見事にもらってしまう。
組み合うと、キッチリ差して、見事な投げで上になる春崎、
石井も足を効かせるが、そのままポイントアウト。

第5試合 03年度新人王トーナメント ミドル級2回戦 5分2R
×中山 徹
(日本/インプレス)
vs
大場隆光
(日本/和術慧舟會長崎本部)

(2R12秒 TKO)

1R、ねちっこく倒して、上からパンチを落とし続けた中山だが、
2R開始早々、打ち合いから、見事な膝をもらってしまい、
額から大出血で、ドクターストップ。これは悔しいだろうなあ。
大場も、パンチをもらいながら、なかなかの足の効かせでした。

セミファイナル 03年度新人王トーナメント ウェルター級2回戦 5分2R
帯谷信弘
(日本/GUTSMAN・修斗道場)
vs
橋本平馬×
(日本/パレストラ東京)

(2R 判定3−0)

激しいガンの飛ばし合いからスタート。
大応援団を味方につけた帯谷、
いきなりの、大きくパンチを振りながらのタックルでTD狙い。
上になると、思い切りパンチを振り下ろすのだが、
橋本も足を利かせて、なかなか致命的なのはもらわない。
2R終了直前には、マウントから十字を狙って、
最後まで攻め続けた帯谷だが、期待が大き過ぎたせいか、
ちょっと物足りない感じも。
まあ、次の鹿又との再戦が、黄金カードであるのは間違いないけど。

メインイベント ウェルター級 5分3R
川尻達也
(日本/総合格闘技TOPS)
vs
タクミ×
(日本/パレストラ大阪)

(1R3分44秒 KO)

これまた激しい、ガンのつけ合い。
まったく引かないタクミ。
が、試合は、思ったより、あっさり決まってしまった。
出会い頭の打ち合いで、川尻の押し込むような右が、
見事にヒット、膝をつくようにダウンしたタクミ、
結果から言えば、この一発で奪われたペースを、
最後まで取り戻せなかった。
タクミ、タックルからTDを狙うものの、
スタンドで凌ぎ合うより打ち合うことを選択した川尻に、
突き放されると、意地をはって打ち合いに応じてしまって、
墓穴を掘って、2度目のダウン。
最後は、右ストレートで、前のめりに崩れ落ちるように。

まあ、2人のライバルストーリーからして、
途中で、あえて打ち合いに出たタクミの心意気、
玉砕したものの、悪い感じはしなかった。

川尻の結構長いインタビュー。結びはこんな感じ。

ウェルターも最近外人天国になってるんで、
日本人を舐めるなということで、
上の外人、ハンセンでもバスケスでも、
それからパルバーでも、1人ずつ倒していきたい。
これからも、自分の試合を見にきてください、損はさせません!

アッパレ。見に行きますよー。


メインは、予想されたタクミらしい、ドロドロなファイトにはならず、
川尻の圧勝と言っていい感じで終わったが、
素晴らしいファイトであったことも、また確かで。
今日の興行は、この一戦について書いておけばいいでしょう。

しかし、最近のデビュー戦のレベルの高さは、驚異的だと思います。
まあ、さすがに、フライは小さいけど(廣野)。

report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ