5/4修斗後楽園大会観戦記
■団体:修斗
■日時:2003年5月4日
■会場:後楽園ホール
■書き手:うしをたおせ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

なかなか濃い試合が多くて、楽しめた。どの試合も考えさせられることがあったし。
なんだか判定でまた揉めてる。確かに難しかった試合が多かったかも。

第1試合 03年度新人王トーナメント・ウェルター級2回戦 5分2R
○鹿又智成(総合格闘技武蔵村山道場)
×滝田J太郎(和術慧舟會東京本部)
1R 4'49" 腕ひしぎ十字固め

J太郎、自分の入場曲がないのに、頑張ってくれました。
今日は5月の興行ってことで、鯉のぼりフンドシを着用した、JBOYSに肩車されて、J太郎入場。
JBOYS全員の股をくぐってから入場。そしてロープワーク。フンドシを取った後、スパッツを
履いて、やっと準備完了。僕の周りではなかなか受けてました(笑)。やっぱり入場曲がなぁ。

J太郎、片足タックルでテイクダウン。鹿又三角へ!J太郎耐える。J太郎コーナーへ詰めて、
ボディへヒザ。鹿又十字狙いに切り替えつつ、ガードに戻す。J太郎はパンチ連打。鹿又は
スイープ狙い。そして腕十字一閃!!一瞬でJ太郎タップ!マジ腕十字早かった。J太郎は
かなり腕痛そう。痛めたか。

鹿又選手、激しい打撃も、腰の強さも見せなかったが、下から一発で極められるのはさすが。
なにかが明らかに違う。このまま突き進んで欲しい。中途半端に抑え込まれ負けは
してほしくないな。
次はもう新人王トーナメント決勝戦。帯谷選手と橋本選手との勝者と対戦。

J太郎、善戦虚しく散った。しかし先にテイクダウンをを奪い、「このまま2Rに行けばもしかして?」
と思わせた。うーん、残念。次回は下北あたりで、入場曲ありで見たいな。ビバ、J!。


第2試合 03年度新人王トーナメント・ミドル級2回戦 5分2R
○福本よう一(和術慧舟會千葉支部)
×杉浦“C坊主”博純(シューティングジム大阪)
判定3-0 (20-19,20-18,20-18)

なんか福本選手、髪切った?キャラが変わったような。

1R
杉浦の右ローに合わせて、福本右ストレート!杉浦腰落として、ダウン!ダメージはないか。
杉浦、胴タックルからテイクダウン。インサイドからパンチ連打!強い!福本バック見せる。
杉浦、バックマウントからスリーパー狙いも、さすが慧舟會系、福本反転。杉浦は腕十時狙うも、
福本腕抜く。杉浦立って、またテイクダウン。また福本のバックマウント奪うも、あっさり、反転され、
また下に。福本ハーフからコツコツパンチ。杉浦立ってゴング。

2R
スタンド打ち合い。杉浦下に。福本パス狙いつつ強いパンチ落とす。福本パスするも、杉浦ブリッジで
ひっくり返し上に。マウント取りパンチ連打。福本タックル。杉浦切る。回ってバックマウントからパンチ。
福本落としてインサイドからパンチ。また声出しながら。

ダウンも奪い、要所要所で上を取ってパンチを落とした福本選手が勝利。

福本選手、リーチを生かして、スタンド打撃は落ち着いていた。ストレートは良かったし。
でもポジション取られすぎかな。ちゃんと対応して上取ってるからいいけど。

次回は新人王トーナメント準決勝。伊藤選手と原選手の勝者と対戦。

杉浦選手、もったいない試合。最初のダウンも、あっさりローにストレート合わせられてるし、
マウントとっても、バックマウントとっても有効な攻撃につなげられないまま、下になってしまってる。
せっかくテイクダウンしていいパンチ落としてるのに。柔術だったらポイント圧勝だけど。

確かトイカツが言ってたけど、慧舟會勢なんかはバックマウントとらせて、凌ぐ状態を
ある意味安全なポジションと考えているらしい。確かにスリーパーと腕十字さえ凌ぐ自信があれば、
大きいダメージは喰らいにくいポジションだ。なんだか柔術のポイントの意義まで考えさせられるな。
とにかくマウント、バックマウント取っても、ほんとポジションキープが大事ってことかな。


第3試合 ミドル級 5分2R
△徳岡靖之(パレストラ加古川)
△岩瀬茂俊(総合格闘技TOPS)
判定0-0 (19-19,19-19,19-19)

1R
岩瀬タックル。徳岡切る。リングから出てブレイク。岩瀬タックルでテイクダウン。一気にマウントも
徳岡反転して上に。岩瀬下から腕十字狙い。徳岡腕抜いて、ロー連打。岩瀬タックルでテイクダウン。
徳岡アームロック狙い。岩瀬はバックマウントからスリーパー狙い。徳岡凌ぐ。

2R
徳岡ロー。岩瀬タックルも切られる。岩瀬はスタミナ切れかタックルのスピードが落ちる。
徳岡の打撃がプレッシャーをかけ始め、岩瀬は苦し紛れのタックル。徳岡は徹底的に切る。
がぶったまま、たまに徳岡がパンチ入れる。それが続いて終了。
がぶって膠着がややあった。もうちょっとブレイクあっても良かったかな。

お互いが1Rずつ取り合ってドローに。

岩瀬選手、1Rは下からの仕掛けもポジション取りも上手さを感じさせた。でも2Rは完全に失速。
やっぱりスタンドで押されると厳しい。

徳岡選手、1Rはかなりポジション取られたが、2R見せた戦い振りはさすが。もうちょっと腰が
重くなれば、素晴らしい打撃系シューターになるかも。


第4試合 バンタム級 5分2R
△阿部マサトシ(AACC)
△生駒純司(直心会格闘技道場)
判定1-0 (19-18,19-19,18-18)

1R
阿部、胴タックル。コーナーに詰まる。生駒、押し込まれながらパンチ連打。離れて、生駒、強烈な
右ストレート。組んでからはお互いヒザ打ち合い。生駒が首相撲でヒザを入れ始めたと思ったら、
阿部が右フック一閃!生駒ダウン!生駒立ち上がってゴング。

2R
阿部タックル。生駒クロスから得意のアームロック狙い。阿部は必死で防御。生駒蹴って立つも、
阿部はテイクダウン。生駒は今度は腕を抱えつつ、腰を振っていき、強引に抱え十字に!!キャッチ!
阿部の腕が伸びるも、前回の対戦と同じく冷静に腕を抜く。

相変わらずお互いの持ち味を出した二人。それぞれダウンとキャッチを評価されてドローに。
ダウン取った分、どっちかって言えば、阿部選手だと思ったけど、まあドローでいいかな。

阿部選手、パンチでダウン取ったのはお見事。研究されたか、豪快なテイクダウンが見れなかったのは
残念。

生駒選手、なんか腰にテーピングしまくって、体調悪そうだったけど、今日も魅せてくれた。
鋭いヒザ蹴り。びっくりするほど強引な抱え十字。クラスAとの試合も見たいぐらい。


第5試合 68.0kg契約 5分3R
○門脇英基(和術慧舟會/ライト級クラスA)
×石川 真(PUREBRED大宮/ライト級クラスA)
判定3-0 (30-28,29-28,30-28)

1R
スタンド打撃の展開。門脇ジャブ当てる。アッパーも。石川タックル。門脇がぶる。
石川浴びせ倒すも、門脇両手首持ちつつ立ち上がる。石川またテイクダウン奪うも門脇また立つ。
門脇飛びヒザ。石川捕らえてテイクダウン。門脇また立つ。石川フック連打。門脇はヒザ連打。

2R
門脇ハイ。石川かわしてテイクダウン。門脇立ってヒザ。門脇の左ジャブ、左フックが当たり始め、
石川の右目が腫れだす。門脇のフックで石川の腰が落ちる場面も。そして石川は頬からかなりの流血も。

3R
石川タックル。門脇切って上に。石川蹴って立つ。スタンドの探りあいが続く。石川タックル。
門脇切る。最後はフックの打ち合い。

意外にも寝技の攻防ほとんどなし。でも明らかに打ち勝った門脇選手が勝利。

門脇選手、やっぱり打撃上手い。左の使い方がいい。倒されても、今回は寝技にこだわらず、
すぐ頭をつけて殴られずに立ち上がってた。さすが前回の勝田戦の反省を生かしてる。
もっと力をつけて、ライト級ランキングを荒らして欲しい。

石川選手、テイクダウンは取り捲ったが、全く攻められず。足りないのは寝技の技術?
豪腕フックが当たれば、スタンドも良かったんだけど。


第6試合 フェザー級 5分3R
×塩沢正人(和術慧舟會/4位)
○マルコ・ロウロ[Marco Louro](ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
判定0-2 (29-29,28-29,28-29)

ロウロはノリノリで入場。背中にカタカナで「マル○○○○○」とか書いてある。
やっぱりカタカナは流行っているのか。シャオリンのマネか。

1R
塩沢パンチ。ロウロ、片足タックルでテイクダウン。上からパンチ。塩沢崩してスイープしかけ立つ。
しかしまたロウロ、テイクダウン。塩沢はフックガードからのスイープ狙いもロウロは腰を切りまくって
凌ぎ、パス狙い。ハーフで固めてコツコツパンチ。

2R
ロウロ片足タックルでテイクダウン。塩沢腕拉ぎ腕固め狙い。そして下から蹴る。ロウロは上から
小さいパンチ。塩沢スイープ狙いから立ち、相手を潰して、腹固めに。ロウロも凌ぎ、塩沢、
スリーパーを狙うまで行かず。そのままこのラウンド終了。

3R
ロウロのタックルに合わせ、塩沢ヒザ当てる。しかしロウロ、パンチからテイクダウン。
塩沢、脇と頭抱え、前に崩して、立つ。ロウロ、タックル。塩沢切って上に。動きの鈍くなった
ロウロに、パス狙いつつパンチ連打。スリーパー狙い。最後上四方で抑えてゴング。

1,2Rで上をキープした時間が長い、ロウロが判定勝ちなわけだけど・・・。
3R圧倒してた分、観客からも「えっ?」って声が。2Rの塩沢選手の下からの仕掛け、腹固めを考えると、
1R ロウロ 2R イーブン 3R 塩沢 でドローが妥当だと思うけどな。

塩沢選手、最強の呼び声も高かったが、まさかの敗戦。うーんタイミングのいい低空タックルに
テイクダウン取られすぎたかな。まあ強さは相変わらずでしたけど。

ロウロ選手、低空タックルと確実な寝技、さすが。どんな展開であれ、塩沢選手を破って
しまったわけだから。でも次からは徹底的に警戒されるな。ヒザも狙われそうだし。

で、次の次のフェザー級タイトルマッチ挑戦者はいったい誰になるんだ?参ったね。


第7試合 ライトヘビー級 5分3R
×マルタイン・デヨング(オランダ/タツジン・ドージョー/5位)
○山下志功(パレストラ札幌/6位)
判定1-2 (27-29,27-29,29-28)
※3Rマルタインにロープつかみの減点1あり

1R
マルタイン、パンチ、ヒザ。山下テイクダウン。ハーフ。マルタインガードに。
山下パンチ落としまくるも、マルタインは上手くガードしつつ、下から鉄槌返す。これがよく当たる。

2R
山下タックルも倒せず。打撃が当たったか、山下かなり動きが鈍い。いなされて、倒れる場面も。
マルタイン打撃で押すも、山下右フック当てる。山下テイクダウン狙いもマルタインロープを利用して、
倒されない。マルタインは常習犯なんだから一発で減点すべき。

3R
マルタインは山下のフックを嫌がり、今度は山下が押す。山下テイクダウンの時、マルタインがまた
ロープ利用し、やっと減点1に。山下パンチラッシュ。しかしマルタインも的確に下から鉄槌
打ち返す。山下の顔はかなり腫れあがる。

最も判定が割れた試合。ジャッジによって3P違ってる。困ったね。
でもこういう判定は予想できたような。

鈴木さん以外の2人のジャッジは1,3Rを山下選手につけてるはず。
お互いグラウンドで殴り合ってたけど、テイクダウン奪い、上から殴ってる山下選手にポイントつけてる
はず。後はマルタインへの減点。
でも一番近くで見ている鈴木レフリーはマルタインのパンチの的確さが良く見えている。
だからマルタインが2P取ってる。だけど、角度や距離によってはジャッジからはそこまで分からない。
てなわけで、今後も起こりそうな判定。うーんマルタインはジャッジ泣かせだ。

「ジャッジもよくダメージを見てください」としかいいようがないんだよな。この問題は。


第8試合 バンタム級 5分3R
×ホビソン・モウラ(ブラジル/ノヴァ・ウニオン/1位)
○漆谷康宏(RJWセントラル/3位)
判定1-2 (28-29,29-28,28-29)

漆谷選手は黒トランクス。ニュートランクスだっけ。かっこいいっす。

1R
ホビーニョ、パンチからタックル。漆谷切って、リングから出掛かるも、なんとホビーニョは
引っこ抜いて、テイクダウン。そしてホビーニョ基本どおりヒザでガード割ってパス。マウント。
漆谷はTKシザース狙いも不発。するとホビーニョはかなり強引な腕十字へ!肘も始めっから
抜けてたような・・・。漆谷腕抜いて、上からパンチ。今度はホビーニョ下から腕十字!漆谷凌ぐ。

2R
ホビーニョ、遠目からタックルも漆谷うまく逃げる。ホビーニョ、タックル。漆谷切って、ヒザ。
このヒザが効いたか、ホビーニョ動き鈍る。ホビーニョは再三片足タックルにいくも、
さすがレスリング出身、漆谷は倒されない。そして漆谷はがぶって上からパンチ連打。
ホビーニョ、自ら寝る。アリ・猪木状態から漆谷は足もってロー連打、そして踏みつけ。

3R
漆谷インロー連打。ホビーニョの足がガクガクぐらつく。漆谷飛びヒザで追い討ち。
ホビーニョは全くローに対応できず、完全に漆谷ペース。しかしホビーニョ意地でタックル。
捕まえて、テイクダウン。ハーフ、パス、そしてマウントからパンチ。

判定は戦前予想だにしない漆谷勝利!場内興奮。漆谷泣く!ホビーニョは呆然とリングに座り込む。
リング上でインタビュー。
「(涙をぬぐいつつ)5日前に肘の靭帯痛めて、出場するか迷った。出てよかった。」
「次はマモル選手とタイトルマッチやると思いますが・・・、(坂本さんの方を見て)
 あっ、早いですか?すみません(笑)」
キャラもばっちりです(笑)。

まずは話題になってる判定について。
1Rは圧倒的にホビーニョ。でも2P取るほどの猛攻ではなし。2Rは漆谷選手。
問題の3R。ジャッジ2名は漆谷選手のローでの猛攻を評価した様子。もう一人はホビーニョの
ポジショニング。マウントパンチを評価した様子。うーん、どっちとも言えないなー。
僕だったらこのラウンドはイーブン。でも3R、漆谷選手のローが凄く効いてるように見えて、
逆にホビーニョのマウントパンチが力なく感じたのは確か。

大金星の漆谷選手、あっぱれです。相変わらず素晴らしいスタンド打撃、腰の重さでした。
本人も言ってるように、次はマモルとの王者決定戦でいいでしょう。楽しみです。

ホビーニョ、まさかの敗戦。マウント2回も取ったけど、ダメージ受けた印象強すぎた。
随所随所に達人ぶりは見せてもらったけどが、ロー、差してからのヒザ、アリ・猪木状態対策等を
してこないと、打撃できるレスラータイプには厳しい戦いになるかも。
気になったのは1Rの強引過ぎる腕十字。あれ見て、「相手なめてるのかな?」って正直思った。


第9試合 ウェルター級 5分3R
×雷暗 暴(米国/PUREBRED東京/1位)
○ヴィトー・“シャオリン”・ヒベイル(ブラジル/ノヴァ・ウニオン/5位)
判定0-3 (27-30,28-30,28-30)

ボウの今日の頭は「KB」KILLER BEEの頭文字です。

1R
ボウ、パンチ。シャオリン、タックル。ボウ切る。ボウパンチ、ヒザ。そして足掛けテイクダウン。
シャオリンすぐ立つ。ボウ、パンチ。シャオリンタックル。ボウ切る。しかしシャオリン、潜って
見事スイープ!美しい!ハーフからシャオリン、コツコツパンチ。足は抜けず。

2R
ボウ、テイクダウン。シャオリン、潜ったり、ファビオ気味に脇差したりしてると思ったら、
縦回転系のスイープ!ありえない(笑)!ハーフからコツコツパンチ。そして肩固め狙い。
また足抜けず。もしかして安全策で抜かず?

3R
スタンドで組んでからシャオリン崩しまくるも、ボウは倒されず。シャオリン崩してからの左フック
当てる場面も。結局シャオリンが足掛けテイクダウン。またハーフからコツコツパンチ・・・。

まあ判定は文句なくシャオリン。皿洗いでも終わったような涼しい顔のシャオリン。相変わらずです。
ボウはがっくし。

シャオリンはたたずまい、そしてあのスイープ。素晴らしい!でも、今日は極めに行く気あったのか。
直前にホビーニョが負けて、堅く行ったのか。ボウのポテンシャルを感じて、慎重に戦ったのか。
とにかく、最後までテンションが低いとも思える戦い振りはちょっと残念でした。
毎回あの戦い方されるときついだろうな。お客的に。

ボウは・・・。うーん、腰も重いし、頑張ってたと思うけど。シャオリンにあの戦いかたされちゃ。


メインイベント 第10試合 J SKY SPORTSプレゼンツ・フェザー級サバイバートーナメント・決勝戦 5分3R
×今泉堅太郎(SKアブソリュート/2位)
○松根良太(パレストラ松戸/3位)
判定0-2 (28-29,29-29,28-29)

今泉選手は黒いニュースパッツ。

1R
松根いつもどおり吼える。スタンド探りあいで開始。今泉が蹴ってきたところを、松根踏み込んでの
右フック!今泉ダウン!さほどダメージはない模様。そのあとも堰を切ったような激しい打ち合い。
松根がスリップダウンしたと思うと、今度は今泉がスリップダウン。両応援団はヒヤヒヤ。
結局パンチの打ち合いは松根が打ち勝つ。松根差してテイクダウン!今泉蹴って立つ。
今泉崩すも松根踏ん張る。

2R
松根パンチで攻める。今泉ヒザ当てる。松根パンチ連打。今泉投げ!松根立つ。今泉得意の小手投げ!
松根踏ん張って耐える。松根テイクダウン!今泉下から腕狙い。松根腕抜く。お互い上から下から
小さなパンチ。

3R
今泉、レフリーどかして、ヒザ!松根組む。今泉投げも松根踏ん張って上に。松根パス狙い。
今泉ブリッジし、松根バックに。しかし今泉落としてハーフからパンチ連打。
今泉バック取る。今度は松根が落として上に。今泉三角狙い。松根凌ぐ。今泉下からパンチ連打。

今泉選手の追い上げを振り切った松根君が僅差で判定勝利。
喜びを体いっぱいで表し、南側席のパレストラ松戸・千葉勢に駆け寄る松根君。

いやー、やっぱり熱いいい試合だった。このトーナメントは最後の最後まで実力伯仲で
おもしろかった。

松根君見事リベンジ。とにかくトーナメント優勝おめでとう。スタンドのパンチは間違いなく
良くなってるし、腰も重くなっている。前にも増して、バネが感じられる。
やっぱり心配なのは最近指摘されているスタミナ。あとはテイクダウン取った後の攻めかな。
8月のタイトルマッチがいまから楽しみ。これまたいい試合になるはず。

今泉選手も相変わらず強かった。鋭いヒザ。強烈な投げ。バランスのよさ。やっぱりこの選手
相当強いです。でもやっぱりパンチの打ち合いはまだ弱いかな。
あとここまで今泉選手が下になったの見たの始めてかも。それだけ松根君が強くなったって事か。

そんなわけで、熱い試合内容、話題を読んだ判定等、濃い大会でした。
結局4時間10分ぐらい?やっぱ長いや。ちょっと疲れるね。

JSKYさんはまた今年もトーナメントやってくれるのかな。やってほしいな。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ