5・2新日本東京ドーム大会
■団体:新日本
■日時:2003年5月2日
■会場:東京ドーム
■書き手:タカハシ(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

世間的にはGW中ではあるものの、カレンダー通りに勤務する多くの社会人にはやはり5時開始はキツかったと思う。自分も会社には3時に早退させてもらうよう了承もらってはいたのだが、結局仕事を終わらせる事ができずに後ろ髪を引かれながらようやく4時半にタイムカードを押すのが精一杯であった。
会場に入るとやはりと言うべきなのか、小橋対蝶野を持って来た割には寂しい入り。新日本のドームでは猪木引退試合と新日本対Uインターの全面対抗戦がダントツの入りであり、最後にそれらしい動員を見せたのは記憶する限りでは長州と橋本の最後の対戦だったと思う。
あの試合は橋本が新日本を追放された流れで「遺恨凄惨」と銘打たれながらも、不可解なドラゴンストップでの終了という消化不良な結末(そう言えば川田も含めたIWGPトーナメントもあったか)で、新日本のドーム興行はあそこから加速度付けて転落していったようにも思える。
ちなみに橋本の新日本追放を、田中さんはデイブ@オブザ宛てに「アレはアングルじゃない」とレポートしていたのに、ドームでのシングル戦が決まって「バリバリアングルじゃねぇか」と怒られたとか。もちろん田中さんが正しかった事はご存知の通りだが、この辺りもアングルとリアルライフの区別が曖昧な橋本らしいエピソードではある。
今回は基本的にWWEしか見ない娘。ヲタの友人と一緒の観戦。「プロレス見に来たのに格闘技なんか見たくないよ」と文句は言っていたが、ビールとおつまみがあればまぁいいか、という感じでそれなりに楽しんでいる様子だった。

5時からは20分ほどかけてカード紹介の映像が流れていたが、拍手が起こっていたのは予想通り上2試合のみ。新日本で行われるVTが見たくて『実際にお金を払って見に来る普段は来ない人』というのはやはり少数のようだ。多分チケットが大きく動いたのは小橋対蝶野が決定してからだろうし、そしてそのカードでも外野席解放までは至らないというのが現実なのだ。

<第1試合:次期IWGPヘビー級王座挑戦者決定戦 30分1本勝負>
○天山 広吉 対 ×棚橋 弘至 (10分24秒:TTDからの片エビ固め)

メインで永田が勝つなら天山が次に挑戦してチャンピオンに、高山が勝つなら5回は防衛しそうだから棚橋かなー、などと予想しながら臨んだこの試合。誰が見ても文句の付けようがないほど頑張っているのに(お前は見てるのかって?・・・まぁいいじゃないですか)一向に日の当たらない天山だけに、今年こそは最低G1優勝くらいはしそうだが、上井さんの方針によりやりたくもないVTやらされそうな流れになってきている。
それなりに会場映えする大技が交錯しつつも、観客の方は早くも飽きてきたのか「シューシュー」と言い出し始めるが、最後は棚橋のドラゴン殺法を一通りクリアしてのツームストンで天山の勝ち。
アタマではこう書いたものの、どう考えても高山新王者の流れなので「あぁまた天山便利屋か」と思いつつ一応拍手だけはしておきました。

<第2試合:シングルマッチ 30分1本勝負>
×飯塚 高史 対 ○ケン・シャムロック(11分44秒:アンクルホールド)

「あのテーマ曲で入って、アンクルロックで勝ってくれればどうでもいいや」と星野がセコンドにいる事に驚いていた友人(最近の事情には全く無知なのだ)の希望は半分叶ってアンクルホールドでケンシャムの勝ち。
フミ・サイトーによるとプロレスの決め技は締め上げている顔と苦しむ顔がひとつのフレームに入るのが望ましいのだそうだ。そう言われてみるとSTF,アンクルロック、コブラツイスト、脇固めと『望ましい』技はいくらでもピックアップする事ができる。またサソリ固めは全体のフォルムがいいのでOK,最低なのは健介のストラグル・ホールドなのだとか。
しかしケンシャム、ギャラも高いだろうにこれからどういう使い方していくつもりなんだろう。

<第3試合:IWGPジュニアタッグ選手権試合 60分1本勝負>
[王者]○金本 浩二&獣神サンダー・ライガー 対 [挑戦者]タイガー・マスク&×ヒート(19分50秒:タイガースープレックスホールド)

新日本のジュニアは特別面白いとは思わないけれど、スタンダードというかいつも必ず一定レベルのものは見せてくれる。また星勘定にそれほど目クジラ立てられないのか、他団体との交渉もスムーズなようで、この日も試合後に次期挑戦者として丸藤&鼓太郎が、その後には鈴木みのる(新日本のリングで何ができるというのかちょっと疑問だが)が続々とライガーに紹介されていく。
さて前回のタイトルマッチでタイガーがシングル王者になったようだが、丸藤が本格的に参戦してきたら当然ドラゴン政治力による中継ぎ王者となりそうだ。群雄割拠を演出しているつもりなのかも知れないが、新日本ジュニアはスタッフが揃いすぎるほど揃っているだけに、まずはライガーを越える(これが難しいんだけど)『新日ジュニアの顔』となる存在を作ることが肝要だと思う。
その役は田中稔かもしれないが、ヒートでない事だけは間違いないと断言しておこう。


ここでリングのスプリングを取りロープを1本増やすという、リアルリング調整による休憩。「な〜んだ、バネがあるのか」とか思われる心配はしてないのかな。逆にスプリングの効いていないマットでの試合を実験的に見てみたい気もする。WWSでJWPの試合見ろって話ですが。

調整が終わったところで猪木登場。なんかダジャレを交えながらも最後は『1・2・3、ダーッ』やって退場。考えてみるとこの『ダーッ』のおかげで引退後も数々の営業の仕事をこなし、現在の立場を守っていられるのだからありがたい話である。新日本の人にはいい迷惑なんだろうけど。


<第4試合:ヴァーリトゥードマッチ 5分3R>
○LYOTO(猪木事務所) 対 ×謙吾(パンクラス)(判定:3−0)

「LYOTOはニールセンに似てるなぁ。ブラジル人なのになんでサモアンチックなコスチュームで入ってくるんだろう」などと思いつつ入場シーンを眺めていた。相変わらずというか低レベルな試合を見せていた謙吾だが、まぁコレは仕方ないか。どうせなら「お前は立って殴る事だけ考えろ。寝たら負けるから」くらいに教えた方が謙吾のためだと思うんだけど。
「寝技では日本人でLYOTOに勝てるヤツはいないというか」などと猪木が言っていたが、最先端の寝技のシステムを理解できてるとも思えないし、どうせ「PRIDEに転売してまたまたマージンが懐に・・・」くらいに考えているのだろう。試合後は商品価値を暴落させたLYOTOに怒りの張り手3連発を食らわせていた猪木だったが、LYOTOはそれを自覚してるのだろうか。

<第5試合:ヴァーリトゥードマッチ 5分3R>
×ドルゴルスレン・スミヤバザル(横綱朝青龍・実兄) 対 ○高阪 剛(チームアライアンス)(1R 2分58秒:ドクターストップ)

なんでもアトランタオリンピックではアングルと対戦していたらしいスミヤバザル。この試合結果はスポナビからのコピペだが、肩書きが(横綱朝青龍・実兄)とあるのが笑えるのでそのまま転用だ。
試合はスミヤバザルが2度目くらいのテイクダウンを取ったところで変な手の付き方をしてしまってのレフストップ。新日本ならやらせるのかなとも思ったが、ここでもガチモードで即終了。LYOTOの試合後同様ブーイングが起きていたのは仕方がないというか当たり前か。
ここから「やはり観客はプロレスを見たがっている」とかいう文脈で記事を書きそうなライターもいるかも知れないが、この2つならPRIDEでもDEEPでもブーイングだよ。

<第6試合:ヴァーリトゥードマッチ 5分3R>
○中邑 真輔(新日本プロレス) 対 ×ヤン"ザ・ジャイアント"ノルキヤ(K−1)(2R 3分12秒:ギロチンチョーク)

プロレスではまだまだそれらしい試合を見せてくれていない中邑と「ヤマノリにPRIDE唯一の勝利を献上した男」ノルキヤとの対戦。気に入ったのか、そういう試合だと思っているのか、ノルキヤのセコンドのスティーブさんは『W−1』でのコスチュームでの登場だ。
1Rは相手の巨体を持て余していた中邑だが、VTへの練習量の差は圧倒的なようで、攻めあぐねていた印象はあっても追い込まれたシーンは見られず、マウントを取って上腕をノドに押し当てたと思ったら「こらアカン」と思ったノルキヤの「もう勘弁タップ」で終了。
それほどインパクトのある勝ち方には見えなかったが、前の2試合がダメダメだっただけに観客のリアクションは上々。中邑は「ヤマノリに続くノルキヤ越えを果たした男」になった。・・・喜んでいい称号なのか?

<第7試合:ヴァーリトゥードマッチ 5分3R>
○ジョシュ・バーネット 対 ×ジミー・アンブリッツ(1R 3分05秒:レフェリーストップ)

「ファイトマネーは安くてもいいから、ボクに新日本の旗を振らせてくれ!」と泣かせる事をおっしゃるジョシュ。にわかちさんによるとPRIDEにふっかけ過ぎて断られたというウワサもあるそうだが、金で言ったら新日本は選ばないだろうし、自分はどちらかと言うとUFCとのトラブルの前歴で避けられたんじゃないかな、と思っている。
いつもの自分なら「アンブリッツが大番狂わせで勝てば面白いのに」と邪心100%で思うのだが、今回は同じヲタ仲間(面識まるでないけど)意識でジョシュにインパクトのある勝ち方をしてもらえるよう試合中念波を送り続けた。ここまでさほど盛り上がっていない事は肌で感じているだろうし、大会場という事で無理してプロレス技で決めようとか考えていないだろうなー、などと心配したが特にそういう気配もなく、格下相手に手堅く勝利。
アンブリッツにしてみればKOTCに比べればいいギャラもらえたし、コネも出来たし収穫の多い日本初登場だった事だろう。この前01の会場でLA道場で炎武連夢に売り込みのために因縁つけていた時のアンブリッツの映像が流れていたが、もし同日の後楽園での「01WORLD」が本来のコンセプトで行われていたなら、アンブリッツは案外01の方に登場していたのかも知れない、などと考えていたら笑ってしまった。 

<第8試合:ヴァーリトゥードマッチ 5分3R>
×中西 学(新日本プロレス) 対 ○藤田 和之(猪木事務所)(3R 1分05秒:グラウンドパンチによるTKO)

藤田のセコンドにはカシンの姿があったようだが、VTに無理矢理出させられた事がきっかけで新日本を離脱したカシンがVTの試合のために再登場したというのも面白い話だ。
その相手が「親友の中西が全日本に行くというからオレも全日本移籍を決めたのにアイツは行かないという。最後までアイツには騙されたよ!」という因縁の中西。
さすがにVT初体験の中西は何ができるという事もなかったが、「あら初めてなの。じゃあ色々教えてあげるわね。ウフン」という立場の藤田もそれほどめくるめくステキな時間を作ってはあげられなかったみたい。
どう考えても中西の本心からの「もう一丁!」という声は聞けそうにないが、中西がどれくらいのレベルなのかがハッキリしたのはファンからするとモヤモヤが解消されて良かったんじゃないかな。本人もそんな幻想は必要としてないみたいだし(というか有効利用する気は皆無か)。

ここでまたまたリング調整を兼ねた休憩。友人はVT戦は期待値が0に近かった分、ちょっとでも面白かったらもの凄く爆発するかもとちょっぴり期待していたようで、かなりのご立腹。自分はと言えば、最初から比較対象がPRIDEという最高峰という状況に同情していたので(やらされる事にはもっとだけど)、まぁこんなもんかな、という感じ。

休憩時間を利用して最近やったゲームの話なぞ。
友人は最近WWEのゲームをやっているのだが、WWEなのに勝たないと話が先に進まないストーリーモードには「WWEを理解していない」との興味深い発言。ちゃんと打ち合わせとかしていい試合が出来るようにするとか、負けそうになったらテーマ曲に乗ってジェフがスワントーンでアシストしたり、ポール・Eが足を引っ張って助けてくれるようにしなくちゃダメだよ、などなど。確かにその方がWWEの本質に近い。ユークスさんご検討を(そしてアイディア料はボクの口座にお願いします)。


<第9試合:シングルマッチ 30分1本勝負>
○エンセン井上 対 ×村上 和成(6分33秒:レフェリーストップ)

最近某掲示板でヤクザとの密接なつながりを告白というか自慢しているエンセン。身体中の紋々はダテじゃないぜ!という事なのかもしれないけれど、このネット発のニュースが何らかの影響を与えるまでどのような経緯や、時間がかかるのかがちょっと注目。
試合はお互いのキャラクターが良く出た好試合であったと思う。特に村上の表情(特に流血後のアップはドームを騒然とさせていた)や身体を思い切り屈伸させる事による感情表現など、タダ者ではないセンスを感じる。
この試合は村上の流血もあって短時間でのレフストップとなったが、会場はその内容に満足。エンセンはともかく村上はまたまたその商品価値を高めたと思う。
この試合を見て友人は「前のVTの試合でちょっとした流血でストップしたのに、プロレスでは大流血でも試合が続くという流れだったら良かったのに。オレならそういうシナリオにするよ」との事。
「でもそうなったらまたゲロがワケわかんない事言いだすじゃん」
「・・・それもイヤだねぇ」

<セミファイナル:GHCヘビー級選手権試合 時間無制限1本勝負>
○[王者]小橋 建太(NOAH) 対 ×[挑戦者]蝶野 正洋(28分27秒:剛腕ラリアートからの体固め)
GHC防衛戦という事で勝敗の行方自体は興味の持ちようがないが、ガチケガなんだろうけど蝶野が足を引きずって入場してきたのはせっかく来てくれた小橋に対しては失礼以外の何物でもないだろう。
ここまでの試合は2F席からの観戦という事もあり、ほぼビジョンだけを見ていたが、さすがに超一流同士の対戦だけあって、スタンド最上段からでもハッキリ分かる試合の組み立てをしていた。
試合のヤマを上げるなら小橋のハーフネルソン・スープレックスの連発になるのだろうけど、蝶野がいつもの低くて早いバックドロップではなく、ちょっとテイストの違う投げ方をしていたのが印象的。また三沢対蝶野の時に見せたお互いの師匠の技の交換という安易な?スポットではなく、いつもの自分たちの技で勝負していたのも自分的にはちょっと好印象。
・・・とここまで書いてきたけど、全体的にはそれほどスゴイ試合という記憶はなく、ドームを埋めるためとは言え、絶対帰ってこない星を譲り続けているその場凌ぎ商法でどうするつもりなのかと他人事ながら心配になる。
確かに蝶野は新日本唯一のアガリではあるが、だからと言って安売りしていいものでもないだろう。NOAHは相変わらずの殿様商売、殿様外交であるが確かにヨソ様の力を必要としているわけではない以上コレは仕方ないか。新日本相手では取り立てて見たい対戦相手もいないし(これは新日本の方が世代交替が進んでいるからね)、さりとて『青春の握りコブシ』というイメージはそのままだしで、案外小橋も立場的には難しいのかも知れない。NOAHファンはそんな事気にせず会場には足を運ぶんだろうけど。

<メインイベント:IWGPヘビー級選手権試合 60分1本勝負>
×[IWGP王者]永田 裕志 対 ○[NWF王者]高山 善廣(高山堂)(18分17秒:ジャーマンスープレックスからの片エビ固め)

"何が悪いって顔が悪い"史上最強王者の永田だが、さすがにここら辺でお役ゴメン。橋本の防衛記録をクリアさせてもらったりと気遣いはさせてもらったが、今後もどこかで便利屋的に使われていくのだろう。
意外だったのはフィニッシュのエベレスト・ジャーマンがコレ1発で決まってしまった事。大切にしているフィニッシュとは言え、敬意を表する意味も含めてここからキックアウト合戦が始まるのかと思ったのだが、セミとの差別化の意味もあってかここでの決着となったのかな。自分自身の勝手な決めつけでしかないのだが、正直に言ってちょっと拍子抜けしてしまった。
とにかくこれで次期挑戦者の天山ジョブは決定。気の毒過ぎるが、ブッカー蝶野が最大の信頼を寄せていると無理矢理にでも納得して次の機会を待って欲しい。でもこのままじゃ高山からベルトを奪還してようやくチャラだよな。全日本にでも行った方が天山のためではあるのかも(生活はともかく)。

最後に新間さんが出てきて「NWF王者としてIWGPタイトルを封印して欲しい」とか言い出して、リング上は大・・・までは付かないが混乱気味に。これは01の両国名物をパクッたつもりなのかも知れないが、今後絡むかどうかは別としてここは小橋にご登場願わないと、会場熱狂とはならないんだよね。その辺のコントロールができないところが今の新日本の弱さかな。
それにしてもNOAHはIWGP,NWF、GHCとメジャータイトル独占か。これからはGHCタイトルの露払いとしてバンバンタイトルマッチ行うのかな・・・ってさっきからNOAHの悪の枢軸として扱ってますけど。

<総括>

一応上井さんのクビと社運を賭けての(新日本の社運なんて会社の金庫にあと10個くらい転がってそうだが)一大イベントのはずだったが、VTルールで新スターを産み出す事はできず(ジョシュが再度のIWGP挑戦を確定させたくらいか)、蝶野にジョブさせての小橋招聘でも満員にはならずと踏んだり蹴ったりではあったが、明らかな反省点がいくつも見えたのは収穫のはず。もちろんそれを改善させる強い意思があっての話ではあるが。
そろそろ高山の立場も微妙になり始めてきている予感もするので、切り札である(事になっている)NOAHとの関係に気を遣いながら、今後もカンフル剤としてのドーム興行にふさわしいマッチメークをお願いしたい。
取りあえずドーム大会のカード厳選は正しい方針だと思う。結果を踏まえた後出しでの話だが、VTの試合もある程度結果と展開の読める試合を3試合ほどラインアップするのであれば、今後ともマッチメークのバラエティー化のひとつとしては悪くない気もする。上井さんの「新日本の選手は一番給料もらってるのだから・・・」というのを理由にして、やりたくない選手にまでVTを押しつけるのはさすがにどうかとは思うけどね。




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ