嵐、バッキャロー!(藤岡隊長風に)
■団体:全日本
■日時:2003年4月12日
■会場:日本武道館
■書き手:零壱

ZERO-ONEが出るので、全日の武道館大会に行ってきました。
きたえ〜るでチャンピオンカーニバルの決勝戦を見ましたので、
嵐が破壊王にどう挑むかは見ておきたいところ。
(勝つとは思ってませんけどね)
そして、デンジャラスK・川田の復帰戦!
パートナーは渕。この2人こそが“全日本プロレス”だと自分は思ってます。
相手は新日本のトップというポジションを捨て、川田不在の全日本を支えた武藤&渕。
この試合こそが今日のメインでしょう。
当日券で3000円の席を購入。全日は安く見れるからいいっすね。

第1試合:シングルマッチ
○グラン浜田 vs 愚乱・浪速●
(5分47秒 体固め)

この試合の途中で会場入り。
1階は結構埋まってて、2階下はそこそこ、2階上は半分程度の客入り。
浜ちゃんカッターでピン。

第2試合:タッグマッチ
○ギガンテス     vs 馳浩
 ジョージ・ハインズ   河野真幸●
(11分52秒 体固め)

そういえば、明日は統一地方選挙。ちゃんと投票行きますよ。
馳センセイに大声援。河野と2人で恒例のサインボール投げ。
驚いたのは、2階上まで投げる河野の強肩。
馳センセイ、四方に投げさせる。
最後にボール届いた人、せっかくキャッチしたのに…誤って1階席にボール落としてもうた(笑)
場内は河野が出れば応援。ハインズの逆エビに耐えてエスケープすれば、大きな拍手。
ハインズをブレーンバスターで投げるなど、なかなかの奮闘ぶり。
さすがにギガンテス相手にチョップしてもビクともせず、チョークスラム1発で沈みはしましたが。
ドロップキックがけっこう高いし、今後の成長に期待です。
馳センセイは(ハインズに)ジャイアントスイング20回でした。

第3試合:全日本プロレス×U−STYLE
●土方隆志 vs 上山龍紀○
(6分15秒 足首固め)

上山、DEEPのベルトを肩にかけて入場。
リングでは、田村よろしく四方に礼(田村ほどキチンとしてないけど)。
初めて見た印象は、細いけどビルドアップされた上半身してるなあと。
牽制程度の打撃でスタート。土方のタックルを上山が潰してスリーパーに。
土方が切り返して、いろいろあって…離れると、お客さん拍手。
土方が上山をジャーマンで投げ捨てると、お客さん大いに盛り上がる。
上山は場外の土方に対し、スライディング→プランチャーをして驚かせる。
ドロップキックも見せたけど…対角線に振られるのは嫌がる。
しかし、土方は振ると見せかけてニールキック。
土方のフィッシャーマンを防いで上山が腕取り→土方の腕ひしぎ→上山の膝十字で土方エスケープ。
(細かいグランド技は名前がわかりません)
土方のジャーマンを前転で防いで上山が膝十字→土方コール発生→土方エスケープ。
2人の切り返しにお客さんヒートアップ。
上山のハイキックをキャッチして、裏アキレスを固める土方(前田vsゴルドーのように)。
しかし、上山が足首を取り返して土方ギブアップ。
健闘を称えあう2人。
リング上でベルトを誇らしげに見せる上山に対し、土方はファンに何度も謝りながら退場。
2人ともレスラーとしてはまだまだとは思いますが、面白い試合でお客さんも沸いてました。
打撃は不満ですけど。もっと思いっきり入れてほしいです、ガツンと。

第4試合:タッグマッチ
 カズ・ハヤシ vs Lowki
○ジミー・ヤン   Ωグリフォン●
(11分58秒 片エビ固め)

きたえ〜るでは高岩でしたが、今回はマスクマンのグリフォンがLowkiのパートナー。
(セコンドは星川とアシッド)
2人がかりでカズ&ヤンを急襲するも、Wフランケン→Wプランチャ。
試合はグリフォンが捕まる展開。
カズに担がれたところをヤンがネックブリーカーという合体技でピン。
カズが改めてLowkiにシングル戦をアピールしてました。

第5試合:世界ジュニアヘビー級選手権試合
○ケンドー・カシン vs カール・コンティニー●
(8分55秒 腕ひしぎ逆十字固め)

ジュニアチャンピオンカーニバルを優勝したカール。
白くてひょろ長い、長髪のモヤシといった感じ。日焼けして、髪切って欲しいっす。
まあ、野性味があっていいのかもしれませんけどね。
(藤岡隊長曰く「若者よ、野生を失うな!」)
試合後、オジサンがベルトを渡そうとするも…カシンは後ずさり、やっと受け取る。
トロフィーも…後ずさりして受け取る。
カズがエプロンに現れ、マイクで喋ろうとするも…Lowkiの襲撃に遭って何も言えず。
(藤岡隊長的に言えば、カズは危機センサーが未熟。バッキャロー!)
Lowki、カシンに詰め寄るも…握手。
カシン、ベルトをあげて帰っていきました。

第6試合:全日本vsZERO-ONEタッグマッチ
 奥村茂雄 vs 大谷晋二郎○
●保坂秀樹   田中将斗
(11分49秒 逆片エビ固め)

「エンブレム」って漢字でどう書くんでしたっけ? いまだにわからないです。
エンブレムに対し、お客さんは歓声半分、ブーイング半分。
奥村の入場曲って、東プロ・石川の入場曲と同じですよね?
そういえば、奥村と保坂って耕平&横井に負けてますよね?
エンブレムはお客さんを沸かせるのが上手いし、コンビネーションもいい感じ。
対する奥村&保坂はアピール下手だし、説得力も感じられず。
(保坂の持ち上げてからのパワーボムはインパクトあり)
スワンダイブに失敗したため、ロープが緩いことに試合後怒るエンブレム。
黒毛和牛太にTシャツを脱がせ、保坂に投げる田中。
保坂は…シャツを持ち帰ってしまった。どうなる?
(個人的意見を言わせてもらえば、保坂は不要)
大谷、田中のようにロープに乗ってアピールしようとするも、上手くできず(笑)
エンブレムは試合後も沸かせてくれます。

第7試合:6人タッグマッチ
 天龍源一郎   本間朋晃
○荒谷信孝  vs 宮本和志
 平井伸和    橋本友彦●
(12分54秒 片エビ固め)

選手入場。やはり、天龍への声援は凄い。
コール。平井って、なんであんなにテープ多いんですか?
チェック。ターメリックが奇襲。3人がかりで天龍を攻めるも、やられてしまう。
橋本のチョップ連打に対し、天龍はグーパンチ1発で倒す。
出番は少ないけど。きたえ〜るもそうだったけど、顔見せ程度のファイトでいいのか?
本間は相変わらず、場外フェンスに投げられたときの受けっぷりがいい。
荒谷のラリアットは凄いローリングで受けてた。
大日本でCZWと戦ってた頃のほうが好きだけど…応援してるぞ、本間。
(市来とはどうなったんだ?)
平井は、一発すごい張り手を出してた。
荒谷のムーンサルトプレスでピン。

第8試合:川田利明復帰戦
 川田利明 vs 武藤敬司
●渕正信    小島聡○
(27分10秒 片エビ固め)

第7試合の選手たちが引き上げると、武道館を「川田コール」が包む。
まずは小島が入場。続いて、渕。シルバーのガウンを纏っている。
武藤には毎度の大声援。
しかし、それを上回る大きな「川田コール」が川田を迎え入れる。
花道の先では、宮本和志がロープを広げている。
コール時には凄まじい量の黄色いテープが投げ込まれ、リングを黄色く埋め尽くした。
レフェリーは和田京平。
武藤チームは小島があっさり控えて、武藤が先発。
川田チームは川田が先発すると思われたが、気合十分の渕が出てきた。
場内、渕コール。花道に逃げた武藤を、ロープを広げて招き入れる“らしさ”も披露。
小島が入ってきたが、まだ川田にタッチしない。
小島のチョップを、声を張り上げて耐えしのぐ。渕、ホンマに今日は気合が違う。
タッチを求める川田。そして、遂にリングイン!
小島と対峙するや、場内は大「川田」コール。
互いがチョップを打つたびに、場内はフラッシュの嵐。
投げられてもすぐに顔面蹴りぶち込む川田。小島も負けてない。
小島がタッチして、武藤がリングイン。ストレッチする川田。
(5分経過)
バックの取り合いから、グランドへ。
武藤がフラッシングエルボー、川田は下からの蹴りを見せる。
川田の顔面蹴りを武藤がキャッチして、ドラゴンスクリュー!
川田、渕にタッチ。リングインした渕は、武藤にバックドロップ2連発。
川田は膝を痛めたのか、リング下にセコンドが集まっている。
リング上の渕はミサイルキック! 頑張っている。
しかし、武藤のドラゴンスクリュー→4の字固めに捕らえられる。
川田が膝を武藤に落としてカット。武藤にお返しのドラゴンスクリュー!
変わって入った小島の攻撃に耐える渕。気迫の表情で屈せず、バックドロップ。
サソリ固めに捕まると、渕コール発生。
川田が入って小島にチョップやキックを見舞うが、小島は意地で離さない。
川田がラリアットに来ると、ラリアットの打ち合いで迎撃。大の字の3人。
変わって入った武藤はサソリ固め、デスロック、STFで渕を締め上げる。
タッチを受けた小島、エプロンの川田にエルボーをかまし、渕を攻める。
早めに武藤にタッチ。脚を痛がっている渕だが、延髄切りで反撃して川田にタッチ。
武藤の顔面を下に向けての蹴り連発、一方の武藤は脚をキャッチしてドラゴンスクリュー。
しかし、川田はすかさずジャンピング・ハイキックで反撃。
タッチインした小島には対角線を走っての顔面蹴り、起き上がりこぼしチョップの波状攻撃。
エルボーの打ち合いから、川田が蹴りへ。小島の右腕も蹴るが、小島がラリアット!
小島が「いっちゃうぞエルボー」を出すが、渕と川田のハイキック&延髄切り!
武藤に対しても同じ技をヒット。渕が川田に対し、パワーボムで決めろとアピール。
小島にラリアットをぶちかまし、パワーボム! しかし、カウントは2。
(20分経過)
バックドロップで投げ捨て、再びパワーボムの体勢に行くと、渕が武藤の前で仁王立ち。
しかし、小島はリバーススープレックスでしのぎ、武藤にタッチ。
武藤は川田の膝を狙って低空ドロップキック。悶絶する川田、場内はブーイング。
しかし、武藤は低空ドロップキックを連発。
場内は悲鳴に近い川田コールで奮起を促すが…ドラゴンスクリューを食らってしまう。
コーナーにもたれかかっていると…シャイニング・ウィザード!
ムーンサルト狙いでコーナーに上った武藤を、渕がカット。
蘇生した川田がバックドロップ→ハイキックで反撃、ストレッチプラムに捕らえる。
渕も小島にフェースロック!
川田が一旦外してフォールに行くが2。再び締め上げるも、武藤はエスケープ。
タッチを受けた渕、武藤をバックドロップで投げるが、武藤はニールキックで反撃。
そして、シャイニング・ウィザード! もう1発! フォールに行くが、川田がカット。
替わった小島、ブレーンバスターからフォールに行くが、川田がまたもやカット。
そして、小島を垂直落下式ブレーンバスターで落とす!
しか〜し、その直後に川田めがけて武藤がシャイニング・ウィザード!!
(25分経過)
渕が小島を丸め込むが、カウントは2。武藤が小島のケツを蹴って、叱咤する。
サポーターを投げ捨てる小島、ラリアットに行くが川田がカット。
小島は川田に対しブレーンバスター。
渕めがけてラリアット…だが、渕が右腕を蹴って阻止、バックドロップ!
しかし、起き上がった小島のラリアットがヒット!
4人とも大の字状態。小島がフォールに行くが…渕はカウント2でクリア!!
気合を入れる渕。しかし、小島が渾身のラリアットでぶち抜いた! カウント3!

退場する小島と武藤に拍手が送られる。
…そして、川田コールが興奮の武道館を包む。
四方に頭を下げる川田、黄色いテープが飛ぶ。
膝が痛そうだけど、花道を帰っていく。
最後に改めて客席に礼する川田。場内から拍手が沸き起こる。
川田が消えると、渕コールが発生。渕も頑張ったから…。
いい試合でした。

第9試合:三冠ヘビー級選手権試合
○橋本真也 vs 嵐●
(17分4秒 レフェリーストップ)

先に入場の嵐。場内の歓声は…さっきの試合に比べると少ない。
続いて破壊王が入場。腰にベルトを1本巻いてるのにビックリ。
紙テープの処理では、本間が密かに大活躍。
ゴング後、まずはロックアップ。嵐コール発生。
ロープに押し込むも、クリーンに離れる嵐。手段は選ばんはずだが、それでいいのか?
タックル合戦では2人ともふっとぶ。
橋本のローキックを、嵐はすねでカットしてる(少しビックリ)。
場外で橋本を痛ぶり、リングではラリアット。攻める嵐。
またもやクリーンに離れると…橋本「来いよ、コラ!」
凄いチョップと蹴りで反撃に転じる橋本。
ここで気づいたけど、2人ともデブなのに、スピードは橋本が全然上。
モーションを大きくするなどして、説得力を持たせることに関しても。
嵐、モンゴリアンチョップをしてたけど、小さく腕を振り下ろしてるだけだから変。
(天山のを見て勉強しろ)
嵐を踏みつける橋本。エルボーを落とし、ファンを煽る。
アピールに関しても、橋本が明らかに上。
嵐は何かしようとしてたけど…この時に「ダメだね、この人は」と思っちゃった。
リング下ではセコンドが小競り合い。カシンが星川に蹴りを入れてる。
リング上では、橋本の蹴りに嵐がダウン(3発は堪えてたが)。
まともに動かない嵐に、橋本の攻めが続く。
嵐支持の全日本ファンは、じれったい様子…に感じた。
さっさと起き上がって、倍返しして、気迫を見せりゃあいいのに。
(10分経過)
橋本が嵐をスリーパーに捕らえると、嵐コールが発生。
気合のポーズを見せて、嵐に蹴りをぶち込む橋本。
嵐の顔面にソバット炸裂、フォールに行くがカウントは2。
ニールキックに行くが、嵐は仁王立ちで耐える。
気の抜けそうな電車道から、嵐落しで投げる。
近くのお客さん「嵐、動け!」
パワーボムで投げ捨てて、フロッグスプラッシュ。カウントは2。
(このときだけ動きが速くなった)
嵐ロックに行くが、ロープ際なのですぐにエスケープ。周り見ろよ。
あと、次のムーブに行くまでが長い。
嵐落しに行こうとするが、橋本の腕固めに捕らえられる。
橋本のチョップに、嵐のドロップキック。
嵐がぶちかましに行くと…待っていたのは、橋本のDDT。
気合を入れる橋本。さっさと綺麗に終わらせてください。
重爆ドロップキック、DDT。そして、3・2両国で見せた三角締めへ。
…なんと、ゴングが鳴って終了。同じ技でやられちゃったよ。

場内は「あぁ…」という失望の声。
嵐の周りにセコンドが集まってたけど、どっかやられたのか?
破壊王に軽く頭を下げて、嵐はリングを下りた。
橋本「次は誰だ?」「川田、出て来い!」
しかし、現れたのは小島。
橋本「俺もいっちゃうぞ、バカヤロー!」
渕と川田が来ていたが、帰っていった。橋本に襲い掛かる小島。乱闘勃発。
我らがアシッドが橋本友彦に放り出され、怒って突っかかっておりました。
小島「川田の前に、俺だよ、バカヤロー!」

嵐、最悪。
この2ヶ月のお膳立て、全てぶち壊し。
全日本ファン、そして相手した橋本が気の毒。
(橋本も相手がダメとわかったら、ジョー・サン戦みたいに一方的にやれんのか?)
10年以上もやってる選手が、なんであの程度なの?
東スポ見たら“嵐の気迫みなぎる攻めを…”なんて書いてだけど、そんな嘘書くなよ、バッキャロー!
藤岡弘、探検隊にでも入って修行したら?
(自分が入隊したいんですけどね)




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ