2003.4.12 全日本 日本武道館
■団体:全日本
■日時:2003年4月12日
■会場:日本武道館
■書き手:maya(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

そういや全日本に行くのは、久し振りだ。嵐のもしかしたら最初で最後になるかもしれない武道館でのシングルメインを見てあげなきゃね。客入りは7割入りか。最近巨人戦なんかを見ていると、いくらまだ寒いからと言ってもスタンドはガラガラだし、日曜日の広島戦なんて15000人だったから客足が遠のいているのは、プロレスに限ったことでは無いみたいだ。定刻に開始。このへんはメジャーの意地。スミスが負傷でカード変更ということらしい。

30分1本勝負
●愚乱・浪花 5分47秒 体固め(浜ちゃんカッター)グラン浜田○

ただのみちのくプロレスじゃん。文子の親父は相変わらず元気。カニはもう少しそろそろ目立つムーブやスポットを考えた方がいいな。つまんなくは無かったけど、どうってこともない。

タッグマッチ 30分1本勝負
馳浩 ●河野真幸 11分32秒 片エビ固め(チョークスラム) ギガンテス○ ジョージ・ハインズ

さきに馳と河野が入場し、カラーボールを投げる。河野は初めて見るのだが、肩が強い。ボールを2F席まで投げた人は今迄いたが、かろうじて最前列に届く程度だっが、河野は2F席中段まで届いていた。プロレスには関係無いかもしれなが、身体能力は高いのだろう。これは期待できる。

相手のギガデンスも初めて見る選手。パッと見は、ブロディとゴディを足して2で割って0.8を掛けたような感じかな。コーナーにいる時も落ち着きが無い所が、ゴディに似ている。だけど、この外人、取り立てて目立った技は無いし、ゴディのような見た目の圧迫感は乏しいのだが、結構動きはキビキビしていて、外人特有の変な間も無くていいのではないか。ハインズは元々いいし、このコンビはなかなか見せてくれるぞ。今日は出てないが、もしかしたらグラジみたいに一度出来上がっている選手よりも、ハインズもそうだがこういう選手の方が染め易くていいのではないか。これはめっけもんだ。なんかドラクエの魔法にありそうな名前だけどね。(だけど、全日本のHPには元大物が名前を変えたと書いてあるな。誰なんだろう)。

河野の方はというと、馳が出過ぎて良く分からない。しかし馳は何考えているのかね。第二試合でお前を見に来た訳じゃないっていうの。まあ、一通り基礎は出来ているみたいだが。試合は馳の出しゃばり振り以外は結構楽しめた。初めて見る選手がなかなかいいと気分がいい。

全日本プロレス×U-STYLE シングルマッチ 30分1本勝負
●土方隆司 6分15秒 アンクルホールド 上山龍紀

田村の弟子の登場。本当にプロレス出来るのかよと思ってしまうが、なんだか何処のか分からないチャンピオンベルトを持って入場。これだけで、しょぼいと思ってしまうのだが、サイズはSながらも体は結構鍛えているんじゃないかと感じる程いい体をしている。おまけにルックスも抜群、かなり格好いいぞ。

相手は土方だし、典型的なUというかバトラーツみたいな戦い。しかし、これが思い切りはまった。序盤はグランドの攻防中心だが、ポジションの取り合いや関節の取り合いが早いこと早いこと。こりゃ、グランドのルチャみたいなものだ。これには会場の熱もどんどん上がって来る。

U系の選手がこういう所に出てくると、Uのスタイルに固執する所が、ハナにつくのだが、上山の場合、場外エスケープなんかしたりして、アレッと思ったのだが、その次に土方がエスケープした時に、スライディング・キック、プランチャを打ち、リングに戻ってきた相手にドロップ・キックを打つ。これが、最近増えている見よう見まねでやっている格闘技系の選手と違い、スピード・キレがあり好感が持てる。ロープにふられるのは拒んでいたが、その位は許せる。

いやすっかり上山に魅せられてしまった。これはいい。これから応援しよう。田村の弟子でもいいものはいい。会場も温めたし、かなり好意的に受け入れられた様子。全日本、いい食材を仕入れて来た。

タッグマッチ 30分1本勝負
カズ・ハヤシ ○ジミー・ヤン 11分58秒 片エビ固め(合体WA4) Ωグリフォン● LOW-KI

ローキーはビデオでは見たことあるが、生で見るのは初めて。Ω(オメガ)グリフォンは存在自体知らなかった。最近お久の私でも、ヤンは見ているけど。

結構私はヤンが好きなんだけど、この日も満足出来た。そしてタカハシさん一押しのローキーはたぶんスパイダーマンの動きをインスパイアしているんだな。グリフォンはどちらかというとやられ役という感じ。試合はスピード感のある展開だが、闘龍門のようなルチャとも少し違うし、当然日本的なストロングスタイルでもないし、見た事の無い技やムーブも一杯出て来て楽しませてくれるし、これはひょっとしてプエルトリコ風なのかな。

ある程度期待はしていたが、期待通りの私好みの展開で、なかなかいい感じ。それにしても、ヤンを連れて来たのは大きいな。ついでにローキーも囲い込んじゃえばいいのに。どうせ01より全日本の方が興行数が多いし。オメコはどっちでもいい。

ここでQK。これまでは、今迄の全日本で考えられない程のいい感じ。全日本はメジャーといいながらも、内外のインディーの選手を集めて、興行を組み立てているのだが、今迄はバラバラ感が強かったのだが、この日はバラエティーに富んでいて、その良質なエキスを抽出していような感じがする。前にW-1の特別番組で渕がカズ・ハヤシと各インディーの有望な選手を発掘しに行くというシークエンスがあったが、あれは本当かな。なんか淘汰されて来たぞ。考えてみれば、うぃ、バー、すてぃを見ないで済むというだけでいいよね。当然この流れの中でベイもいらない。

そういえば、私のすぐ前にまたもロッシーがいた。なんか知らないけど、会場でやたらにロッシーを見かけるな。まあ、それだけロッシーが他団体の興行を見ているということなんだろうけど。そしたら、隣には吉田のマリちゃんと知らない男も座っていた。やけに親しげに話をしているんだけど、マリちゃんの隣の男は盛田さんかな?
ロッシーが買って来た肉マンを美味しそうに食べている吉田のマリちゃんは可愛かった。
世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
○ ケンドー・カシン 8分55秒 腕ひしぎ逆十字固め カール・コンティニー ●
※第20代世界ジュニア・ヘビー級王者 ケンドー・カシンが5回目の防衛に成功

カール・コンティニーことカール・グレコ。この選手は生で見てみたいと思っていたのだが、グレコ見たさにバトラーツに行くのもかったるいので、行かなかったのだが、今日初めて見る。だけど、あの長髪はちょっと頂けないな。

確かグレコもアマレス経験者だと思ったのだが、カシンと序盤は味のある展開。まあ、これまた保証済みみたいなものだが。だけど、だんだんテンションが落ちて来る。どうやらカールはスタミナ不足みたいなようだ。カールはスタミナがある時は、いい感じなんだけど。。。

試合後に、花道からカズ・ハヤシが出て来てアピールするが、後ろからローキーが出て来て、ハヤシを後ろから急襲し、リングに入りして次期挑戦をアピールする。カールとはリーグ戦を勝ち抜いて来たのに、ローキーはカズを奇襲して漁夫の利のような感じもするが。意外にもカシンはクリーンに握手するが、今防衛したベルトまでも、ローキーに渡す。どうしていいのか途方に暮れるローキー。これは笑った。

タッグマッチ 30分1本勝負
奥村茂雄 ●保坂秀樹 11分49秒 逆片エビ固め ○大谷晋二郎 田中将斗

ぬるま湯と炎。炎は作り過ぎて臭いのだが、ファンにとってはあの臭さがいいんだろうな。私には理解出来ないけど。観戦記ネットで昨年のベストタッグに選ばれたエンブレムだが、正直大したことはないな。

試合は前半不甲斐ない保坂が、後半になって突如となかなかのムーブを見せてくれたのが意外だったが。それにしても、大谷は老けたというか一応茶髪だけど親父顔になっているね。大谷は昔からハナにつくので、イマイチ好きになれないのだが、今日もそんな感じだな。どうせ嫌われ役をやるならもっとヒールに徹しればいいのに、それも出来なくて、なんかいいな。まあ、あの臭さを美味しいと思う人になんか言う気はないが。所詮嗜好の問題だから。刀のパフォーマンスもありゃどう見ても、気違いに刃物だな。そういう意味での恐さはあるけど。

6人タッグマッチ 30分1本勝負
天龍源一郎 ○荒谷信孝 平井伸和 12分54秒 体固め(ムーンサルト・プレス) 本間朋晃
宮本和志 橋本友彦

橋本友彦。この選手は生で見てみたいと思っていたのだが、友彦見たさにDDTに行くのもかったるいので、行かなかったのだが、今日初めて見る。木村浩一郎にスカウトされて、藤原組長のすぐにポシャッタ団体や、パンクラス、The Best とかに参戦したみたいなんだけど。

試合はゴング早々、本間組が荒谷と平井を場外に突き落とし、3人掛りで天龍に当るのだが、物の見事に返り討ちに合う。逆水平一発でみんなのたうち合っているからな。

ネットでは密かに期待されていた試合なのだが、ファースト・インパクトだけで、基礎体力が違い過ぎる。こればっかは食べているものが違うというか、どうにもならない。

試合はWAR軍はほとんど平井と荒谷と回しており、天龍はほとんど出て来ない。手抜きもいい所なんだけど、天龍がカットのために、ノッシノッシとリングに入るだけど、場内がどよめく所は芸域の深さ。

だけど、この試合天龍実動2分未満。受け身取らず。ちょっと手抜きじゃないかと思うけど、すし屋の主であるからして美味しい物は少しということなのかな。さすがに、これでは橋本がどうだったのもあまり良く分からない。キレのいい柔道技を出していたのが少し印象に残っているが。

この日6.8の文体のポスターが張っていたのだが、天龍の写真は載っていなかったので、天龍は7月の契約切れで全日本を止めるのかな?だけど、武藤、小島、川田がいくら頑張っても天龍がいないとね。重みが違うよね。


川田利明復帰戦 60分1本勝負
川田利明 ●渕正信 27分10秒 片エビ固め(ラリアット) 武藤敬司 小島聡○

一人づつの入場。異様に川田コールが響く。やっぱみんな川田が好きなんだね。試合はやけにフッチーが張り切っている。先発も川田を制してフッチーが出てくる。ムトちゃんとフッチーの絡みは、なにげにありそうで考えて見ると初めて見るのだが、なんかいいかもしれない。

川田は休んでいてても、川田は川田。普段と一緒でやっぱ面白い。まだ膝が悪いのに強行出動したみたいで、ムトちゃんお得意の膝攻撃には大ブーイングが起きる。中盤は渕がつかまる展開なのだが、これがただのおじさんがやられているだけのように見えてなんともシュール。体は真っ白だし。

それでも後半驚異的な粘りで、観客の好感を呼び、なんか川田の復帰戦というより、フッチー・オン・ステージみたいな感じで、なんか全部持って行ってしまったような気がする。このメンツの中で、老獪というか役者だね。他の3人もやられたと思っているのではないか?

三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
チャンピオン   チャレンジャー
○ 橋本真也 1704秒 レフェリーストップ (三角絞め) 嵐 ●
※第31代三冠ヘビー級王者 橋本真也が初防衛に成功

私の前の席人が、「嵐が勝つとは思えないけど、三冠にふさわしいしてくれればいい」私も全くの同感。というか、そう思ってきた人は多いのではないか。意外と言えば意外だし、当然と言えば当然だが、嵐コールが巻き起こる。嵐に対する全日本ファンの期待は大きい。

試合はとういとロックアップで始まり、序盤は落ち着いた展開。よしよし。タイトルマッチだからね。最初からゴチャゴチャ動いたら重みが無くなるよね。だけど、途中からアレッと思って来る。前半の重厚な動きが終始続いているというか、早く言えばのっっぺりとのんべんだらりとやっているというか。ともかく二人とも休み過ぎ。過去の三冠戦どうのこうのというより、これだけテンポの遅い試合は初めて見た。スロービデオを見ている展開だ。デブ同士の対戦だから、ある程度覚悟はしていたけど、これじゃあねぇ。一発の重みとかそういう以前の問題だぜ。
今迄嵐フォローをしていた私は、一気に梯子を外されたような気にさせられたのだが、確かにこの試合のしょっぱさは、嵐のせいだとは思うけど、改めて考えるとブーも同罪だな。ブーの場合スタンディングで少し疲れると三角とかに持っていって休むのが今迄も気にくわなかったのだが、この日もそんな感じで、しかも入り方がぎこちないというか、無理やりでキレがないというか、実際失笑が漏れた時があった。デブが器用なことをしちゃいけないな。

フィニシュもあのナマクラな三角締めで、あんなの面白いはずがない。はっきり言って、01はもういいな。自分達の選手同士では面白いのかもしれないが、外に出て来らても迷惑なだけだな。実際、この日も第一試合は例外だとしても、炎とメイン以外は全部面白かったからな。ブー早く消えてくれ。

今日は一つの興行としてかなりいい感じだったのだが、メインがこけるとね。前座が全部しょっぱくてもメインが良ければ満足できるのだが、前座がいかに良くてもメインがこけると・・・




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ