速報版観戦記
■団体:U-STYLE
■日時:2003年4月6日
■会場:ディファ有明
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

4/6 PROWRESTLINGU-STYLE ディファ有明大会速報 17:00Start

前回に比べると入ってませんねー。
東西5列。南も若干空席あり。
まあ、このカードじゃなあ。
全試合、煽り映像もごく控えめで、
淡々と試合を見せてました。

第1試合 15分1本勝負
伊藤博之
(フリー)
vs
吉田智彦×
(U-FILECAMP)

(7分23秒 下からの十字)

伊藤くんが押しまくって、3Eを奪い、完勝なのだが、
その割には時間かけ過ぎ。
伊藤くんの強さが引き立たなくなっちゃうね。

第2試合 15分1本勝負
×越後隆
(U-FILECAMP)
vs
原学
(格闘探偵団バトラーツ)

(15分 ポイント2−3)

まあ、最初から15分やるぞやるぞと思わせて、
15分やってしまいましたという感じでした。
いや、途中、寝てしまったので、よくわからんけど(笑)。
原はいい味持ってるから、もっと使いようあると思うんだが、
やっぱ、外様はダメなのかな?

第3試合 15分1本勝負
藤井克久
(UFO)
vs
木村直生×
(EVOLUTION)

(2分10秒 ジャーマンからビンタでKO)

いやだから、2分で終えるなら、秒殺にすべきでしょ。
このまま、藤井は圧倒的な強さを見せていれば、
いい感じで上に当てられるんだから。
ホント、藤井はいい味出すなあ。
ゼロワン見てないので、知りませんが、
プロレスはヘタらしいとかいうのも、
全然気にならず。ゴンタ顔だけで見せきれてます。

第4試合 15分1本勝負
村浜武洋
(大阪プロレス)
vs
佐々木恭介×
(U-FILECAMP)

(8分49秒 ジャーマンからの十字)

非常にキッチリ練った試合。楽しめました。
ロープに振ろうとする村濱を、佐々木が拒んだり、
決まった足関からエスケープしようと苦悶の表情みせる村濱、
普通、必要以上にそれを強調したり。
が、これは、Uと対極にあるものだと思います。
いや、まあ、これまでの3試合と比べると、
出来が違うという感じなんだけど、
出来が違うだけというか。

ここで休憩10分。次回の煽りも特になく。

セミファイナル 15分1本勝負
坂田亘
(EVOLUTION)
vs
大久保一樹×
(U-FILECAMP)

(3分42秒 逆片エビ固め)

村濱vs佐々木と逆ですね。
あまり練らずに、坂田のいじめっ子キャラと、
大久保のやられキャラで押し切ろうとした試合。
この時間なら、何とか持ったかなという感じ。
が、大久保は、どうもなあ。
Uで、やられキャラってのもなあ。

メインイベント 15分1本勝負
田村潔司
(U-FILECAMP)
vs
三島★ド根性ノ助×
(総合格闘技道場コブラ会)

(10分6秒 腕十字)

文句なく面白かったです。
基本的には、田村がキャリーして試合を作っていくんだが、
ちゃんと三島も見所があって。
充分、がんばってましたという感じ。
コブラ固め狙いを失敗して、いきなりアンクルに行くとか。
が、三島、5分過ぎから、やっぱり息があがってしまい、
結局、強く見えるのは田村だけどいう、面白かったけど、
予想をまったく裏切らない展開。
何とも、微妙なところですな。

ここで三島に勝たせりゃ、
おれはU−STYLEについて行くつもりだったんだが、
さすがに、それは無理でした。


照明もオプションなし(多分)、
映像もまったく凝らず、
経費を削りに削って、1時間50分でまとめて、
田村ファンだけを満足させようとする興行。
田村ファンは、気持ちよく帰れると思いますが、
やっぱ、それだけですね。
このまま、ずっとディファで千人興行でいいなら、
これでもいいと思いますけど。
まあ、今回はメンツ的にしょうがないのかなー。

report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ