メタルガレージ&アストレス卒業式
■団体:Jd’
■日時:2003年3月23日
■会場:横浜文化体育館
■書き手:零壱

女子プロレスはあまり見ないうえに、Jd’は初観戦。
足を運んだ理由は以下の3つ。
「天井付き金網デスマッチ」
「アストレス2期生の卒業式」
「久しぶりに、広田さくらが見たくなった」
会場に着いたのは、試合開始予定の16:00。
客席は半分いってるかどうか…という、ビッグマッチにしては寂しい入り。
選手の応援幕がいっぱいあるので、根強い固定ファンはいるのかな?
リングは、金網の骨組み4本と天井がすでにセットされている。
(金網マッチの前に、壁側の金網をセットする)
北側には花道とステージ、ビジョンが。

まずは、先日亡くなられた故・冬木弘道さんに1分間の黙祷が捧げられた。

t.A.T.uの曲をバックに、オープニングスタート。
(RAWの代々木大会でビクトリアが使ってましたよね、この曲は)
今日までのストーリーがビジョンで流された後、出場選手が1人ずつ入場。
Jd’の選手達を初めて見た感想は、「きれいな子が多いな」(^-^;
気になったのは、GAEAのジャージを着た広田さくら。
やけに暑がってるというか、しんどうそうに見える。
その理由は、第1試合で明らかに…。

ゴールデン第1試合:「禁断の対決!世紀の一戦!!」スペシャルシングルマッチ
●おばっち飯塚 vs 広田さくら○(GAEA JAPAN)
(13分23秒 片エビ固め)

ビジョンに広田のアホな映像が流される(BGMは『Helter Skelter』)。
自分はチャイナドレスが好きなのだが、映像の中の広田には萌えず。
さて、まずは広田が入場。白のガウンにタオル、赤のグローブという出で立ち。
一方、おばっちは“こばっち軍団”の子供たちと入場。
子供たち、お菓子を投げまくる。広田にも力の限り投げる(笑)
お菓子を投げ終わったら、記念撮影。邪魔する広田にブーイングが。
さて、ガウンの下の広田のコスチュームは…
裸をあしらった全身タイツにピンクのTバック、そしてエプロン。
(これの上にジャージを着てたのね)
コンセプトは、男のロマンである「裸にエプロン」か? 萌えねぇよ(苦笑)
やっとこさ試合開始。コントのようなやり取りが続く。
レフェリーのトミーさん「試合しろ!」
試合の後半、おばっちが取り出したるは…ベージュの安いストッキング。
広田の頭部にすっぽりかぶせるが、広田もおばっちに同様の反撃。
ストッキングを被った女のヘッドバッド合戦。
お互いがロープに走ると…スッテンコロリ♪
広田がコーナーを駆け上がろうとするも…スッテンコロリ♪
自分はストッキングフェチであるのだが、全くもって萌えれねぇ(笑)
おばっちが広田を恥ずかし固めで捕らえると、股間から毛が…
トミーさん、おばっちの大団扇で隠します。
子供の「おばっち頑張れ〜」という声援を受け、おばっちが爆竹ハリセンで広田を殴打!
(バット吉永さんのアイデアだそうです)
「もう終わっていいだろ」と思ってたら、広田が勝ってました。
広田「色物は2人も!(「いらねえよ」と思わせて)……お互いがんばろう」
GAEAの興行の宣伝もして、広田の三本締めで終了。
そういえば、広田は途中からずっとパンスト被ったままだった。
この試合、広田の印象しか残ってないです。
個人的なことですが、広田は恋人にしたいタイプです (*^^*)ポッ

第2試合:シングルマッチ
○斎藤啓子 vs 小粂あかね●(アストレス3期生)
(5分54秒 回転足折り固め)

この試合の勝者が、次の試合で和田の相手を務めます。
小粂はポニーテールの髪型に、“くのいち”を思わせるコスチューム。太股がムッチムチ♪
斎藤は白いコスチューム。ドロップキックの打ち合いからスタート。
小粂はけっこう身軽で、トップロープを使った攻めを見せる。
少しとぼけたような声がグッド。
後半、斎藤の大技で攻められてる時の叫び声もベリーグッド。
小粂、ベイダープレス2発目をかわされ、丸め込まれてしまった。
もっと見たかったなあ…広田から小粂に乗り換えたんで ( ゚Д゚)y─┛~~プカー

第3試合:「和田優デビュー戦」シングルマッチ
●和田優 vs 斎藤啓子○
(5分23秒 片エビ固め)

横浜出身の和田、地元デビュー。花束やプレゼントを受け取ってリングイン。
和田の攻めは「ジャンプしてのモンゴリアンチョップ」「倒れながらのヘッドバッド」など。
なんか若手時代の天山っぽい。元気一杯頑張ったけど、スイングDDTで敗退。

第4試合:「救世戦隊Kヒーロー〜極悪倶楽部横浜上陸」スペシャル8人タッグマッチ
○救世忍者乱丸    極悪エックス1号
 JAGIE     極悪エックス2号
 TSUNAMI vs 極悪エックス3号
 アップルみゆき   極悪エックス28号●
 withDJニラ    withダンプ松本総帥
 (Kヒーロー)    (極悪倶楽部)
(11分47秒 体固め)

第2話「極悪倶楽部横浜上陸!」
…というタイトルの、往年の特撮を意識した映像が流れる。
縄で縛った永友さんを抱えて、極悪倶楽部が入場。
KヒーローはTシャツで色分けしてるのね(着たまま戦っていた)。
DJニラの「どっかの団体のパクリ」「(ダンプに対して)プロレス界の化石」には笑った。
極悪倶楽部の基本攻撃は竹刀。1〜3号は男っぽい。K−DOJOの選手?
Kヒーローは乱丸を“リーダー”と呼んでいた。
最後はTSUNAMIのボディプレスから、3人のダイブでピンフォール。
試合後は極悪倶楽部が大暴れ。ダンプが乱丸をハサミでめった打ち。
ダンプ「(乱丸に対し)4月13日の後楽園でおまえの覆面を取る」

第5試合:「スペシャルプレミアムチャレンジ〜男対女〜」スペシャルシングルマッチ
●武藤裕代 vs TAKAみちのく○(K−DOJO)
(9分24秒 ジャストフェースロック)

武藤はTAKAより10キロ軽い程度だったかな?
チョップなど、打撃の一発の威力(見た目も)はTAKAのほうが上。
武藤はブレーンバスターで投げたり、アルゼンチンで担いだりしてたけど。
TAKAは“普通に”試合していた。
試合後は「どうだ!?」と言わんばかりに睨んで、手を取って健闘を称えていた。

ここで、SOD女子格闘技道場のPR。藪下と高橋がマイクで挨拶。

第6試合:全日本ジュニア選手権試合 桜花卒業シングルマッチ
○(王者)高瀬玲奈(アルシオン) vs (挑戦者)桜花由美●(アストレス2期生)
(13分9秒 原爆固め)

桜の開花を前に、浦和競馬の桜花賞を前に卒業式を迎えた桜花由美。
(名古屋なら東海桜花賞、高知なら南国桜花賞、etc...)
なんと、ハイカラさんの衣装で歌いながら入場!
桜花「ベルトを取って、卒業しま〜す!」
リングコスチュームはセーラー服にルーズソックス。
(アニメやゲームに出てきそうな制服です)
下はスパッツ。ブルマじゃないのか… (-_-;
一方の高瀬は、鍛えた筋肉を露出したシンプルな衣装。小柄ながら、力強さを感じた。
衣装も体型も戦い方も違う2人の対比が、自分には印象深く残っている。
「さくら〜!」という声援を受け、ミサイルキックや人間風車などで攻め立てた桜花。
しかし、高瀬の威力抜群のジャーマンを喰らってフォール負け。
お互いの健闘を称え合ったが、桜花はダメージが深く、おんぶされて退場。

第7試合:Jd’ジュニア選手権試合 石川卒業シングルマッチ
○(王者)賀川照子(アストレス1期生) vs (挑戦者)石川美津穂●(アストレス2期生)
(9分22秒 首固め)

石川はSEXYな白のコスチューム。桜花とは違い、お姉さま系キャラ。
「オラァ〜!」と叫んで、荒々しく攻める…というか、賀川をいじめる。
打撃はちょっと弱々しいけど…Wハンドでぶん殴ったのは威力ありそうだった。
試合はあっけなく終わった感じ。試合後、賀川と石川が抱擁。
(リングサイドには首を痛めた桜花がいた)

この直後、大向美智子と東城えみが入場(マネージャー役の女性も)。
怪我で卒業式に間に合わなかった東城。彼女はSMの女王様キャラなのね (^-^;
石川も交えて、リング上で3人で決めポーズ。
大向がマイクでアピールして、石川vs大向の3分間エキジビジョンがスタート。
石川をハードに攻める大向。
ところが、大向のセコンドについたはずの東城が裏切りの乱入、2人がかりで大向に反撃。
しかし、短い時間が終了。
石川がマイクを持って、最後でプレイガールをやれたことの喜びを涙ながらに話した。
東城と2人で決めポーズして、退場していった。

時間を少し置いて、アストレスの卒業式。3人が改めて入場。
代表の贈る言葉と花束。選手代表の武藤、アストレス1期生と3期生からも花束が贈られた。
紅夜叉さんもアストレスたちに花束を贈った(場内どよめいてました)。
そして、3人が1人ずつ挨拶。
石川「プロレスは、私にとっての全てでした」
東城「今日このリングに上がれたことを感謝します。
   プロレスが私を育ててくれて、心身ともに強くなって…(中略)
   私は完全復帰したい。もう1試合だけ復帰したいと思います」
桜花「私はいつもマイペースでした。(泣いちゃう)バカ…もう、みんなのバカ…(中略)
   プロレスって楽しくて、ベルトも欲しいなあって思ったんですけど、
   ベルト獲るまで続けていいですか?」
桜花は今後もリングに上がり、東城は1試合だけ、石川は東城の復帰戦で協力することに。
7カウントゴングが鳴らされ、白い紙テープが乱れ飛んで卒業式は終わった。
(リング下のアストレス1期生たちがずっと泣いてた)

ここで、金網設営のため25分の休憩。
自分のここまでの満足度は30%。

セミファイナル:天井付き金網デスマッチ「THE METAL GARAGE」タッグマッチエスケープルール
 阿部幸江   vs ライオネス飛鳥(フリー)
●ファング鈴木   KAZUKI○(元・飛鳥系)
(23分52秒 エスケープ)

【ルール詳細】
この試合は、チームが2人とも、地上5mの金網天井に設けられた1m四方の穴を経由し、
地上フロアに降り立つ(=エスケープ)ことが出来た時点で決着。
3カウント・ギブアップ・KO・レフェリーストップはなし。
また、各選手は凶器アイテムを1つずつ持ち込むことが可能。

【予備知識】
KAZUKIは高所恐怖症。飛鳥はメタルガレージ初体験。
相手の2人は慣れている。

阿部はハリセン&チェーンを巻いた板、ファングはパイプ椅子2つ、
KAZUKIは金属缶2つと、足で何か入ってる籠を引き摺って、
飛鳥はいつものテーブルを持って入場。飛鳥は存在感が違う。
試合が始まるや、ヘルメットと防具を装備してエスケープにかかるKAZUKI。
お客さん「しっかりしろ」と呆れ、KAZUKIのダメッっぷりに笑う。
孤軍奮闘していた飛鳥の踏み台にされるわ、ファングの椅子が落ちて当たるわ…。
飛鳥とファングは天井で椅子チャンバラ。足場が不安定なので、危なっかしい。
何かあるたびに場内のお客さんは冷やっとするし、下ではセコンドが懸命に動き回っている。
テーブルを天井に上げた飛鳥だが、立たせるのにも一苦労。
ジャイアントスイングには3度挑んだが、1回まわすのがやっと。
飛鳥がエスケープすると、いつの間にか天井にいたKAZUKIをファングらが2人でめった打ち。
2人がかりで吊り天井されると、恐怖のあまりKAZUKIは「ギブ! ギブ!」。
やむなく救助にやってきた飛鳥にしがみつくKAZUKIに、ファングがラリアット。
飛鳥は阿部をブレーンバスター。どんどん攻防が激しくなってきた。
飛鳥、阿部をアルゼンチンから叩きつけようとするも未遂に。
阿部がウラカン・ラナ! 場内歓声。
2人がかりでKAZUKIにブレーンバスターを決めようとするが、飛鳥がラリアットで救出。
飛鳥が再びエスケープ。ファングに天井を揺らされるとおびえるKAZUKI。
飛鳥がマイクで激を飛ばすも、KAZUKI「落ちる、落ちる」。KAZUKI、穴から宙ぶらりん。
天井に再び戻った飛鳥が、バックドロップ! セコンドが少しでも金網を安定させようと懸命にしがみついている。
テーブルを立てて飛鳥がパワーボムで叩きつけようとするが、1回目は失敗。しかし、2回目は成功!
当然の如くテーブルはぶっ壊れ、場内から拍手が起こった。
エスケープした飛鳥が、KAZUKIに缶を投げ渡す。KAZUKI、ファングを殴りまくる。
(阿部がエスケープしてて、リング上はKAZUKIとファングのみ)
ヘルメットを外して、気合を入れたKAZUKI。
ファングめがけて、シャイニング・ウィザード一閃!
勢いで天井から落ちそうになる!!(これは危なかった…)
壁を下りるKAZUKI、ファングが上から抵抗するも…エスケープ! 終了!! 場内拍手!!!

後から下りてきたファングを飛鳥が抱擁する。お客さんが温かい拍手を。
阿部はKAZUKIと手を取り合って喜んでいる。
KAZUKI「高所恐怖症を克服することができました。
       WANTED!?再結成記念として、(タッグ王座への)誰の挑戦でも受けます」
花道を帰る2人…の前に現れたのは、TAKAみちのく!
武藤と2人での挑戦をアピール。
阿部  「女の子のベルトなんで…」
TAKA「やるのか、やらないのか?」
阿部  「やってやるよ!」
TAKA「下北とか小さい会場はやめろよ」
阿部  「4・13後楽園ホール、超満員だ!」
ファン 「え〜〜〜〜!?」
TAKA「いっぱい売れよ、チケット」
KAZUKI 「ぜったい、超満員にしてやるよ!」
TAKA「がんばれよ」

メインイベント:TWFシングル王座決定戦天井付き金網デスマッチ「THE METAL GARAGE」
○(挑戦者)ザ・ブラディー vs (挑戦者)藪下めぐみ●(SOD女子格闘技道場)
(20分10秒 体固め)

【ルール詳細】
リング内にはラダーが設けられており、金網内部の天井に吊り下げられた
TWF世界シングルのベルトを奪ったうえで場外にエスケープするか、
リング内・金網天井での3カウント・ギブアップ・KO・レフェリーストップにより決着。
ベルトを持たない状態でのエスケープは認められない。

【予備知識】
飛鳥が返上したベルトの争奪戦。
藪下は初めての金網マッチ。でも、高い所は平気らしい。

先に入場の藪下、本部席から椅子を奪取。天井に上って、仁王立ち。
光を浴びながら、入場してくるブラディーと睨み合う。カッコ(・∀・)いい!
ブラディーも椅子を持って天井へ。レフェリーのトミーさんも、やむなく天井へ。
なんと、天井でゴング!
がっちり組み合った2人。藪下が端に押し込むが、ブラディーも押し返す。
(セコンドも移動。金網マッチはセコンドも懸命だった)
藪下をジャーマンで投げ捨て、リングへ。ラダーを上って、ベルトを取りに。
追いかけてきた藪下が、ラダーにドロップキック。ブラ転落。
藪下がラダーを上るが、ブラが倒してお返し。
ブラは経験のせいか、金網を有効に使う。壁を利してのフットスタンプも見せた。
ラダーをコーナーのロープ間に挟んで藪下を振るが…コーナーを駆け上がって、ローリングアタックで反撃。
ロープにラダーをかけてブラディーを置き(シーソー状態)、テコの原理で吹っ飛ばす藪下!
(この試合は、とにかく藪下の機転と無鉄砲さが輝いていた)
ラダーを持ち襲い掛かる藪下だが、交わしたブラディーがジャーマン。豪快に吹っ飛ぶラダー。
藪下は、コーナーに立て掛けたラダーにブラディーをパワーボムで叩きつける(大日本を思い出した)。
ベルトを奪って逃げる藪下、ブラが奪い返して上に、でも藪下がまた上に。
なんと、出口の穴を利して藪下が腕ひしぎ逆十字。藪下、捨て身の攻撃だ!
藪下はもう止まらない。なんと、ラダーを天井に上げてしまう。
ブラディーの下半身を外側に出しての、フロントスリーパー!
(お客さんハラハラ)
ブラディーは落ちそうになって壁にひっついた藪下を、上から椅子でモグラ叩き!
そして、藪下は遂にラダーを立ててしまう。かなりの高さだ…
2人ともラダーを上っていき…倒れて、藪下が転落しそうになる。
ブラディーがジャーマンで藪下を投げるが、すぐに起き上がった藪下がラリアットで反撃。
2人の激しい攻防が天井を揺らしまくり、2人の叫びが場内に響く…
2人は天井で動き回ることが怖くないのか?
懲りもせず、ラダーをまた立てる藪下。場内のファンは唖然としているのか…
本部席を見ると、飛鳥がやって来た。天井で戦う2人を見ている。
レフェリーのトミーさんも必死だ。2人の攻防でもつれて、転落しそうになった。
(この時は自分も「危ない!!」と悲鳴をあげた…)
助けようとする藪下を、ブラディーがジャーマンで投げ捨てる。
フォールを奪おうと、天井で2人はコロコロと転がりつづける…ヤバイって!!
ブラディーを寝かせた藪下は、ラダーを上る。なんと…ラダーの狭い頂上部分に立ってしまった。
かなり不安定で、かなり高い…照明に届いてしまっている…やめろって…
藪下、ブラディーめがけてローリング・セントーン! ブラディが避けて自爆!
すかさずブラディーもラダーを上り、ダイビングセントーン!
トミーさんがカウント。1…2…3!

本部席の飛鳥を見ると、立ち上がって拍手していた。
天井の上で、死力を尽くした2人が抱き合っている。
場内のお客さんも拍手を贈る。
天井でブラディーが、飛鳥に涙のマイクアピール。
飛鳥「おまえの力だろ。おめでとう」
リングに下りたブラディーを、飛鳥が抱きしめる。
頭をなでて、耳元に言葉をかけていた。ずっと…。

休憩まではイマイチでどうかなと思ってたが、金網マッチ2試合は良かった。
メインは凄かった。勝ったブラディーも立派だが、
この試合が凄くなったのは相手が藪下だったから。自分は、藪下を賞賛してほしい。

P.S.
彼女たちは、ここまでしないと自分たちのリングを守れないのか…
帰り道で考えました。
また機会があれば、彼女たちのリングに足を運ぶつもりです。

(長々と稚拙な文章をお読みいただき、ありがとうございました)




本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。
戻る
TOPへ