速報版観戦記
■団体:GCM DEMOLITION
■日時:2003年3月23日
■会場:東京お台場 メディアージュ6Fスタジオドリームメーカー
■書き手:メモ8(名前をクリックするとプロフィールの欄に飛びます)

3/23 GCM DEMOLITION 030323 お台場メディアージュ大会速報 17:00Start

あっちこっちで、
ルミナ1回戦負けみたいだよー、なんて声が聞こえるほど、
見事に客層かぶってそうなコンバットと、同日ってこともあり、
あまり入りはよくないですね。
それでも、立ち見の関係者が、空いてる席に座りだすと、
8割くらいは埋ったか?

第1試合
吉住 武美
(XXX)
vs
佐々木 哲×
(A-3)

(1R15秒 KO)

いきなり打ち合い。
最初に前に出たのは佐々木だが、
見事な右フックを一発入れてから連打。
ダウンした佐々木にさらに、パンチを落として。

第2試合
出口 直樹
(ストライプル)
vs
辻 昌樹
(烏合会)

(2R 判定1−0)

ZSTヤノタクのセコンド「それは危ない!」で、
一気にブレイクの兆しをみせた辻だが、
ファイトは、どうも消極的。
ローケン和知、鬼木あたりの、セコンドというより、
激しい叱咤が飛ぶも、動けず。
一方の出口、ほとんど下になることもなく、
力の差は感じさせたものの、決め手なし。
まあ、出口の勝ちでいいと思うけど。

第3試合
小澤 幸康
(TEAM-KAZE)
vs
スチュワート・フルトン×
(XXX)

(2R 判定2−0)

明日、職員会議があるという小澤先生、
デカい割には、シャープなパンチを打つ外人に、
開始早々パンチもらいまくるわ、
頭抱えての膝をくらいまくるわで、
ボコボコにされそうになるも、何とか倒すと、
後は、さすがサンボ王者の実力を見せ、
グラウンドでは圧倒。
極め切れなかったので、全体では判定は微妙も。

第4試合
宮本 優太郎
(XXX)
vs
芦川 祥教
×(RJW/G2)

(1R 49秒 KO)

最初に前に出たのは、芦川。
が、見事なカウンターのBブローを当てて、
上になった宮本が、後はパンチを乱打して。
平さん、もうちょっと早く止めてもよかったかな。
今日のトリプルXは、2人とも実力がよくわからない速さで圧勝。

一方の、芦川も、インタビュー(ちょっとすべり気味ながらギャグ満載)、
入場(ブルース・リー死亡遊戯コスチューム)、
リング入ると、プロレス流ロープワーク、
コール時の決めポーズ、いきなり前に出る勇気と、
実にプロ向きな気配プンプン。また見たいな。

第5試合
小沢 稔
(V-CROSS)
vs
平山 貴一×
(和術慧舟會 千葉支部)

(2R 判定3−0)

ネオブラではいいところなかった小沢だが、
今日はナイスファイト!
いいパンチを数発もらうも、
すぐに組みに行って、ねちっこく倒すと、
とにかく積極的に殴りに行って圧勝。

平山は自分がやるべきことを全部やられた感じ。
最近の平山は、思い切りのよさ、大胆さが、
雑なだけにしか見えないなあ。
好きな選手なので、がんばって欲しい。

第6試合
×柴田 寛
(RJW/central)
vs
佐藤 光留
(パンクラスism)

(1R 2分36秒)

山宮&伊藤という最強のセコンドをつけたヒカルくん、
千回に1回しか極まらない、
足関一発で勝利です。ついにやりました!

圧倒的なレスリング力で、ポジション取りまくりだった柴田ですが、
ちょっと総合を舐めてますな。レスリングエリートの奢りというか。
いやまあ、相手がヒカルくんじゃ、舐めてもしょうがないんですが(笑)。
柴田には、これを機会に、本気で総合に取り組んでもらいたいと思います。

一方のヒカルくんは、久しぶりの鮮やかな勝利。
今日位は、こんなファイトじゃ、
相変らず、まったく未来が見えませんなんて、
書く気ないです(書いてる書いてる)。

セミファイナル
長谷川 秀彦
(SKアブソリュート)
vs
中村 大介×
(U-FILE CAMP)

(2R 判定3−0)

今日のベストバウト。
ポジションで圧倒したのは長谷川なのだが、
極めを焦るところを狙って、下から中村も応戦する。
再三奪った、マウントからパンチを乱打するも、
長谷川、パンチはまだまだヘタクソですな。

中村は、U系らしくなく、柔術系のテクを使いまくり、
1Rには、長谷川の腕を伸ばしきるところまで追い込みました。
U−FILEでは、今最もテクニカルなファイターじゃないかな?
とにかく極めが強いです。
瞬間のタイミングを取るのがウマいというか。
もうちょっと上を取れるようになったら、
さらに上にいけると思うんだが…。

メインイベント
星野 勇二
(和術慧舟會 GODS)
vs
太田 英夫×
(チームKIBA)

(2R 2分40秒 TKO)

スタンドには付き合わず、あっさり上になった星野、
ひたすらパンチを落として。
一度も上になれなかった為、太田はよくわからず。
烏合とかローケンの身内野次うるさいという印象しか残らず。
チームKIBAって、その周辺なのかな?


演出もほぼ練り込められ(が、ややオペミス多し)、
ファイターは相変らず、積極的、充分楽しめました。

次回は、5月1日、北沢タウンホールと発表。
チーム品川・実原vsP大宮・小塚決定!
このカード発表されると会場沸くようになりました!
いや烏合とかローケンにだけだが(笑)。

report by メモ8



本稿の著作権はすべてKANSENKI.NET及び「書き手」に帰属します。

戻る
TOPへ